小林正宜・医師(KISA2隊大阪)プロフィールと葛西医院の場所

人物

こんにちは、ひつじーこです。

10月17日(日)23:15~TBSテレビ放送の「情熱大陸」で紹介された、「KISA2隊(きさつたい)大阪」の中心人物、医師小林正宜(こばやしまさのり)さん。
「葛西医院」の院長でもあります。

「KISA2隊」とは、医師、看護師、歯科医、薬剤師、セラピスト、栄養士、弁護士など、約50人のメンバーが24時間365日、少しでも多くの命を救うべく京都府で活動されている新型コロナ訪問診療チームです。

「KISA2隊」は京都府で活動されていますが、小林正宜(こばやしまさのり)さんは、その「KISA2隊」に賛同し大阪で若手医師を中心に「KISA2隊大阪」の活動を開始されました。

早速、そんな熱血医師・小林正宜(こばやしまさのり)さんのプロフィール「葛西医院」の場所などの施設情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

小林正宜(こばやしまさのり)さん

プロフィール

<小林正宜(こばやしまさのり)さん>

1983年生まれ(38歳)
趣味 海外旅行、子供と遊ぶこと
出身地 大阪府大阪市

2009年3月 帝京大学医学部医学科 卒業
2009年4月 大阪市立大学医学部付属病院 臨床研修開始
2011年3月 臨床研修終了
2011年4月 大阪市立大学大学院医学研究科 入学
2011年4月 大阪市立大学医学部付属病院総合診療センター 勤務
2015年3月 大阪市立大学大学院医学研究科 卒業
2015年10月 藤井寺市民病院 内科 勤務
2016年4月 大阪市立大学医学部付属病院総合診療センター 勤務
2018年4月 葛西医院 勤務
2018年7月 葛西医院院長に就任

2021年 大阪市立大学大学院医学研究科 非常勤講師

♦医学博士
♦日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療指導医・専門医
♦日本内科学会 総合内科専門医
♦病院総合診療認定医
♦日本医師会認定産業医

1953年から親子三代にわたる「葛西医院」を継承し、在宅医療を立ち上げる

9月17日には、全国で初となる在宅での抗体カクテル療法を実施されました。

在宅医療を立ち上げたきっかけ

一つ目は、小林正宜さんが医者になって5年目くらいの頃、入退院を繰り返していた祖母を自宅で診るようになったこと。
自宅で良い最期を迎えることができた祖母の姿と経験から、在宅医療の良さを知ったそうです。

二つ目は、大学時代に在宅ケアで有名な先生の実習に参加し、病院ではなく自宅で最期をという良い選択肢があることを知り、更に大変さがあることも知ったから。

三つ目は、地域に貢献したいという思いがあったから。
これは、「KISA2隊」守上佳樹さんも同じ思いでした。

お父様が、脳出血で倒れてしまった時のこと。
研修先の教授や総合診療の先生方が、お父様の代わりに日替わりで診療に入ってくれたそうです。
小林正宜さんも診察に立ち会い、約2ヶ月必死に地域医療に携わったことで、いつか必ず地域の役に立ちたいという決意が生まれたそう。

スポンサーリンク

葛西医院(かっさいいいん)

<所在地>
〒544-0033
大阪府大阪市生野区小路東6丁目4-20
TEL 06-6751-6078
<診療時間>
9:00~12:30
17:00~19:00
毎月8日12日休診

<訪問診療>
月1~2回の定期訪問に加え、緊急時には電話で相談のうえ、必要に応じて臨時往診や入院先の手配なども行います。
自宅にいながらにして、24時間のサポートを受けられます。

「葛西医院」HP

まとめ

素晴らしく、ストイックなまでに医学を学び尽くされた小林正宜さん。
そんな小林さんが、在宅医療、そして「KISA2隊大阪」の活動を広げてらっしゃるのは、大阪府民にとっては心強い限りです。

小林さんは、患者さんに心を開いてもらえるような雰囲気作りを、いつも患者さんの心に寄り添う診療をモットーにされています。
「病気ではなく、人を診る」小林さんに脱帽です。

志を同じくする「KISA2隊」と「KISA2隊大阪」の皆さんにも感謝です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人物
スポンサーリンク
Keep it up

コメント

タイトルとURLをコピーしました