オイヴァ・トイッカの描いた原発事故

今日の文章はあとで見直して修正するかも。いつもシンプルに情報を絞って書くようにしているのですが、今回は話があちこちに飛んだり、長くなったり、引用が多くなるし。うーむ。読みやすいように章を作ってみます。

■きっかけはメンバーの投稿

フクヤでは北欧ヴィンテージ好きな人が情報を交換したり、コレクションを見せる場として『北欧ヴィンテージが好き』というFacebookのグループを運営しています。

運営といっても、フクヤは主催者に過ぎず、理想的にはいつかフクヤは遠くで見ているだけで、メンバーさんだけのやり取りでグループが活発になればいいなあと思っています(グループ内での宣伝、売買は禁止)。

とはいっても、きっかけがなければ投稿もなかろうと、今月は試しに先月亡くなったオイヴァ・トイッカの作品をテーマに投稿を呼びかけました。何人かの方がお手持ちの作品の写真を出して下さり、反応なかったらどうしようと思っていたので、胸をなでおろした次第です。

メンバーの中に、オイヴァ・トイッカが1989年に発表したロールストランドのCobolti(コボルティ)を投稿して下さった方がいました。

コボルティとはこの作品です。この写真は投稿されたものではなく、当店で持っているもの。

その際に「 絵柄が不思議。何を描いてあるかご存知なら教えて下さい」と質問がありました。そもそもアラビアではなく、ロールストランドで制作されたのも不思議。いろいろ、気になったので本腰を入れて調べることにしました。

まさかこんなものが描かれていたなんて

ネットでの検索は、最初は思ったような結果が出なかったのですが、様々な検索ワードを試したり、スウェーデンのGoogle(.se)やスウェーデン語で検索するうちに、ようやくデザインの背景について書かれた文章に辿り着きました。

そこで説明されていたのは、全く想像もしていなかった内容で、最初はGoogle翻訳が間違っているのではと、単語一つ一つを確認してしまうほどの衝撃でした。

いわく『恐らく、原子力発電所を描いた唯一の製品』『トイッカは燃えているチェルノブイリを中国風の装飾の中に隠した』『陰気なテーマは市場では受けなかった』『現在はトイッカファンの垂涎の品となっている』

チェルノブイリ原発事故と北欧

チェルノブイリ原発事故は1986年に現ウクライナ(旧ソ連)のチェルノブイリで発生した史上最悪の原発事故でした。コボルティの制作は1989年なので、その3年後のこと。

北欧は旧ソ連に隣接しているため、汚染を逃れることはできませんでした。しかも当時はソ連の対応の遅さ、隠ぺい体質が問題を更に深刻化させました。

汚染物質のセシウムは苔に堆積しやすく、苔を主食にしているトナカイ、そのトナカイで生計を立てているラップランドの人たちにとって収入にまつわる深刻な事態になりました。

また、キノコ類やベリー類もセシウムが蓄積し、日常的にキノコやベリーを摘んだり、(レジャーとして)野生動物を狩る暮らしをしている北欧の人にはとても身近な問題です。

当時、スウェーデンは汚染状態について詳細に調査し、詳しい情報を提供する冊子を配り『そもそもの国の基準は大変厳しいので、それを超えて摂取しても良い、野生動植物を食べたい人はこの冊子を参考に、自分でリスク判断をして下さい』と対応したそう。

詳しくは下記リンク先のスウェーデン在住研究員の方のコラムをご覧ください。
チェルノブイリ原発事故のあとのスウェーデン  

ちなみにコラムを書かれている方は、当店で扱っているコーヒーの焙煎元、福島県の珈琲香坊さんのお知り合い。私は先にこのコラムを知っていたので、数年後その偶然に大変驚くことになります。

自己判断の国、北欧

先のチェルノブイリ事故についてのコラムを読んだとき、同じことを日本が行ったらどうなったろうと考えざるを得ませんでした。 特に読んでいたのは福島原発事故から間もない時だったので。

日本だったら…
自己判断に任せるなんて政府は無責任だ!抗議だ!
ってなっていたかもなあ…。

その時思い出したのが、伊藤美好さんがデンマークの小学校に子どもたちを通わせた体験を書いたエッセイ「パンケーキの国で」の一節。

子どもの林間学校の持ち物について先生から「自分が要ると思うものを持って」来るようにと指示され、日本との違いにショックを受けたエピソードです。

小さい時から自分で考えて判断する訓練をしながら育った国の人たちと、指示されたことを正確に行うことを要求されて育った国の人たち。どちらが良いとか悪いとかではなく、国民性は教育かもなあとしみじみ思ったものです。

伊藤美好さんの「パンケーキの国で」は出版されていますが、全文がネットにも公開されています。下記リンク先からお読みいただけますよ。
パンケーキの国で ~子供たちと見たデンマーク~

コボルティの意味は

さて、話は戻って、トイッカのCobolti(コボルティ)について。

コボルティの名は音の響きから、コバルトブルーを使っているから、コボルティなのかな、と漠然と思っていました。けれどもテーマが分かった今、タイトルにも意味があるのだろうと思わざるを得ません。

ところがどうしてもcobolti(コボルティ)の意味が分からない。

もしかして、最初の印象があながち間違いではなく、コバルトなのかな、と思い直してみました。

コバルト、といっても、色ではなく金属のコバルト (偶然なのかスウェーデンで発見された金属) 。もしかして原発に関係あるかもと調べると、金属のコバルトを使って核爆弾を作ることができると分かりました。ただしあまりにも危険な兵器のため実用化はされていないとか。

コバルト(cobalt)はフィンランド語でコボルッティ(koboltti)。うん、ちょっと cobolti(コボルティ) っぽい。

さて、この推測は合っているか、全くの筋違いか。

トイッカは何を作ったのか

チェルノブイリは北欧、そして旧ソ連に隣接しているフィンランドにとって日々の暮らしに恐怖を与えました。

トイッカは食器の上に原発に対する、恐れや怒りを描いたのでしょう。美しくも幻想的な世界を描いていたトイッカには珍しい、感情の吐露を表した作品です。

気の抜けたようなユーモラスな作風のトイッカが描いたと思えない強い表現。何が描かれているのか分からなくても惹きつけられるのは、その強烈なメッセージ性にあるのでしょう。

チェルノブイリ事故を知ったのは、学校の校外学習で長野県で合宿していた時。部屋のテレビをつけたら、何やら外国で大変な事故があったらしいけれど何だろうね、とクラスのみんなで観ていたのを覚えています。それから30年以上が経ち、つまり、セシウムは半減期になったということですね。

Coboltiはちょうど春に買い付けていたので、来週アップするために準備することにしました。どうぞ、今しばらくお待ちください。

ミタ

P.S.
Facebookの『北欧ヴィンテージが好き』グループでは参加メンバーを募集しています。下記リンク先からどうぞ。質問がふたつあるので、それにお答えくださいね。
https://www.facebook.com/groups/885068275032950/

P.S.2
なぜ、ロールストランドで、という疑問はここまで調べるのに疲れてしまったので放置しています。機会があれば、知っていそうなところにちょっと聞いてみます。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

最初の1個は国王が

2月21日にアップする商品について調べていたら面白い背景があったので自分用の備忘録を兼ねて書きます。

スウェーデンで買い付けたガラスの花瓶。裏にエッチングされた文字からメーカーはReijmyre(レイミューラ)、シリーズ名はKungapokalen(クンガポカレン)。

表面には王冠が浮き出すように連続模様で描かれています。

裏のエッチング文字はハンドライティングなため読みづらく、何と書いてあるのか読み解くにはちょっと時間がかかりましたが、それさえ読めればあとは背景が分かってきます(分からない場合も少なくはないですが)。

デザインはPaul Kedelv(ポール・ケドルフ 1917-1990)。彼は1931年(14歳)からオレフォスで職人として修行を積み、1949年から1956年はFlygsfors(フリーグスフォース)で、1956年から1977年はレイミューラでガラスデザイナーとして活躍。他にもフリーデザイナー として多くのメーカーにデザインを提供しました。

このクンガポカレン花瓶は1975年から数年間製造されました。その間、数千個が作られましたが、主にレイミューラの敷地内売店で販売され、一般市場にはあまり出していなかったそうです。

面白いのは、最初の1個は1975年5月27日にスウェーデン国王カール16世グスタフがガラスを吹いて作ったということ。ちなみにクンガポカレンとは「国王の杯(トロフィー)」の意味。

この日に国王が訪問すること、吹きガラスを体験することが分かっていて、特別に用意したデザインだったのではないかなあと想像しています。王冠入れようよとか、トロフィーの形はどうかなとか、考えて。 そうやって作った記念デザインだから、工場内での販売に限っていたのでしょうか。

ちなみに下の写真は1976年の国王カール16世グスタフです。吹きガラスを吹いているところ、この写真の姿で想像しています。

King Carl XVI Gustaf Inside A Ford Car

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

あ、AAさんですよね!

熱心な読者なら覚えているであろう、私が1月23日に書いた謎のティーカップについて…。

えーと、熱心でない大半の読者の皆さま。こんにちは。

私、1月23日にアラビアの手彩色のカップについて、恐らくバックスタンプにある「AA」はデザイナーではなく絵付師のイニシャルで、製品は個人的な楽しみのために作ったものでしょう、とかなんとかいう感じの事を書きました。宜しければ下記リンク先からお読みください。

優しい草色のティーカップ

で、ですね、来週の新着を準備していたところ、見つけちゃいましたよ。

AAさん!

アラビアの手彩色の製品ロゴには「デザイナーのイニシャル/絵付師のイニシヤル」も書かれています。この場合、スラッシュの手前にはAnja Jaatinen-Winquist(アンヤ・ヤーティネン=ウィンクヴィスト)のイニシャルが、スラッシュの後ろに絵付師イニシャルのAAがあります。

この手彩色のカップが最後に入荷したのは2012年の2月ですので、ほぼ7年ぶりの再入荷です。さすがAAさんと思えるきっちりとしたぶれない絵付け。2月21日のアップを予定していますので、お楽しみになさってください。

なお、既にアップ済みのAAさんのティーカップは残り1個になりました。ご興味のある方は下記リンク先からご覧くださいね。

Arabia 手彩色ティーカップ (緑の花)

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドの名前ネタと映画と展覧会のお知らせ

映画『かもめ食堂』でTommi(トンミ)という名の青年が漢字で名前を書いてくれと頼み「豚身」と書いてもらうシーンがあります。あまりにも強烈な印象なので、以来アラビアのTammi(タンミ)シリーズの商品説明を書くときにうっかりトンミと書いてしまって、いかんいかんと書き直すことがたまにあります。

Arabia Tammi(タンミ)

実は、10年くらい前でしょうか、初めてタンミが入った時に思い込みが邪魔をしてトンミだと勘違いしたまま商品説明に「フィンランドの男性の名前」と書いてしまいました。

いま日本のショップで“タンミはフィンランドの男性の名前”と書かれているのを見る度に冷や汗が出ます。多分、出処はうちだ…。

では、タンミとは何かというと、フィンランドで使われる苗字です。意味はオーク(ナラの木)。フィンランドの男性の名前、の出処がうちだとほぼ間違いないと思う根拠は、調べれば名前でなく苗字と分かる事だから。

ということは、トンミ・タンミさんがいるのかな。なんて小ネタを言いたかっただけで今日は書いてしまった。

アラビアのタンミに興味が湧いたら下記リンク先からどうぞ。
Arabia Tammi

そして別のお知らせ。アイスランド映画『たちあがる女』と、フィンランドの陶芸家『ルート・ブリュック展』のチラシをお店でお配りしています。ネットでご注文の方には同封しますね。

『たちあがる女』は3月9日より全国ロードショー、『ルート・ブリュック展』は4月27日の東京を皮切りに1年かけて全国を巡回します。どちらもとても面白そうで、始まったら行くつもりです。みなさまも宜しければぜひ。

映画『たちあがる女』公式サイト
http://www.transformer.co.jp/m/tachiagaru/

『ルート・ブリュック展』公式サイト
https://rutbryk.jp/

ではでは。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

トゥリが聖オーラヴ勲章を!

今日は先月開催したしずく堂さんのキャットドームのワークショップについて書こうと思っていたのですが、朝一番に素晴らしいニュースが入ってきたので急遽その話にします。しずく堂さんゴメン。

なんと、フィッギョで活躍していたTuri Gramstad Oliver (トゥリ・グラムスタッド・オリヴェール)氏が聖オーラヴ勲章を授与されることになったとか!

聖オーラヴ勲章はノルウェーの国と人のために功績のあったノルウェー人に贈られる、日本で言う褒章のようなものです(ありがとうWikipedia!)。

トゥリ・グラムスタッド・オリヴェールと聞いても、ピンとこない人もいるかも知れません。当店にあるトゥリのデザインを集めてみました(これでも全部ではないですが)。「見たことある!」と思いませんか?

か、かわいい!!

トゥリ・グラムスタッド・オリヴェールは1938年生まれ。美術学校を卒業した1960年にフィッギョに採用されました。当店で扱っているヴィンテージのデザイナーたちが1910年代や1920年代の生まれであることに比べると、一回り若いデザイナーです。また、ヴィンテージの中では、ご存命の数少ないデザイナーの一人。

トゥリの所属していたフィッギョは1941年ノルウェーで創業。スウェーデンのロールストランドが1726年、グスタフスベリが1825年創業。デンマークのロイヤルコペンハーゲンが1775年創業。フィンランドのアラビアが1873年に創業、という他の北欧ブランドに比べると、これも数世紀若いブランドです。

フィッギョは当初アラビアからデザイナーを招き、手彩色による製品を作っていました。けれども1950年代から積極的にシルクスクリーンプリントを導入しました(例えばアラビアがシルクスクリーンプリントになるのは1960年代になってから)。

シルクスクリーンプリントの利点としては、生産スピードの速さ、コストの安さ(絵付師の人件費だってかかりませんものね)、版を重ねる事で複雑な色の表現が出来る、鮮やかな発色、があげられます。

更に若いデザイナーを登用しました。その一人がトゥリです。トゥリはフィッギョにとって美術教育をうけた最初のデザイナーでした。トゥリは美術学校在学中の1956年から1958年まで、スタヴァンゲルフリントで研修をし、当時スタヴァンゲルフリントで活躍していたInger Waage(インゲル・ヴォーゲ)の影響を受けています(インゲル・ヴォーゲについてはいつか書くかも、書かないかも)。

ちなみに、 スタヴァンゲルフリントは1946年創業し、1968年フィッギョと合併したノルウェーのスタヴァンゲルにあったメーカー。

ノルウェーは現在も人口520万人ほどの小国ですが、60年代は400万人にも満たない人口でした。そのため国内消費だけでは経済は成り立たず、実際1963年の記録では、スタヴァンゲルフリントの製品の50%は輸出されていました。輸出先はアメリカ、ヨーロッパ、中東、そしてなんとアフリカにも。

1965年にスタヴァンゲルフリントのマネージャーKåre Berven Fjeldsaa (のちにフィッギョでもマネージャーに) は競争力を高めるため

「私たちは自分たち独特の個性で競争しなければいけない。
ノルウェーのデザインを売ろう!」

と宣言。

イギリスのデザイナーたちが抽象的なパターンや、素敵なフランスの光景を好んだ一方で、ノルウェーは家庭的で素朴なデザインを「民族的」に描く方向へと向かったのです。

そんな方針の中でトゥリの描いた民族衣装を着た人々や、ノルウェーの光景や伝承をテーマに描いた作品が次々に、鮮やかなシルクスクリーンプリントで作られました。これらの作品は海外でも人気を博し、残念なことですが、日本ではコピー品も作られるほどに(フィッギョは日本のコピー品にはかなり悩まされたそう)。

例えば北欧の英雄伝説をモチーフにしたSaga(サガ/サーガ)。

例えば、民族衣装を着た人々を描いたFolklore(フォルクローレ/民話)シリーズ。枚挙にいとまがないのでここで留めておきます。

トゥリは1980年にフィッギョを退職し、今もアーティストとして活躍しています。2015年には地元サンドネスのマンホールデザインを手がけたのが話題になりました。

ノルウェーではレトロブームも相まって人気再燃し、回顧展も催されたりと良く知られた人ですが、日本ではイマイチかも。もっと多くの人に知ってもらいたいデザイナーの一人です。

私も好きなデザイナーで、このカップ&ソーサーは宝物のひとつ。

Figgjo Arden

トゥリさんには、例えばカフェでトゥリさんがお茶を飲んでいるところを柱の陰からでもいいから、お目にかかるのが夢…。

という、妄想は置いておいて、トゥリさん、本当におめでとうございます!

あと、数年前に調べたものの、お蔵入りになりそうだった、フィッギョとトゥリの話を披露する機会があって良かったですー。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓