『フィンランド・デザイン展』東京会場スタート!

2017年1月の福岡会場を皮切りに、12月の宮城会場まで約1年間全国を巡回する『フィンランド・デザイン展』がいよいよフクヤのある東京にやってきました。会場は府中市美術館、会期は9月9日から10月22日。

初日の昨日開催された開会式に招待を頂き、行って来ました。会は閉館後の午後5時半より開催されました。

挨拶をされるユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使。フィンランドには戦後大変に貧しく苦しい時代があり今に至ったこと、フィンランドのデザインは海外の影響を受けながらも身近な自然から着想を得ている事などを話されました。

間に歓談の時間を挟み、府中市美術館の藪野健館長が挨拶されました。洋画家である藪野氏ならではの視点から今回の展示で感銘を受けた点をお話されました。

開会式の後は、内覧会の時間が用意されていました。なお展示の撮影は禁止ですが、取材のため許可を得て撮影しています。

今年はフィンランド独立100周年記念として企画された、100年の歩みを振り返る展示となっています。まずは「第1章」として独立以前の19世紀の家具や器などから。

第2章はフィンランドデザインの礎を築いたデザイナーたちの作品。カイ・フランクの器やマイヤ・イソラのテキスタイル。

アルヴァ・アアルトの曲木の椅子。

第3章はフィンランドデザインを完成させたデザイナーたちの作品が並びます(完成というだけあり、つい最近まで作られていたり、今も作られている物も!)。


第4章はフィンランドの異才たち。ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの素晴らしいムーミンの本のためのドローイングや、貴重な50年代のムーミンの製品が並び見入ってしまいます。

ヴォッコ・ヌルメスニエミの大胆なテキスタイルを使ったドレス。

エーリック・ブルーンのポスター原画。ペンのタッチの素晴らしい事。そして、半世紀以上前のことですから、文字ももちろん手描きです。学生時代にやりましたが、面相筆で輪郭を描いて、内側は平筆で塗るんですよね。懐かしい。

第4章のエーロ・アールニオのポップな椅子たちの壁面に飾られているのは、第5章の企業とデザインを飛躍させたデザイナーとして取り上げられている、石本藤雄の華やかな花の陶板作品です。

第5章には、東京会場の「顔」となっている、オイヴァ・トイッカのフクロウも。

最後の第6章はフィンランドデザインの今について。アラビアのヘイニ・リータフフタの繊細な作品。

これは可愛かった。ハッリ・コスキネンがカニ(兎)とオウル(フクロウ)のパターンを和紙と漆で作ったポーチにデザインした製品。

その他にも、カイ・フランクの意外な側面を見る可愛らしいテキスタイルパターンや、ムーミンマグの原画といった、普段はなかなか見ることのできない展示がされています。ムーミンマグの原画は、完成までに試行錯誤したプロセスが時系列で並べてあるのが面白い!

2012年の「フィンランドの暮らしとデザイン展」よりも、デザイナーにグッとスポットを強く当てているので、デザインが好きな方にはワクワクと、どの作品も一つも見逃せない展示となっています。ここにご紹介した以外にも是非見て欲しい作品が並んでいますし、また写真では絶対に伝わらない細部の美しさ、面白さがあるので絶対に実物を見て欲しいです。東京は少し不便な場所にありますが、行く価値ありですよ。


フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3
(ハローダイヤル 03-5777-8600)

会期:2017年9月9日(土)~10月22日(日)
※10月8日(日)は開館記念無料観覧日。
休館日:月曜日 (9月18日、10月9日をのぞく)、9月19日、10月10日
開館時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料:一般900円

詳しくは下記リンク先の公式サイトをご覧ください。
●フィンランド・デザイン展


最後の会場は、10月28日から12月24日まで宮城県美術館です。東北旅行ついでにいかがでしょうか?

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド人あるあるは日本人あるある

今日から5月。今朝テレビのニュースで新入社員の五月病について取り上げられていました。特に今年は大型連休なので、休み明けに憂鬱な気持ちに襲われる人が多いのかも知れませんね。

ところで、フィンランド人の「あるある」をテーマにして、2016年のフィンランドコミック部門売り上げNo.1となった漫画『マッティは今日も憂鬱』を読みました。

元になった漫画『Finnish Nightmares(フィンランド人の悪夢)』はインターネットで発表されていたため、たまにシェアされているのを読むことがありました。読むたびに「なんだか日本人みたい」と感じていたのですが、今回まとめて読んで、益々その気持ちを強くしました。

あれは20年程前の事だったか、渋谷パルコの地下の本屋でたまたま手にした雑誌がフィンランド特集でした。そこに”フィンランド人は自分たちが日本人に似ていると思い、日本に親近感を抱いているが、日本でフィンランドの事を知っている人はほとんどいず、片思いである”と書かれていました(正確ではありませんが)。

その時は、私もご多分に漏れず、フィンランドの事はほとんど知らなかったので「ふーん、そんなものかなあ」とぼんやりと思い、それでも不思議に、その文がとても印象に残っていました。

『マッティは今日も憂鬱』によると、フィンランド人は自分の思っていることをはっきりと口に出すのが苦手。人目に立ちたくなく、出来れば他人と距離を置いて、自分の世界を守りたい。必要以上に人に気を使って、大変な時でも何でもない振りをして助けてと言えなかったり、何かあったら悪いのは自分ではないかと勘ぐる…。そんな困ったフィンランド人の状況をユーモアたっぷりに描いています。

ああ、これってまさに日本人ではないですか!

来週からのゴールデンウィーク明けが憂鬱な新入社員の皆さん、新入社員ではない皆さん、そもそも連休なんてないよという皆さん、もしかしたら「遠い北の国の人たちが同じようなことでウジウジしている」話を笑いとばしているうちに、五月病も気にならなくなるかも知れませんよ…保証はしませんが。

本に興味のある方は下記リンク先をご覧ください。

さて、そんなマッティ(フィンランド人)が唯一饒舌になるのがサウナだとか。フィンランドでサウナと言えばビールがつきもの。アラビアでは、こんなサウナ用のビアマグが作られていました。

このビアマグを使えば、いつもよりリラックスできて饒舌になるかも知れません。私はお酒は飲めませんが、ミルクティー用に一つ持っています。在庫状況はリンク先からご覧ください。
アラビア サウナ用ビアマグ

ミタ

ところで、以前テレビのサウナ特集で「サウナでお酒は厳禁」と解説し、次に紹介されたフィンランド大使館のサウナの中にビール缶が映っていたのは笑いました。フィンランド人はお酒に強いですからね。日本人は真似しない方がいいかも。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ガラスの季節到来

今日からゴールデンウィークが始まりますね!みなさまはどうお過ごしなのでしょうか?

私は、冷蔵庫に残っていたサワークリームを使い切るため、本のレシピを参考にしつつ、分量や材料は適当にアレンジしたチョコレートチーズケーキを作りました。

ところで、ポストに「北欧雑貨と暮らすno.10」が届いていました。今回は掲載商品はありませんが、巻末の「北欧雑貨ショップガイド」にお店が紹介されています。

「北欧雑貨と暮らす」の最新号はフィンランド独立100周年を記念した、ヘルシンキの旅特集。年に2回フィンランドに行っていますが、なかなかヘルシンキでゆっくりと過ごす時間がありません。いつかこんな旅行がしたいものです。その日のために読み込んでおこう。

フィンランドのガラス特集もありました。たまたま、当店で先日アップしたクーシのグラスが取り上げられていて「へー」と思ったところ。

まだ肌寒かったりもしますが、日差しは強くなっています。ようやくガラスの季節になったんですね。

Kuusi(クーシ)の製品は下記リンク先からどうぞ。
Iittala Kuusi
プレートはUltima Thule(ウルティマツーレ)です。ウルティマツーレは下記リンク先からどうぞ。
Iittala Ultima Thule

他のガラス製品は下記リンク先からどうぞ。
北欧ビンテージガラス

ゴールデンウィークはお休みという方も、休みではないよ、という方も、良い週末になりますように。

ミタ

サワークリームを使い切る目的でチーズケーキを作ったのに、今度は追加で買ったクリームチーズが残ってしまいました。ところで、パッケージがどこかで見た柄…と思ったらマリアンヌ・ウエストマンのデザインではないですか。バーコードを送るとウエストマンデザインのアルメダールス製品が抽選で当たるとか。これは応募せねば!


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フクヤのワークショップ、ピルタナウハとサーミブレスレット

こんにちは。フクヤのワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。あったかかったり、さむかったりしますが、もう春がおわるみたいです。きのうはあったかかったです。

それで、4月15日にフィンランドのものを作る教室をしました。これは先生のヘイディさんです。

さいしょはピルタナウハというおりものをしました。ヘイディさんは真ん中からどうやって出たのかなと思います。

はじめての人がおおかったけれど、みんな上手にできました。

もっと上手になったら、こんな風ないろんなものが作れます。がんばってね。

ピルタナウハのはなしは終わり。

つぎはサーミというさむいところに住んでいる人たちのものを作りました。

さいしょにスズの糸でヒモをあみます。

それをトナカイのかわに付けます。トナカイはさむいところにいるんですよ。それでサーミの人たちがかっているのです。

それでボタンをつけます。

できました。

もっと上手になったら、こんなのも作れます。がんばってね。

終わり!

おやすみなさい。

みりん(猫営業部長)

【講評】暖かくて眠いのは分かりますが、もうちょっとやる気を出してレポートして欲しいですね。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アラビア100周年とフィンランド100周年

今週の木曜日はアラビア100周年のカップ&ソーサーをアップ予定です。そちらを紹介する前に久しぶりに買い付けたShe-Fo(シェフォ)をご紹介します。

She-Fo(シェフォ)は1926年から69年まで長い期間製造されていたので、それほど見つけにくいアイテムではありません。ただ、デミタスサイズは日本ではあまり人気が無いので、積極的に買い付けることはありませんでした。

ところで、今年3月にフィンランド独立100周年を記念した、各年代を代表するアラビアのパターンを選んだマグシリーズに、She-Fo(シェフォ)が選ばれていました。100周年カップ&ソーサーは分かるのですが、シェフォが選ばれるとは意外な気持ち。これを見てアラビアにとって時代を代表する重要なデザインの一つだったのだと改めて気がつき、再び買い付けた訳です。

※写真はこちらのアラビアサイトより→Suomi 100 Muki

先ほど書いた通り、She-Fo(シェフォ)は1926年から69年までの製造でした。今回は1933年のEPモデルにデコレートして1940年から46年まで作られたカップ(左)と、1926年のOCモデルに1949年から59年のロゴが付いたカップが同時に入っています。

She-Fo(シェフォ)の魅力はカップだけではなく、ソーサーにも美しい装飾がされているところ。こうやって比べると40年代の方が高級感がありますね。金が濃いだけでなく、青の色も深く艶があります。これは型の違いではなく、年代の違いの様です。資料を確認すると、初期のOCモデルもこのEPモデルと同じように、金や青に深みがありました。時代と共に材料費や人件費の高騰でここまで手をかけれらなくなったのかも知れません。

She-Fo(シェフォ)のデザインは、Greta-Lisa Jäderholm-Snellman(グレタ=リサ・ヤデルホルム=スネルマン/1894年-1973年)。アラビア所属期間が1921年から37年と、時代が古いこともあり、日本ではあまり知られていませんが、多くのデザインを残し、かつ指導者として後輩の育成に力を注いでいました。

彼女については今も様々な逸話が残っています。去年グレタ=リサ・ヤデルホルム=スネルマンについてフクヤ通信にアップしていますので、お読みいただけると嬉しいです。実は結構キャラクターが気に入っているデザイナーなのです。
特別な日のデミタスカップ

復刻されたフィンランド100周年マグのシェフォが青一色なのが残念。

この当時のように金と淡い水色の2色、せめて淡い水色の1色だけでも追加して使ってあればイメージがグッと良くなると思うのですが。

ミタ

シェフォのアップは5月半ばごろを予定しています。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓