そばきり道玄(茅野)どうづき蕎麦メニューと店舗情報を紹介!

グルメ

こんにちは、ひつじーこです。

今回は、長野県の希少な絶品蕎麦のお店、茅野市「そばきり道玄(どうげん)」さんにフォーカス。

「どうづき蕎麦」って?
「どうづき製法」と呼ばれる作り方の「どうづき蕎麦」は、栄養価が高く、とにかく香り豊かで蕎麦の甘味が感じられる極上の蕎麦。

しかも、「そばきり道玄(どうげん)」さんでは、そば粉は「八ヶ岳山麓産」。

そこで早速、茅野市の「そばきり道玄(どうげん)」さんのおすすめメニュー場所や営業時間などの店舗情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

「そばきり道玄」店舗情報

<所在地>
〒391-0216
長野県茅野市米沢3863
TEL 0266-78-7874
<営業時間>
2022年4月現在 11:00~15:00
<定休日>
木曜日

「そばきり道玄」HP

スポンサーリンク

どうづき蕎麦

「どうづき製法」とは、400年以上続く製粉技術を打ち破ったまったく新しい製法だそう。

そば粉を製粉せず、そばの実を甘皮付きのまま低温水に2日間つけて水を含ませ、発芽する寸前に活性酵素を最大限に引き出します。

杵搗機で直捏ねしてそばの生地にします。
粗搗きでありながら、手打ちで細切りにするという矛盾を解決する職人技

そのため、通常のお蕎麦に対してGABA・ポリフェノール・アミノ酸等が大幅に増加するだそうです。
また、石臼を一切使用してないので、蕎麦の風味がより感じ取れる香り高い希少な蕎麦。

おすすめメニュー

♦十割どうづき天ざるそば ¥2600

蕎麦粉は勿論、八ヶ岳山麓産というこだわり。
とにかく蕎麦の香りが豊かで、甘みのある極上のどうづきそば。
天ぷらもサクサクで美味。
蕎麦好きには堪らない逸品です。

♦極み十割そば ¥1600
(大盛り¥660増)

まずは、「水そば」から。
そして塩、次につゆでいただくそう。
塩で食べるお蕎麦も絶品。

♦十割どうづきそば ¥1600
(大盛り¥660増)

♦十割天ざるそば ¥2500

♦今日の十割そば ¥1500
(大盛り¥580増)
♦二八そば ¥880
(大盛り¥380増)
♦二八天ざるそば ¥1680

♦天トロロそば(冷・温) ¥1380

♦辛味大根そば(冷・温) ¥1200

♦わさびおろしそば(冷・温) ¥1200

♦天ぷらそば(温) ¥1380
♦天おろしそば(冷・温) ¥1580
♦天トロロそば(冷・温) ¥1380
♦自然薯そば(冷・温) ¥1380
♦辛味大根そば(冷・温) ¥1200
♦わさびおろしそば(冷・温) ¥1200

♦天ぷら盛り合わせ ¥1200
♦わかさぎ天ぷら ¥880
♦わさび天ぷら ¥580
♦そばの芽の天ぷら ¥580

♦天重 ¥1680
(小鉢、ミニそば付き)
♦小さな天丼 ¥380
♦小さなトロロ丼 ¥380
♦そばがき ¥1000

まとめ

私事ですが・・・。
実は、大の蕎麦好きで自分の朝食は、ほぼ毎日「ざるそば」です。
なので、わさびも大好きで、わさび天ぷらも興味津々。

1日2食「蕎麦メニュー」ということも少なくありません。
長野県に行く際は、必ず「そばきり道玄(どうげん)」さんの「どうづき蕎麦」を食べると決めました。

多分、自分の中で蕎麦革命がおきるかも。
蕎麦好きは必食の希少な極上蕎麦「どうづき蕎麦」です。

皆さんも一度、長野県茅野市「そばきり道玄(どうげん)」さんの希少な絶品蕎麦「どうづき蕎麦」メニューを堪能してみてください。
予約もできるそうなのでぜひ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました