カートをみる 会員ページ(ログインと新規登録) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
===消費税増税に伴うお知らせ===

期間限定ポイント3倍!
会員限定ポイント3倍キャンペーン!
実店舗オープンは毎週日曜日
北欧ヴィンテージ食器と雑貨の店フクヤ毎週日曜日オープン
フクヤのお店ブログ 商品の話、買い付け、日常   フクヤのお得なメルマガ購読とメンバー登録

リスのデンマーク風アップルケーキ

デンマーク風アップルケーキ
Ablekage med rasp

デンマークのリスさんに教わったデンマークの伝統的なアップルケーキです。

ケーキ(kage)と付いていますが、焼くお菓子ではありません。デンマークに昔から伝わるレシピですが、今でもとても人気があるとか。

水と砂糖で煮たリンゴにバターと砂糖で炒めたパン粉を混ぜていただきます。柔らかいリンゴとキャラメル状になったパン粉のカリッとした食感の違いがとても美味しいお菓子です。パン粉には刻んだアーモンドを入れるのもお勧めだそう。

写真はおもてなし用にグラスに入れましたが、家庭では大きな器に全部作りいれて、お皿に取り分けながらいただきます。 リンゴとパン粉が重なった様子が面白いので、もしあればガラスの器が見た目にはお勧めですが、味が変わるわけではないので、無ければ適当なボウルでどうぞ。

材料
(4人分くらい)

■フィリング1
リンゴ 1kg (酸味のあるもの、種類については後述します)
水 50cc
グラニュー糖(無ければ砂糖でも) 50g (量は好みで調整)

■フィリング2
パン粉 100cc
グラニュー糖(無ければ砂糖でも) 50cc
バター 50g

■トッピング
ホイップクリーム 沢山
レッドカラントゼリー (無ければ適当なベリーのジャム)

1
リンゴを剥き、4つに切って芯を取り除く。更にそれを適当な小ささに切る。
鍋に水と一緒に入れて煮る。

*お勧めのリンゴの種類は"Belle de Boskoop"ということなのですが、手に入らないので、紅玉で作りました。Belle de Boskoopについて調べると、かなり酸っぱい種類のようなので、レシピにはありませんが、色止めも兼ねてレモン汁を振り掛けました。これは好みでいいです。
*少し形が残っている方が好きなので、12等分くらいに切りましたが、ピューレ状の方がお好みならもっと小さくしてもいいでしょう。
*煮るとリンゴから酸が出て金属を溶かすので、 ホウロウか土鍋、あるいはガラスの鍋を使ってください。

2
リンゴが煮えてきたら、砂糖を加える。砂糖の量はリンゴの甘さで調節する。甘いリンゴなら加えなくても良い。好みの柔らかさになったら火を止め、室温まで冷ます(冷蔵庫には入れないこと)。

3
フライパンでバターを溶かし、パン粉と砂糖を入れて手早く炒める。

*バターだけでなく、砂糖も入っているので焦げ始めるとあっという間に色が付くので注意。

4
キツネ色になったら火からおろす。焦げ過ぎないように注意。

5
適当なボウル(写真ではグラス)に、リンゴ、パン粉、リンゴ、パン粉と層になるように入れる。何層でもいいが、最後は必ずパン粉になるように。

6
最後にたっぷりのホイップクリームとレッドカラントゼリーを乗せて出来上がり。中身が甘いのでホイップクリームには砂糖は入れません。

少し温かさが残っているくらいがお勧めの食べごろということですが、夏なら冷たく冷やしてもいいでしょうね。日本の夏は暑いですから!冷やすときはリンゴだけ冷やして、いただく直前にパン粉をかけてください。出来上がりを冷やすと、パン粉が水分を吸って、せっかくのカリカリがなくなってしまいますので。
*今回はレッドカラントゼリーが手に入らなかったので、イチゴジャムで代用しました。


★人気レシピをまとめた電子書籍(Kindle版)発売中!未掲載の北欧のレシピも豊富に収録しています!

ページトップへ