デンマーク映画『アダムズアップル』悪魔っているの?

デンマーク映画『アダムズアップル』の試写会へ行きました。14年前公開ながら、このユニークな映画を紹介したいと配給担当者たちの情熱で実現した日本での上映です。

あらすじ
ある日、仮釈放されたスキンヘッド男のアダムが更生施設を兼ねる田舎の教会へ送り込まれる。指導役の聖職者イヴァンは 快く迎えるが、ネオナチ思想に染まったアダムは神も人の情けも信じていない。目標をイヴァンに問われたアダムは、「庭 のリンゴを収穫してアップルパイを作る」と適当な答え。しかし、この教会はどこかおかしい。同じ境遇にあるパキスタン移民のカリドとメタボ男のグナーは、更生するどころか暴力とアルコールに蝕まれている。聖職者のはずのイヴァンですら 現実逃避し、妄信的に神を愛することで自分を守ろうとしている。それを知ったアダムは執拗にイヴァンの自己欺瞞を暴こうとするが、時同じくしてアダムのアップルパイ作りを妨害するかのように奇怪な厄災が次々と降りかかる。それは悪魔の仕業か?それとも神が人間に与えた試練なのか……。

アダムズ・アップルLLP

日本には『盗人にも三分の理』という諺があります。泥棒にも犯罪を犯すそれなりの理由があるという意味。

犯罪者の過去を紐解くと、悲惨な体験が現れることは珍しくはありません。もちろん、同じような体験をしながらも、それを克服し犯罪に手を染めない人もいるのですから、過去に何があろうと犯罪は許せるものではないのですが。

デンマーク映画『アダムズアップル』に出てくる教会には更生のために元犯罪者が集められています。それぞれには、犯罪に手を染めたいささか自分勝手とも思える過去があります。そして、ある日そのメンバーにネオナチのアダムが加わります。

彼を迎えるのはマッツ・ミケルセン演じる聖職者イヴァン。穏やかに(しかしどこか奇妙に)神の愛を説くイヴァンに対し、新入りのアダムは根っからの『悪党』。更生のために教会に来ているのに、気に入らないことがあるとイヴァンのことを殴る蹴るの暴力。

いや、しかし、なんだかおかしい。

イヴァンはどんなに殴られようが蹴られようが、何も起こらなかったような態度だし、同居の元犯罪者たちが、ちっとも更生していないようなのに、気が付いている素振りがありません。

そのイヴァンの様子が何だか変すぎて、むしろ『悪党』のアダムの方がまともに見える瞬間も。

やがて、アダムはイヴァンもまた悲惨な過去を持っていると知ることになります。イヴァンは犯罪者にはならなかったけれど、耐えがたい事実から目を背け、何があっても”何もなかったこと”にしていたのです。

怖い!

過去の傷を克服できずに精神を病んでしまう方が、更生が難しそうで恐ろしい。

ただでさえ厳しい現実のさなかにいるイヴァンには、更に辛い運命が襲いかかります。イヴァンはどうなるのか、アダムは?ちっとも更生していない同居人たちは?

物語は思ってもいない方向へ進み、ラストは意外やハーピーエンド!

重いテーマをブラックユーモアに包み、試写会会場では時には笑い声も上がる程。ブログのサブタイトル”悪魔っているの”かどうかは、わたしが観終わってから考えさせられたこと。悪魔は外から襲いかかるのではなく、内側から作られるものかのかも。皆さんはどう思われるでしょうか。

新宿シネマカリテ10月19日(土)を皮切りに全国順次公開です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
作品公式サイト:www.adamsapples-movie.com

作品情報
監督・脚本:アナス・トマス・イェンセン
出演:マッツ・ミケルセン(イヴァン)、ウルリッヒ・トムセン(アダム)、パプリカ・スティーン(サラ)
配給:アダムズ・アップルLLP
2005 年/ デンマーク・ドイツ合作/ デンマーク語/94 分/ 英題:Adam’ s Apples

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

絵本『わたしの糸』~慈しみ育て未来へつなげるという事~

友人であり、ノルウェー語講師の青木順子さんが翻訳した絵本『わたしの糸』が届きました。

作者はノルウェーのアニメーション監督であり、イラストレーターのトーリル・コーヴェさん。アニメーションとして発表され、第17回広島国際アニメーションフェスティバル優秀賞受賞作となった『Threads」の絵本化です。

Threads , Torill Kove, provided by the National Film Board of Canada

テーマは親の愛。一人の女性がつかんだ糸の先には小さな女の子。彼女はその子を温め、食事をさせ、社会へと導きます。やがて、その子は彼女の手を離れ、自立し、自らの手で自分の糸をつかみに歩んでいくまでのお話。

私に子どもはいませんが、特にそれについて考えたことはありませんでした。 友人たちの子どもが小さい時には、何を聞いても何とも思わなかったのに、実は、近頃その子たちが成長し、希望の学部に進学した、こういう将来の夢を持っているらしい、と話を聞くと胸の奥がきゅんとなるようになりました。この痛みは、この先に大して変化などないだろうと思っている私に比べ、何が起こるか分からない未知の希望を子どもと共有していることに対する羨ましさ。

この絵本を読んで真っ先に思い浮かんだのが、デンマークの友人パウリーナ。フィンランド人の彼女はデンマーク人と結婚し、デンマーク在住。結婚10年以上経ってからでしょうか、子供のいない二人は中国から女の子を養子に迎えます。森で見つかった黒髪の女の子は、まるで貧困のため実の親に手放された娘マイちゃん。

パウリーナがつかんだ糸は彼女に海を越えさせ異国で暮らさせ、マイちゃんに出会えさせました。夫妻はマイちゃんを育て、教育を与え、趣味の乗馬を応援し、今年彼女は14歳になりました。もう、あと5年もすれば身に着けたスキルを持って、親元を離れていくのでしょう。

人を育て、次の世代へとバトンを渡していくのは、何も実の親子に限ったことではなく、もっと言えば親子に限った話ではないのかも。私もいままでやったことで、誰かにバトンを渡すことが出来ていればいいなと、この絵本を読んで感じました。

絵本『わたしの糸』刊行記念として翻訳者の青木順子さんによるトークショーが下記の内容で開催されます。当日はトーリル・コーヴェさんが物語を通して伝えたかったことなど、創作裏話をされるそう。

●日時:10/10(木)18:30~20:00(開場18:15)
●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉
● 参加費:1,500円(当日お支払い)

詳細については下記リンク先をご覧ください。
ノルウェー絵本『わたしの糸』刊行記念トークショー

本は下記リンク先からお求めいただけます。

自分のこと、他人のこと、様々な縁について思いを馳せる物語です。贈り物にもいいかも知れません。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

私の基本のパウンドケーキ

お店の備品をIKEAで買うことが多いのですが、行くとついつい買ってしまうのがチョコレート。100g100円。日本のチョコレートも昔は100gだったのに、どんどん薄くなって今は50g100円。つまり、IKEAのチョコレートは半額なのです。

チョコレートのように、価格は変わらないのに分量が減って、実質値上げになっていることをステルス(こっそり)値上げというそう。例えばバター。以前は一箱225gだったのに、今は150gなんてのも。子どもの頃、母と頻繁にパウンドケーキを焼いたものですが、分量は卵4個に、バター、砂糖、小麦粉は各225g。今はバター一箱では足りません。

そういえばケーキのレシピも小さくなりましたね。子供の頃はその分量で直径21cmで焼いていたのですが、やがて18cmが主流になり、最近は直径15cmのレシピが多くなりました。

さて、話は戻って、IKEAのチョコレート。いつものミルクチョコレートだけでなく、流行りのダークチョコレートを買ってみたところ、味覚が子供の私たち夫婦には酸っぱいし苦いしで、どうにもこうにも食べ進まない。毎日ちょっとずつ食べ、ようやく半分くらいになったところで「これどうしようかな?」とつぶやくと、夫に「ケーキにすれば?」と提案されました。

夫がパウンドケーキが好きなので、何度も作るうちに自分なりのベスト基本レシピが出来ています。二人家族に丁度いい大きさで、バターと砂糖を気持ち少な目にした<卵2個、バター100g、砂糖100g、小麦粉120g、ベーキングパウダー小さじ1>。

「残りのチョコレート約50gを使うので、バターは80g、砂糖は90gに減らそう。セムラを作った時に余ったアーモンドプードル約10gも入れて、小麦粉は110gに減らそう。チョコレートは湯煎して牛乳大さじ1混ぜて延ばせばいいかな」と適当に基本のレシピをアレンジ。

170度で40分焼いて完成。中心がこんな風にぱっくり割れていると上手にできたなと嬉しくなります(断面の白いものはアーモンドプードル)。

そういえば、子供の頃は卵を泡立ててケーキを膨らませていましたが、今はこうやってベーキングパウダーで簡単に作るようになりました。北欧の人にレシピを教わると、どれもベーキングパウダーを使ったレシピで、むしろケーキ作りが日常の国では手軽さが支持されているんですね。

以前住んでいたアイルランドではセルフライジングフラワーという、最初からベーキングパウダーが入っている粉が売られていました。アイルランドに限らずイギリスやアメリカなど(要はイギリス系の国)の多くのレシピはセルフライジングフラワーを使うのが前提で書かれているので、そのために小麦粉140g、ベーキングパウダー小さじ1.5、塩小さじ1/4の割合で作ったりもしていましたが、最近は面倒なので適当にやっています。

ベーキングパウダーを使わず卵を泡立てて作るスポンジケーキ生地をジェノワーズといいます(最近覚えたので、知ったかぶっている)。以前放送していたイギリスの素人お菓子作りバトル番組『ブリティッシュベイキングオフ』で、お題にジェノワーズが出た時に、ほとんどの人が作ったことない、やり方が分からない、と戸惑っていたを観て、イギリスでいかにベーキングパウダー(セルフライジングフラワー )の使用が普及しているのか実感しました。私が子供の頃は当たり前のように卵を泡立てて生地を作っていたのに、素人とは思えないお菓子作り名人たちでも経験がないなんて。

と、まあ、そんな日常のお話でした。

ミタ

心に浮かんだまま書いたら、オチが無い上に、タイトル詐欺的な内容になってしまった。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマーク映画『ギルティ』本当に一歩も出ない

ブログに不具合が発生して、しばらくログインが出来ませんでした。サポートと数日間やり取りを繰り返して、数日前にようやく復旧。原因は最近入れたプラグインの相性が悪く、要は自業自得なわけでしたが、何が大変ってサポートの指示が全然分からない。FTPで接続とか、ディレクトリ名を変更しろとか、プラグインがどうとか、何を言っているのか意味不明で半ギレ&半泣き。この場で見せてもらいながら教えてくれればすぐに理解できる内容だったのですが、見えていないって想像力を試されて難しいですね、と映画の話にさり気なく入りますよ。

さり気ないかどうかは兎も角、2月22日公開のデンマーク映画『ギルティ』を観てきました。以前から評判が良く楽しみにしていた一本。

人間が聴覚から得られる情報は、わずか11%。
あなたの<想像力>はその限界を超えられるか――

緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。

https://guilty-movie.jp/index.html

面白かったです。本当に。この映画は感想を書くとそのまんまネタばれになるので難しい。中には予め結末が分かっていても笑って泣けて感動する映画はありますが(最近観たインド映画の『バジュランギおじさんと、小さな迷子』)ギルティは絶対ダメな映画。分かっていると面白さが8割減。

実は劇中に「ん?おかしくない?」とひっかかった箇所が2、3ありました。映画では多少矛盾してもストーリーのためにあえて押し通してしまうエピソードがある場合もあります。以前トーキョーノーザンライツのスタッフであるAさんにそんな話をすると「映画的嘘ってやつですねー」と仰っていました。なので、これもちょっとオカシイけれど、この前提が無ければ話にならないので映画的嘘かなと目をつぶりつつ鑑賞。

それが、終盤近くにある事実が判明した途端に、あ!矛盾していない!筋が通った!え、じゃあどうすればいいの!?と心拍数が上る、上がる。

それは主人公であるアスガーも同じ。彼の焦りがそのまんま私の焦り。どうしよう、どうしよう…!どうなるの?? 物語にグイグイと引き込まれ、半ギレ&半泣き。結末はどうぞ映画館で!

ところで、この映画の物語は初めから終わりまで緊急通報指令室で展開します。主役のアスガーはもちろん、カメラも緊急通報指令室から一歩も出ない。アスガー以外の人もほとんど出ない(登場しない)。

それなのに、全く飽きさせない緊張感ある物語。これがハリウッドならオペレーターが指令室を飛び出して自ら救出に向かっちゃいますね。え?そんな映画は既にある?そうですか、ハル・ベリーが…。

ちなみにハリウッドでリメイク決定とか。どうかジェイク・ギレンホールが一歩も出ませんように。

『THE GUILTY/ギルティ』
監督:グスタフ・モーラー
脚本:グスタフ・モーラー、エミール・ニゴー・アルバートセン
出演者:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセン、オマール・シャガウィー
配給:ファントム・フィルム
原題:Den skyldige / 2018年 / デンマーク映画 / 上映時間:88分
公式サイト:https://guilty-movie.jp/

ミタ

あと、ネタバレにならない感想。携帯電話番号が分かれば、通話している人の氏名・住所はもちろんですが、車のナンバーも分かってしまうのは驚きました。日本もそうなのでしょうか?デンマークは国民番号で一括管理しているからかなあと思ったのですが。

それから、アスガーが飲酒運転を容認しているように取れる会話のところで笑いが起きていました。デンマークは日本よりも規制が緩く、飲酒運転は血中アルコール濃度 0.5mg/mlから(日本0.3mg/ml)。デンマーク人は体が大きく、アルコール分解度も高いので目安としては缶ビール2本くらいならOKのよう。つまり、最初のセリフはギリギリ大丈夫です。実際友人がランチで缶ビール飲んでから「車で駅まで送るわ」なんてこともありました。

最後に、偶然隣に北欧人らしいカップルが鑑賞していました。日本人が笑わない箇所でクスクス笑っていたのが気になる。ネイティブにしか分からない何かがあったんでしょうねえ~。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

あ、AAさんですよね!

熱心な読者なら覚えているであろう、私が1月23日に書いた謎のティーカップについて…。

えーと、熱心でない大半の読者の皆さま。こんにちは。

私、1月23日にアラビアの手彩色のカップについて、恐らくバックスタンプにある「AA」はデザイナーではなく絵付師のイニシャルで、製品は個人的な楽しみのために作ったものでしょう、とかなんとかいう感じの事を書きました。宜しければ下記リンク先からお読みください。

優しい草色のティーカップ

で、ですね、来週の新着を準備していたところ、見つけちゃいましたよ。

AAさん!

アラビアの手彩色の製品ロゴには「デザイナーのイニシャル/絵付師のイニシヤル」も書かれています。この場合、スラッシュの手前にはAnja Jaatinen-Winquist(アンヤ・ヤーティネン=ウィンクヴィスト)のイニシャルが、スラッシュの後ろに絵付師イニシャルのAAがあります。

この手彩色のカップが最後に入荷したのは2012年の2月ですので、ほぼ7年ぶりの再入荷です。さすがAAさんと思えるきっちりとしたぶれない絵付け。2月21日のアップを予定していますので、お楽しみになさってください。

なお、既にアップ済みのAAさんのティーカップは残り1個になりました。ご興味のある方は下記リンク先からご覧くださいね。

Arabia 手彩色ティーカップ (緑の花)

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓