カール・ラーションの家とオルソンさんの家へ

2017年夏の買い付けレポートが前回から1か月近く間が空いてしまいました!

さて、友人の住む北部スウェーデンから南下途中にダーラナのファールンに滞在を選んだのは、カール・ラーションの家に行きたかったから、と前々回の買い付けレポートで書きました。

カール・ラーションは20世紀初頭の画家で、主に自分の家族(子供が7人!)と自宅を透明感ある色調で描き、スウェーデンで愛されている国民的画家です。その自宅である『カール・ラーション・ゴーデン』はファールン近くの街スンドボーンにあります。

緑が美しい、夏の一番いい季節でした。

見学はガイドツアーのみ。日本から英語のツアーを申し込んでいました。

ガイドの女性が着ているのは、妻のカーリンがデザインしたドレスだそうです。

屋内は撮影禁止のため、写真がありません。とにかく細部までカーリンによる素晴らしい手工芸と、カールの絵で飾られ、ガイドツアーでなければ立ち止まって一つ一つをいつまでも見ていたい。カールの書斎には収集した日本の浮世絵が数多く飾られ、ガイドの説明によると、彼の絵に輪郭線があるのは浮世絵の影響なのだとか。日本人の私の心にもしっくりと来るのは、そのためかも知れません。

家の裏手には美しい庭が広がっていました。次の約束が無ければ、いつまでも過ごせそうな美しい場所でした。もしもダーラナ地方に行かれることがあれば、お時間を作って行かれることをお勧めします。



また、カール・ラーションについて調べていたら、日本の「カール&カーリン・ラーション友の会」が作った素晴らしいサイトに出会いました。ラーション夫妻の情報として、かなり読みごたえがありますし、スンドボーンの家と家族を描いたの水彩画集「Ett Hem(我が家)」のうち24枚の公開もあります。ご興味のある方は下記リンク先からどうぞ。
カール&カーリン・ラーション友の会

さて、後ろ髪をひかれる思いでお昼過ぎにスンドボーンを離れ、夜の7時ごろにスウェーデン中部のリンショーピンに到着しました。目的は布作家のオルソン恵子さんのお宅訪問。オルソンさんが吉祥寺で展示販売をやられていた時以来の再会ですから、ほぼ半年ぶりです。

ご自宅でサラダとブイヤベースの夕食をご馳走になりました。



デザートには今が旬のスウェーデンのイチゴです。

おしゃべりが楽しく、気が付くとすっかり夜が更けていました。スウェーデンの6月はいつまでも日が沈まないので気が付かなかった!

宿はオルソンさんの家から歩いて10分もかからないところなので、徒歩で帰宅。夜10時を過ぎているのにこの明るさです。それにホリデーシーズンなので人が全然いなくてなんだか非現実的な気持ちになりました。

この翌日から、いよいよ仕事が始まります。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓