買い付けに次ぐ買い付け、そしてIKEAご飯

さて、昨日アップしたレポートの続きです。午前中をノンビリ過ごして宿に戻り、今日はやけに時間に余裕があるなあと、スケジュールを確認して息をのみました。なんと、午後に行こうと思っていたショップをすっかり忘れて戻って来ていたのです。時間を見ると既に閉店時間。週に2日しか開いていないので、この日を逃すと、滞在中に開いている日はありません。

「やっちゃったー!」と冷や汗。

ただ良かったのは、約束していなかったのですっぽかした訳ではなかったこと、そして友人の友人という関係なので全くの知らない人ではない事。スケジュールを睨むと、翌々日午前中の予定を諦めれば行けそうです。スマホを取り出して明後日の午前に開けてくれないかと、彼の携帯番号にショートメッセージを送ると「いいよ」とすぐに返事があって、申し訳ないながらも一安心。

さて、翌日の午前中は、これも初日と同じく無店舗の個人ディーラーさんのところへ。ただ、分厚いフォルダーに全ての商品の詳細を書き込んであり、価格がそれに基づいて決まっているのが、初日のディーラーさんと違うところ。その分、管理はきちんとしてあり、安心が出来ます。

午後は、今回初めて会うディーラーさんのところへ。サマーハウスに沢山持っているから、希望の物があれば運ぶよ、と出発前に予め写真など送ってもらっていたので、ある程度何があるか分かっての訪問です。ただ、予め希望を伝えると、どうしてもこんな風にオーソドックスな品揃えになってしまいます。

どんな感じか大体つかめたので、次は掘り出し物を探しにサマーハウスに行きたい。「サマーハウスは近い?」「車で1時間半だから、遠くないよ」。それは私の感覚では、遠い。悩ましい。

さてその翌日、午前中に梱包用品を買いに行ったホームセンターの隣にIKEAがありました。ちょうどお昼時になっていたし、何をどこで食べるか考えるのも面倒なので、IKEAレストランで食べることに。ちなみに日本で作ったIKEAファミリーカードはスウェーデンでも割引に使えます。

お菓子類がいかにもスウェーデン。

頼んだのは、多分フィッシュケーキ。おでんの種のような魚の練り物を焼いた物です。美味しいかと問われれば、それは…察して欲しい…。

レストランのインテリアは日本よりもシンプル。むしろ日本の方がスウェーデン風に作り込んでいるのかも。

面白かったのはファミリーコーナーが区画されていて、小さなお子さん連れはこちらを利用していたことです。個人的な印象として、欧州は大人と子供の区分を上手に分けている気がします。最近よく耳にする子供連れにまつわるお出かけの悩み。こうやって分ける方がそれぞれの立場の人が上手く行くのではないかなあ。

ところでIKEAのフードコーナーでエルク(ヘラジカ)ソーセージ発見。さすがスウェーデン。

そして買い付けの旅はさらに続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

春の買い付けスタート:遠回りして北欧

2018年春の買い付けの思い出について綴ります。出発が4月3日、帰国が19日。思い出というには過ぎ去った日にちが浅いですが、帰国した直後に色々あったので、もう何か月も前のような気がしています。

さて、今回は溜まったマイレージを使うという理由で、ちょっと遠回りで北欧に行きました。マイレージで買った日本とドイツのデュッセルドルフ往復のチケットと、デンマークとドイツの往復チケットを組み合わせるという変則技です。

ドイツに一旦入国して、すぐに出国。ドイツの空港ラウンジでは、せっかくドイツに来たのだからと、あえてドイツらしいプレッツェルとロスティ(ジャガイモの千切りを焼いたもの)を選択。色的に美的ではありませんが…。

デンマークは隣国のため、飛行機が可愛いサイズ。

ドイツとデンマーク往復は、欧州間のみの格安チケット「SAS GO Light」を利用しました。「SAS GO Light」は格安だけに荷物を預けるのは有料(持込み荷物のみ無料)です。でも事前に調べ、SASマイレージのゴールド会員なら、メンバー特典を使って荷物を2個まで無料で預けることが出来るとあったのでこちらを選択。フィンエアーの誘惑に負けず、SASにひたすら忠誠を誓って良かった(※5月7日から会員でも有料になりました)。

さて、遠回りゆえスウェーデンには夜に到着。その日は駅近くのホテルでとりあえずの1泊。翌朝のビュッフェ形式の朝食では、今度はあえてスウェーデンらしい組合せを作って気分を切り替えました。ゆで卵とたらこペースト、ビーツサラダとミートボール、パンケーキとベリージャムです。

初日に約束しているディーラーさんのところまでは時間があったので、たまたま通りかかった新しく出来たらしいショップに入ると、アラビアのルスカがまとめ売りされていたので、とりあえず全部買いました。これらは、サイトにアップせずに、13日の『ガラクタ市』で特価で販売しますね。

1時間ほど潰して約束の時間にディーラーさんの倉庫へ。ここは無店舗形式で値段もついていないので、一つ一つ交渉です。正確には違うな。一つ一つではなく「このかたまりでおいくら?」という感じで進めていきます。

一仕事終えたら、手作りのトスカケーキが待っていました。トスカケーキとはバターケーキにアーモンドのグレーズが乗ったもの。これがめちゃくちゃ美味しかった。

ちなみに以前、彼女に教わったトスカケーキのアレンジ版、アップルトスカケーキのレシピは下記リンク先からどうぞ。
アップルトスカケーキのレシピ

その翌日は朝から開いているリサイクルショップへ。日用品が主で地元の人には人気なのですが、買い付け、という視点で探すと価値の無いモノばかり。それでも刺繍の壁飾りクロスに掘り出し物があるので日にちが合えば覗きに行きます。

いつもは山積みなのに、今回はこれだけ。期待よりはずっと少なかったですが、無いものは仕方ないと気分を切り替え。

ランチのため、売り上げの一部が発展途上国に寄付されるNPOのカフェに移動。開いている曜日は決まっているので、毎回というわけにはいかないのですが、安くて美味しいのでタイミングが合えば足を運んでいます。日替わりメニューのチキンとポテト85クローナを選択。サラダバーに、お代わり自由のパンとコーヒー付きです。

ボリュームもあって、味も悪くない。これで1000円ちょっとなのだからスウェーデンではかなりのお得感です。隣の人が食べていたベジタリアンラザニアが美味しそうだったので、次にもしあれば頼んでみようかな。

ここはケーキやお菓子系も充実しているのが嬉しいです。

デザートにココナッツトスカクラッドカーカ20クローナを選びました。スウェーデンの伝統的なチョコレートケーキ「クラッドカーカ」に、先ほど書いたトスカケーキのアーモンドをココナッツに変えたグレーズが乗っています。いわば、伝統菓子のハイブリッド&アレンジ版。クラッドカーカというには火が通り過ぎていましたが、これはこれで美味しかったです。

と、このココナッツトスカクラッドカーカの説明のために、トスカケーキの話をしたかったので、2日半分を一気に書きました。この日の午後からの分は次に続きます。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

第4回 『フクヤ北欧ガラクタ市』開催のお知らせ


先週の木曜日に長い買い付けから帰国しました。買い付けで体験した様々な出来事はおいおいブログに書くとして、まずは第4回ガラクタ市のお知らせです!

前回と同じく、難あり品をアウトレット価格で販売いたします。また、今回の目玉として、スウェーデンで買い付けたアラビアのルスカと特価で販売いたします。

販売価格は、カップ&ソーサーで2200円、プレートは1800円前後を予定しています。ポット類は6500円前後かな。

前回と同じくFacebookにイベントページを作成しました。こちらに最新情報を追加していきます。このページはアカウントをお持ちでなくてもご覧になれる(はず)ですので、どうぞご利用ください。
第4回フクヤ北欧ガラクタ市 Facebookページ

実は、まだスウェーデンからもフィンランドからも荷物が届いていません。スウェーデンからは水曜日に届く予定、フィンランドからはそろそろ発送されるようです。荷物が届かなかったらルスカの販売は無くなりますが、100%大丈夫でしょう。

それでは沢山の方のご来店をお待ちしています。

『フクヤ北欧ガラクタ市』
2018年5月13日 13時~18時
東京都世田谷区深沢2-15-5
アクセスは下記リンク先をご覧ください。
店舗への交通アクセス

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

2018年4月3日から4月19日まで買い付けに行きます

2018年4月3日から19日まで
北欧買い付けのため発送をお休みします。

この間のお買い物はしていただけますが、発送は帰国後の4月21日以降になります。また、お問い合わせの返信などの対応も4月21日以降に順次させていただきます。ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いします。


■買い付け中の対応について


●この間に数回ご注文いただいた場合は合算して同梱でお送りします。また、その合計金額が15,000円を超えた場合は送料無料が適用されます。
●買い付け中の様子は当店の各種SNSでご覧いただけます。
◎ ブログ「fukuya通信」(このブログです)は、「買い付けレポート」をご訪問下さい。
◎Facebook→http://www.facebook.com/Fukuya20CMD
◎Twitter→http://twitter.com/Fukuya_20CMD
◎Instagram→http://instagram.com/fukuya_20cmd/

写真はイースターの象徴の黄色い水仙です。花だけだとどこで撮影したものか分かりませんが、去年の3月に行ったときにフィンランドで撮影したものです。間違いなく。

今年の買い付けはイースター明けですが、黄色い水仙がまだそこかしこに飾られている事でしょう。

2014年のスウェーデン人のイースターについての意識調査がありました。

イースターの花を買う 44%
イースター飾りを買う 31%
※水仙やチューリップなどの切り花の売り上げ 15億クローナ
※イースター期間中のキャンディーの売り上げは500%増加 (1年を通して一番キャンディが売れる週)

そういえば、昨年はイースター前に買い付けに行ったのですが、お店がオープンすると同時に女性たちがヒヨコや卵などのイースター飾りに殺到していました。それを見て「ええー!だってもう家にあるんじゃないの!?」と驚いたのを覚えています。

買い付け先で「イースターに何食べるの?」と尋ねると「ニシンの酢漬け、ヤンソンの誘惑…まあクリスマスと同じだね!」と笑って教えてくれました。

イースターの食卓で最も大切な食べ物は?
卵 54%
ニシン酢漬け 16%
サーモン 7%
ヤンソンの誘惑 6%
ラム肉 6%
※イースター期間に消費する卵 2000トン
※イースター期間に消費するニシンの酢漬け 1500トン

明日からイースター休暇。今日も午後から休みという人もいるそうで、さぞかしみんなノンビリしている事でしょう。

イースターの過ごし方は?(多分複数回答)
家族とお祝い 77%
イースターの食事 52%
リラックスする 36%
自然の中で過ごす 24%
教会へ行く 7%
ショッピング 5%
※イースター期間中のお酒の消費量は40%増加
※イースター太りはあると思っている人は38%

イースター明けに、休みボケしていませんように!

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ブリティッシュベイクオフに影響されてイースターのチョコレートケーキを作る

タイトルそのままなのですが、イギリスのお菓子作りバトル「ブリティッシュベイクオフ」で審査員のメアリー・ベリーが作るチョコレートケーキが美味しそうで、食べたいけれど面倒だなあと思っていたものの、イースターが近いことを思い出し、重い腰をあげて作りました。

欧米では移動祝日のイースター(復活祭)。今年は4月1日です。ちなみに去年(2017年)は4月16日、来年(2019年)は4月21日。会社や商店、施設などはイースターを挟んだ4日間、あるいは5日間がお休み。イメージとしては日本のゴールデンウィークかな。毎年春の買い付けでは、このイースター休暇をいかに避けるかがスケジュールの肝になっています。

ところで、誰が決めた訳ではないのに、なぜかイースターといえばチョコレートのお菓子が多い。その理由は去年イースターのチョコレートケーキを焼いた時にも少し触れましたが、19世紀に卵型のチョコレートを贈る習慣が生まれたのが関係しているんじゃないかと思っています。その習慣が広がって、それからなんとなく「イースターといえばチョコレートなんじゃない?」とチョコレートケーキを作るようになったのではないかしら。

ちなみにイースターはキリストの復活を祝ったもの。「復活→生命の誕生→卵→ヒヨコ」と連想されて、イースターの飾りには卵やヒヨコが使われるようになりました。そこから更に「ヒヨコ→黄色→黄色の水仙」となったのですから『風が吹けば桶屋が儲かる』ではないですが「復活祭といえば水仙の花」と間を飛ばしたら何が何やら分からない。

それは兎も角、イースターのケーキはしばしば卵や兎や羊といったイースターの象徴で飾られます。それがないと普通のケーキと区別がつかないので、ある意味必須アイテム。そこで、今回は定番のひとつ、卵と巣を飾りつけ。卵は市販のチョコレートを使い、巣は売っていないので自分で作りました。

巣の建材については頭を絞っているうちに、以前テレビでスパゲティを水にくぐらせて電子レンジで加熱し、塩や粉チーズをまぶしたおつまみが紹介されていたのを思い出し「これだ!」と。その瞬間、頭の上にはきっと電球が輝いていたことでしょう。
ノンオイル♪レンジでカリポリ*おつまみパスタ

上記リンク先のように、調理したスパゲッティを小さく折って、溶かしたチョコレートをまぶし、カップケーキ用の紙を入れたカップの中で形を整え、冷蔵庫で固めて出来上がり。人生において食べられる鳥の巣を作る機会がどれほどあるのか分かりませんが、困ったときは思い出して下さい。

話は戻って「ブリティッシュベイクオフ」でやっていたチョコレートケーキのレシピは下記リンク先。
Chocolate creation showstopper
でも、私は同じメアリー・ベリーさんの、ほとんど同じだけど、もうちょっと簡単な下記リンク先のレシピを使いました。
Celebration chocolate cake
更にこのレシピを半分量にして、直径15cmと、直径13cmの型で作り、ケーキプレートに乗るくらいのちっちゃなタワーケーキにしました。

※レシピの「self-raising flour」は日本に無いので、代用として「小麦粉150g+ベーキングパウダー小さじ2」を混ぜて作り、必要量を使います。

さて、最初に書いた通り、イースターの日にちで買い付けの日程が左右されます。イースター前でも良かったのですが、今年は取引先の一人が3月にお子さんが生まれる予定でしたので、その後にしようと計画しました(3月21日に男の子が誕生♪)。そんなわけでイースター明けの、4月3日から買い付けに決定!買い付けのスケジュールについてはまた後日!

ミタ

ところで、今日の3月25日はキリスト教では聖告の日(マリアが受胎告知を受けた日)です。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓