そうか、あのマンネルヘイムか

趣のあるデコレーションのゲフレ製リッレモールのコーヒーカップ

製造年は1951年から64年。50年代と思えない程クラッシックなデコレーションがかえって時代を経ても古臭さを感じさせません。

リッレモールについてはフクヤ通信でも何度か取り上げたことがあります。例えば、2012年の「スウェーデンの向日葵カップ」。ここには、リッレモールはリッレモール・マンネルヘイムがデザインしたにも関わらず、当時無名の女性デザイナーでは売れないだろうと、同社のスターデザイナー、アーチュール・パーシーの名で売り出した、という裏話を書いています。リッレモールが、実は私だったと告白したのは随分後のことだったので、このことはかなり長く知られていませんでした。パーシーが亡くなったのは1976年だったので遠慮していたのかも知れません。

その話を書いてから7年経っているので、もう一度取り上げようとリッレモールについて調べたところ、7年前には無かった情報が出てきました。

フルネームはIngeborg Aina Sophie Constance ”Lillemor” Klingspor(長!)。陶芸家であり、伯爵夫人。フィンランドの大統領も務めたグスタフ・マンネルヘイムの姪。

マンネルヘイム!

それほどフィンランドの歴史に詳しくない私でも知っている、フィンランド独立の英雄!現代美術館(キアズマ)の前で馬に乗っている人!

キアズマには何度も行っているので探したのですが、マンネルヘイム像の写真が一枚もなかったです。まあ、歴史的人物の記念像に興味がないというのもあるのですが、最近は個人情報が厳しく、街中の写真が撮りにくくなったのですよね。写っている人の顔にぼかしかけるとか、アイコンで隠すとか、やりたくないし。

リッレモールは1927年生まれ。1945から49年はストックホルムの 美術学校で、1950から52年はパリの 美術学校で教育を受けました。デザイナーとしては、ゲフレの他に、ロールストランドやアラビアでも働いていました。1957年に Klingspor 伯爵と結婚し、伯爵夫人になりました。元々名家の出身なので縁談としては不思議ではないと思います。スウェーデンの貴族制度は廃止されましたが、子孫は今も大企業の所有者とか。

ところで、マンネルヘイムなんて特徴ある名前だからピンと来てもいいものですが、フィンランドでなくスウェーデンだったこと(マンネルヘイムはスウェーデン系)もありますが、そんな名家の娘が陶芸家として普通の企業で働いていたとは思わなかったのもあります。現代ならともかく、50年代に。

北欧が現代のように女性も働くのが当然となったのは60年代になってから。まあ、スウェーデンは王子であるシグヴァルド・ベルナドッテ(1907 – 2002)が美術学校で学んでデザイナーとして活躍した国。デザインは趣味のいい仕事として考えられていたのかも知れません。

知らんけど。

ミタ

ところで、ノルウェーのデザイナー、トゥリ・グラムスタッド・オリヴェールについて書かれた新しい記事で、当時(60年代)はフォルムデザインは男性、デコレートデザインは女性という慣習があった、と書かれていて、これについていつか取り上げたいと思っています。いつになるか分からないけれど。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

家族の歴史、ビング オー グレンダールのクリスマスイヤープレート販売します

(10/10 訂正)
あらためて全部出してチェックするとロイヤルコペンハーゲンではなく、全てビング オー グレンダールでした。ロイヤルコペンハーゲンと子供の時から聞いていたので、すっかりそうだと思っていました。申し訳ございません。前回の内容を訂正いたしました。


私の母はビング オー グレンダールのクリスマスイヤープレートを1964年から2000年まで、毎年買っていました。プレートはリビングの壁の天井近くに一列に並べて飾られ、たまに母から「あれはあなたが生まれた年」など指さしながら教えてもらった思い出があります。 幼いころから眺めていたこのプレートたちは、私の家族の歴史の一部でもあります。

当たり前の光景だったためか、考えたことはなかったのですが、あらためて母にコレクションのきっかけを尋ねると、祖父が誰かに何故だか数枚まとめてプレゼントされ、その1枚をもらったのがきっかけとか。

誰が何の機会になのか詳しくは分かりませんが、祖父は会社を経営していて、海外との取引もありました。実家には祖父が1950年代にドイツ出張の際に母のために買って送ったヴィンブラッドデザインのローゼンタールのコーヒーセットがあります。母によると、おが屑を詰めた木箱に入れ船便で送られて来たとか。まあ、なので、仕事関係かも知れません。今となっては藪の中ですが。

そのイヤープレートを、母の依頼で販売代行をすることになりました。頼まれたのは春くらいだったのですが、グズグズしているうちに随分と日数が経ってしまいました。

1964年から2000年ですので、全部で37枚。その中から家族の記念の年や、気に入っている絵柄を取り除いて、大体25枚くらいかな。

販売価格は、一般的な流通価格よりもいくらかお安くする予定です。

写真の通り、14枚には箱はありません。残りには箱がついていますが、湿気の多い日本ですので、痛みの激しいものもあります。また、日本国内で購入していますので、日本語のパンフレットや百貨店のリーフレットが付いている場合もあります。

販売は10月17日からを予定しています。お探しの年があればいいのですが。

ミタ

ロイヤルコペンハーゲンなら公式ページに過去のイヤープレートの価格リストをがあるのですが、ビング オー グレンダールにはあるのでしょうか…。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

世界はほしいモノにあふれているから定番もいいよ

フクヤを始めた2006年を思えば、この頃は北欧のテレビ番組が多くて追いつかないです。見逃したもののあれば、別にいいかな、とあえて見ないものも増えてきました。10年前は欠かさず全部見ていたのですが。

さて、それでも9月26日放送のNHK「世界はほしいモノにあふれてる 北欧 最高のファッション&グルメ&インテリア」は、知り合いが関わっていることや、去年訪れたダーラナ地方が出る事など、魅力的な内容だったので楽しみにしていました。

見ると、百貨店のバイヤーさんがグスタフスベリを訪れてAllmogeを買い付ける場面があり、これまだ入っていなかったのかあと思って見ていました。

ちなみに、このグスタフスベリは、当店で扱っているヴィンテージのグスタフスベリとは別会社。元グスタフスベリの従業員が1990年代に始めた会社で、正式名称はGustavsbergs Porslinsfabrik。では、本家本元のグスタフスベリは、というと今は主に衛生陶器を作っています。

閑話休題。

その(新)グスタフスベリの説明によると、Allmogeは20世紀の変わり目に出され、その後、 装飾のバリエーションや名前を違えて、長く作られたデザインだそう。手持ちの資料には1905年から41年とありました。

1907年に描かれたスウェーデンの国民的画家カール・ラーションのクリスマスの光景にAllmogeが描かれています。当時は最新のオシャレな食器だったそう。

Nu är det jul igen 1907 / Carl Larsson (3枚組の1枚)

そして、その“装飾のバリエーションや名前を違え”たのが、冒頭の写真、グスタフスベリのRanka(ランカ)を指しているのではないかしら。

恐らくAllmogeをヒントにして、グスタフスベリを代表するデザイナー、スティグ・リンドベリが手がけました。製造期間は1942年から1965年。Allmogeと入れ替わるように登場。

そして現代、またグスタフスベリによって作られています。そんなに長く、かつ、その間にちょっと違いも作られていたということは、スウェーデン人にとってなじみが深く、これ使っておけばとりあえず間違いない定番柄なのかも知れませんね。

そんなポジションの日本の食器柄って何かしら。 蛸唐草かな。蛸唐草だって出てきた当時はモダンで格好良かったに違いない。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ちょっとしたお知らせ

写真のプレート。70年代のアラビア製「Hilla(ヒッラ)」です。ヒッラとはフィンランド語でクラウドベリーのこと。

実はこのデザインは数年前までKäpy(カピ)、フィンランド語で松ぼっくりの名で流通していました。いつの間にか名前が変わっていたのですが、ビンテージは後から資料などが出て来て訂正される事が多いので驚きはしません。入荷の度に改めて調べ直しをするようにはしていますが、取りこぼしがありそうでこわいなあ。

さて、ちょっとしたお知らせは、このプレートの名前変更のことではなく、フクヤの今後のことです。

木曜日のメールマガジンには既に書きましたので、ご存知の方もいらっしゃるとは思います。

今月の末から買い付けを予定していて、半年前には航空券や宿をおさえ、各ディーラーさんにアポイントを取っていたのですが、キャンセルしました。

大きな理由の一つが、猫営業部長の体調です。3年前に掛った腎不全が初夏に急に進行し、1日置きの自宅点滴が欠かせなくなりました。12年間喜びや楽しみを与えてくれた彼女と今は離れずに一緒に過ごしたいな、と思いました。

この話を聞くと、すわ「もう余命短いの?」と聞いてくる、あわてんぼうの某ノルウェー夢ネットの某青木氏もいるのですが、そんなことはありません。何回か危ない時はありましたが、今は落ち着いていますし、穏やかに楽しそうに過ごしています。

しばらく買い付けに行かない、ということは、しばらく新商品のアップが出来ない、ということです。とりあえずは現地のディーラーさんに協力を仰ぎながら、仕入れをしていくつもりですが、今までのように毎週アップと行かなくなります。

けれども、お店を見渡すと、いいものが沢山あるではないですか。これらをピックアップして誰かの目に留まるようにできないかなと考えています。まだノーアイデアですが。

実は、正直言うと、少ししんどくなってきたな、という個人的な気持ちがあり、猫営業部長の体調が後押しをした側面もあります。

フクヤを始めた2006年はまだまだ北欧も、北欧のビンテージも、限られた好きな人だけでこっそり楽しんでいた感じがありました。少ない北欧の情報を分け合ったり、調べたりするのも楽しかった。

いつの間にか「北欧ブーム」が大きくなり、日々情報が波のように押し寄せ、13年前には数えるほどだったビンテージを扱うお店が増え、毎週のように開かれるどこかの蚤の市で誰かが北欧ビンテージを売っていて、全然そんなつもりがないのに、頑張らなくっちゃ、流れに付いて行かなくっちゃと追い立てられるような気持ちになり、知らず知らずに疲れが澱のようにたまっていました。

とはいえ、フクヤをやめるという事ではありません。10月にはガラクタ市も予定しています。すこしゆっくりペースになりますが、今後ともよろしくお願いします。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

オイヴァ・トイッカの描いた原発事故

今日の文章はあとで見直して修正するかも。いつもシンプルに情報を絞って書くようにしているのですが、今回は話があちこちに飛んだり、長くなったり、引用が多くなるし。うーむ。読みやすいように章を作ってみます。

■きっかけはメンバーの投稿

フクヤでは北欧ヴィンテージ好きな人が情報を交換したり、コレクションを見せる場として『北欧ヴィンテージが好き』というFacebookのグループを運営しています。

運営といっても、フクヤは主催者に過ぎず、理想的にはいつかフクヤは遠くで見ているだけで、メンバーさんだけのやり取りでグループが活発になればいいなあと思っています(グループ内での宣伝、売買は禁止)。

とはいっても、きっかけがなければ投稿もなかろうと、今月は試しに先月亡くなったオイヴァ・トイッカの作品をテーマに投稿を呼びかけました。何人かの方がお手持ちの作品の写真を出して下さり、反応なかったらどうしようと思っていたので、胸をなでおろした次第です。

メンバーの中に、オイヴァ・トイッカが1989年に発表したロールストランドのCobolti(コボルティ)を投稿して下さった方がいました。

コボルティとはこの作品です。この写真は投稿されたものではなく、当店で持っているもの。

その際に「 絵柄が不思議。何を描いてあるかご存知なら教えて下さい」と質問がありました。そもそもアラビアではなく、ロールストランドで制作されたのも不思議。いろいろ、気になったので本腰を入れて調べることにしました。

まさかこんなものが描かれていたなんて

ネットでの検索は、最初は思ったような結果が出なかったのですが、様々な検索ワードを試したり、スウェーデンのGoogle(.se)やスウェーデン語で検索するうちに、ようやくデザインの背景について書かれた文章に辿り着きました。

そこで説明されていたのは、全く想像もしていなかった内容で、最初はGoogle翻訳が間違っているのではと、単語一つ一つを確認してしまうほどの衝撃でした。

いわく『恐らく、原子力発電所を描いた唯一の製品』『トイッカは燃えているチェルノブイリを中国風の装飾の中に隠した』『陰気なテーマは市場では受けなかった』『現在はトイッカファンの垂涎の品となっている』

チェルノブイリ原発事故と北欧

チェルノブイリ原発事故は1986年に現ウクライナ(旧ソ連)のチェルノブイリで発生した史上最悪の原発事故でした。コボルティの制作は1989年なので、その3年後のこと。

北欧は旧ソ連に隣接しているため、汚染を逃れることはできませんでした。しかも当時はソ連の対応の遅さ、隠ぺい体質が問題を更に深刻化させました。

汚染物質のセシウムは苔に堆積しやすく、苔を主食にしているトナカイ、そのトナカイで生計を立てているラップランドの人たちにとって収入にまつわる深刻な事態になりました。

また、キノコ類やベリー類もセシウムが蓄積し、日常的にキノコやベリーを摘んだり、(レジャーとして)野生動物を狩る暮らしをしている北欧の人にはとても身近な問題です。

当時、スウェーデンは汚染状態について詳細に調査し、詳しい情報を提供する冊子を配り『そもそもの国の基準は大変厳しいので、それを超えて摂取しても良い、野生動植物を食べたい人はこの冊子を参考に、自分でリスク判断をして下さい』と対応したそう。

詳しくは下記リンク先のスウェーデン在住研究員の方のコラムをご覧ください。
チェルノブイリ原発事故のあとのスウェーデン  

ちなみにコラムを書かれている方は、当店で扱っているコーヒーの焙煎元、福島県の珈琲香坊さんのお知り合い。私は先にこのコラムを知っていたので、数年後その偶然に大変驚くことになります。

自己判断の国、北欧

先のチェルノブイリ事故についてのコラムを読んだとき、同じことを日本が行ったらどうなったろうと考えざるを得ませんでした。 特に読んでいたのは福島原発事故から間もない時だったので。

日本だったら…
自己判断に任せるなんて政府は無責任だ!抗議だ!
ってなっていたかもなあ…。

その時思い出したのが、伊藤美好さんがデンマークの小学校に子どもたちを通わせた体験を書いたエッセイ「パンケーキの国で」の一節。

子どもの林間学校の持ち物について先生から「自分が要ると思うものを持って」来るようにと指示され、日本との違いにショックを受けたエピソードです。

小さい時から自分で考えて判断する訓練をしながら育った国の人たちと、指示されたことを正確に行うことを要求されて育った国の人たち。どちらが良いとか悪いとかではなく、国民性は教育かもなあとしみじみ思ったものです。

伊藤美好さんの「パンケーキの国で」は出版されていますが、全文がネットにも公開されています。下記リンク先からお読みいただけますよ。
パンケーキの国で ~子供たちと見たデンマーク~

コボルティの意味は

さて、話は戻って、トイッカのCobolti(コボルティ)について。

コボルティの名は音の響きから、コバルトブルーを使っているから、コボルティなのかな、と漠然と思っていました。けれどもテーマが分かった今、タイトルにも意味があるのだろうと思わざるを得ません。

ところがどうしてもcobolti(コボルティ)の意味が分からない。

もしかして、最初の印象があながち間違いではなく、コバルトなのかな、と思い直してみました。

コバルト、といっても、色ではなく金属のコバルト (偶然なのかスウェーデンで発見された金属) 。もしかして原発に関係あるかもと調べると、金属のコバルトを使って核爆弾を作ることができると分かりました。ただしあまりにも危険な兵器のため実用化はされていないとか。

コバルト(cobalt)はフィンランド語でコボルッティ(koboltti)。うん、ちょっと cobolti(コボルティ) っぽい。

さて、この推測は合っているか、全くの筋違いか。

トイッカは何を作ったのか

チェルノブイリは北欧、そして旧ソ連に隣接しているフィンランドにとって日々の暮らしに恐怖を与えました。

トイッカは食器の上に原発に対する、恐れや怒りを描いたのでしょう。美しくも幻想的な世界を描いていたトイッカには珍しい、感情の吐露を表した作品です。

気の抜けたようなユーモラスな作風のトイッカが描いたと思えない強い表現。何が描かれているのか分からなくても惹きつけられるのは、その強烈なメッセージ性にあるのでしょう。

チェルノブイリ事故を知ったのは、学校の校外学習で長野県で合宿していた時。部屋のテレビをつけたら、何やら外国で大変な事故があったらしいけれど何だろうね、とクラスのみんなで観ていたのを覚えています。それから30年以上が経ち、つまり、セシウムは半減期になったということですね。

Coboltiはちょうど春に買い付けていたので、来週アップするために準備することにしました。どうぞ、今しばらくお待ちください。

ミタ

P.S.
Facebookの『北欧ヴィンテージが好き』グループでは参加メンバーを募集しています。下記リンク先からどうぞ。質問がふたつあるので、それにお答えくださいね。
https://www.facebook.com/groups/885068275032950/

P.S.2
なぜ、ロールストランドで、という疑問はここまで調べるのに疲れてしまったので放置しています。機会があれば、知っていそうなところにちょっと聞いてみます。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓