やがてIKEAもビンテージ

少し古い話になりますが、今年の1月27日にスウェーデンの大手インテリアメーカーIKEA(イケア)の創業者イングヴァル・カンプラード氏が死去しました。享年91歳。なんだかカンプラード氏は不死のイメージがありましたが、やっぱり人間だったのですね。

カンプラード氏がIKEAを創業したのは17歳だった1943年のこと。1代目が存命中に、創業70年を超えているのですから、驚きです。当然販売されてから何十年も経っている製品もあるわけで、何年も前からスウェーデンに行くと「IKEAの製品はそのうちビンテージの価値が出てくるよ」と本気だか冗談だか分からないことを言われ「へー」と思っていました。

その証拠ではないですが、スウェーデンでフクヤのためにビンテージのクロスを集めてくれているエヴァさんから、立て続けにIKEAの布が入りました。

どれも10年くらい前の製品ですので、ビンテージとは言い難いのですが、それだけにまだとてもきれいです。こちらはオレンジの輪切りを大胆に描いた2007年のデザイン。未使用のカットクロスでシッカリとした厚みがあるので、クッション、カーテン、テーブルクロス、エプロンなど、様々なアイテムを作ることができます。この布のアップは来週の木曜日を予定しています。

ところで、IKEAの日本第1号店は2006年でした(1970年代に日本法人で進出→撤退していますが)。日本進出前の2001年に(同時多発テロがあった年なのではっきりと覚えている)イギリス滞在中に「日本にもIKEAがあればいいのにな」と言ったところ「どうして?IKEAって安いから若いカップルがとりあえず買う家具ってイメージだけど?」と返されて驚いたことがあります。当時は並行輸入されたIKEAの家具や小物がそこそこいいお値段で売られていたので。

なるほど、確かにIKEAが日本に出来て、その言葉の意味が分かりました。長く使える上質なものを求めるとニーズには合わないのですが、それでもこの価格で、このデザインはついつい手が出てしまう。

洗練されたデザインを安く提供したカンプラード氏がIKEAで成功を収めた様々な手法は、多くのメディアに取り上げられているので、今更私が書くことはないのですが、ひとつだけ。

以前海外メディアでIKEAの成功の要因の一つは、家具をその場で買って持ち帰られること、と書かれていたのを読みました。これについては、目を通したいくつかの日本のメディアでは触れていないようでした。日本の人にはピンと来ないかも知れません。

欧米では普及品の家具でも今も受注生産が主流だといいます。つまり、買ってから何か月も待って、ようやく届く感じ。実際アイルランド在住日本人の友人宅に遊びに行ったときに、何やら配達人と揉めていて「半年も待って届いた家具がサイズが違っていた」と説明されたことが。不思議に思って「オーダーしたの?」と尋ねると「こっちはそれが普通なのよ」と教えてもらいました。

北欧に行くと、中古店で家具を買って、車の屋根に乗せて持ち帰る人にしばしば遭遇することがあります。中古家具の市場が充実している理由には、こんなところもあるのかな、という気がしています。

ミタ

補足として:
古い製品がビンテージなのか中古品なのかの違いは、価値が付くか付かないかの違いと言われています。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

半端品だからお得になってます

本日午後9時にアップする「ベンチ入り選手登場」セールのためにメールマガジンに新たにご登録された中に、あて先不明で戻ってきているアドレスがいくつかあります。アドレスが間違っているとメールマガジンが届きませんので、登録の自動返信メールが戻ってきていない方は再度ご確認ください。

さて、ベンチ入り選手とは違う理由でお値引されているお品が「カップのみ」たちです。登場はされているのですが、二軍扱い。例えば、この写真のAurinko(アウリンコ)やステンシルのもの。

要はソーサーが破損してしまったり、失われている半端品のカップたちです。日本への輸送中に破損したものもありますが、多くは買い付けの時にソーサーの無いモノも含めてなら販売するよ、と言われたもの。

他にも、例えばこんな種類があります。

我が家では、こういう半端品は普段コーヒーを飲むときに使っています。北欧ライターの森さんちでは、コルクだったか、木だったかのコースターと合わせて出してくれます。それもいい感じでした。

カップのみにご興味があれは、下記リンク先からをご覧いただけます。
カップのみ

話は全く変わりますが、ロールケーキが自分史上一番上手にできました。

家人がロールケーキが好きなので、いくつかのレシピを参考に生地の配合や工程を試したり、生クリームにゼラチンを入れたりなど、何回かチャレンジしたのですが、どうしても上手にできません。

昨年の夏にスウェーデン洋菓子店のリッラ・カッテンさんがロールケーキ教室を開催されたので、参加して教えてもらいました。

Fukuya 北欧ヴィンテージ食器と雑貨さん(@fukuya_20cmd)がシェアした投稿


教わってから半年以上経ってようやく、冷蔵庫に生クリームとクリームチーズの半端品が残っていたのを見て、作ることにしました。

半端品があって良かったねと、きれいにまとまったところでおしまい(まとまった??)。

ミタ

ところで、家人に「なんでロールケーキ好きなの?」と尋ねたら「生クリームが好きで、食べやすいから」って、そんな理由か。そういえば手で食べていました。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

トナカイが○○の間に移動する距離

東山魁夷の画文集『古き町にて―北欧紀行』を図書館で借りたときに、新入荷本のコーナーに『翻訳できない世界のことば』がありました。

きっと北欧の言葉があるなと、ページをめくると案の定いくつか掲載されていて、その中にフィンランド語の「poronkusema」を発見して思わず借りてきました。

この言葉を知ったのは、ある集まりで日本在住の北欧各国の人たちと食事をした時。こういう場では、方言程度にしか言葉の違いはなく、お互い母国語で話しても通じるスウェーデン、デンマーク、ノルウェーに対して、違う言語体系のフィンランド語は笑いの種に取り上げられがちです。

その時に強烈に印象に残ったのが、一人が発した
「フィンランド語って小学生みたいだよね。トナカイがオシッコをする距離とかさー」
の言葉。
「ポロンクセマ」とフィンランド人がニヤニヤしながらスマホを取り出して調べ「約7.5キロ」

『翻訳できない世界のことば』ではマイルドに「トナカイが休憩なしで、疲れず移動できる距離」と説明されていましたが、ウェブ辞書Wiktionary(ウィクショナリー)には

Compound of poron (“reindeer’s”) +‎ kusema (“peed by”); the distance a reindeer could travel without stopping to urinate.

「ポロン(トナカイ)とクセマ(おしっこする)の複合語。 トナカイが排尿のために止まることなく移動することができる距離」

としっかり書かれていました。フィンランドではトナカイがいかに密接に暮らしにつながっていたかが分かる興味深い単位で、忘れられない言葉です。一生使うことはなさそうですが。

この本には紹介されていなかったのですが、スウェーデン大使館さんがTweetされていた「Gökotta(ヨークオッタ)」も翻訳できないでしょう。


実は、この意味はスウェーデンのUpsala-Ekeby製アッシュトレイ「Gökotta」が入荷した時に調べていたので知っていました。

そのとき、日本語で言えば「花見」ね、と思ったものです。日本語の「花見」とは、単に花を見るという意味ではなく、春を告げる桜の花の木の下に集い飲んだり食べたりして桜の花を愛でる、という意味ですものね。

翻訳できない言葉は、往々にして、固有の自然や暮らしを色濃く反映していて、その言葉が生まれた背景まで想像が膨らんでいきます。

話は変わりますが、その集まりで言葉についての話が広がり、アイスランド人が「火山が噴火した時に海外メディアが山の名前を全然発音できていなくてみんなでテレビ観ながら笑ってた」と。

山の名前は「Eyjafjallajokull(エイヤフィヤトラヨークトル)」。下に音声を貼り付けましたので、聞いてみてください。

日本の報道ではちゃんと言えていたのかなあ。

写真に使ったオレンジを入れたボウルはこちら→Rorstrand ボウル (サーミとトナカイ)
フィンランドと同じくトナカイと密接な暮らしをしている、スウェーデンの製品です。

ミタ

他に取り上げられている北欧語は
Pålegg (ノルウェー語)
Mångata (スウェーデン語)
Fika (スウェーデン語)
Tíma (アイスランド語)
Resfeber (スウェーデン語)
Forelsket (ノルウェー語)
Tretår (スウェーデン語)

取り上げられている日本語は
木漏れ日
ボケっと
侘び寂び
積ん読
日本語については、かなり意外なセレクトでした。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

Hilppaを巡る思い出散歩

一昨日、仕事に煮詰まった時に、冷蔵庫に少しずつあった残り物(ギリシャヨーグルト、干しブドウ、干しイチジク、ジャム)消費を兼ねてカップケーキを一気に作りました。カップケーキになったのは、卵が1個しかなく、パウンドケーキ1本には足りなかったという実用的な理由からです。

さて、撮影に使ったのはアラビアのHilppa(ヒルッパ)です。赤地に白ですずらんのような愛らしい花が描かれたパターン。ヒルッパには少し思い出があります。

初めてHilppaに出会ったのは、家人の留学に伴って滞在していたアイルランドから2004年に帰国し、ネットショップの担当としてアルバイトを始めた近所の雑貨屋さんの店頭でした。どこにでもあるような雑貨に混ざって、棚に置かれていたのがHilppaのシュガーボウル。10代のころから20世紀初頭のアンティークが好きで青山の骨董通りをウロウロしている高校生でした。けれども、不思議とそれまで60年代のデザインは目に入っていなかったので、Hilppaのデザインがひどく新鮮で、それから北欧のビンテージに惹かれた始めました。

お店にあったアラビアのビンテージは、お店のオーナーさんが旅行ついでに買ってきた物だったため数が少なかったので、もっと仕入れられないかと、自らフィンランドのアンティークショップを探し、商品を選びオーダーをし、撮影をして説明を書き、お店のネットショップに夢中でアップするようになりました。

とはいえ、その頃はろくな資料は手に入らず、Hilppaも名前もデザイナーも分からない状態。まあ、いいやと、すずらんに似ているからフィンランド語ですずらんを意味する「Kielo(キエロ)」と勝手に適当な名前を付けてアップしました。アルバイトだから気楽なものでしたし、ネットが今ほど普及していなかったので、ネットの影響力を知らなかったことは否めません。

アルバイト先では当然、興味もない雑貨も販売しているので、やがて自分で好きな北欧ビンテージの専門店を開きたくなり、独立したのは、2年後の2006年のこと。さすがにそうなると文責があるので、Hilppaの名前が判明するまで「赤に白い小花」とか何とか、明らかに呼び名と分かる商品名を付けていたはず。

それから数年後、某北欧ビンテージショップのサイトをふとみると、Hilppaの商品名が「Kielo」となっているではないですか。当時は既にフクヤではHilppaとしていたし、バイト先のネットショップも閉鎖していたのですが、恐らく私が付けた名前が伝言のように広がって、どこかに残っていたのでしょう。ネットで公開するという事はこういう事かと、ひゅっと息をのみました。彼らも同じ発想をしたのかも知れませんが、もし私がきっかけなら申し訳ない。もう何年も前にバイト先だったショップそのものも閉店したので時効と思って告白します。

今は出版物や、ネットを開設している現地のショップが格段に増え、当時よりもずっと情報が充実しています。ですので検索すると、十数年前よりもずっと早く探し物に辿り着き、答えが手に入りやすくなってきました。ただ、あの頃少ない手がかりを元に英語や現地語で検索したり、(Google翻訳もなかったので)辞書を引いたり、現地の人に尋ねたり、あっちに行ったり、こっちに行ったり、右往左往していると、時間はかかったけれど、調べている物とは別の商品やデザイナーについての情報に思いがけずぶち当たり、知識として蓄積していったのは面白かった。

最近は正解に辿り着くまで紆余曲折することが少なくなったので「あれ、これってそうなんだ。今はいらないけれど、いつかのために一応とっておこう」といったボーナスに出会う機会が少なくなりました。ここ数年で新しくショップを始めた人も、そういう知識を増やすチャンスが減っているのかもなあと思い、まああの頃は大変だったけれど得るものも有ったので実にはなったよね、と懐かしく思い出しています。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

冷蔵庫を整理してお菓子を作って名前の日について考える

年末年始の買い物で冷蔵庫がいっぱいになったので、半端に残っていたクリームチーズとカッテージチーズを使い切るためにケーキを焼きました。

クリームチーズとカッテージチーズを普段のパウンドケーキに混ぜただけの適当レシピ。ただ、バターの量はかなり減らしました。ついでに、冷凍庫にあったミックスベリーをトッピングして、上にアーモンドパウダーの入ったクランブル生地を散らしてみました。

撮影に使ったプレートとカップは一昨日新着でアップした、アラビアのVenla(ヴェンラ)。ヴェンラとはフィンランドの女性の名前です。

ヴェンラの名前の日は6月2日。名前の日とはヨーロッパ各国にある習慣で、1月1日、2月29日、12月25日を除く362日それぞれに名前が振り分けられています。元々は聖人の名前が付けられていた(2月14日は聖ヴァレンタインなど)のが、いつしか普通の名前も聖人の名前と一緒に振り分けられるようになりました。もちろん名前には流行があるので、フィンランドでは5年ごとに見直して、新しい名前を追加したり、古い名前を削除しているとか。

なんだか日の出っぽくておめでたい感じがするので、今日のデコレーションに選んだのですが、ヴェンラの明るい色彩は、北欧で一番日が長く明るい6月のイメージなのかも知れません。

それでは、皆さま、良いお年をお迎えください。

ミタ

ちなみに、明日の12月31日のフィンランドの名前の日は「Silvo」と「Sylvester」。「Sylvester」とはドイツ語で「Silvester」の事。ここでピンと来た人がいるのでは?12月31日のジルベスターコンサート(Silvester Concert)はこの日の聖人ジルベスターの名から来ているのです。今年の文化村の中継、カウントダウンに何の曲が使われるのでしょうかね?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓