取引終わりのあとの美味しいランチ

今回も前回の続きから始まります。前回、新たな人物からコンタクトがあったところで終わっていました。

コンタクトの主と待ち合わせたのは、ホガナスにある1835年に建てられた陶磁器工場の跡を再開発し、2012年に作られた総合施設「Magasin 36」の駐車場です。

現金取引が条件だったので、以前あった銀行のATMの場所に行くと、既に撤去されていたので引き出しにやや時間がかかり、少し遅れて駐車場に到着すると、既に彼は待っていました。

小走りで彼の黒いバンに近づくと、軽く会釈をして、スライドドアを開け、約束のブツを出してくれます。状態を確認して、お金を渡し、現物を入手。それにしても、黒づくめ、大柄、スキンヘッド、アゴヒゲ、両腕に入れ墨のある彼と、駐車場でごそごそお金のやり取りをしている姿を客観的に想像し、やばいブツでも取引しているように見えるなと、何とも可笑しくなってきました。

そのやばいブツはタヒチのクリーマーとシュガーボウル。

無事取引を終了したので施設内にあるビュッフェレストラン「Saluhall」でランチ。日替わりメニューが111クローナで食べられます。

まずは、スープとサラダから。スープは菊芋のポタージュ。菊芋はヨーロッパでは良く材料に使われていますが、私は日本では見た事が無いです。ネットで検索してみるとサプリメントばかり出てくるので、食材としては一般的ではないのでしょう。

次にメインのポークロースト。ハーブをたっぷりと利かせてあって美味しかったです。

このレストランのビュッフェでは工場時代の窯を見ることが出来ます。分かりづらいですが、丸い屋根が見えるでしょうか?これは窯の天井の部分です。

窯の下の部分の周囲は、1階の生鮮食品売り場になっています(右端のレンガの壁が窯)。

なかなか観光で行く場所ではありませんが、レストランはとても美味しいですので、機会があればランチに行くのもいいかも。ちなみに、日替わりランチの木曜日は、毎週豆スープですので、お気を付けください。豆スープが好きならいいですが。

そんなガッカリ体験を2年前に書いています。宜しければ合わせてどうぞ。
木曜日は豆スープの日、でしたね

ところで、既にスウェーデンの買い付け品の発送が終了していたので、ブツは手荷物でストックホルムを経由してヘルシンキで発送しました。つまり、スウェーデンの買い付けは、これにて終了。次はストックホルム観光編とフィンランド編です。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンのテレビ番組にソフィアさんのレトロインテリア


昨日、スウェーデンのヴィンテージ布で作品を作る作家であり、友人のソフィアさんの家がテレビで紹介されました。

番組名は「Vem bor här?(誰がここに住んでいる?)」。番組の紹介文によると、5人の人がそれぞれの家を訪問し、誰がどの家の人か当てるというもの。

ソフィアさんの家は、レトロ好きには有名で、去年のスウェーデンのレトロ雑誌「Retro]でも紹介されていました。



実は、私はソフィアさんの家に2011年に泊まりに行って、その素敵なインテリを紹介しています。この時は本名でなく作家名のNoaにして欲しいと言われたので、Noaさんとして書いています。
「突撃Noaさんのお宅(その1)」「突撃Noaさんのお宅(その2)」

この後、60年代に建てられた家に引っ越し、ちょっとづつ手を入れて、どんどんソフィアさんの色に変わっていくのをブログFacebookでワクワクしながら見ていました。遊びに来て、と誘って頂いているのですが、普段滞在する街から遠すぎてなかなかチャンスがありません…。

ところで「Vem bor här?」は下記リンク先から視聴できます。何て便利な時代なんでしょう。ソフィアさんの家が登場するのは14分ごろです。
Vem bor här?

当店ではソフィアさんの作品、バッグやクッションカバーなどを取り扱っています。

この夏、インテリアにソフィアさんのレトロテイストを取り入れてみませんか?お求めは下記リンク先からどうぞ。
Re-DiZaIn

ミタ

それにしても、自分の家でもしらばっくれて演技しないといけないのが結構ハードル高い。悪口言われたら顔に出てしまいそう。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

カーブートセールへ、そしてまたしてもタレコミ(?)

さて、前回の続き。地元民からのタレコミ(?)で日曜日の朝にカーブートセール(車のトランクを使ったフリーマーケット)に行ってみました。会場に近づくと車の行列が。

何だ?何だこの列は?と更に先に進むと、おばあさんたちが、それぞれの車に手に持った籠からエントリーの紙を出して渡しています。なんと全て出店者の車でした。

会場に到着すると、まだ準備中なのに、出店者だけでなく、買い物目的の人も沢山来ていました。

木馬と電気の傘。

食器はありましたが、ブランド不明の白物が中心。この量とまとまりは、一般の方ではなく、プロではないかしら?

いかにも家から持ってきた品物たち。

日本と同じく、服を出す人多数。ここはあふれかえっていました。

トランクを開けた車ずらりと並んでいるのは、なかなかユニークな光景。

案の定、欲しいものは何も見つからなかったのですが、朝のいい散歩になりました。

ここで仕事モードに切り替えて、予定のショップへ。朝が早かったので、開店より早めに着いてしまいました。開店まで待つつもりで、お店の前でボーとしている私に気が付いたオーナーさんが開けてくれ、助かりました。出迎えてくれた犬のダウンジャケット姿が可愛い。開店後すぐに脱がされてしまいましたが。

私がカメラを構えると、オーナーさんが犬の顔をあげるために手を振り足を鳴らしバタバタしたところ、ウッカリ床に積んでいたプルヌスのコーヒーカップに足を引っかけ、ガチャンと音を立てるハプニング。ヒヤッとしましたが、そのおかげで犬がハッと顔をあげたのでいいポーズが撮れました。これを怪我の功名というのでしょうか。知らんけど。

午後にもう1件行き、これで5日間で10数軒周ったスウェーデンでの買い付けは終わり。予定ではその日の夕方と、翌日の午前中は集中してパッキング。そして翌日午後に友人に発送のために引き受けをしてもらう…と粛々とスケジュール通り進めていたら、突然スマホにピロンと写真付きのメッセージが入りました。

送り主は個人ディーラーの男性。数年前にアンティークショップで紹介され、連絡先を交換したものの、そのアンティークショップが去年閉店したこともあり、つながりがそれっきりになっていた人です。何かのきっかけで私がスウェーデン滞在中と知ったらしい(狭い世界なのでディーラーさん同士は顔見知りが多い)。

「これ欲しいか?」またしてもタレコミ(?)情報。正確には違うか。
「欲しい」「どこかで待ち合わせよう」「支払いは?」「現金」「お金を下さないと手元にない」「では明日の昼に」

急遽翌日のお昼に近くの駐車場で会う約束をしました。

続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

まさかのスキー旅行で不在とは

道端に「ジャガイモ売ってます」の看板がありました。スウェーデンは高い山が無いので空が広い。

スウェーデンというと山に囲まれているイメージを持たれたりしがちなのですが、きっとそれはスイスと勘違い。

そういえば、中国人がスウェーデンとスイスと頻繁に取り違えるので、業を煮やしたスウェーデンが、国の公式サイト「Sweden.se」にこんな画像をアップしたことがありました。

この絵を見るとスウェーデンが他国にどんなイメージを持ってもらいたいのか透けて見えるのが面白い。

閑話休題

前回書いた行きそびれたショップに行き、こんな感じに買い付けました。

支払いを終えると、コーヒーとお菓子を出してくれ、社交ダンスのスウェーデンチャンピオンになったという息子さんの話を聞きながら一休み。無理言って開けてもらったのに有り難い。

次は週に1日だけオープンのショップへ。オープンの曜日に行けるスケジュールだったので事前連絡もせずに訪問しました。ショップの前庭に入ると、見知らぬおじいさんが片手に魔法瓶、片手にカップを持ってスウェーデン語で話しかけてきました。意味が分からないので適当にいなして(ひどい)店内に入るとレジカウンターには、これも見知らぬおばあさん。「オーナーさんは?」「息子はいま孫娘とオーストリアにスキー旅行なの」。

なるほど、この二人は彼の両親か、さっきはそれを言っていたのかな?「そう!娘がスキーが得意って前に動画見せてくれたわ」「そうなのよ。私もスキーはするけどね、それとは違うのよ。ヒューって行ってクルっと回ってピョンとジャンプして、シューシューって!」と身振り手振りを交えた陽気な話しぶりはオーナーさんそっくり。

欲しいものを選んでテーブルに乗せると、二人で新聞紙を使いながら丁寧に包んでくれました。いざ支払おうとすると「カードは使えないの。息子のスマホにカード決済の端末が入っているから。今日は現金で」「え!!!」。まさかの展開。

コーヒー1杯もクレジットカードで支払うような、キャッシュレスが浸透しているスウェーデン。手元に現金は2000円程度しか持っていません。それにあんな田舎道ですよ?近所にお金を下せる所なんてないですよ?困惑しているとお父さんが「息子に電話してみる」「私の名前を伝えてくれたら分かると思います」。

スキーの最中だったらどうしよう…これは諦めないといけないのか…と心配になりましたが、たまたま昼時だったのか、電話はすぐにつながり「後で振込んでくれればいいから、帰国したら連絡するって」と言ってもらい一安心。

これらがそんなドッキリの末に買い付けたものたちです。

さて、そんなさなかインスタグラムを見た現地の方から「スコーネにいるの?」と英語でメッセージ。「そう」「日曜日にカーブートセールがあるから行ってみれば?」。いったい誰だか分かりませんが、情報が突然飛び込んできました。

カーブートセールとは、車のトランク(car boot/カーブート)をテーブル代わりに販売するフリーマーケットのひとつ。2010年にイギリスで行った話をアップしています。
カーブートに行ってきました

過去の経験から、十中八九買い付けるようなものはないだろうな、と思いつつ、面白そうだから朝一番に行くことにしました。

続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

買い付けに次ぐ買い付け、そしてIKEAご飯

さて、昨日アップしたレポートの続きです。午前中をノンビリ過ごして宿に戻り、今日はやけに時間に余裕があるなあと、スケジュールを確認して息をのみました。なんと、午後に行こうと思っていたショップをすっかり忘れて戻って来ていたのです。時間を見ると既に閉店時間。週に2日しか開いていないので、この日を逃すと、滞在中に開いている日はありません。

「やっちゃったー!」と冷や汗。

ただ良かったのは、約束していなかったのですっぽかした訳ではなかったこと、そして友人の友人という関係なので全くの知らない人ではない事。スケジュールを睨むと、翌々日午前中の予定を諦めれば行けそうです。スマホを取り出して明後日の午前に開けてくれないかと、彼の携帯番号にショートメッセージを送ると「いいよ」とすぐに返事があって、申し訳ないながらも一安心。

さて、翌日の午前中は、これも初日と同じく無店舗の個人ディーラーさんのところへ。ただ、分厚いフォルダーに全ての商品の詳細を書き込んであり、価格がそれに基づいて決まっているのが、初日のディーラーさんと違うところ。その分、管理はきちんとしてあり、安心が出来ます。

午後は、今回初めて会うディーラーさんのところへ。サマーハウスに沢山持っているから、希望の物があれば運ぶよ、と出発前に予め写真など送ってもらっていたので、ある程度何があるか分かっての訪問です。ただ、予め希望を伝えると、どうしてもこんな風にオーソドックスな品揃えになってしまいます。

どんな感じか大体つかめたので、次は掘り出し物を探しにサマーハウスに行きたい。「サマーハウスは近い?」「車で1時間半だから、遠くないよ」。それは私の感覚では、遠い。悩ましい。

さてその翌日、午前中に梱包用品を買いに行ったホームセンターの隣にIKEAがありました。ちょうどお昼時になっていたし、何をどこで食べるか考えるのも面倒なので、IKEAレストランで食べることに。ちなみに日本で作ったIKEAファミリーカードはスウェーデンでも割引に使えます。

お菓子類がいかにもスウェーデン。

頼んだのは、多分フィッシュケーキ。おでんの種のような魚の練り物を焼いた物です。美味しいかと問われれば、それは…察して欲しい…。

レストランのインテリアは日本よりもシンプル。むしろ日本の方がスウェーデン風に作り込んでいるのかも。

面白かったのはファミリーコーナーが区画されていて、小さなお子さん連れはこちらを利用していたことです。個人的な印象として、欧州は大人と子供の区分を上手に分けている気がします。最近よく耳にする子供連れにまつわるお出かけの悩み。こうやって分ける方がそれぞれの立場の人が上手く行くのではないかなあ。

ところでIKEAのフードコーナーでエルク(ヘラジカ)ソーセージ発見。さすがスウェーデン。

そして買い付けの旅はさらに続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓