デンマークで流行のランプの使い方を取り入れる

こんにちは。今までTwitterInstagramでちらりと書いていましたが、今デンマークのおしゃれさんたちの間ではビンテージの卓上ランプに大きな電球をつけて、シェード無しで使うのが流行っています。

TwitterやInstagramでは手持ちのボール球を使っていたので、イマイチ格好が良くなかったのですが、先日ちゃんとした電球を買ってセットしてみました。

どうでしょうか?なかなかおしゃれっぽくなっていると思うのですが。

というわけで、もしも当店でランプをご購入の際に、シェードは不要という方はご希望をお書き添えください。定価より3000円お引きいたします(一部対象外あり)。ビンテージの卓上ランプは下記リンク先からご覧くださいね。
北欧ビンテージ家具・ランプ

この流行を教えてもらったのは、春の買い付けでデンマークのアンティークマーケットに行った時です。やたらに大きな電球だけ付けているランプが目につくけれど、シェードが手に入りにくいのかしらと思っていましたが、最後に買い付けをしたお店で教えてもらって納得しました。

ただ、不思議だったのは、EUは2009年から白熱電球を段階的に廃止し、2017年の今は完全にLEDに切り替えているはずです。では、この電球は古いものを使っているのか、これが切れたらもう手に入らないのかと思っていました。

でも、今ってすごいですね、その気になって調べたら、フィラメント風のLED電球ってあるんですね!

これが電気を点けていない状態です。LEDなので環境にやさしいだけでなく、触ってもほんのり温かい程度で、熱くならないので安全です。

電球は下記から取り寄せました。

ところが、その数日後にIKEAに行くと新商品として、同じサイズのフィランメント風のLED電球LUNNOMが1299円で売られていて軽くショック。しかもIKEAの電球は薄っすらとしたブラウン色で更にレトロ感がありました。さすがだな、IKEA。

これが切れたらIKEAにしようか、LEDって10倍長持ちか、そうか、切れないな。

ミタ

北欧ライターの森百合子さんによると、このビンテージランプ+ボール球はデンマークのオシャレカフェやレストランで良く見たとか。スウェーデンでは見なかったというので、今のところデンマーク限定の流行の様です。でも狭い国なのでたちまち北欧全体に広がりそうな予感。

※卓上ランプをお求めの際には電球をお付けしますが、通常の白熱電球(40W)で、写真の物とは異なります。ご了承ください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

変わらぬデンマークの風景

パソコンのフォルダを整理していたら買い付け前に作ったスコーンの写真が出てきました。スコーンはアイルランドに住んでいた時にしょっちゅう作りましたが、帰国してからはほとんど作ることがありません。特に今の季節は暑くてバターが溶けてしまうので生地の扱いが難しい。つくづく欧州のお菓子は、あの涼しい気候が前提なんだなあと感じます。

ブログにアップするつもりだったのでしょう。商品の紹介も兼ねた写真を撮っていたのにそのままにしていました(まったくもう)。

ジャムとバターナイフを刺しているのは、デンマークのNymolleのタバコ立てと小皿のセットです。時代ははっきりとはしませんが、1950年代から60年代のもの。デンマークの首都コペンハーゲンの名所のひとつ、運河沿いの街ニューハウンを描き、それぞれに「København(コペンハーゲンのデンマーク語)」と書いてあります。当時はお土産品として売られていたのでしょうね。

ご興味のある方は下記のリンク先からどうぞ。
Nymolle タバコ立て&小皿 セット (コペンハーゲン)

ところで、この夏にニューハウンに行ったのですが、この絵とほとんど変わらない光景が広がっていました。帆船があるところまで同じなのが面白いです。

そうして、スコーンを乗せているプレートはロールストランド(Rörstrand)のモナミ(Mon Amie)です。こちらも1952年から87年まで変わらぬ姿で作られていました。

近年復刻がされましたが、現行品はスウェーデン国内でなく、海外で作っています。現行品の焼成温度は当時よりも低く、また40時間かけていた焼き時間も今は約4分の1だそう。焼成時間が長いと釉薬に絵付けが溶け込んでふんわりとした味わいが出るのですが、現行品はどうしてもぺったりとした平面的な仕上がりになっています。

下記リンク先から是非ビンテージの味わいをご覧ください。
Rorstrand Mon Amie

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマークへちょっと立ち寄り

スウェーデン買付3日目はフェリーでデンマークへ。デンマークの見本市会場ベラセンターで年に数回開催されている大きなアンティークマーケット「Loppemarked i Bella」に行くためです。ベラセンターで大きなアンティークマーケットが開催されていることは以前から知っていました。それどころか、それくらいの時期にスウェーデンのスコーネ地方で買い付けをしているとショップオーナーさんやディーラーさんに「ベラセンター行ったの?」「ベラセンターに行かないの?」と声をかけられるので、知らない方がおかしいくらいです。

今回はたまたま開催日と滞在日が重なったので、これはラッキーと出発前からスケジュールに組み込んでいました。

スウェーデンのヘルシンボリからデンマークのヘルシンゴーまで僅か20分。たった20分の船旅ですが、国境を超えるということで、フェリーには免税店があり国境を越えたときに合図のベルと共に開店します。特にお酒売り場は人気で、フェリー乗り場には電光掲示板で価格が表示されているほど。中にはこれが目的で日帰り旅行をするスウェーデン人もいるとか。

乗ったと思ったら、対岸のクロンボー城が見えてきました。クロンボー城はシェイクスピアの戯曲「ハムレット」の舞台として有名です。

アンティークマーケットが開催される土日の入場料は40デンマーククローネですが、前日の金曜日は200デンマーククローネ、初日の土曜日午前中は100デンマーククローネで先行入場が出来ます。それを前もってスウェーデンのディーラーさんが教えてくれたので「行くの?」と尋ねると「行かないわ、高いもん」と。また別のショップオーナーさんに「明日ベラセンター行くの?」と尋ねると「俺は行かないよ」。

ええー!だってあんなに今まで「行ったの?」って散々聞いてたじゃないの。それって、自分たちも行くからってことじゃなかったの!?

スウェーデンのディーラーさんたちの言葉を聞いて、少し気持ちが下がったので、今回は様子見と割り切って、先行入場ではなく一般入場にしました。朝一番に行ったにも関わらず、既に長い行列が出来ていて、10分ほど並んでようやく入場。

端が見えない程広大な敷地にびっしりと出店のテーブルが並んでいます。ところが、なかなかピンとくるものが無く、会場を3周くらい周って、ランプをいくつかと、少しのロイヤルコペンハーゲンなどを手に入れました。

ちなみに、これは一旦会場の外に出るときに手に押された、再入場の為のニコちゃんマーク。

会場で下した現金は使い果たしたし、これからどうしようかと逡巡。そういえば前日に会ったスウェーデンのショップさんから「明日行く(業者向け)オークションにあんたの好きそうなものが出てるから欲しい?」と打診されていたのを思い出しました。電話すると「手に入ったよ」というのでデンマークは切り上げて、再び海を渡りスウェーデンに戻って彼女の店に。店休日だったのですが、開けてもらって落札したというフィッギョのアイテムなどをまとめて買い付けました。

こういう普段も扱っているアイテムなら即決断、即買い付けが出来るのですが、デンマークの物は慣れていないので判断が難しかったです。それに、あらかじめ会場に問い合わせてクレジットカードが使えると聞いていたのにも関わらず、立ち寄った店舗が全て現金のみなのも痛かった。そして、もしかしたら先行入場の際に人気の品物は売れてしまうのか、どうしても欲しいと思えるモノは見つけられませんでした。

ベラセンターのアンティークマーケットは家族やカップルなど一般のお客さまが多く、特別有名なブランドでなくても、気に入ったデザインのランプや家具を1点、2点と買う姿が見られました。車のルーフにテーブルをくくりつけて会場を後にする家族も。もし近くに住んでいたなら、自宅用の家具を探す目的で行くともっと楽しめそうなイベントでした。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

2月22日でニャンニャンニャンのラグ

今日の2月22日はニャンニャンニャンの語呂合わせで、猫の日です。それに乗じて猫のラグのご紹介。

このラグは、デンマークのEGE社製。恐らく1960年代のものです。リヤ織りという毛足の長い織物で、かつては防寒のために作られていましたが、今はインテリアとして利用されています。

青い目の愛らしい白猫が織り上げられています。良く見ると小さな、がに股ぎみの前足が。そうそう、うちの猫営業部長も最近は昔のように前足が揃わず、こうやって開け気味に座っているんですよね。小さい時は「前足のシマシマがつながって不思議ねー」なんて見ていたのに、最近は断線しているのが普通で、たまにつながっています。

ラグを作ったEGE社は今もデンマークにあるカーペットメーカーです。1938年にMads Eg Damgaad(1913年-1999年)によって創業。彼が24歳で始めた小さな織物会社は今はヨーロッパで最大のカーペットメーカーだそう。

さて、せっかくだから猫営業部長もラグと一緒に、と連れてきたのですが、警戒心が強いので、1回匂いを嗅いだだけで、あとは全く近づいてくれませんでした。

この写真は中でも一番よく撮れた1枚ですが、かなり腰が引けている…

さて、今日は「猫の日」皆さんの猫たちにも、お外の猫たちにも、幸ありますように!

デンマークEGE製、猫のラグの詳細は下記リンク先からどうぞ。
リヤ織りラグ (猫) デンマーク製

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

帰国、のその前に

去年のうちに終えたかった2016年秋の買い付けレポート。ついに2017年に入ってしまいました。

さて、前回は買い付け最終日にヘルシンキで過ごした話でした。その翌日、いよいよ帰国の日となりました。

航空会社はSAS(スカンジナビア航空)なので、一旦フィンランドからデンマークへ移動しなければいけません。ヘルシンキのヴァンター空港からコペンハーゲンのカストラップ空港への搭乗口の脇にはスウェーデンのカフェ「Johan & Nyström」が入っています。

一昨年にそこのスウェーデン風シナモンロールを食べたら、とても美味しかったのでまた食べたかったのですが、なかなかチャンスがありませんでした。今回は、と意気込んで向かうと、なんとフィンランドのシナモンロール「コルヴァプースティ」に変更していました。2年前にシナモンロールと迷ったカルダモンロールも、美味しそうだったクロワッサンもありません。たまたまタイミングが悪かったのか、あるいは商材変更か。フィンランドのシナモンロールでもいいかな、とちょっと思ったのですが、ここは初志貫徹で何も買わないことに。

食べたかったなあ、カリッサクッとした、このボール状のシナモンロール…(写真は2014年)。春には復活していればいいなあ。

肩を落としながらカフェの脇にあるSASのラウンジへ。ここのインテリアはいつ見ても清々しくて解放感があります。

ラウンジでコーヒーを頂きながら少し休んで時間になったので、搭乗口に行くと長蛇の列があります。どうやら、乗るはずの飛行機が遅れて、まだ着いていないよう。乗客に30分前にはゲートで待つように即した「Let’s depart on time (時間通り出発しましょう)」看板が皮肉に見えてくる。

並んで待つこと数十分。ようやく乗る飛行機が到着しました。飛行機から下りる乗客たちを見ると、秋とは言え日本の冬と変わらないくらいの寒さなのに、半袖の人がいるのが北欧らしい。もともと寒さに強いというのもあるのでしょうが、室内がとても温かいので、コートの下に半袖の人は珍しくはありません。

そして飛行機はデンマークへ。着陸までの動画を撮りました。こうやってみると、本当にデンマークは平らな国です(デンマークの最高峰は170m)。

フィンランドから1時間40分ほどでデンマークのカストラップ空港に到着。

ここはカストラップのSASラウンジです。フィンランドよりも重厚な雰囲気なのが、デンマークらしいデザイン。

ここのスープはいつも美味しい。それと、これも美味しいデンマークのパン。個人的にはデンマークのしっかりとしたパンは大好きで、楽しみのひとつです。神戸の近くで生まれ育って、ドイツパンに馴染んでいたからかも知れません。

そして、ついに帰国便へ。買い付けブログの最初にも書きましたが、今回運よくキャンペーンを利用してビジネスクラスでの往復となりました。新キャビンは快適そのものでした。

帰国までの機内の様子まで書くつもりでしたが、長くなったので続きます。次回で本当に終了。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓