『フィンランド・デザイン展』東京会場スタート!

2017年1月の福岡会場を皮切りに、12月の宮城会場まで約1年間全国を巡回する『フィンランド・デザイン展』がいよいよフクヤのある東京にやってきました。会場は府中市美術館、会期は9月9日から10月22日。

初日の昨日開催された開会式に招待を頂き、行って来ました。会は閉館後の午後5時半より開催されました。

挨拶をされるユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使。フィンランドには戦後大変に貧しく苦しい時代があり今に至ったこと、フィンランドのデザインは海外の影響を受けながらも身近な自然から着想を得ている事などを話されました。

間に歓談の時間を挟み、府中市美術館の藪野健館長が挨拶されました。洋画家である藪野氏ならではの視点から今回の展示で感銘を受けた点をお話されました。

開会式の後は、内覧会の時間が用意されていました。なお展示の撮影は禁止ですが、取材のため許可を得て撮影しています。

今年はフィンランド独立100周年記念として企画された、100年の歩みを振り返る展示となっています。まずは「第1章」として独立以前の19世紀の家具や器などから。

第2章はフィンランドデザインの礎を築いたデザイナーたちの作品。カイ・フランクの器やマイヤ・イソラのテキスタイル。

アルヴァ・アアルトの曲木の椅子。

第3章はフィンランドデザインを完成させたデザイナーたちの作品が並びます(完成というだけあり、つい最近まで作られていたり、今も作られている物も!)。


第4章はフィンランドの異才たち。ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの素晴らしいムーミンの本のためのドローイングや、貴重な50年代のムーミンの製品が並び見入ってしまいます。

ヴォッコ・ヌルメスニエミの大胆なテキスタイルを使ったドレス。

エーリック・ブルーンのポスター原画。ペンのタッチの素晴らしい事。そして、半世紀以上前のことですから、文字ももちろん手描きです。学生時代にやりましたが、面相筆で輪郭を描いて、内側は平筆で塗るんですよね。懐かしい。

第4章のエーロ・アールニオのポップな椅子たちの壁面に飾られているのは、第5章の企業とデザインを飛躍させたデザイナーとして取り上げられている、石本藤雄の華やかな花の陶板作品です。

第5章には、東京会場の「顔」となっている、オイヴァ・トイッカのフクロウも。

最後の第6章はフィンランドデザインの今について。アラビアのヘイニ・リータフフタの繊細な作品。

これは可愛かった。ハッリ・コスキネンがカニ(兎)とオウル(フクロウ)のパターンを和紙と漆で作ったポーチにデザインした製品。

その他にも、カイ・フランクの意外な側面を見る可愛らしいテキスタイルパターンや、ムーミンマグの原画といった、普段はなかなか見ることのできない展示がされています。ムーミンマグの原画は、完成までに試行錯誤したプロセスが時系列で並べてあるのが面白い!

2012年の「フィンランドの暮らしとデザイン展」よりも、デザイナーにグッとスポットを強く当てているので、デザインが好きな方にはワクワクと、どの作品も一つも見逃せない展示となっています。ここにご紹介した以外にも是非見て欲しい作品が並んでいますし、また写真では絶対に伝わらない細部の美しさ、面白さがあるので絶対に実物を見て欲しいです。東京は少し不便な場所にありますが、行く価値ありですよ。


フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3
(ハローダイヤル 03-5777-8600)

会期:2017年9月9日(土)~10月22日(日)
※10月8日(日)は開館記念無料観覧日。
休館日:月曜日 (9月18日、10月9日をのぞく)、9月19日、10月10日
開館時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料:一般900円

詳しくは下記リンク先の公式サイトをご覧ください。
●フィンランド・デザイン展


最後の会場は、10月28日から12月24日まで宮城県美術館です。東北旅行ついでにいかがでしょうか?

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

HAMでフィンランドミッドセンチュリーのデザインを観る

前回書いた通り、ルーネベリタルトのマグを受け取りにヘルシンキ近くまで行きました。せっかくここまで来たのだからと、美術館へ足を延ばすことに。時間的に一つしか行くことが出来ないので、HAM(ヘルシンキ市立美術館)でフィンランドのミッドセンチュリーデザインをテーマにした「Modern Life!」にするか、Ateneum(アテネウム美術館)の「Tuulikki Pietilä(トゥーリッキ・ピエティラ)生誕100年」に行くか迷って、HAMの方に行くことにしました。

HAMは一見美術館とは思えない外観で戸惑いました。それもそのはず、1階は映画館「Finnkino」。中に入ると沢山の親子連れや若者たちでとても賑やか。

エレベーターで登った2階から美術館でした。入口は小さかったのですが、中は意外と広く、天井の高い内部にはミッドセンチュリーの象徴的なマリメッコの服の展示が目を引きます。

アルヴァ・アアルトの曲木の椅子など。

椅子の展示の向こうの壁では当時の様々なビジュアルのスライド上映。この時に映っている写真はフィンランドの有名な中長距離ランナー、パーヴォ・ヌルミのブロンズ像です。

1920年代にアントワープ、パリ、アムステルダムのオリンピックでメダルを取ったヌルミは「フィンランドの走る奇跡」「空飛ぶフィンランド人」と呼ばれたとか。彼をモデルに1940年のヘルシンキオリンピックポスターが作られましたが、そのオリンピックは1939年ソ連がフィンランドに侵入した、いわゆる冬戦争勃発で中止。戦後の1952年に開催となったヘルシンキオリンピックのポスターは使われるはずだった1940年のビジュアルをそのまま使用したそうです(左の赤ラインが1952年、右のオレンジラインが1940年)。この話は胸を打ちました。

戦中戦後のフィンランドは敗戦国として実に大変な時代を過ごします。40年に戦争によって実現されなかったオリンピックポスターをそのまま持って来ることに、当時のフィンランドの強い復興への思いが感じられたからです。ヘルシンキオリンピックの背景については、以前にもう少し詳しく書いていますので、合わせて読んで頂ければよりわかると思います。
悲願のヘルシンキオリンピック
ヘルシンキオリンピックの話は、戦後日本と東京オリンピックの心情に重なります。

展覧会では他にも食器など生活用品や、住宅モデルなど暮らしが分かる展示もありましたが、長くなるので割愛します。

ところで、同時にムーミンの作者トーベ・ヤンソン展も開催していました。小規模ですが、良い展示内容。またなぜか日本語のしっかりとした作品解説も用意されていて、以前にアテニウム美術館で大規模なトーベ・ヤンソン展を観ましたが、同じ作品でも内容を深く理解することが出来ました。この展示についてって日本で紹介されていましたっけ?

トーベ・ヤンソンといえば、どちらにするか迷ったアテニウム美術館の「トゥーリッキ・ピエティラ 生誕100年」展のトゥーリッキ・ピエティラはトーベの生涯にわたる恋人でした。グラフィックデザイナーでアーティストの彼女はムーミンのキャラクター、トゥーティッキのモデルです。

HAMの「Modern Life!」展は自分の興味のある時代とテーマだったので、こちらを選び、確かに面白かったのですが、内容としてはデザインミュージアムなどの他のフィンランドの美術館、日本のフィンランド展やマリメッコ展でも見た事があると言ってしまえば、そんな感じ。一方トゥーリッキ・ピエティラの作品はきっと来日しないだろうし、そっちにすれば良かったかなあ、と今になると思ったりもするのですが、まあ、良い気分転換で楽しかったので良しとしましょう。

オシャレなカフェでオシャレなランチを食べた話も書こうと思ったのですが、長くなったので、これも割愛。

ご興味のある方に、カフェの名前とサイトのリンクを貼っておきますね。
SIS. Deli+Café
Kalevankatu 4, Helsinki

ミタ

余談ですがHAMの職員さんはユニフォームとしてマリメッコのヨカポイカシャツを着ていました。トーベ・ヤンソン展の入り口に座っている人も、この写真の右端の人も。問題点としては、たまに観客と服が被ってしまうことでしょうか。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

もうすぐフィンランドのルーネベリタルトの日!

もうすぐフィンランドの「ルーネベリの日」なので、ルーネベリタルトを焼きました。

ルーネベリタルトについては、過去にこのフクヤ通信でも何度も書いています(改めて数えたら、大なり小なりで6回書いています)。繰り返しになるので、下記に2015年に書いた「ルーネベリタルトとイソクッカの真っ赤な花」から一文を取り出しました。

『2月5日はフィンランドの祝日「ルーネベリの日」です。ルーネベリとはフィンランド国歌を作詞したユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリ(Johan Ludvig Runeberg)で、2月5日はルーネベリの誕生日です。

彼は甘いもの好きで、特に妻のフレデリカの作ったカップケーキを好み、毎朝食べたと伝えられています。そのカップケーキには「ルーネベリタルト(Runebergintortut)」と名付けられ、毎年2月5日に食べるのがフィンランドの習慣』

簡単ですが、こういう事です。

赤いジャムに合わせて、赤い色でコーディネートしました。プレートは、アラビアのHilppaケーキプレート、タンブラーはマリメッコのSamovaari、ウニッコのクロスは私物です。

今月はスウェーデンのセムラの日(フィンランドではラスキアイスプッラの日)が待っています。北欧菓子ファンの皆さま、食べ過ぎにはご注意くださいね。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

掲載誌「MOE 7月号」のお知らせ

6月3日発売の「MOE 7月号」に実店舗を掲載していただきました。
160605-4
現在公開中のマリメッコの創立者アルミ・ラティアを描いた映画「ファブリックの女王」にちなんだマリメッコ特集に合わせ、様々な北欧の雑貨を取り上げた内容です。その北欧雑貨企画の一つ「北欧デザイン雑貨ショップ」にフクヤも紹介して頂きました。
160605-2
マリメッコ特集です、と最初に伺っていたので、マリメッコのパターンを思わせるアラビアのアウリンコとフィネルのプリマヴェーラをピックアップしました。掲載商品は下記です。
Arabia Aurinko
Finel Primavera

マリメッコの特集記事は、きちんと時間をかけて取材をされるモエさんらしく、読みごたえがありました。トリビアとしては、7ページでアルミの息子さんのリストマッティさんが、アルミが仲の良い陶芸家の誕生日のためにガラスの器で蓮の池を作ったエピソードが語っていますが、この陶芸家とはアラビアのビルイェル・カイピアイネンのことです。パラティッシのデザインで知られるカイピアイネンは、アルミの親友でした。

また、10ページでは日本人デザイナーの活躍として、初の外国人デザイナー脇阪克二さんの名前が挙がっています。

丁度先週から脇阪さんデザインのポーチを販売しています。16日まででしたらオマケも付きます。お求めは下記リンク先からどうぞ。
undyed+ 脇阪克二デザイン フェルトポーチ
160605-5

モエ7月号は全国の大型書店、あるいは下記画像のリンク先からネットでお求めいただけます。ご興味にある方はどうそご覧になってくださいね。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アルミ・ラティアが恋をしたマリメッコのマリボウル

秋の買い付けでマリメッコとイッタラがダブルネームで作っているマリボウルを2個買いました。ところが輸送の途中で1個割れてしまい残念でなりません。

写真の手前が無事届いた方。奥にある濃い色は以前から私物で持っているものです。
160210-1
自宅用に買った事はあるものの、販売用としてのマリボウルは初めて。同じフィンランドでもアラビアの陶器の事なら多少は分かるものの、マリメッコとなるとさっぱり分からず、ただ長年の付き合いのオーナーさんに勧められ、それならと買い付けました。

マリボウルについては何も知らなかったので、帰国してから改めて調べました。マリボウルは日本でもファンが多く、これから書くことはお好きな方には常識であろうとは思いますが、バラバラと集めた情報を一つにまとめるための、私用の備忘録でもあります。

マリボウルはプレスガラス技法による高足付きのガラスボウルです。二つのつなぎ目が入っているのが、プレスガラスの証。

こういった形のボウルはシュガーボウルとしてヨーロッパでは古くから作られていて、もちろんデザイナーは特定できるものではありません。1800年代のドイツが発祥のようで、フィンランドではリーヒマキガラス(Riihimäen Lasi)が似たような形でいくつか作っていました。

1950年代にマリメッコの創業者アルミ・ラティアがこのボウルを気に入り、長年の戦いの末1959年にマリメッコがデザインを買い取りました。

誰がラティアにこのボウルを見せたのか諸説あります。一つは、アルミの息子、リソトマッティ・ラティアがどこかで見つけ母のために買ったとされる説。一つはマリメッコのデザイナーだったヴォッコ・ヌルメスニエミがマリメッコを去る際にディスプレイに布と共に使ったとされる説。他にもアルミが自分で見つけたとされる説。

いずれにしても、マリボウルは1959年にヌータヤルヴィで生産が始まり、正式にマリボウルと命名されました。1965年からはイッタラが製造しています。

1965年はクリア、バイオレットブルー(現:ライトブルー)、グリーン、コバルトブルー、ブラウニッシュグレイの5色でしたが、数年ごとに色を加え、あるいは廃番とし、2008年には小さなサイズも加わり、現在(2016年2月)オリジナルの大きなサイズが11色、小さなサイズが3色の全14アイテム展開。

また、1980年から1994年までは、マリメッコのロゴは紙かシルクのステッカーでしたが、2004年からはエンボスで底に入るようになりました。

今回買い付けたマリボウルは底にマリメッコのシルクステッカーが付いているので、1980年代の製品。色は製造当初からある、ライトブルーではないかと思いますが、自信無し。
160210-2
ちなみに、私物のマリボウルはこのようにエンボスでマリメッコのロゴが入っていますので、2004年以降の生産。
160210-4
上から見ると花が咲いているようです。
160210-3
こちらは今月中にアップ予定。

ところでマリメッコの創業者、ラティア・アルミの伝記映画が5月に公開予定。これは映画の予告編。面白そうです。

ミタ

ちょっと自信がないのですが、フィンランドの新聞でラティア・アルミの伝記が舞台化されていたのを何年も前に見た記憶があります。あれとはまた別なのかな?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓