いぶきうどん(吉祥寺)場所と立ち食いメニュー 沸騰ワード10

グルメ

こんにちは、ひつじーこです。

10月22日(金)19:56~日本テレビ放送の「沸騰ワード10」で、佐藤栞里さんがすすりまくった、「伝説の一杯」立ち食いうどん屋さんは「いぶきうどん(吉祥寺店)」さんです。

「いぶきうどん」さんは、丸亀製麺のブランドです。
そりゃ、絶品うどんなわけです。

伊吹いりこで出汁をとった、本格讃岐うどんです。
出汁、天ぷら、うどんも勿論うまいと大好評です。

そんな、立ち食いなのに美味しいうどん屋さんとしてランキング入りされている、「いぶきうどん(吉祥寺店)」さんの場所や営業時間などの店舗情報と、メニューをまとめてみました。

テイクアウトもできますよ!

スポンサーリンク

いぶきうどん(吉祥寺店)

<所在地>
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1丁目1-1
(高架下黄色の看板が目印)
TEL 0442-21-5588
<営業時間>
11:00~20:00
「いぶきうどん吉祥寺店」Instagram

スポンサーリンク

メニュー

いりこと煮干し

「いりこ」って、煮干しとどこが違うの?という素朴な疑問を持つのは私だけ?

調べてみたところ、基本的には同じもののようです。
西日本では「いりこ」、東日本では「煮干し」と呼ばれているそう。
関東では、小さい煮干しをおりこと呼ぶ人がいるなど、地域によって呼び名が違うらしい。
「いりこ」には、カタクチイワシを普通、使うそうです。

「伊吹いりこ」は、普通のいりことどこが違うの?

「伊吹いりこ」は、香川県西部の伊吹島で獲れ、伊吹島で加工される「日本一のいりこ」と呼ばれるもの。
原料となるカタクチイワシは、鮮度が落ちるのが早いので、漁獲から加工まで、どれだけ早くできるかが勝負。
それが、美味しさと品質につながるそうです。

メインメニュー

♦いぶきスペシャル
¥790

とり天舞茸天えび天ちくわ天卵天がのっている、さすがスペシャルな天ぷらトッピング。
卵天、中は半熟で絶品と、人気が高い天ぷらトッピングです。
舞茸天もデカし!
えび天、外はサクサクで中のえびはプリプリ。

♦とり天ちくわ天
¥590

ちくわ天も、青海苔の風味が豊かで大好評。
加えて、人気上位のとり天トッピング。
これで¥590は安いっ!

♦とり天
¥590

このボリュームで¥590は破格値です。
いぶきスペシャルと肩を並べる納得の人気メニューです。

♦豚釜玉
¥690

これは、絶対に美味しいやつ・・・。
紹介メニューから外せませんでした。

トッピングの、ネギ、生姜、揚げいりこ無料です。
揚げいりこは塩味がついていて、美味しいそう。
うどん大盛り +¥100(税込)

<かけうどん 温・冷>
・かけ ¥360
・とり天 ¥590
・とり天ちくわ天 ¥590
・ちく玉 ¥590
・肉 ¥650
・舞茸ダブル ¥700
・舞茸シングル ¥500
・ごぼう ¥500
・えび天 ¥650
・豚 ¥690
・いぶきスペシャル ¥790

<ぶっかけ 温・冷>
・かけ ¥360
・とり天 ¥590
・とり天ちくわ天 ¥590
・肉 ¥650
・舞茸ダブル ¥700
・舞茸シングル ¥500

<冷うどん・おろし>
・おろし醤油 ¥400
・とり天 ¥630
・舞茸ダブル ¥740
・舞茸シングル ¥590

<温うどん>
・豚釜玉 ¥690
・釜玉 ¥420
・かき揚げ ¥690
・カレー ¥600

うどんは、丸亀製麺さんのうどんよりコシと弾力が強いという意見が多かったです。
伊吹いりこの出汁の旨みもしっかりと強く、大好評。
「いぶきうどん」さんの方が好みという方も多く、今回は「いぶきうどん」さんに軍配が上がったようです。

この他、ご飯物のメニューなどもあります。
どのメニューも味良し、食べごたえありでリーズナブル。

まとめ

極上のいりこ「伊吹いりこ」の出汁が、ガツンときいた透き通るようなつゆに、コシのあるうどん、サクサク天ぷらに、揚げいりことネギの入れ放題・・・。

それでこの値段、文句なしです。
本格的な讃岐うどんを東京で食べられるなんて嬉しいですね。

うどん好きでなくても、皆さんもぜひ一度、吉祥寺の「いぶきうどん」さんで、いりこの出汁の讃岐うどんを堪能してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました