そうか、あのマンネルヘイムか

趣のあるデコレーションのゲフレ製リッレモールのコーヒーカップ

製造年は1951年から64年。50年代と思えない程クラッシックなデコレーションがかえって時代を経ても古臭さを感じさせません。

リッレモールについてはフクヤ通信でも何度か取り上げたことがあります。例えば、2012年の「スウェーデンの向日葵カップ」。ここには、リッレモールはリッレモール・マンネルヘイムがデザインしたにも関わらず、当時無名の女性デザイナーでは売れないだろうと、同社のスターデザイナー、アーチュール・パーシーの名で売り出した、という裏話を書いています。リッレモールが、実は私だったと告白したのは随分後のことだったので、このことはかなり長く知られていませんでした。パーシーが亡くなったのは1976年だったので遠慮していたのかも知れません。

その話を書いてから7年経っているので、もう一度取り上げようとリッレモールについて調べたところ、7年前には無かった情報が出てきました。

フルネームはIngeborg Aina Sophie Constance ”Lillemor” Klingspor(長!)。陶芸家であり、伯爵夫人。フィンランドの大統領も務めたグスタフ・マンネルヘイムの姪。

マンネルヘイム!

それほどフィンランドの歴史に詳しくない私でも知っている、フィンランド独立の英雄!現代美術館(キアズマ)の前で馬に乗っている人!

キアズマには何度も行っているので探したのですが、マンネルヘイム像の写真が一枚もなかったです。まあ、歴史的人物の記念像に興味がないというのもあるのですが、最近は個人情報が厳しく、街中の写真が撮りにくくなったのですよね。写っている人の顔にぼかしかけるとか、アイコンで隠すとか、やりたくないし。

リッレモールは1927年生まれ。1945から49年はストックホルムの 美術学校で、1950から52年はパリの 美術学校で教育を受けました。デザイナーとしては、ゲフレの他に、ロールストランドやアラビアでも働いていました。1957年に Klingspor 伯爵と結婚し、伯爵夫人になりました。元々名家の出身なので縁談としては不思議ではないと思います。スウェーデンの貴族制度は廃止されましたが、子孫は今も大企業の所有者とか。

ところで、マンネルヘイムなんて特徴ある名前だからピンと来てもいいものですが、フィンランドでなくスウェーデンだったこと(マンネルヘイムはスウェーデン系)もありますが、そんな名家の娘が陶芸家として普通の企業で働いていたとは思わなかったのもあります。現代ならともかく、50年代に。

北欧が現代のように女性も働くのが当然となったのは60年代になってから。まあ、スウェーデンは王子であるシグヴァルド・ベルナドッテ(1907 – 2002)が美術学校で学んでデザイナーとして活躍した国。デザインは趣味のいい仕事として考えられていたのかも知れません。

知らんけど。

ミタ

ところで、ノルウェーのデザイナー、トゥリ・グラムスタッド・オリヴェールについて書かれた新しい記事で、当時(60年代)はフォルムデザインは男性、デコレートデザインは女性という慣習があった、と書かれていて、これについていつか取り上げたいと思っています。いつになるか分からないけれど。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

世界はほしいモノにあふれているから定番もいいよ

フクヤを始めた2006年を思えば、この頃は北欧のテレビ番組が多くて追いつかないです。見逃したもののあれば、別にいいかな、とあえて見ないものも増えてきました。10年前は欠かさず全部見ていたのですが。

さて、それでも9月26日放送のNHK「世界はほしいモノにあふれてる 北欧 最高のファッション&グルメ&インテリア」は、知り合いが関わっていることや、去年訪れたダーラナ地方が出る事など、魅力的な内容だったので楽しみにしていました。

見ると、百貨店のバイヤーさんがグスタフスベリを訪れてAllmogeを買い付ける場面があり、これまだ入っていなかったのかあと思って見ていました。

ちなみに、このグスタフスベリは、当店で扱っているヴィンテージのグスタフスベリとは別会社。元グスタフスベリの従業員が1990年代に始めた会社で、正式名称はGustavsbergs Porslinsfabrik。では、本家本元のグスタフスベリは、というと今は主に衛生陶器を作っています。

閑話休題。

その(新)グスタフスベリの説明によると、Allmogeは20世紀の変わり目に出され、その後、 装飾のバリエーションや名前を違えて、長く作られたデザインだそう。手持ちの資料には1905年から41年とありました。

1907年に描かれたスウェーデンの国民的画家カール・ラーションのクリスマスの光景にAllmogeが描かれています。当時は最新のオシャレな食器だったそう。

Nu är det jul igen 1907 / Carl Larsson (3枚組の1枚)

そして、その“装飾のバリエーションや名前を違え”たのが、冒頭の写真、グスタフスベリのRanka(ランカ)を指しているのではないかしら。

恐らくAllmogeをヒントにして、グスタフスベリを代表するデザイナー、スティグ・リンドベリが手がけました。製造期間は1942年から1965年。Allmogeと入れ替わるように登場。

そして現代、またグスタフスベリによって作られています。そんなに長く、かつ、その間にちょっと違いも作られていたということは、スウェーデン人にとってなじみが深く、これ使っておけばとりあえず間違いない定番柄なのかも知れませんね。

そんなポジションの日本の食器柄って何かしら。 蛸唐草かな。蛸唐草だって出てきた当時はモダンで格好良かったに違いない。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

リッラ・カッテンさんとグレーテルのかまど

9月2日にNHK Eテレで放送した、グレーテルのかまど「スウェーデン王女のプリンセスケーキ」をご覧になりましたか?

スウェーデン洋菓子店のリッラ・カッテンさん全面協力で、スウェーデン人が大好きなプリンセストータ(プリンセスケーキ)がエピソードと共に紹介されていました。

リッラ・カッテンさんはテレビを持っていないということなので、我が家で鑑賞会。手土産にはブダペストロール。スウェーデンなのになぜかブダペスト。ハンガリーに無いのにブダペスト。

メレンゲにヘーゼルナッツの粉が入ったサクサク軽い生地が美味しいのです。

7月のサマーホリデーシーズンのため出演するスウェーデン人がなかなか捕まらなかったという、北欧との仕事あるあるなどの番組の裏話を聞きながら「グレーテルのかまど」だけでなく、「世界ふしぎ発見」「サンナのすてきな北欧スタイル」とスウェーデンを取り上げた番組を3本観て、ノルウェー夢ネットの青木さんが出演したグレーテルのかまどのワッフル編と北欧ライターの森さんと共通の友人たちが出演している「趣味どき!」を録画してお渡しすることに。

「こんなに北欧番組があるんですねー」と感心されたのですが、本当にこの頃は北欧番組が増えて追いつかなくなってきました。

番組ではお店の名前は出てこなかったのですが(NHKですから!)来店が増えてプリンセスケーキは売切れになったとか。テレビの影響は大きいですねー。

プリンセスケーキ以外もとても美味しいですので、神武寺方面に行かれた方は行ってみて下さいね。ネットでの販売もしていますので遠方の方はこちらを利用しても(クッキーのみ)。
スウェーデン洋菓子

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデン大使館でレクサンドのサマーコースについてお話しました

こんにちは。

六本木にあるスウェーデン大使館

昨夜(6月27日)スウェーデン大使館で開催された留学イベント『スウェーデンで学びませんか?』で去年のレクサンドでのサマーハウス体験をお話してきました。

過去の留学フェアでは大学や大学院などアカデミックな留学先の紹介ばかりだったけれど、それ以外でもスウェーデンで学ぶ方法があるのを知って欲しいというのが大使館の目的です。

様々なスウェーデン留学について話される速水広報補佐

まずは、ヨンショーピング大学の大学準備クラスについて。スウェーデンなのに、英語を学ぶカリキュラムというのが驚き。もちろんスウェーデン語の初級の授業があり、スウェーデンの文化の講義もあるとか。終了すればスウェーデンの大学を受験することが出来ます。

すごく魅力的だけど、数学・科学・物理を勉強すると聞いて無理だなあと。理系の方は是非!

次に、アクセヴァッラ国民高等学校に10ヶ月間留学していた鈴木悠史さんの留学体験について。スウェーデン語での授業は辛く、それでも季節のイベントなど楽しい思い出もあったと、当時の写真で振り返って見せてくださいました。

最後は、レークサンド国民高等学校の体験談。まずは本の装丁を3年間学んだ山口元子さんのお話。3年間の思いでは10分の持ち時間では語り切れず、いつか別の機会に最後まで伺いたい!

次は私がサマーコース3日間の経験について話しました。授業の内容だけでなく、コースに含まれているもの、料金、3日間の経験で得たことについて。

もちろん、私も10分では語り切れないので、用意して下さったテーブルで一人一人の質問にお答えしました。

会の終了後には軽食と歓談も。

更に、ニッケルハルパの演奏やフォークダンス♪

何人もの方から「3日間だけなら会社の休みを利用して参加出来そう」と感想をいただき、 回し者ではありませんが、これを機会に体験して下さる方が増えると嬉しいです。つたないプレゼンではありましたが、聞いて下さって本当にありがとうございました。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデン買い付け終了、そしてフィンランドへ

前回、マルメでミートボールを食べた話で終わっていました。最近は郊外ばかりで買い付けをしていて、マルメで買い付けることは無くなっていたのですが、せっかく来たので数年ぶりに古い付き合いのお店を覗いて買い付けをしてきました。

買い付け品を手にまた郊外の滞在している家へ戻ります。3月の終わりとは言え、日本の感覚からだと冬の光景。畑の緑は、サトウダイコン(甜菜)かな?

砂糖というとサトウキビから作られるイメージがあったのですが、考えてみれば北欧のような寒冷地でサトウキビが生産できるわけはないですね。

それでも、春の到来を告げるクロッカスが咲いていました。

そしてスーパーには春の行事、イースターの羽飾りが既に売られていました。イースターは移動祝日で、2019年は4月21日。猫柳の枝にカラフルな羽を飾るのはスウェーデンとフィンランド独特の習慣。

黄色いのが鳥の羽

マルメの翌日は初めて行く街で買い付け。慣れないところなので、あまり沢山は買い付けられませんでしたが、その分、良い物を厳選しました。

この2日間に買い付けたものを梱包して、再び出荷のために倉庫持ち込み。さすがにこの日はスムーズに事は運び、無事出荷完了。

いってらっしゃーい

宿に戻ったら、 1週間お世話になった部屋の掃除と荷造りです。2階の寝室。

1階のキッチンとリビング。

梱包部屋と化していた地下のプレイルーム。

さようなら、スウェーデン!

そして、こんにちは、フィンランド!

雪……だね?

やっぱりフィンランドはスウェーデンよりも更に冬の景色。

続く

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓