北欧買付最終日にニューノルディックキュイジーヌ

フィンランドの取引先の青年に「北欧でどの国が一番いい?」と難しい質問をされたことがあります。「それぞれの国で特徴があるからどこが一番とは言えないけれど…」「分かるよ」「リラックスするならフィンランド、買い物が楽しいのはスウェーデン、外食が面白いのはデンマークかな?」「分かるよ」。

ちなみに彼は、以前は両親が経営するアンティーク店に私が来店した時に(あらかじめ予約をいれているので)英語の苦手な親のために通訳として顔を出していたのですが、今では彼が切り盛りしている風です。最初に会った10年程前はしゃがむたびに半ケツを見せていたのに、今はもう見えないし(ファッションの流行もあるのでしょうが)、去年の夏に結婚して来年の春にお子さんが生まれるそう。もう青年とは言えないような気もするのですが、私も一緒に10年分年を取ったので、いつまでも青年のように思ってしまいます。

思えば、まだお腹の中にいたスウェーデンの取引先の娘は超絶美人小学生になっているし、堅信礼を受けたばかりと母親の後ろでもじもじしていたデンマークの友人の娘は全身真っ黒の服着てゴスバンドで演奏しているくらい立派になって、10年でこれほど変わるのだから、20年、30年と関わっているとどれくらい変化するのだろうと思うと恐ろしいような楽しみのような。

閑話休題。

そう、デンマークと言えば私にとっては「面白いものを食べられるところ」。いわゆる「ニューノルディックキュイジーヌ(新北欧料理)」はデンマークのレストラン「noma(ノーマ)」が世界に知らしめた北欧の新しい食文化です。大雑把に言ってしまうと「地産地消」なのでコンセプトとしての目新しさはないのですが、気候が厳しいために食材に乏しく、輸入食品に頼っていた北欧のレストラン業界において新風を巻き起こしました。

2016年11月にKøbenhavn(コペンハーゲン)で食べたときに、実は本命のレストランがあったものの、遠くて断念した経緯がありました。ただKøbenhavnもとても美味しかったので後悔はないし、市内の便利な場所にあるので、機会があれば再訪したいと思っています。

その行きたかったレストラン「Den Røde Cottage」…はお高いので、系列のカジュアルレストラン「Den Gule Cottage」。鹿公園で有名なクランペンボーにあります。今回は最初から行くつもりで、あらかじめ日本から予約もし、ホテルも近いところに取っていました。

「Den Gule Cottage」とは直訳すると「黄色い草ぶきの田舎家」。その名の通りの建物がぽつんと1軒建っていました。夜の7時ですが夏の北欧はこんなに明るい。

中に入ると若い男性が飛び出てきて「いらっしゃい!僕はシェフの○○です!」と元気に声をかけるので、勢いで「こんにちは、ヨウコです!」と思わず手を出して握手してしまいました(恥ずかしい…)。テラス席があるというので、そちらを選びました。

メニューは分かりやすく、アラカルトから前菜、メイン、デザートのスリーコースを選べるセットもあります。私はワイン抜き350クローネのスリーコースを選択。

飲み物は夏らしくルバーブの何か(ノンアルコール)。

最初に出されたパンとバター。デンマークのパンは本当に美味しい。

前菜に選んだのは「Shrimps, creamy salad and dill」。北欧の定番中の定番ですが、上にかかったライ麦だったか何かのクリスピーな食感が楽しい。

メインには「Chicken from “Hopballemølle”, kale and salty cucumber」。チキンどこや、と思ったら下から出てきました。あえて焦げ目をつけたキュウリの風味が新鮮な感覚です。上の黒いのは何か忘れました。

デザートは「Strawberry, buttermilk and danish “kammerjunker”」。酸味のあるバターミルクを上からかけます。白いイチゴは初めて。甘いと酸っぱいの組み合わせは間違いないですね。

どれも美味しく、また食材の組み合わせが面白く、たっぷりと楽しみました。また違う季節に行ってみたいです。

レストランは海岸沿いにあり、テラスからは海や芝で遊ぶ人たちが見えました。夜の8時を回っていると思いますが、昼間のように明るい。

せっかくなので食後に海岸を散歩しました。

砂浜にはカモメのあしあと。

9時過ぎていたと思いますが、まだ海水浴を楽しむ人たちがいました。海岸に建っている足の付いた円筒形はアルネ・ヤコブセンがデザインした監視塔。デンマークのアイコンのひとつとして雑誌でしばしば目にし、海岸にポツンと一つ建っているのを想像していたのに、実際は海岸沿いにいくつもいくつも並んでいて、自分の思い込みに苦笑。

それでも、やっぱり絵になるのだ。

月が出て、カップルが歩いていて、カモメが飛んでいたら、もっと絵になるのだ。

こうして、2017年夏の買い付けは終了。

翌日はデンマークのカストラップから日本に向けて帰国の便。

機内食にルバーブケーキが出てきたのが、今年の北欧の夏の食材食べ収めでした。

さようなら、北欧。また来る日まで(言っている間に次が来てしまうのです)。

ミタ

食レポートが薄くてごめんなさい。なにせ3か月以上も前のことなので美味しかった記憶しかありません。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

コペンハーゲンで遊覧船

ランゲラン島のサマーハウスを離れ、来た時と同じように橋をいくつも渡り、ロラン島、ファルスター島を経てコペンハーゲンのシェラン島へ到着。

写真は「Nyboder(ニューボーダー)」。海軍の宿舎で、1631年に着手され、1795年に全棟の建築が終了。計画的で美しい建物は観光名所の一つになっています。2006年からは一般の人でも住めるようになり、今は海軍専用ではなくなったとか。

何年も前から「もしも夏に来たら遊覧船に乗りたい」と思っていたので、運河のあるニューハウンへ直行しました。

それにしても、こんなに人の多いニューハウンは初めて見た!

遥か彼方まで人の頭しか見えません。ここは原宿の竹下通りか!恐るべし夏の北欧!

いや、しかし、行列に負けずに乗るなり、遊覧船。

何隻も運行していて、頻繁に船が来るので、行列があってもそんなに待たずに乗れました。

レッツゴー

デンマーク王立図書館。通称ブラックダイヤモンド。

特に解説は無かったけれど、この中心に水のある集合住宅が素敵でした。ここに住んでいると、ちょっとそこまでって自転車感覚で船で出られますよね。

本当に手づくりのドラム缶船で自転車感覚で運河を行く青年たち。

新鮮な角度で見る人魚姫の後姿。

中国か韓国か?多分、日本人ではないと思うアジアの人たち。そういえば30年くらい前は中国系の人たちはバッチリポーズを決めて写真に収まっていたものですが、最近はさすがにナチュラルポーズになっているんでしょうね。

数年前にオープンしたらしい、コペンハーゲンの新名所「PapirØen」。様々なストリートフードが楽しめる場所だそう。近頃は再開発というとフードコートになるケースが目につくような。今回は行かなかったのですが、もし機会があればきっと楽しいので、お勧めの場所です(と、遊覧船のガイドさんが)。

地面に降りて、ブラブラ運河沿いに歩いていると、日向ぼっこをする人たちが

こんなに沢山…。

大通りのストロイエまで行って

夏こそ食べたい、ソフトクリーム!(ピントがどこにも合っていない写真ですが)

トーベ・ヤンソン展が開催中でした。フィンランドで観たものと同じなのかしら?

明らかにスカンジナヴィア料理のお店。

どんなメニューがあるのか気になりましたが、今回は数か月前から予約して楽しみにしているレストランがあるので、ここには入りません。

そう。いよいよ次回は最終回(の予定)。美味しいニューノルディックキュイジーヌ編へと続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマークの夏のお楽しみ無人販売所巡り

ダラダラと書き続けていた2017年夏の買い付けレポートも終盤です。多分、今日を入れてあと3回で終了します。そして最終回には海辺のニューノルディックキュイジーヌレストランで美味しいデンマーク料理を食べた話がありますので(予定)どうぞ、もうしばらくお付き合いください。

さて、以前から、スウェーデンやフィンランドのサマーハウスの場所と言えば森や湖ですが、森も湖のイメージの無いデンマークではどんなところにサマーハウスが建っているのかと興味がありました。どうやら海に近い場所がサマーハウスに人気のようです。デンマークは小さな島が集まった国で、調べると443もの島があるそう。

友人に勧められて朝早くに海岸まで散歩に行くと、ピクニックをしている家族がいました。夏の海岸ですごく気持ちよさそうですが、実は結構寒い。

海辺は風が強く、軽装(と言っても薄いニットを着ていましたが)だったので、じっとしていられなくて、同じくお勧めの、地元で30年間愛されているベーカリー「Hedo’s Bageri​」までパンを買いに行きました。

オープン1時間後くらいだったと思うのですが、棚がガラガラ。大好きなデンマークの美味しいパンを色々買いたかったのですが、拍子抜けです。後で友人に聞くと、オープンしてすぐに行かないと無くなってしまうとか。お店の奥にはあらかじめ注文されたのか、既に袋詰めされたパンがいくつも並んでいました。

残っているうちから、数種類選んでお店の女性に告げると、手づかみで袋に詰めたのにはビックリ。嫌だったのではなく、日本ではあり得ない出来事で、虚を突かれたのが驚いた理由です。

以前、叔母が日本のパン屋で、お客の男性が、少しでもお店の人が袋に詰めるときに手が触れると「あ!いま触った!取り替えて!」と何度も何度も交換させていたのを見たそうです。そんな神経質な人がここに来ると生きるのが大変だろうなあ。

お店には犬用のオヤツもありましたよ。

島をグルグルと周っていると目に入るのが自宅で採れた作物を売っている無人販売所。北欧の夏の風物詩です。

ここには、イチゴ、カラント、ジャガイモ、リーク(?)がありました。

収穫物だけでなく、台所仕事が好きな家ではジャムを作って販売しています。

販売所を覗いていたら自転車で通りかかったカップルが「小銭を持っていたら両替してくれないかな」と話しかけてきました。残念ながら他の販売所で手持ちを使い果たしていたので両替は出来ず、お断りせざるを得ませんでした。販売所は現金ですが、北欧はキャッシュレス化が進んでいるので、この先現金が無くても困ることはほとんどありません。ところが、この『現金が無い』事態が後でユニークな体験に繋がります。

無人販売所は食べ物だけではありません。デンマーク語で『Loppemarked』という蚤の市の看板もあちこちの家の軒先に出されていました。

5クローネは安い。いらない人にはガラクタだけど、欲しい人にはお買い得。

そんな『Loppemarked』の案内板のひとつに惹かれて、ある一軒家の納屋に入ってみると、ガラクタの中にキラリといくつかのKronjydenが光っていました。価格はリーズナブル、状態も良好。ところが現金の手持ちがありません。その家の女主人にカードが使えるか尋ねると、モバイル決済なら対応すると。キャッシュレス化が進み、モバイル決済が当たり前になっている北欧。ところが私はデンマークに銀行口座がないので、もちろんモバイル決済なんてできません。

では残念ですが…と告げると、その女主人が「すぐ近くにスーパーマーケットがあるから、そこでちょっとしたものを買って、必要な金額を上乗せしてクレジットカードを切って、上乗せした分を現金でもらえばいい」と言います。「ええ!?」「ここら辺は銀行がないから、私たちはいつもそうしているのよ」

教えられたスーパーに行くと、既に女主人から連絡が行っていました。飲み物を少し買って、決済をしようとするとなぜか、どうしてもカードが切れません。何回か試して結局カードが使えず、現金を受け取ることは出来ませんでした。

納屋に戻り、現金が手に入らなかったのでKronjydenを買えないと説明して蚤の市を後にしました。少し心残りはありましたが、一方こんな地元の生活ぶりを知ることが出来たのは良かったです。それにもう買い付け品は全て日本に送っていたので、持ち帰るのが大変かなと思っていたので、現金が手に入らなくて内心ちょっとホッとしていました。

宿に戻って早速販売所で買ったイチゴを食べました。

切ってみると中まで真っ赤。

デニッシュは半分くらい食べて、残りは翌朝用に残しました。

この日はサマーハウス滞在最終日。翌日はコペンハーゲンへと向います。

さようなら、素敵なサマーハウス。

翌日、フェリー乗り場までの道中では麦畑が風に吹かれて揺れていました。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ランゲラン島のダウントンアビー?

「ちょっとしたダウントンアビーの世界よ」と、滞在中のランゲラン島のサマーハウスの持ち主である友人に勧められた観光スポット、1300年代後半に建てられたお屋敷「Skovsgaard」に足を運びました。

ちなみにダウントンアビーとは20世紀初頭のお屋敷「ダウントン・アビー」を舞台に、イギリス貴族の一家とその使用人の暮らしを描いた英国ドラマです。日本ではNHKで2014年から2017年まで放送されました。

さて、これはお屋敷から馬車などを収める物置(ガレージ?)を眺めた景色です。雨に濡れた緑が瑞々しい。

中に入りゲートの自動販売機で購入した入場チケットを、近くに立っていた男性に見せると「僕も観光客だよ。係の人はいないみたいだなあ」と言われ赤面。結局、最後まで係員らしき人は誰もいませんでした。呑気ねえ。

この屋敷の最後の住人Ellen Fugledeは生涯独身で、17匹の猫と暮らしていたとか。1979年に亡くなったあと、屋敷を含めた広大な土地はデンマーク自然基金へ寄付されました。

屋敷の中には19世紀から20世紀初頭のインテリアが保管してあり面白かったのですが、この屋敷の見所はそういった主人一家の表の部分ではなく、使用人たち裏方の部分にあります。

ここはキッチン。薪を使ったストーブです。働いているメイドたちが人形で再現されています。

食器洗い場の脇の青い壁掛け容器にはソーダ―と書いてあるので、食器洗いに重曹を使っていたのでしょう。お皿を立てる木の水切りはなかなかのアイデア。とはいえ、実は本当に面白い部分はここではなく、階段を下りた半地下にあります。

半地下にはむき出しの壁の廊下があり、左右に振り分けて小さな部屋がいくつも並んでいました。メイド長の部屋を覗くと、着替えの真っ最中。小さな家具や絵も飾られています。

もう少し狭いメイドの部屋。新人メイドの二人部屋もありましたが、暗すぎて上手く撮れませんでした(雨が降っていたしね)。

これは洗濯部屋の再現です。

なんと使用人たちの部屋に並んで、ニワトリの飼育部屋もありました。写真に上手く写っていませんが、ニワトリとヒヨコのはく製があり、なかなかにリアル。しかし、当時は使用人の居室まで匂いが漂って来たのではないかなあ。

他にも、説教部屋とか、シゴキ部屋とか…は、ありませんでしたが、運転手の部屋、野菜などの貯蔵部屋など、今まで訪れた事のあるどのお屋敷でも見た事のない、豪華な暮らしの裏側はどれも興味深く、本当にドラマの世界にでも入った気分です。とはいえ、ダウントンアビーは数回しか観ていませんが(同じ曜日に同じ時間にテレビの前にいるのが苦手で、何回か見逃したら人間関係が分からなくなり挫折)。

お屋敷の裏側で、羊たちが放牧されているのも当時のままでしょうか。

近くに行くと一斉に見られてしまった。

で、えっと、肝心のお屋敷の写真ですか?

雨が降っていたので早く入りたく、出たら出たで早く雨を避けて屋根のある場所に行きたく、うっかり撮り忘れました。

下記のリンク先「Skovsgaard」の公式サイトにお屋敷の写真がありますので、ご興味がありましたらどうぞご覧ください。
Velkommen til Skovsgaard
リンク先にもある通り、素敵なカフェもあったのですが、既にお腹いっぱいだったので断念したのが心残りです。

サマーハウスに戻り、少し肌寒かったので教わった通り暖炉に薪をくべました。暖かくなって、暖炉の前で伸びているヨーヨーちゃんです。

ミタ

あらためて見ると写真をほとんど撮っていませんでした(大体これで全部)。もともとプライベートではあまり写真を撮らないので、サマーハウス滞在中は素の部分が出ていたようです。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ぶらりランゲラン島

さて、デンマークのサマーハウス滞在翌日です。昨日、通関に関する作業を終えて、スカッとホリデー気分。友人が用意してくれたパンに冷蔵庫の中の物を色々乗せて朝食の用意です(デンマークのパンは美味しいですね~)。

と、その前に、猫のヨーヨーちゃんにお薬入りのご飯を作ります。薬は乳鉢と乳棒ですりつぶすのが便利と感心し、帰国後に猫営業部長の投薬用に一式購入した後日談つき。

ランゲラン島の地図を広げてどこに行くか考えます。友人の説明によると、ランゲラン島は比較的失業者が多い貧しい島で、家賃や家が安いため芸術家が多く集まっているとか。地図にはいくつもの個人工房やギャラリーが紹介されています。

それにしても、ランゲラン島と考えるたびに、ランゲルハンス島が思い出されて仕方ない。

とりあえず、街の中心部に出てみました。雨が降ったりやんだりと、ちょっとお天気が悪い。

それでも晴れの合間に脇道をぶらぶら。パブの壁にレトロなツボルクビールの看板。

壁に沿って植えられているタチアオイの花が夏の光景です。

ここにもタチアオイが。きれいに咲いていますね。

タチアオ…

なんなの?デンマーク人はタチアオイ植えないと死ぬ病気なの?

また雨が降ってきたので雨宿りを兼ねて手近なレストランへ入りました。注文したサーモンサンドが驚きのボリューム(伝わりにくい写真ですが)。

時は夏休み(7月の頭)。明らかにバイトの学生がサーブしています。ボーとした気の利かない男の子と、きびきびして愛想のいい女の子の組み合わせ。お会計の時、ちらりと、男の子が女の子に強く注意されているのが目に入りました。

そうそう、これじゃあ彼女の負担が重いわ。言ってやれ、言ってやれ。

なんて、何故タチアオイばかりなのかと、往々にして女の子の方が男の子よりシッカリしているのは何故だろうと考察しているうちに、長くなったので、ぶらぶら散歩については続きます。

ミタ

バラもあるでよ。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓