『フィンランド・デザイン展』東京会場スタート!

2017年1月の福岡会場を皮切りに、12月の宮城会場まで約1年間全国を巡回する『フィンランド・デザイン展』がいよいよフクヤのある東京にやってきました。会場は府中市美術館、会期は9月9日から10月22日。

初日の昨日開催された開会式に招待を頂き、行って来ました。会は閉館後の午後5時半より開催されました。

挨拶をされるユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使。フィンランドには戦後大変に貧しく苦しい時代があり今に至ったこと、フィンランドのデザインは海外の影響を受けながらも身近な自然から着想を得ている事などを話されました。

間に歓談の時間を挟み、府中市美術館の藪野健館長が挨拶されました。洋画家である藪野氏ならではの視点から今回の展示で感銘を受けた点をお話されました。

開会式の後は、内覧会の時間が用意されていました。なお展示の撮影は禁止ですが、取材のため許可を得て撮影しています。

今年はフィンランド独立100周年記念として企画された、100年の歩みを振り返る展示となっています。まずは「第1章」として独立以前の19世紀の家具や器などから。

第2章はフィンランドデザインの礎を築いたデザイナーたちの作品。カイ・フランクの器やマイヤ・イソラのテキスタイル。

アルヴァ・アアルトの曲木の椅子。

第3章はフィンランドデザインを完成させたデザイナーたちの作品が並びます(完成というだけあり、つい最近まで作られていたり、今も作られている物も!)。


第4章はフィンランドの異才たち。ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの素晴らしいムーミンの本のためのドローイングや、貴重な50年代のムーミンの製品が並び見入ってしまいます。

ヴォッコ・ヌルメスニエミの大胆なテキスタイルを使ったドレス。

エーリック・ブルーンのポスター原画。ペンのタッチの素晴らしい事。そして、半世紀以上前のことですから、文字ももちろん手描きです。学生時代にやりましたが、面相筆で輪郭を描いて、内側は平筆で塗るんですよね。懐かしい。

第4章のエーロ・アールニオのポップな椅子たちの壁面に飾られているのは、第5章の企業とデザインを飛躍させたデザイナーとして取り上げられている、石本藤雄の華やかな花の陶板作品です。

第5章には、東京会場の「顔」となっている、オイヴァ・トイッカのフクロウも。

最後の第6章はフィンランドデザインの今について。アラビアのヘイニ・リータフフタの繊細な作品。

これは可愛かった。ハッリ・コスキネンがカニ(兎)とオウル(フクロウ)のパターンを和紙と漆で作ったポーチにデザインした製品。

その他にも、カイ・フランクの意外な側面を見る可愛らしいテキスタイルパターンや、ムーミンマグの原画といった、普段はなかなか見ることのできない展示がされています。ムーミンマグの原画は、完成までに試行錯誤したプロセスが時系列で並べてあるのが面白い!

2012年の「フィンランドの暮らしとデザイン展」よりも、デザイナーにグッとスポットを強く当てているので、デザインが好きな方にはワクワクと、どの作品も一つも見逃せない展示となっています。ここにご紹介した以外にも是非見て欲しい作品が並んでいますし、また写真では絶対に伝わらない細部の美しさ、面白さがあるので絶対に実物を見て欲しいです。東京は少し不便な場所にありますが、行く価値ありですよ。


フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3
(ハローダイヤル 03-5777-8600)

会期:2017年9月9日(土)~10月22日(日)
※10月8日(日)は開館記念無料観覧日。
休館日:月曜日 (9月18日、10月9日をのぞく)、9月19日、10月10日
開館時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料:一般900円

詳しくは下記リンク先の公式サイトをご覧ください。
●フィンランド・デザイン展


最後の会場は、10月28日から12月24日まで宮城県美術館です。東北旅行ついでにいかがでしょうか?

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アスパラガスと静謐なアンティークがモチーフのデザイン

もう、本当に気が付けば2か月も前の話になってしまって申し訳が無いのですが、5月の終わりに北海道のPresseさんが「旬の味をどうぞ」と立派なアスパラガスを送って下さいました(嬉しいサプライズ!)。

札幌市の谷口農園さんが無農薬、無化学肥料で作っているアスパラガスだそうです。

さっと塩茹でし、同封されていたリーフレットのお勧め通り、オランデーズソース(生まれて初めて作りました)をかけて、温かい内にいただきます。

ポクポクしていて美味しい!アスパラガスがポクポクしているなんて初めての体験です。アスパラガスの見方が変わる体験でした。北海道と言えば海鮮やジャガイモのイメージでした。他にも美味しいものが沢山あるんですね。

アスパラガスを盛り付けたのは、アラビアのケーキトレイ「Antique(アンティーク)」です。その名の通り、アンティークの道具たちをエッチングのようなタッチで描き、写真技術が無かった頃の製品カタログの雰囲気がします(この写真はフィンランドのガラス博物館にあった、1800年代の製品を紹介したリーフレット)。

ですので、製造が1960年代から70年代と分かった時は「え、そんな最近なの?」と思ったくらいです。

デコレーションはエステリ・トムラ。植物画で知られている彼女にしては、珍しい静物画のイラストで、タッチも他にない雰囲気がします。ただ、対象を細かく観察して描く様子は正に彼女のもの。

実は最近ちょっとクラシックなデザインも気になっていて、この夏の買い付けで自分用にロールストランドの100年以上前に作られたアンティークのプレートを買ってきました。

そんなアンティークなデザインがお好きな方にもおすすめのトレイです。製品は下記リンク先からご覧ください。

Arabia Antique (design) ケーキトレイ

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド人あるあるは日本人あるある

今日から5月。今朝テレビのニュースで新入社員の五月病について取り上げられていました。特に今年は大型連休なので、休み明けに憂鬱な気持ちに襲われる人が多いのかも知れませんね。

ところで、フィンランド人の「あるある」をテーマにして、2016年のフィンランドコミック部門売り上げNo.1となった漫画『マッティは今日も憂鬱』を読みました。

元になった漫画『Finnish Nightmares(フィンランド人の悪夢)』はインターネットで発表されていたため、たまにシェアされているのを読むことがありました。読むたびに「なんだか日本人みたい」と感じていたのですが、今回まとめて読んで、益々その気持ちを強くしました。

あれは20年程前の事だったか、渋谷パルコの地下の本屋でたまたま手にした雑誌がフィンランド特集でした。そこに”フィンランド人は自分たちが日本人に似ていると思い、日本に親近感を抱いているが、日本でフィンランドの事を知っている人はほとんどいず、片思いである”と書かれていました(正確ではありませんが)。

その時は、私もご多分に漏れず、フィンランドの事はほとんど知らなかったので「ふーん、そんなものかなあ」とぼんやりと思い、それでも不思議に、その文がとても印象に残っていました。

『マッティは今日も憂鬱』によると、フィンランド人は自分の思っていることをはっきりと口に出すのが苦手。人目に立ちたくなく、出来れば他人と距離を置いて、自分の世界を守りたい。必要以上に人に気を使って、大変な時でも何でもない振りをして助けてと言えなかったり、何かあったら悪いのは自分ではないかと勘ぐる…。そんな困ったフィンランド人の状況をユーモアたっぷりに描いています。

ああ、これってまさに日本人ではないですか!

来週からのゴールデンウィーク明けが憂鬱な新入社員の皆さん、新入社員ではない皆さん、そもそも連休なんてないよという皆さん、もしかしたら「遠い北の国の人たちが同じようなことでウジウジしている」話を笑いとばしているうちに、五月病も気にならなくなるかも知れませんよ…保証はしませんが。

本に興味のある方は下記リンク先をご覧ください。

さて、そんなマッティ(フィンランド人)が唯一饒舌になるのがサウナだとか。フィンランドでサウナと言えばビールがつきもの。アラビアでは、こんなサウナ用のビアマグが作られていました。

このビアマグを使えば、いつもよりリラックスできて饒舌になるかも知れません。私はお酒は飲めませんが、ミルクティー用に一つ持っています。在庫状況はリンク先からご覧ください。
アラビア サウナ用ビアマグ

ミタ

ところで、以前テレビのサウナ特集で「サウナでお酒は厳禁」と解説し、次に紹介されたフィンランド大使館のサウナの中にビール缶が映っていたのは笑いました。フィンランド人はお酒に強いですからね。日本人は真似しない方がいいかも。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アラビア100周年とフィンランド100周年

今週の木曜日はアラビア100周年のカップ&ソーサーをアップ予定です。そちらを紹介する前に久しぶりに買い付けたShe-Fo(シェフォ)をご紹介します。

She-Fo(シェフォ)は1926年から69年まで長い期間製造されていたので、それほど見つけにくいアイテムではありません。ただ、デミタスサイズは日本ではあまり人気が無いので、積極的に買い付けることはありませんでした。

ところで、今年3月にフィンランド独立100周年を記念した、各年代を代表するアラビアのパターンを選んだマグシリーズに、She-Fo(シェフォ)が選ばれていました。100周年カップ&ソーサーは分かるのですが、シェフォが選ばれるとは意外な気持ち。これを見てアラビアにとって時代を代表する重要なデザインの一つだったのだと改めて気がつき、再び買い付けた訳です。

※写真はこちらのアラビアサイトより→Suomi 100 Muki

先ほど書いた通り、She-Fo(シェフォ)は1926年から69年までの製造でした。今回は1933年のEPモデルにデコレートして1940年から46年まで作られたカップ(左)と、1926年のOCモデルに1949年から59年のロゴが付いたカップが同時に入っています。

She-Fo(シェフォ)の魅力はカップだけではなく、ソーサーにも美しい装飾がされているところ。こうやって比べると40年代の方が高級感がありますね。金が濃いだけでなく、青の色も深く艶があります。これは型の違いではなく、年代の違いの様です。資料を確認すると、初期のOCモデルもこのEPモデルと同じように、金や青に深みがありました。時代と共に材料費や人件費の高騰でここまで手をかけれらなくなったのかも知れません。

She-Fo(シェフォ)のデザインは、Greta-Lisa Jäderholm-Snellman(グレタ=リサ・ヤデルホルム=スネルマン/1894年-1973年)。アラビア所属期間が1921年から37年と、時代が古いこともあり、日本ではあまり知られていませんが、多くのデザインを残し、かつ指導者として後輩の育成に力を注いでいました。

彼女については今も様々な逸話が残っています。去年グレタ=リサ・ヤデルホルム=スネルマンについてフクヤ通信にアップしていますので、お読みいただけると嬉しいです。実は結構キャラクターが気に入っているデザイナーなのです。
特別な日のデミタスカップ

復刻されたフィンランド100周年マグのシェフォが青一色なのが残念。

この当時のように金と淡い水色の2色、せめて淡い水色の1色だけでも追加して使ってあればイメージがグッと良くなると思うのですが。

ミタ

シェフォのアップは5月半ばごろを予定しています。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

イースターのチョコレートケーキ

4月10日に北欧文化協会主催の例会で、北欧料理研究家の佐々木さんのセミナー「シンプルであったかい。北欧スイーツ」を受けてきました。佐々木さんはフランス菓子から北欧菓子へと入っていた方なので、フランス菓子との比較の話が面白く、また次々と紹介されるお菓子の写真や解説に興味津々でメモを取っているうちに2時間があっという間。それから1週間ほどたちますが、頭の中で何度も反芻するほど感銘を受けました。

反芻するほどに佐々木さんが愛するチョコレート菓子が作りたくなり、セミナーでも取り上げられたスウェーデンのチョコレートケーキ「クラッドカーカ(Kladdkaka)」ならば、いま家にあるもので作れるので初挑戦。初めて焼いたクラッドカーカは、火が通り過ぎて理想の”内側がべたべた”状態になりませんでした。我が家はガスファンオーブンなので、レシピよりも10度から20度下げなくてはいけないのですが、レシピ通りの温度で焼いたのが原因のよう。次は温度を下げて再挑戦します。

意識はしていなかったのですが、たまたまイースターが翌日(つまり今日の4月16日)なので、せめて見た目だけは華やかにと、卵型チョコとアーモンドポッキーを使って鳥の巣を作り、イースターっぽい飾りにしました。本当は小枝チョコが良かったのですが、近所のスーパーには無く、苦肉の策です。

ところで、イースターと言えばチョコレートケーキのイメージがあるのですが(そんな事ないですか?)、多分チョコレートで作ったイースターエッグからの発展ではないかと思っています。

では、どうしてイースターエッグをチョコレートで作るのか、ふと疑問に思い調べてみました。

ざっくり調べたところによると、17世紀に人工の卵をプレゼントや飾り用に作るのが始まり、19世紀になるとフランスとドイツで卵型のチョコレートが作られ始めました(そういえばアイルランド在住時にみんなでお金を出し合って先生に贈り物のイースターチョコレートを買ったなあ)。最初は本物の卵の殻を利用していたようですが、やがて技術が発展し金属型で作るようになってからヨーロッパ中に広がり、1960年代には世界中で作られるようになったとか。

ちなみに、今でもフィンランドの菓子メーカーFazer(ファッツェル)では本物の卵の殻を使ったイースターエッグチョコレートMignonが販売されています。Mignonが作られ始めたのは1896年だそう。当時はまだロシア支配でしたね。ファッツェルは1891年にフレンチ・ロシアンカフェとして創業されました。

卵型チョコレート、Mignonはこの時期フィンランドに行くとどこのスーパーでも販売されている風物詩です。その製作工程の動画がアップされていました。なかなか面白いので、ご覧ください。

ところで、セミナー当日の4月10日はスウェーデンの「Bulle med bulle(チョコレートサンド)」の日ということで、佐々木さんお手製のBulle med bulleを頂きました。とってもジャンクな外観ですが、想像以上に美味しくてビックリ。

Bulle med bulleについてはスウェーデン洋菓子のリッラ・カッテンさんが詳しく書いて下さっているので、興味ある、という方は是非下記リンク先からご覧ください。
ビョルネン日報@17年04月11日(火)あめ

それでは皆さまハッピーイースター!

ミタ

あと、今日は実店舗開店していますので、是非お越しください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓