私の基本のパウンドケーキ

お店の備品をIKEAで買うことが多いのですが、行くとついつい買ってしまうのがチョコレート。100g100円。日本のチョコレートも昔は100gだったのに、どんどん薄くなって今は50g100円。つまり、IKEAのチョコレートは半額なのです。

チョコレートのように、価格は変わらないのに分量が減って、実質値上げになっていることをステルス(こっそり)値上げというそう。例えばバター。以前は一箱225gだったのに、今は150gなんてのも。子どもの頃、母と頻繁にパウンドケーキを焼いたものですが、分量は卵4個に、バター、砂糖、小麦粉は各225g。今はバター一箱では足りません。

そういえばケーキのレシピも小さくなりましたね。子供の頃はその分量で直径21cmで焼いていたのですが、やがて18cmが主流になり、最近は直径15cmのレシピが多くなりました。

さて、話は戻って、IKEAのチョコレート。いつものミルクチョコレートだけでなく、流行りのダークチョコレートを買ってみたところ、味覚が子供の私たち夫婦には酸っぱいし苦いしで、どうにもこうにも食べ進まない。毎日ちょっとずつ食べ、ようやく半分くらいになったところで「これどうしようかな?」とつぶやくと、夫に「ケーキにすれば?」と提案されました。

夫がパウンドケーキが好きなので、何度も作るうちに自分なりのベスト基本レシピが出来ています。二人家族に丁度いい大きさで、バターと砂糖を気持ち少な目にした<卵2個、バター100g、砂糖100g、小麦粉120g、ベーキングパウダー小さじ1>。

「残りのチョコレート約50gを使うので、バターは80g、砂糖は90gに減らそう。セムラを作った時に余ったアーモンドプードル約10gも入れて、小麦粉は110gに減らそう。チョコレートは湯煎して牛乳大さじ1混ぜて延ばせばいいかな」と適当に基本のレシピをアレンジ。

170度で40分焼いて完成。中心がこんな風にぱっくり割れていると上手にできたなと嬉しくなります(断面の白いものはアーモンドプードル)。

そういえば、子供の頃は卵を泡立ててケーキを膨らませていましたが、今はこうやってベーキングパウダーで簡単に作るようになりました。北欧の人にレシピを教わると、どれもベーキングパウダーを使ったレシピで、むしろケーキ作りが日常の国では手軽さが支持されているんですね。

以前住んでいたアイルランドではセルフライジングフラワーという、最初からベーキングパウダーが入っている粉が売られていました。アイルランドに限らずイギリスやアメリカなど(要はイギリス系の国)の多くのレシピはセルフライジングフラワーを使うのが前提で書かれているので、そのために小麦粉140g、ベーキングパウダー小さじ1.5、塩小さじ1/4の割合で作ったりもしていましたが、最近は面倒なので適当にやっています。

ベーキングパウダーを使わず卵を泡立てて作るスポンジケーキ生地をジェノワーズといいます(最近覚えたので、知ったかぶっている)。以前放送していたイギリスの素人お菓子作りバトル番組『ブリティッシュベイキングオフ』で、お題にジェノワーズが出た時に、ほとんどの人が作ったことない、やり方が分からない、と戸惑っていたを観て、イギリスでいかにベーキングパウダー(セルフライジングフラワー )の使用が普及しているのか実感しました。私が子供の頃は当たり前のように卵を泡立てて生地を作っていたのに、素人とは思えないお菓子作り名人たちでも経験がないなんて。

と、まあ、そんな日常のお話でした。

ミタ

心に浮かんだまま書いたら、オチが無い上に、タイトル詐欺的な内容になってしまった。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマーク映画『ギルティ』本当に一歩も出ない

ブログに不具合が発生して、しばらくログインが出来ませんでした。サポートと数日間やり取りを繰り返して、数日前にようやく復旧。原因は最近入れたプラグインの相性が悪く、要は自業自得なわけでしたが、何が大変ってサポートの指示が全然分からない。FTPで接続とか、ディレクトリ名を変更しろとか、プラグインがどうとか、何を言っているのか意味不明で半ギレ&半泣き。この場で見せてもらいながら教えてくれればすぐに理解できる内容だったのですが、見えていないって想像力を試されて難しいですね、と映画の話にさり気なく入りますよ。

さり気ないかどうかは兎も角、2月22日公開のデンマーク映画『ギルティ』を観てきました。以前から評判が良く楽しみにしていた一本。

人間が聴覚から得られる情報は、わずか11%。
あなたの<想像力>はその限界を超えられるか――

緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。

https://guilty-movie.jp/index.html

面白かったです。本当に。この映画は感想を書くとそのまんまネタばれになるので難しい。中には予め結末が分かっていても笑って泣けて感動する映画はありますが(最近観たインド映画の『バジュランギおじさんと、小さな迷子』)ギルティは絶対ダメな映画。分かっていると面白さが8割減。

実は劇中に「ん?おかしくない?」とひっかかった箇所が2、3ありました。映画では多少矛盾してもストーリーのためにあえて押し通してしまうエピソードがある場合もあります。以前トーキョーノーザンライツのスタッフであるAさんにそんな話をすると「映画的嘘ってやつですねー」と仰っていました。なので、これもちょっとオカシイけれど、この前提が無ければ話にならないので映画的嘘かなと目をつぶりつつ鑑賞。

それが、終盤近くにある事実が判明した途端に、あ!矛盾していない!筋が通った!え、じゃあどうすればいいの!?と心拍数が上る、上がる。

それは主人公であるアスガーも同じ。彼の焦りがそのまんま私の焦り。どうしよう、どうしよう…!どうなるの?? 物語にグイグイと引き込まれ、半ギレ&半泣き。結末はどうぞ映画館で!

ところで、この映画の物語は初めから終わりまで緊急通報指令室で展開します。主役のアスガーはもちろん、カメラも緊急通報指令室から一歩も出ない。アスガー以外の人もほとんど出ない(登場しない)。

それなのに、全く飽きさせない緊張感ある物語。これがハリウッドならオペレーターが指令室を飛び出して自ら救出に向かっちゃいますね。え?そんな映画は既にある?そうですか、ハル・ベリーが…。

ちなみにハリウッドでリメイク決定とか。どうかジェイク・ギレンホールが一歩も出ませんように。

『THE GUILTY/ギルティ』
監督:グスタフ・モーラー
脚本:グスタフ・モーラー、エミール・ニゴー・アルバートセン
出演者:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセン、オマール・シャガウィー
配給:ファントム・フィルム
原題:Den skyldige / 2018年 / デンマーク映画 / 上映時間:88分
公式サイト:https://guilty-movie.jp/

ミタ

あと、ネタバレにならない感想。携帯電話番号が分かれば、通話している人の氏名・住所はもちろんですが、車のナンバーも分かってしまうのは驚きました。日本もそうなのでしょうか?デンマークは国民番号で一括管理しているからかなあと思ったのですが。

それから、アスガーが飲酒運転を容認しているように取れる会話のところで笑いが起きていました。デンマークは日本よりも規制が緩く、飲酒運転は血中アルコール濃度 0.5mg/mlから(日本0.3mg/ml)。デンマーク人は体が大きく、アルコール分解度も高いので目安としては缶ビール2本くらいならOKのよう。つまり、最初のセリフはギリギリ大丈夫です。実際友人がランチで缶ビール飲んでから「車で駅まで送るわ」なんてこともありました。

最後に、偶然隣に北欧人らしいカップルが鑑賞していました。日本人が笑わない箇所でクスクス笑っていたのが気になる。ネイティブにしか分からない何かがあったんでしょうねえ~。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

あ、AAさんですよね!

熱心な読者なら覚えているであろう、私が1月23日に書いた謎のティーカップについて…。

えーと、熱心でない大半の読者の皆さま。こんにちは。

私、1月23日にアラビアの手彩色のカップについて、恐らくバックスタンプにある「AA」はデザイナーではなく絵付師のイニシャルで、製品は個人的な楽しみのために作ったものでしょう、とかなんとかいう感じの事を書きました。宜しければ下記リンク先からお読みください。

優しい草色のティーカップ

で、ですね、来週の新着を準備していたところ、見つけちゃいましたよ。

AAさん!

アラビアの手彩色の製品ロゴには「デザイナーのイニシャル/絵付師のイニシヤル」も書かれています。この場合、スラッシュの手前にはAnja Jaatinen-Winquist(アンヤ・ヤーティネン=ウィンクヴィスト)のイニシャルが、スラッシュの後ろに絵付師イニシャルのAAがあります。

この手彩色のカップが最後に入荷したのは2012年の2月ですので、ほぼ7年ぶりの再入荷です。さすがAAさんと思えるきっちりとしたぶれない絵付け。2月21日のアップを予定していますので、お楽しみになさってください。

なお、既にアップ済みのAAさんのティーカップは残り1個になりました。ご興味のある方は下記リンク先からご覧くださいね。

Arabia 手彩色ティーカップ (緑の花)

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

バカなデンマーク人の話

日曜日に少し足をのばして、2年前に亡くなったディーラーさんのお店に行ってみました。彼が亡くなったあと、店の商品ごとお店を買い取った人がいると聞いていたからです。彼、イェンスとはフクヤをオープンする2006年より前からの長い付き合いでした。

ヘビースモーカーでタバコを常にくわえていて、同居しているガールフレンドに注意されると「バカなデンマーク人だからタバコをやめられないんだ」とこちらに目配せします。それまで彼がデンマーク人とは知りませんでした。スウェーデン人のガールフレンドにやり込められたときのお決まりのセリフなんでしょう。

話好きで、いつも茶化したような口調で、ビンテージについて沢山聞かせてくれました。「このガラスメーカーはイタリア人の兄弟が始めたんだ。この話面白いだろ?」「このデザインはフタが簡単に落ちて割れるとメディアが批判したらデザイナーは、それがなんだ?こっちの方がカッコいいだろ?って反論したんだってさ」「この絵は○○の物語をモチーフにしていて沐浴している女を男たちが覗いている、お気に入りさ」「これが高いって?気に入っているから売る気がないのさ。でもこの価格で売れたらラッキーだろ?」

何が面白いのかさっぱり分からない話もあったし、英語を集中して聞き取って返事をするのは疲れるしで、いつも適当なところで「はいはい」といなしていました。

私が奥の商品棚からロールストランドの花瓶を取り出すと「見つけたか!ヨウコが好きそうなものが入ったから、見つけづらいところにわざと入れていたんだ」といかにも愉快そうに言われた日には、なんだか面倒くさいやら、どう返していいものやら、リアクションに困ったものです。

ある時は「ガールフレンドが彼氏を作って出て行ってしまった」とすっかり落胆していて「この店も畳むことにしたよ。もっと都心に小さな店を開いて厳選したいい物だけを置くんだ」と言います。それは困ったなと内心思いながら欲しいものを選んで並べていると「もう商品を減らすことにしたから」と思い切りよく一山いくら譲ってくれました。ところが、その半年後の訪問ではすっかり元気を回復して、店を畳むことも商品を減らすことも話はそれっきり。あのまま落ち込んで一山いくらのままで良かったのにと、冗談半分で思ったこともありました。

そう言えば、最初の頃に送ってもらった商品が一つ割れていたこと一度あり、次からは注意深く梱包して欲しいとメールをしたのを話の流れで思い出し「あの時あんなこと言ってきやがって」とニヤニヤしながら、それでも悔しそうに言われたことがありました。あまり感情を出さないスウェーデン人が多い中、この人間臭さはデンマーク人ならではなのかも知れません。

クリスマスはどうしているの、と尋ねたら「元妻の家に呼ばれて、再婚相手の家族と過ごすんだ。バカみたいだろ?」とやっぱりニヤニヤ。嫌なら行かなくてもいいのに、人がいいのか、本当は楽しんでいるのか。

2か月連続だったか、3か月連続だったか…とにかく休みなしに働いて、1ヶ月丸々休むペースで1年を過ごし、ある夏に届いた滞在先のイタリアからの絵葉書を読み、随分と楽しんでいるなあ、そんな暮らしもいいかもなと思ったものです。

なくなる数年前に脚がひどく痛む、と病院に行くようになり、しばらくすると他のショップのオーナーさん数人から「彼は病気らしい」と噂が耳に入るようになりました。すっかり痩せてしまった彼がやっぱりタバコを吸っていたので「やめた方がいいよ」と注意すると「医者も元カノもそういうんだけどね、やめられないんだ」と言い訳するので、本当にバカなデンマーク人なんだからと呆れました。

2016年の春に行くと、ガールフレンドが出て行ってから一人暮らしの彼が、箱から取り出してチマチマと飾ったであろう可愛らしいイースター飾りがあちこちにありました。本人は「気が付いてくれてありがとう。見てくれた人が現れたから片付けられるよ」と嬉しそうにしていましたが、こんなに明るく話好きな彼が一人で飾って眺めているのかと思うと、何だか切ない気持ちになりました。

2016年の秋、買い付け1ヶ月くらい前にメールをすると「会えるかどうか分からないから直前にまた連絡して」と返事があったので、スウェーデンで改めて連絡したのですが返事がありません。気になって他のショップのオーナーさんに知らないか尋ねると「いつもこの店の前をガールフレンドの運転する車で病院に行き来していたんだけど最近見ないな。入院したんじゃないかな」。

再度「入院したと聞きましたが、どうしていますか」とメールすると、しばらくして返信がありました。メールの書き手はガールフレンド、というか元ガールフレンド。「その通り、彼は入院しました。でも私が代わりにお店を開けてくれと頼まれました」「それには及びません。今回は会えませんが、次回お会いしましょう。回復を祈っています」と返し、スウェーデンを出てフィンランドに行ったのが10月3日。フィンランドでの買い付けを終えて、日本に到着したのが10月10日。イェンスの訃報を聞いたのが、その数日後。亡くなったのは私が日本に着いた翌日の10月11日だったそうです。

なんなんだ、亡くなる直前まで私のこと気遣わなくていいのに。そんな人だから元妻はクリスマスに呼ぶし、元カノが病院に送り迎えして入院に付き添うんだよ。本当にバカなデンマーク人。

こんな事なら、ビンテージの話をもっとちゃんと聞いておけばよかった。あのフタが落ちて割れちゃうキャニスターってどれなんだろう。もし買い付けて割れてしまったら困るじゃないか。まったく私もバカだったなあ。

かつてのイェンスのショップに行くと、彼の残した品物がほんの少しあるだけで、床も壁もインテリアも、内装をまるっきり変えて絵画を主に扱っているギャラリーへと変わっていました。なんとなく思いを引きづっていたのですが、イェンスの面影が全く無くなったお店を見て、不思議とスッキリとした気持ちになりました。もう本当にいなくなっちゃったんだなあと実感できたからかも知れません。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

注目のフィンランドブランド、ペンティック

ご主人のお仕事で日本に住んでいたフィンランド人のお宅に伺ったことがあります。新婚だった彼女は友達からの結婚のお祝いはウエディングリスト*を作ってペンティックの食器を揃えたのだと見せてくれました。

ペンティックはフィンランドの家庭用品メーカー。フィンランドの女性誌でしばしばトナカイのキャンドルホルダーの広告を見て知っていたのですが、カジュアルブランドだと思っていたので、ウエディングギフトにしてもらったと聞き意外でした。「アラビアじゃないの?」「アラビアはあんまり興味ないわ」。

そのペンティックのビンテージのカップ&ソーサーとディナープレートを春のフィンランドで買い付けてきました。実はこの2点は別々の場所で見つけたもの。最初カップを見つけ、素敵だな、と裏返してブランド名を見て「ペンティックか」と返そうと思ったのですが、デコレートがあまりにも素敵で手放しがたくなりました。次にこのプレートを見つけたときは「運命かな」とこちらも買い付けました。

帰国して詳しく調べて驚きました。

何とデザイナーがペーテルとアンヤのウィンクヴィスト夫妻(Peter Winquist & Anja Winquist)!

ペーテル・ウインクヴィストはアラビアでファエンツアを生み出した人です。ファエンツァのフォルムは後にクロッカスやキルシッカなど広く使われています。また、妻のアンヤと組んでアラビアの芸術部門から多くの手彩色による作品を生んでいます。例えば、このカレワラシリーズもその一つ。二人の手掛けたアトリエ作品にはバックスタンプに「APW」と二人のイニシャルを合わせたサインが入っています。

あらためてプロフィールを調べると、ペーテルは1967年からアラビアで、74年から83年まではペンティック所属、アンヤは1955年からアラビアでペーテルと同じく74年にペンティックに移り、製品の発展に力を貸したとか。なるほど、ひきつけられたのも当然でしたね。

ペンティックは日本ではほとんど知られていないブランドですが、先ほどのフィンランド人の話から伺えるように、フィンランドではアラビアと並ぶ人気のブランドです。

ペンティックは1971年に、ラップランドのポシオ在住の陶芸作家であったアヌ・ペンティックによって創立されました。彼女の作品は評判になり、やがてラップランドからヘルシンキへ、そして北欧諸国へと広がっていったそうです。春の買い付けから帰国した今年の5月、ペンティックの期間限定ショップが伊勢丹で展開されるとニュースが目に入りました。もっと評価されてもいいブランドですので、これから日本でも人気が出るかも知れませんね。ちなみに創立者のアヌ・ペンティックさんは今もお元気で活躍されています。

さて、ペーテル・ウインクヴィストといえば、去年の2017年2月に開催されたチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」の記事を目にして、思わず3度見しました。出展したショコラティエの一人、フィンランド・オーランド島のメルセデス・ウィンクイストさんと来日したご主人の名前がペーテルだったのです。しかも陶芸家で展示には彼の作った作品が使われていると。名前の読み方がちょっと違う…でも北欧言語は表記が難しいし…

しばらくして「サロン・デュ・ショコラ」の続報を読むと、やっぱり、あのペーテル・ウインクヴィストさんご本人!
えええー?アンヤは?!

メルセデスチョコレートのサイト(日本語)を読むと二人の大ロマンスが書かれています。おやおや。作品にはアンヤと連名でサインを入れる程仲が良いと思っていたのに、人生って分からないものですね。

ミタ

ペンティックの製品は7月26日にアップします。
ちなみに、アンヤさんは2015年に80歳で亡くなっています。

*ウエディングリストとは、新郎新婦が作った欲しいものリストから、送り主は予算に合ったものを選びプレゼントするもの。フランス語の「リスト・ド・マリアージュ」の方が耳に馴染みがあるかも?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓