恐らくほとんど需要のないパンのレシピ

自家製ビールを作ったので、残りのモルトでパンを作りました。

自家製ビールはフィンランド語で「kotikalja(コティカルヤ)」といい、コティが家、カルヤがライトビールのこと。アルコールはほとんど無く、以前よく行ったフィンランドのビュッフェレストランでは水代わりに置いてありました。そのレストランのオーナーさんが「これを使って作るのよ」と教えてくれたのが、自家製ビールの素ともいえる、この市販のモルト(麦芽)のパックです。フィンランドではスーパーマーケットで簡単に手に入るものです。

作り方は簡単で、モルトと砂糖に熱湯を注ぎ、42度まで冷ましたらドライイーストを入れて、1日寝かせて濾せばコティカルヤが出来上がりです(中身が分かるようパッケージをカラーコピーして貼ったのですが、あらためて見ると「ビール用モルト」と書いてありますね)。

詳しくはメーカーの動画をどうぞ。

ビールを作ったものの、濾した時に残るモルトがもったいないなあと思い、パンを作れないかと考えました。何回か作ってみて、これならいいかな、というレシピが出来ました。恐らく需要が無いとは思いますが、自分用の備忘録も兼ねて書きます。

・水を切ったモルト約300g(水を含んで湿っている状態)
※今回100ccのモルトを使ってコティカルヤを作り、残りのモルトをザルに入れたまま1晩水を切ると約300gになりました。
・中力粉 400g(あるいは薄力粉200g+強力粉200g)
・ドライイースト小さじ1
・砂糖20g(この時はハチミツ大さじ2)
・塩小さじ1
・卵1個分
・バター30g
・牛乳100cc(モルトに残った水分量に合わせて分量を調整するため、様子を見ながら少しずつ加える)

材料を混ぜて良く捏ねる(牛乳は最初は半量加え、様子を見ながら量を調整)。

カバーをして1時間くらい寝かせて2倍くらいまで発酵させる。

好きな形や数に成形する(丸でも、細長でも、小さな丸を沢山作っても、大きく2個に分けても)。ちなみにベーキングペーパーにある「S」はルッセカットを焼いた紙を再利用しているからです。節約節約。

カバーをして1時間くらい寝かせて2倍くらいまで発酵させる(たまたま手元にあったグラノラを乗せました)。

200度で25分から30分焼く(小さな丸パンにした場合は焼き時間を短く調整して下さい)。

完成

大きいのを作りたかったのですが、大きすぎました。2個に分ければよかったです。

では、もしも、万が一、フィンランドで買った自家製ビールの素があれば、是非お試しください。

ミタ

自家製ビールをスウェーデン人に振舞ったら「スウェーデンにもあるよ。昔は水が汚染されていたから水代わりに飲んだんだ」と言っていました。沸かした湯を使うので、殺菌されるという意味でしょう。イギリスも19世紀にテムズ川が汚染されていたので、紅茶文化が発展したんですよね?違ったっけ?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

2017年アドヴェントカレンダーが完成しました


Hyvää Joulua!
God Jul!

皆様、良いクリスマスをお迎えください。

今年はフクヤの各SNSで12月1日から24日、そしてオマケとして今日の25日まで毎日ビンテージのプレート、カップ&ソーサーを組み合わせたセットを作り、アドヴェントカレンダー形式でご紹介しました。

裏話をすると、ブランドか偏らせない、店舗でご購入頂けるアイテムから選ぶ、同じものは使わない、といったルールを決めてスタートしました。店内のお品をざっと数えて、充分出来るな、と目論んでいたのですが、日数が進むにつれ読み通りには行かないと気が付きました。

まず、プレートは縁に柄がある物しか使えないんですよね。いい感じのプレートやカップがあっても、上手いコーディネートがどうしても出来ず、諦めた事もしばしばありました。だんだん使えるアイテムが減ってきて、途中でルールを曲げて、まだアップしていないお品から選ばざるを得なくなってしまいました。

また、6日のフィンランド独立記念日や13日のルシアの日にはイメージを合わせた品を選べば良かったとか、このプレートはこっちのカップの方が良かったとか、後になってああすれば良かったとか、こうすれば良かったとか反省もありますが、最後まで楽しく完走できたのはアップした組み合わせに頂いた感想が励みになっていたからです。ありがとうございます。

24日が近づくにつれ、何人かの方に「最後は何にするんですか?」と尋ねられ、そもそも何も考えていなかった上に切れるカードはほとんど残っていず、最後を逆算していなかった事を後悔。苦悶の結果、自宅で使っているお気に入りで〆ることにしました(地味ですが)。

そして、今日の25日もオマケとして、個人的に思い入れのある2品をアップしています。どんな思い入れがあるかはリンク先からご覧下さい。
Facebook
Instagram

25個全部は下記リンク先からご覧いただけます。
●Facebookアルバム「クリスマスアドベント2017
●Instagram ハッシュタグ「#フクヤアドベント2017

それでは、来年もどうぞよろしくお願いします。

ミタ

そうそう、新着アップは年内あと1回、12月28日にもあります。忘れずにアクセスしてください。お楽しみに!!


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

掲載誌「セレンディップ・トラベル vol.1」のお知らせ

12月16日に創刊された旅雑誌「SERENDIP TRAVEL(セレンディップ・トラベル)vol.1」にフクヤのお店が掲載されました。

創刊号のテーマはフィンランド。ホテルやレストランなど旅に欠かせない情報の他に、フィンランドのライフスタイルやレシピ、さらに映画、音楽、アートの紹介など、フィンランドという国を多角的に知る内容となっています。また、写真が美しく、写真集としても楽しめるでしょう。

フクヤは、その中の特集「日本で出会うフィンランド」で店舗を紹介していただきました。

他にも魅力的なお店が10店舗以上掲載されているので、是非合わせてご覧ください。

お求めは大型書店、あるいは下記リンク先からどうぞ。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アンティークフェアのち帰国

さて、秋のフィンランド買い付けレポート最終回です。

知り合いの知り合いが出店しているというアンティークフェアへ足を運びました。知り合いの知り合いとは、定宿の主人であり織物作家のエリナさんが作品を展示しているヘルシンキの展示スペースの隣でたまたま出店していたアンティークショップのオーナーさんです(長い!)。

まあ、いわば、ほとんど知らない人、です。

アンティークフェアに行けば必ずどこかが扱っているビルゲル(ビルイェル)・カイピアイネンのアートピースたち。

目の保養、目の保養。

50年代のムーミンフィギュアの価格に驚愕。これらはトーベ・ヤンソンの母がデザインしたと長年思われてきましたが、最近になって別の陶芸家が自分の工房でコツコツ作っていたことが判明しました。

数は多いけれど、価格が高いのがフェアーの欠点。顔見知りのショップさんも出店していたので、そういったお店を周って買い付けしました。

実は結局、知り合いの知り合いからは買いませんでした(高かった!)。

夕食はスーパーマーケット、アゲイン。

前回は肉だったので、今回は魚。

フィンランドのライ麦パンによく合います。

今回の滞在で、大体400点ほどを買い付けました。

そうして帰国の日。SASへの変わらぬ忠誠心を(特に理由はなく)貫いていたため、今年はマイレージがゴールドクラスになったので、ラウンジが使えます。この色使いがいかにもフィンランドです。

ヘルシンキから、コペンハーゲンのカストラップ空港へ。

ここでは、必ずバター買わないと。一目散にショップに駆け込もうとしましたが、お店が書割りになっています。

どうやら改装のために一時的に移動しただけのよう。仮店舗は、うまい具合に日本への便が出るターミナルC。出国ゲート前にお店があり、一安心したものの、明らかに冷蔵庫が小さい。嫌な予感はしましたが、やはり、「バターはありません」と…。がっかり…。

これで北欧とは来春までお別れです。次の春の買い付けでは念のためスーパーでバター買っておこうと心に決めて帰国しました。

そんなこんなで買い付けたアイテムは今週からボチボチアップしていきますね!

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドの買い付けとフィンランドご飯

買い付けは到着翌日からスタートです。日本はまだまだ夏の暑さが続いている時期でしたが、フィンランドはすっかり秋の景色。

まずは、買い付け先として確実なところからスタート。長い付き合いのアンティークショップへ。

いつもの通り、行くと軽食を用意してくれています。これはフィンランドの国民食「カレリアンピーラッカ」にハムやゆで卵を乗せているもの。バターで和えたゆで卵の具が良く知られていますが、何を乗せるかは自由自在。他のお宅ではピクルスが乗っていたな。

お得意のスパイスケーキ。このケーキのレシピは当店のサイトか、拙著「北欧のおやつとごはん」に掲載していますので、宜しければお求めくださいね(宣伝)。

そして、お母さんが森で摘んだブルベリーが乗せられた小さなケーキです。

買い付けの内容はだいたいこんな感じです。

他の場所にも行って、そこではこんな感じ。

北欧は外食が高く、また食べる時間よりも、買い付けや梱包の時間を優先させるので、滞在中はキッチン付きの宿でほぼ自炊です。かと言って一から料理する時間も体力もないので、スーパーのお惣菜が食事の中心になります。

この日は、フィンランドのロールキャベツ “kaalikääryleet(カーリカーリュレート)”。鍋で煮るのではなく、オーブンで焼き煮にするので、焦げ目が特徴。お総菜コーナーで選ぶと「焼き目が濃い方がいい?薄い方がいい?」と聞かれることもあります。

それから、レトルトだけど、フィンランドの味のサーモンスープ「lohikeitto(ロヒケイット)」。パッケージの小さなフィンランド国旗は、内容物の50%以上がフィンランドで作られたという品質認証マークです。この形は鍵を表しているのだとか。

こうやって普通のフィンランド家庭料理を味わうのは、買付の数少ない楽しみの一つであり、貴重な体験でもあります。

夕暮れ迫るフィンランド。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓