デンマークで流行のランプの使い方を取り入れる

こんにちは。今までTwitterInstagramでちらりと書いていましたが、今デンマークのおしゃれさんたちの間ではビンテージの卓上ランプに大きな電球をつけて、シェード無しで使うのが流行っています。

TwitterやInstagramでは手持ちのボール球を使っていたので、イマイチ格好が良くなかったのですが、先日ちゃんとした電球を買ってセットしてみました。

どうでしょうか?なかなかおしゃれっぽくなっていると思うのですが。

というわけで、もしも当店でランプをご購入の際に、シェードは不要という方はご希望をお書き添えください。定価より3000円お引きいたします(一部対象外あり)。ビンテージの卓上ランプは下記リンク先からご覧くださいね。
北欧ビンテージ家具・ランプ

この流行を教えてもらったのは、春の買い付けでデンマークのアンティークマーケットに行った時です。やたらに大きな電球だけ付けているランプが目につくけれど、シェードが手に入りにくいのかしらと思っていましたが、最後に買い付けをしたお店で教えてもらって納得しました。

ただ、不思議だったのは、EUは2009年から白熱電球を段階的に廃止し、2017年の今は完全にLEDに切り替えているはずです。では、この電球は古いものを使っているのか、これが切れたらもう手に入らないのかと思っていました。

でも、今ってすごいですね、その気になって調べたら、フィラメント風のLED電球ってあるんですね!

これが電気を点けていない状態です。LEDなので環境にやさしいだけでなく、触ってもほんのり温かい程度で、熱くならないので安全です。

電球は下記から取り寄せました。

ところが、その数日後にIKEAに行くと新商品として、同じサイズのフィランメント風のLED電球LUNNOMが1299円で売られていて軽くショック。しかもIKEAの電球は薄っすらとしたブラウン色で更にレトロ感がありました。さすがだな、IKEA。

これが切れたらIKEAにしようか、LEDって10倍長持ちか、そうか、切れないな。

ミタ

北欧ライターの森百合子さんによると、このビンテージランプ+ボール球はデンマークのオシャレカフェやレストランで良く見たとか。スウェーデンでは見なかったというので、今のところデンマーク限定の流行の様です。でも狭い国なのでたちまち北欧全体に広がりそうな予感。

※卓上ランプをお求めの際には電球をお付けしますが、通常の白熱電球(40W)で、写真の物とは異なります。ご了承ください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

HöganäsのかわいいシリーズとVDN555について

今年の夏の買い付けで久しぶりに、Höganäs(Hoganas/ホガナス)のこのシリーズを見つけました。ぽってりとしたレースのような装飾が素朴で可愛らしく、優しさを感じるデザイン。

素材はストーンウェア(炻器/せっき)。ストーンウェアとは陶器と磁器の中間の性質を持つ焼き物で、陶器よりも堅牢で、磁器よりも温かみがあります。

過去には色違い(青と白)が入荷しました。この写真をブログにアップしたのが2009年8月1日ですから、ほぼ8年前のこと。

この時は作者など詳細は分からなかったのですが、再入荷を機会に調べ直しました。そこそこ時間がかかりましたが判明したので、自分用の備忘録も兼ねて書きますね(またしても箸休め回に...)。

デザイナーはAnn Jansson(アン・ヤンソン/1945年- )。このシリーズは彼女の最初の食器シリーズで、青と白の組み合わせはJohanna(ヨハンナ)、茶と白の組み合わせはMatilda(マチルダ)と名付けられました。同じデザインでも色によって名前が違うんですね。つまり、2009年に入荷したのはJohanna、今回買い付けたのがMatildaとなります。

バックスタンプを見ると、ホガナスが1956年から67年まで使用していたロゴとほぼ同じです。 けれども、アン・ヤンソンのプロフィールを見ると学校を卒業したのが1969年。それからホガナスに採用されたとすると、いくら処女作とは言え、1970年代に入ってからの製品でしょう。

ボウルにはスウェーデンの品質保障マーク『VDN 555』が残っていました。

VDN 555とは、品質を表したマークで、1951年から73年まで使われていました。なので、製品は1973年以前のもの。色々合わせると、1970年代初頭の製造と思えます。良く見ると、VDNシールの下部にある、真ん中が塗りつぶされた日の丸のようなロゴは、1967年から76年に使用されたものですので、やっぱり70年代の製品ですね。

ちなみに『VDN(アルファベット)555』は、(アルファベット)が、B=ボーンチャイナ(benporslin)、F=陶器(flintgods)、P=磁器(fältspatporslin 注*)、S=ストーンウェア(stengods)の意味。このシリーズはVDNマークに『S555』とあるのでストーンウェアと分かりますが、それを確認するまでもなく、バックスタンプにバッチリSTONEWAREと書かれていますね。
【注*fältspatporslinは直訳すると長石なのですが、恐らく長石を主成分とする磁器のことでしょう。】

続く555は、最初の5=釉薬に貫入が発生しない、真ん中の5=あらゆる料理に使える(酸を含む酢などに耐性があるという事か?)、最後の5=75度で食洗器使用可、を表しています。

最後の数字がもしも、1=洗っている時にダメージが起こる恐れあり、3=45度で手洗い、の意味(食器で1なんてあるんでしょうかねえ?)。

このMatilda(マチルダ)シリーズは来月アップ予定です。

ミタ

VDNマークについて検索すると、2010年に書いた自分のブログがヒットしました。もちろん以前からマークについては知っていたのですが、ブログに書いていたとは覚えていませんでした。自分の記憶の無さが恐ろしい…。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ノルウェーから世界に広がったノルディック柄

ラジオを聞いていたら冬季オリンピックまで半年なんて言葉が聞こえました。あとたった6ヶ月でこの猛暑からウィンタースポーツができるほど気温が下がるなんて非現実的と思いましたが指を折って数えると半年後は真冬。どうも本当らしい。

冬が来るなんて信じられない程に暑いここ数日ですが、ソースボートと一緒に写っているのは、まったく季節外れのウールのミトンです。これには理由があります。

このソースボートはノルウェーにかつて存在したStavangerflint(スタヴァンゲルフリント)のSelbu(セルブ)シリーズです。Selbu(セルブ)とはノルウェーの街の名称。そしてセルブについて調べると街の名称がついたニットのパターン『Selburose(セルブローズ)』で有名とありました。

セルブローズとは北欧のミトンやセーターでお馴染みの、この八角形のパターンです。私はてっきり雪の結晶と思っていたのですが、バラの形だったのですね。バラはバラでも北欧の食器にしばしば描かれる野バラなのかな。

私は編み物はしないので詳しくはないのですが、想像するに多くの伝統的なパターンにはその起源が分かっていないケースが多いのではないでしょうか?それに反してこのセルブローズははっきりとした記録が残っています。

それは1857年の冬の事でした。10代半ばの羊飼いの少女Marit Emstad(1841-1929)姉妹が、日曜日のミサに手編みのミトンを身に着けて現れました。2色で作られた星のような形は、今まで全く見たことの無いパターンでした。そのパターンは地元で人気となり、様々なアレンジも生まれ、それぞれに例えば『コーヒー豆ローズ』『猫ひげローズ』などユニークな名前が付けられました。

最初にミトンを作ったMarit Emstadの写真も残っています(既に少女ではない頃ですが)。Marit Emstadは古いニットパターン(イタリア、ドイツなどの1500年代から1700年代の図案集に似た柄がある)や木彫りの装飾からヒントを得たのではないかと言われています。
Av UkjentRiksarkivet, CC BY 4.0, Lenke

現在セルブローズには100以上のバリエーションがあり、『8枚ローズ』『星ローズ』など名付けられているとか。今ではノルウェーを代表するニットのパターンだけでなく、ノルウェーに限らず、ノルディック柄と聞けば皆さんが最初に思いつくのがこの形ではないでしょうか。

しかも話はそれで終わらず、1991年にセルブは街の紋章をこのように3個のセルブローズに制定しました。ちょっとビックリ。
Av Einar H. Skjervold – Selbu.kommune.no/, Offentlig eiendom, Lenke

さて、話をスタヴァンゲルフリントのソースボート「Selbu」に戻しましょう。写真ではちょっと見づらいですが、雪の結晶のようなパターンが描かれているのがお分かりでしょうか?

矢尻のような先端を数えるとセルブローズと同じく8本あります。もしセルブローズについて知らなかったら、雪の結晶かなと思っていたところでした。ノルウェー人なら「Selbu」と見ただけでピンとくるのでしょう。

セルブのソースボートは来週アップ予定です。また、そろそろ来年の冬に備えようという方は下記リンク先からエストニアミトンをご覧になれます。
エストニア製手袋(ミトン)

次の冬季オリンピックは韓国ですから日本からも沢山の方が行かれるのでしょうか。観戦予定の方は今からノルディック柄で防寒具の準備をされてみては?夏のオリンピックではパッとしない北欧諸国ですが、冬季オリンピックでは打って変わって活躍しますしね。

ミタ

今日も昨日に続いて箸休め回でしたね…。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

変わらぬデンマークの風景

パソコンのフォルダを整理していたら買い付け前に作ったスコーンの写真が出てきました。スコーンはアイルランドに住んでいた時にしょっちゅう作りましたが、帰国してからはほとんど作ることがありません。特に今の季節は暑くてバターが溶けてしまうので生地の扱いが難しい。つくづく欧州のお菓子は、あの涼しい気候が前提なんだなあと感じます。

ブログにアップするつもりだったのでしょう。商品の紹介も兼ねた写真を撮っていたのにそのままにしていました(まったくもう)。

ジャムとバターナイフを刺しているのは、デンマークのNymolleのタバコ立てと小皿のセットです。時代ははっきりとはしませんが、1950年代から60年代のもの。デンマークの首都コペンハーゲンの名所のひとつ、運河沿いの街ニューハウンを描き、それぞれに「København(コペンハーゲンのデンマーク語)」と書いてあります。当時はお土産品として売られていたのでしょうね。

ご興味のある方は下記のリンク先からどうぞ。
Nymolle タバコ立て&小皿 セット (コペンハーゲン)

ところで、この夏にニューハウンに行ったのですが、この絵とほとんど変わらない光景が広がっていました。帆船があるところまで同じなのが面白いです。

そうして、スコーンを乗せているプレートはロールストランド(Rörstrand)のモナミ(Mon Amie)です。こちらも1952年から87年まで変わらぬ姿で作られていました。

近年復刻がされましたが、現行品はスウェーデン国内でなく、海外で作っています。現行品の焼成温度は当時よりも低く、また40時間かけていた焼き時間も今は約4分の1だそう。焼成時間が長いと釉薬に絵付けが溶け込んでふんわりとした味わいが出るのですが、現行品はどうしてもぺったりとした平面的な仕上がりになっています。

下記リンク先から是非ビンテージの味わいをご覧ください。
Rorstrand Mon Amie

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドと関係がある?ロールストランドのハートの器

ハートの連続模様が愛らしいスウェーデンのロールストランド製Silja(シルヤ)のオーブン用浅皿です。

グラタンはもちろん、単に野菜を並べてオーブンで焼いてもいいし、こんな風にお菓子に使っても(これは撮影のために別の容器で作ったものを移していますが)。

このお菓子はスウェーデンではお袋の味のひとつ、ベリーパイのアレンジです。パイと言ってもイギリスのアップルクランブルと同じく、フルーツの上にクランブル生地をかけてオーブンで焼いたもの。今回は解凍し水けを切った冷凍のベリーミックスに、砂糖、小麦粉、アーモンドプードル、バターを同じ重さ(50gずつ)で作ったクランブル生地で。以前エヴァさんに教えてもらったレシピのオートミールをアーモンドプードルに替えた感じです。

さて、実は春の買い付けで一つ買い付けてきたら、サイトに既に同じものが一つアップされていました。なので、在庫を足して、今は二つになっています。家族分欲しかった方はどうぞこの機会にご利用ください。

ところで、話は遡りますが、この仕事を始めたばかりの10年チョイ前にフィンランドでディーラーさんに「Silja(シルヤ)はビルイェル・カイピアイネン作と言われているのよ」と教えてもらいました。その時は今よりもずっと知識が無くて、心の中で『ロールストランドはスウェーデンなのに、カイピアイネンなんて変ねえ』としか思わなかったのですが、その数年後にカイピアイネンがロールストランドに招聘されてデザイナーとして働いていた時期があると知り、ハッとこの話を思い出しました。

カイピアイネンがロールストランドに所属していたのは、1954年から58年。当時のカイピアイネンの作品はロールストランド博物館に所蔵されています。ご興味のある方は下記リンク先からご覧くださいね。記事中ごろに写真があります。
ロールストランド博物館に行ってきた(その2)

Silja(シルヤ)は作者不明のシリーズとしては珍しく、製造期間が分かっています。1961年から67年。カイピアイネンがデザインしたとすれば面白いのですが、製造年から思うと、恐らく違う人でしょう。

と、ここまで考えて、ふとあることに気が付きました。Silja(シルヤ)はフィンランドとスウェーデン間のフェリーを運航しているフィンランドのフェリー「Silja Line(シリヤライン)」と同じ綴りではないですか。では「Silja」って何なのかしら、と調べるとフィンランドの女性名でした。

もちろん北欧全般では言葉が共通していることが多いため、スウェーデンでも使われてはいますが少なく、主にフィンランド(と、フェロー諸島)で付けられる名前だそう。実際フィンランドでは11月22日がSiljaの名前の日ですので、かなり一般的に使われているのでしょう(名前の日についてはいつかそのうち…)。

カイピアイネン説は、もしかして当たらずも遠からずで、デザインにフィンランドが関わっていたのかも?シリーズ名からそんな想像が広がっていきました。

ミタ

あるいはフェロー諸島?それは多分違うなあ。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓