甘味処 甘寛(下北沢)東京で「ぎおん徳屋」わらびもちメニュー

グルメ

こんにちは、ひつじーこです。

2022年7月28日(木)21:00~日本テレビ放送の「秘密のケンミンSHOW極」で紹介の、京都の「ぎおん徳屋」さんの「本わらびもち」!

色が茶色いのは、希少な「本わらび粉」100%使用のわらびもちだから。

京都「ぎおん徳屋」さんの「本わらびもち」は、「ザワつく!金曜日」など多数のメディアで取り上げられている有名なトロトロ絶品「本わらびもち」。

「ぎおん徳屋」さん、京都に店舗を構えていらっしゃいます。
以前は東京の「原宿店」さんもあったのですが、残念ながら現在、閉店されました。

京都に行かなければ、「ぎおん徳屋」さんの「本わらびもち」は食べられないのか?
それが、東京にも食べられるお店があるんです!

以前、京都の「ぎおん徳屋」さんで修行され、「原宿店」で店長さんを務められた方がオープンされたお店が東京に!

そう、「甘味処 甘寛(あまひろ)」さんです!
メニューにも、あの本わらびもち「生わらびもち」があります。
店内は「大正ロマン」で素敵な空間が広がっています。

京都「ぎおん徳屋」さんの「本わらびもち」は、お土産でテイクアウトは可能ですが、お取り寄せ通販での全国発送には対応していません。
京都「ぎおん徳屋」さんのメニューやお土産については、別記事「ぎおん徳屋(京都)わらび餅やおすすめメニューとお土産について」を掲載してありますので、ご一読していただけたら嬉しいです。

今回は、京都「ぎおん徳屋」さんの「本わらびもち」が東京で食べられる、下北沢の「甘味処 甘寛(あまひろ)」さんの場所や営業時間などの店舗情報「生わらびもち」などのおすすめメニューについてまとめてみました。

スポンサーリンク

「甘味処 甘寛(あまひろ)」店舗情報

<所在地>
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2丁目9-24
博雅ビル2F
TEL 03-6804-9287
<営業時間>
12:00~20:00
<定休日>
毎週月曜日、第1・第3火曜日
不定休あり。

「甘味処 甘寛(あまひろ)」Instagram
「甘味処 甘寛(あまひろ)」Facebook
「甘味処 甘寛(あまひろ)」Twitter

営業時間や定休日が変更になっている場合があるので、来店前に店舗さんにご確認されることをおすすめします。
お問い合わせは、営業日の営業時間内にお願いいたします。

スポンサーリンク

おすすめメニュー

税込価格で掲載しています。
価格が変更になっている場合があります。

♦生わらびもち ¥1200
※わらびもちは、前日までの要予約

希少な国産本わらび粉100%使用の「生わらびもち」。
トゥルトゥルで伸び~る、とろける絶品スイーツ。
最初は、何もかけずにつけずにいただくのがおすすめ。
和三盆が練りこんであるので、ほんのりした甘さがお口に広がります。
その後は、菊の形のきな粉黒蜜で堪能してみてください。
ヒンヤリ冷たい、熱い夏にピッタリのとろける極上&上品な和スイーツ。

事前に電話予約でスムーズに「生わらびもち」がテイクアウトできますよ!

♦甘寛セット ¥1300
(おしるこorぜんざいが選べます)

おしるこorぜんざい、いそべ焼ききなこもちしその実と、違った味でお餅が楽しめる人気の満喫セット。

♦ぜんざい ¥950
♦おしるこ ¥950

北海道産特選「とよみ大納言」を丁寧に炊いた自家製あんこでいただけます。
自分でお餅を焼き網で焼くスタイルが、また楽しいひと時です。

♦抹茶セット ¥800

抹茶とお菓子のセット。

♦珈琲セット ¥780

あんこに合うコーヒーとお菓子のセット。

♦あいすくりーむ ぜんざい ¥950

アイスにあずきソースきな粉をかけて。

♦あんみつ ¥900

抹茶黒糖和三盆3色の味の違う寒天は、そんまま食べても美味しい逸品。
この、白玉もただ者ではない!

♦いそべ焼き ¥900

日本茶とセットです。

♦あいすくりーむ ¥600

<トッピング>

・道加もち ¥160
・白玉(2個) ¥100
・シロップ ¥150
・あんこ ¥200
・アイスクリーム ¥200

♦特上抹茶ティラミス ¥1200

苦味と甘味の見事な融合。
ふわっふわの氷の大人気メニュー。

♦メロンクリーム ¥1000

♦番茶レモンティー ¥1000

苦味酸味甘味のバランスが絶妙な絶品かき氷。
レモンの風味と、香ばしい番茶が香る、夏の疲れも吹き飛ぶ逸品。

♦番茶ミルクティー ¥1000

ぎおん徳屋(京都)わらび餅メニューとお土産

おすすめスイーツ特集

古民家カフェSORAそら(大津)ぜんざいメニュー せっかくグルメ
2022/7/17(日)TBS「バナナマンのせっかくグルメ」で、滋賀県大津市で日村さんが堪能された、地元女性が集う古民家スイーツ「古民家カフェSORA(そら)」さんの「ぜんざい」などのメニューと場所や営業時間などの店舗情報をまとめました。
赤坂青野 冷しみたらし予約と店舗情報(マツコの知らない世界)
2022/7/12(火)TBS「マツコの知らない世界」、芝崎本実さん紹介「みたらし団子の世界」の「赤坂青野(あかさかあおの)」さんの「冷しみたらし」の予約についてと、4店舗さんの場所や営業時間などの店舗情報をまとめてみました。
ヨーロッパンキムラヤ(福井)大福あんぱん東京販売店とお取り寄せ
2022/6/30(木)2日本テレビ「秘密のケンミンSHOW極」紹介、福井グルメ「ヨーロッパン キムラヤ」さん「大福あんぱん」の東京の販売店とお取り寄せについてまとめました。「ふくい南青山291」さんでは、7月に「若廣」さんの「焼き鯖すし」なども購入できますよ!
浪芳庵 炙りみたらし団子メニューとお取り寄せ(マツコの世界)
2022/7/12(火)「マツコの知らない世界」紹介の大阪「浪芳庵(なみよしあん)」さんの「炙りみたらし」などのテイクアウトメニュー、「カフェつぎね」さんのメニュー、お取り寄せについてと店舗情報をまとめました。
羽島はしまダンゴ(岐阜)みたらし団子お取り寄せ ザワつく金曜日
2022/4/22(金)テレビ朝日「ザワつく!金曜日」で、お取り寄せサイト2年連続No.1の極上「みたらし団子」、岐阜県「羽島(はしま)ダンゴ」さんの「みたらしだんご」のお取り寄せと本社工場直売店の店舗情報、直営店についてまとめました。
板屋(金沢)こもかぶりお取り寄せと店舗 マツコの知らない世界
2022/4/12日(火)TBSテレビ「マツコの知らない世界」、「ご当地和菓子の世界」で紹介の金沢「板屋」さんの「こもかぶり」などのお取り寄せオンラインショップやおすすめ商品、店舗情報をまとめました。
和菓子いけだ(京都)日本一高いどらやき丹波大納言のお取り寄せ
2022/2/20(日)日本テレビ「行列のできる相談所」紹介、日本一高いどらやきはの京都「和菓子いけだ」さんの「丹波大納言」などのお取り寄せと店舗情報をまとめました。
ぬれおはぎ(河岡食品)お取り寄せと販売店 マツコの知らない世界
2022年1/3日(日)TBSテレビ「マツコの知らない世界 大新年会SP」に出演の「おはぎ爆食美女」の安井友梨さんおすすめの「河岡食品」さんの「ぬれおはぎ」のお取り寄せや販売店についてまとめてみました。
三納寛之の美しすぎる和菓子の購入方法と通販 宵花火など作品紹介
11/20(土)日本テレビ「マツコ会議」に出演される、和菓子職人の「三納寛之(さんのうひろゆき)」さんの美しすぎる和菓子の通販や、購入方法、有名な「宵花火」などの作品紹介をまとめてみました。SNSを見るだけでも価値あり!ため息が漏れ、もう、うっとり・・・。
ビスキュイサンド(シェリーメゾンド)お取り寄せ通販 ザワつく!
2022/2/4(金)テレビ朝日「ザワつく金曜日」の、幻のスイーツ京都「CHERIE MAISON DU BISCUIT(シェリーメゾンドビスキュイ)」さんのビスキュイサンドなどのお取り寄せ通販と店舗販売について、京都の店舗情報についてまとめてみました。
メルティケーキaoca(福岡県大牟田)お取り寄せ方法と店舗は?
12/10(金)テレビ朝日「ザワつく!金曜日」で紹介の、希少な生クリームのとろける極上スイーツ「メルティケーキ(プレメルケーキ)」お取り寄せ方法と、福岡大牟田のオフィスカフェ「aoca(あおか)」さんの店舗情報をまとめてみました。
フルールドエテeteケーキ(庄司夏子)予約方法 セブンルール
2022/2/8/(火)フジテレビ「セブンルール」で紹介の、アジアNo.1女性パティシエの庄司夏子さんの幻のケーキ「フルール・ド・エテ」の購入・予約方法についてまとめてみました。
激レアさん田口愛のMAAHA(マーハ)チョコレートお取り寄せ
2022/4月/(月)テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」出演、「田口愛」さんのチョコレート、「MAAHA CHOCOLATE(マーハチョコレート)」のお取り寄せと商品ライナップなどまとめてみました。
幻のチーズケーキ横井(三重)予約と購入と食べれるお店 ザワつく
2022/5/27(金)テレビ朝日「ザワつく!金曜日」で紹介されたと思われる、「幻のチーズケーキ」のお店、三重県津市「チーズケーキ横井」さんの当日販売、店舗受け取り予約、お取り寄せ、食べられるカフェについてをまとめてみました。

まとめ

東京で、京都「ぎおん徳屋」さんのわらびもちが食べられるなんて嬉しい限りです。
「甘寛セット」やビジュアルも素敵な「かき氷」、その他のメニューも魅力的。

大正ロマンな店内で、まったり&ゆっくりと至福のひと時を過ごしたいですね。
本来ならば、要予約の「生わらびもち」も、当日、少数であれば40分程度で準備してくれるそうです。
「あんみつ」などもテイクアウトできますよ。

やはり、できれば、前日までに電話で予約が無難です。
詳しい内容も営業時間内に電話でお問い合わせOKです。

皆さんもぜひ一度、昭和にタイムスリップしたようなお店、下北沢の「甘味処 甘寛(あまひろ)」さんで、「生わらびもち」やぜんざい、かき氷などのおすすめメニューを堪能してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました