『フィンランド・デザイン展』東京会場スタート!

2017年1月の福岡会場を皮切りに、12月の宮城会場まで約1年間全国を巡回する『フィンランド・デザイン展』がいよいよフクヤのある東京にやってきました。会場は府中市美術館、会期は9月9日から10月22日。

初日の昨日開催された開会式に招待を頂き、行って来ました。会は閉館後の午後5時半より開催されました。

挨拶をされるユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使。フィンランドには戦後大変に貧しく苦しい時代があり今に至ったこと、フィンランドのデザインは海外の影響を受けながらも身近な自然から着想を得ている事などを話されました。

間に歓談の時間を挟み、府中市美術館の藪野健館長が挨拶されました。洋画家である藪野氏ならではの視点から今回の展示で感銘を受けた点をお話されました。

開会式の後は、内覧会の時間が用意されていました。なお展示の撮影は禁止ですが、取材のため許可を得て撮影しています。

今年はフィンランド独立100周年記念として企画された、100年の歩みを振り返る展示となっています。まずは「第1章」として独立以前の19世紀の家具や器などから。

第2章はフィンランドデザインの礎を築いたデザイナーたちの作品。カイ・フランクの器やマイヤ・イソラのテキスタイル。

アルヴァ・アアルトの曲木の椅子。

第3章はフィンランドデザインを完成させたデザイナーたちの作品が並びます(完成というだけあり、つい最近まで作られていたり、今も作られている物も!)。


第4章はフィンランドの異才たち。ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの素晴らしいムーミンの本のためのドローイングや、貴重な50年代のムーミンの製品が並び見入ってしまいます。

ヴォッコ・ヌルメスニエミの大胆なテキスタイルを使ったドレス。

エーリック・ブルーンのポスター原画。ペンのタッチの素晴らしい事。そして、半世紀以上前のことですから、文字ももちろん手描きです。学生時代にやりましたが、面相筆で輪郭を描いて、内側は平筆で塗るんですよね。懐かしい。

第4章のエーロ・アールニオのポップな椅子たちの壁面に飾られているのは、第5章の企業とデザインを飛躍させたデザイナーとして取り上げられている、石本藤雄の華やかな花の陶板作品です。

第5章には、東京会場の「顔」となっている、オイヴァ・トイッカのフクロウも。

最後の第6章はフィンランドデザインの今について。アラビアのヘイニ・リータフフタの繊細な作品。

これは可愛かった。ハッリ・コスキネンがカニ(兎)とオウル(フクロウ)のパターンを和紙と漆で作ったポーチにデザインした製品。

その他にも、カイ・フランクの意外な側面を見る可愛らしいテキスタイルパターンや、ムーミンマグの原画といった、普段はなかなか見ることのできない展示がされています。ムーミンマグの原画は、完成までに試行錯誤したプロセスが時系列で並べてあるのが面白い!

2012年の「フィンランドの暮らしとデザイン展」よりも、デザイナーにグッとスポットを強く当てているので、デザインが好きな方にはワクワクと、どの作品も一つも見逃せない展示となっています。ここにご紹介した以外にも是非見て欲しい作品が並んでいますし、また写真では絶対に伝わらない細部の美しさ、面白さがあるので絶対に実物を見て欲しいです。東京は少し不便な場所にありますが、行く価値ありですよ。


フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3
(ハローダイヤル 03-5777-8600)

会期:2017年9月9日(土)~10月22日(日)
※10月8日(日)は開館記念無料観覧日。
休館日:月曜日 (9月18日、10月9日をのぞく)、9月19日、10月10日
開館時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料:一般900円

詳しくは下記リンク先の公式サイトをご覧ください。
●フィンランド・デザイン展


最後の会場は、10月28日から12月24日まで宮城県美術館です。東北旅行ついでにいかがでしょうか?

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

いよいよ仕事モードに切り替え

2017年夏の買い付けはスウェーデンのみで、レジャー半分、仕事半分にしていました。そして、いよいよ仕事がスタートです。いつもの買い付けではコーディネーターさんに頼むことは無いのですが、今回はリンショーピンでオルソン恵子さんにガイドをお願いしました。

夏至祭明けという事で、まだ営業していないお店もあったところ、恵子さんの馴染みのお店をわざわざ開けて頂きました。これが味気ない写真なのは、買い付けた物の記録用だからです。

もうちょっと味のある写真というと、恵子さんがご自身のインスタグラムにアップした1枚がこれかな?

ヴィンテージ雑貨のお店Fukuyaさんの買付けに同行中🍀 笑顔の三田さんと真剣な顔のKentおじさんのコントラスト😄笑 #北欧買い付け#スウェーデン#北欧ヴィンテージ #fukuya北欧 #フクヤ北欧 #vintageporslin #arabia #アラビア#北欧食器 #keikoolsson北欧雑貨めぐりツアー

keiko olsson ✂︎さん(@keiko_olsson)がシェアした投稿 –


これも記録用ですが、ちゃっちゃっと撮った割には、ガラスの小鳥と、グスタフスベリの小鳥が背景がぼけたいい感じの写真になっていました。


別のお店ではリサ・ラーソンのABCガールなどを買い付けました。

次のお店が開くまで少し時間があるというので、恵子さんの作品を販売しているショップ兼、共同アトリエにお邪魔しました。

ショップでは恵子さんとアトリエを共有しているアーティストたちの作品も並んでいます。

アトリエの入り口にはシフト表。アーティストたちでお店番を順番に担当しているのだとか。

アトリエの入り口が並んだ通路です。

一番奥が恵子さんのアトリエ。素敵。

恵子さんの人柄が分かる整理整頓された作業場。コンパクトで使い易そうな空間はクラフト好きには憧れの空間です。

アトリエの向かいには広々とした公園がありました。

恵子さんと別れた後に食べようとお弁当を作って持って来ていたので、一緒にお昼にしませんかと誘うと「お弁当作ってきたんですか!」と驚かれてしまいました。

買い付けでは食べる時間が取れなかったり、郊外で飲食店をうまく見つけられなかったりするので、お弁当を作ることが多いのですが、やっぱり驚きますよねえ。

次の移動の車内で食べようと思っていたのが、綺麗な景色を眺めながら食べることになって良かった。外で食べるご飯は美味しいですね。


何やらステージで開催されるのを待つ人たち。

球技のペタングに興じる人たち。

犬の散歩。

立ち話をしたり、カフェで食事したり。

北欧で高齢者が良く使っている歩行器。フィンランドでは老人と侮れないくらい、これで疾走している人もいますが、スウェーデンはどうなのかしら。

公園の撮影の時に、カメラの設定ダイヤルをうっかり触ってしまったらしく、やたらコントラストの強い仕上がりになってしまいました。まるでスペインのようですが、実際はもっと光の柔らかいスウェーデンの光景です。スウェーデン人は半袖ですが、本当のところは気温も低いし(私の服装で察しが付くと思います)。

最近のカメラは機能が多すぎです。

閑話休題

恵子さんのお蔭で期待以上の買い付けができました。こうしてリンショーピンの買い付けを終え、スウェーデンを一気に南下。スコーネ地方へと約4時間の旅です。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

カール・ラーションの家とオルソンさんの家へ

2017年夏の買い付けレポートが前回から1か月近く間が空いてしまいました!

さて、友人の住む北部スウェーデンから南下途中にダーラナのファールンに滞在を選んだのは、カール・ラーションの家に行きたかったから、と前々回の買い付けレポートで書きました。

カール・ラーションは20世紀初頭の画家で、主に自分の家族(子供が7人!)と自宅を透明感ある色調で描き、スウェーデンで愛されている国民的画家です。その自宅である『カール・ラーション・ゴーデン』はファールン近くの街スンドボーンにあります。

緑が美しい、夏の一番いい季節でした。

見学はガイドツアーのみ。日本から英語のツアーを申し込んでいました。

ガイドの女性が着ているのは、妻のカーリンがデザインしたドレスだそうです。

屋内は撮影禁止のため、写真がありません。とにかく細部までカーリンによる素晴らしい手工芸と、カールの絵で飾られ、ガイドツアーでなければ立ち止まって一つ一つをいつまでも見ていたい。カールの書斎には収集した日本の浮世絵が数多く飾られ、ガイドの説明によると、彼の絵に輪郭線があるのは浮世絵の影響なのだとか。日本人の私の心にもしっくりと来るのは、そのためかも知れません。

家の裏手には美しい庭が広がっていました。次の約束が無ければ、いつまでも過ごせそうな美しい場所でした。もしもダーラナ地方に行かれることがあれば、お時間を作って行かれることをお勧めします。



また、カール・ラーションについて調べていたら、日本の「カール&カーリン・ラーション友の会」が作った素晴らしいサイトに出会いました。ラーション夫妻の情報として、かなり読みごたえがありますし、スンドボーンの家と家族を描いたの水彩画集「Ett Hem(我が家)」のうち24枚の公開もあります。ご興味のある方は下記リンク先からどうぞ。
カール&カーリン・ラーション友の会

さて、後ろ髪をひかれる思いでお昼過ぎにスンドボーンを離れ、夜の7時ごろにスウェーデン中部のリンショーピンに到着しました。目的は布作家のオルソン恵子さんのお宅訪問。オルソンさんが吉祥寺で展示販売をやられていた時以来の再会ですから、ほぼ半年ぶりです。

ご自宅でサラダとブイヤベースの夕食をご馳走になりました。



デザートには今が旬のスウェーデンのイチゴです。

おしゃべりが楽しく、気が付くとすっかり夜が更けていました。スウェーデンの6月はいつまでも日が沈まないので気が付かなかった!

宿はオルソンさんの家から歩いて10分もかからないところなので、徒歩で帰宅。夜10時を過ぎているのにこの明るさです。それにホリデーシーズンなので人が全然いなくてなんだか非現実的な気持ちになりました。

この翌日から、いよいよ仕事が始まります。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデン映画『サーミの血』自分らしく生きるために逃げる

スウェーデン本国だけでなく、世界各国で数々の賞を受けた映画『サーミの血』が日本で公開されます。また、フクヤでは映画の半券表示で、実店舗にて割引のタイアップキャンペーンを行っています。キャンペーンについては最後にご紹介しています。

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。

そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

2013年にJokkmokk(ヨックモック)というサーミの街の名が付けられたロールストランドの食器についてフクヤ通信に書いた時、サーミの衣装についてこのように書きました。

こんなに美しい衣装ですが、かつてはサーミ人に対する差別や軽視のため、身分を明かすことになる民族衣装を身に付ける人は減少し、作れる人も減ったそうです。それが、最近になり若い世代を中心に見直しがされ始め、徐々に着る人も増えてきたとか。

衣装について調べた時にサーミに対する偏見があったことを初めて知ったのですが、映画で語られた想像以上の差別描写に心が揺さぶられました。

映画は老人のクリスティーナが妹の葬儀に参列するため、家族と故郷のラップランドに渋々戻るところから始まります。自分の出身であるサーミの事を嘘つきで泥棒と罵るクリスティーナ。村に滞在することを嫌い、一人ホテルで過ごすクリスティーナが思い出すのは、妹や他のサーミの子どもたちと「移牧学校」で学んでいた少女時代。その頃のクリスティーナの名前はエレ・マリャ。彼女は故郷を離れたときに名前もスウェーデン風に変えていたのです。

「移牧学校」はスウェーデンがサーミ人をスウェーデン人の子どもと分離させるために作った学校。子どもたちは強制的に家族から離れさせられ、隔離された環境でサーミ語を禁止され、一歩学校の外に出ればスウェーデン人から激しい侮蔑を受ける日々に、ただひたすら耐えていました。エレ・マリャは成績が良く、スウェーデン語を誰よりも習得し、読書を好み、ウプサラから何やら偉い人たちが学校に来るときに、歓迎の言葉を述べる代表に選ばれたことを誇らしく思っていました。

けれども次のシーンで、その”お客様”たちの残酷な目的が示された時、エレ・マリャの屈辱と絶望が、重く観客の胸にも迫ってきます。

エレ・マリャは、それから何度も希望を持たされてはサーミだからと望みを絶たれ、観ているこちらまで胸がキリキリと傷むエピソードが繰り返されます。頭が良く勇気もガッツもあるエレ・マリャは、けれども、ただサーミだというだけで物のように扱われる状況を甘んじて受けるような少女ではありませんでした。彼女はサーミであれば叶えることのできない将来の夢を実現するためにも、サーミを捨てて出ていくことを決意します。それは閉じ込められた檻から逃げ出す野生動物にも似た、自分らしく生きるために不自由な環境から逃げる選択。

何十年ぶりに複雑な感情と共に故郷に戻り、亡くなった妹の思いを聞かされるエレ・マリャ。サーミであることを嫌い避け続けていた彼女は、自分の中のサーミの血とどう対峙するのか。無鉄砲にも思える少女の大胆な行動にハラハラしつつ、自分は差別の加害者になっているのではないかと、エレ・マリャを通して自らに問いかけ考えさせるような物語でした。

9月16日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。
その他の地域での上映スケジュールなど詳細は下記公式サイトからご確認ください。
映画「サーミの血」公式サイト

ミタ


◆映画情報
監督・脚本:アマンダ・シェーネル
音楽:クリスチャン・エイドネス・アナスン
出演:レーネ=セシリア・スパルロク、ミーア=エリーカ・スパルロク、マイ=ドリス・リンピ、ユリウス・フレイシャンデル、オッレ・サッリ、ハンナ・アルストロム
後援:スウェーデン大使館、ノルウェー王国大使館
配給・宣伝:アップリンク
(2016年/スウェーデン、ノルウェー、デンマーク/108分/南サーミ語、スウェーデン語/原題:Sameblod/DCP/シネマスコ―プ)
©2016 NORDISK FILM PRODUCTION


◆映画の半券提示で10%OFFのお得なサービス!
フクヤ実店舗にてお買い上げの方、10%割引!
期間:2017年9月16日(土)~10月15日(日)
詳しくは下記リンク先からどうぞ。
映画『サーミの血』タイアップ情報



↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

HöganäsのかわいいシリーズとVDN555について

今年の夏の買い付けで久しぶりに、Höganäs(Hoganas/ホガナス)のこのシリーズを見つけました。ぽってりとしたレースのような装飾が素朴で可愛らしく、優しさを感じるデザイン。

素材はストーンウェア(炻器/せっき)。ストーンウェアとは陶器と磁器の中間の性質を持つ焼き物で、陶器よりも堅牢で、磁器よりも温かみがあります。

過去には色違い(青と白)が入荷しました。この写真をブログにアップしたのが2009年8月1日ですから、ほぼ8年前のこと。

この時は作者など詳細は分からなかったのですが、再入荷を機会に調べ直しました。そこそこ時間がかかりましたが判明したので、自分用の備忘録も兼ねて書きますね(またしても箸休め回に...)。

デザイナーはAnn Jansson(アン・ヤンソン/1945年- )。このシリーズは彼女の最初の食器シリーズで、青と白の組み合わせはJohanna(ヨハンナ)、茶と白の組み合わせはMatilda(マチルダ)と名付けられました。同じデザインでも色によって名前が違うんですね。つまり、2009年に入荷したのはJohanna、今回買い付けたのがMatildaとなります。

バックスタンプを見ると、ホガナスが1956年から67年まで使用していたロゴとほぼ同じです。 けれども、アン・ヤンソンのプロフィールを見ると学校を卒業したのが1969年。それからホガナスに採用されたとすると、いくら処女作とは言え、1970年代に入ってからの製品でしょう。

ボウルにはスウェーデンの品質保障マーク『VDN 555』が残っていました。

VDN 555とは、品質を表したマークで、1951年から73年まで使われていました。なので、製品は1973年以前のもの。色々合わせると、1970年代初頭の製造と思えます。良く見ると、VDNシールの下部にある、真ん中が塗りつぶされた日の丸のようなロゴは、1967年から76年に使用されたものですので、やっぱり70年代の製品ですね。

ちなみに『VDN(アルファベット)555』は、(アルファベット)が、B=ボーンチャイナ(benporslin)、F=陶器(flintgods)、P=磁器(fältspatporslin 注*)、S=ストーンウェア(stengods)の意味。このシリーズはVDNマークに『S555』とあるのでストーンウェアと分かりますが、それを確認するまでもなく、バックスタンプにバッチリSTONEWAREと書かれていますね。
【注*fältspatporslinは直訳すると長石なのですが、恐らく長石を主成分とする磁器のことでしょう。】

続く555は、最初の5=釉薬に貫入が発生しない、真ん中の5=あらゆる料理に使える(酸を含む酢などに耐性があるという事か?)、最後の5=75度で食洗器使用可、を表しています。

最後の数字がもしも、1=洗っている時にダメージが起こる恐れあり、3=45度で手洗い、の意味(食器で1なんてあるんでしょうかねえ?)。

このMatilda(マチルダ)シリーズは来月アップ予定です。

ミタ

VDNマークについて検索すると、2010年に書いた自分のブログがヒットしました。もちろん以前からマークについては知っていたのですが、ブログに書いていたとは覚えていませんでした。自分の記憶の無さが恐ろしい…。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓