夏休み自由研究『簡易版デンマークのライ麦パン作り』

こんにちは。今日のお昼はデンマーク風オープンサンド、 Smørrebrød(スモーブロー)でした 。

主役は具ではなく、下のパンです。

今週は新着のアップと週末のお店オープンをお休みしました。たった1回お休みするだけで、ものすごい時間に余裕が出来、夏休みの工作として買ったまま放置していた布で服を3着縫い(さらに1着縫う予定)、懸念だった黒パン(ライ麦パン)作りに手を付けました。

著書『北欧 食べるつくるかわいいと暮らす』では、巻末にSmørrebrød(スモーブロー)のレシピを掲載しました。本場スモーブローに黒パンは欠かせないのですが、本では買って用意してくださいとしか書けず、でも黒パンって簡単には売っていないよね、と知っているのでもどかしくもありました。

自宅で作られればいいのですが、黒パンはイーストではなく、サワー種と呼ばれる発酵種を起こすところから始まり、この種を作るのに数日かかるし、繰り返し焼くのでなければ、余った種を持て余してしまうのは目に見えていて、なかなかハードルが高い。

イーストを使ってハードルを下げた“なんちゃって”黒パン(ライ麦パン)を作れないかしら、との考えが浮かんだので、研究することにしました。まずはGoogle翻訳を使い、デンマーク語“Rugbrød uden surdej(サワー種なしライ麦パン)”で検索すると選びきれない程沢山のレシピが出てきました。

デンマーク人も考えることは同じなのですね。それぞれに様々なアイデアがあり、サワー種の代わりにバターミルクを使ったり、ビールを入れたりと、そうは言ってもハードルが高めだったりして。

いくつかのレシピを比べながら、手に入りやすい材料を使っているもの、行程が簡単なものをピックアップして、いいとこ取りしながらレシピを混ぜることにしました。

どのレシピも分量が多かったので、パウンド型1本分になるように、そしてキリのいい数字に計算し直し。生イーストをドライに、さらに<ヒマワリの種●g、 亜麻仁●g、ライ麦粒●g、ゴマ●g>などと指定してある混ぜ物類を市販のシードミックスに置き換えてみました。

書いた人にしか分からないメモ書き

レシピ(仮)が出来たので材料を揃えます。左からライ麦粉、シードミックス、全粒粉、強力粉。シードミックスは自由が丘のクオカで買いました。クオカを持っている富澤商店のオリジナルで、ネットで購入もできます(下にamazonのリンクを貼りました)。

北欧料理研究家の佐々木さん が、ライ麦クイックブレッドのキットをお店まで持って来て下さったので、これ幸いとアドバイスをもらい、第1弾が焼き上がりました。

心配していたけれど、美味しい!美味しいけれど、型から抜けない!困った!

型に対して、分量が多かったのを無理やりギュウギュウに詰めたのが原因かも。型にしっかり油を塗らなかったのが原因なのかも。実際のところは分かりませんが、次は全体分量を減らして再チャレンジします!

乞うご期待!

ミタ

佐々木さんに頂いたキットで焼いたパンは美味しく、あっという間に食べきってしまったので、写真がありません…。ごちそうさまでした。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

私の基本のパウンドケーキ

お店の備品をIKEAで買うことが多いのですが、行くとついつい買ってしまうのがチョコレート。100g100円。日本のチョコレートも昔は100gだったのに、どんどん薄くなって今は50g100円。つまり、IKEAのチョコレートは半額なのです。

チョコレートのように、価格は変わらないのに分量が減って、実質値上げになっていることをステルス(こっそり)値上げというそう。例えばバター。以前は一箱225gだったのに、今は150gなんてのも。子どもの頃、母と頻繁にパウンドケーキを焼いたものですが、分量は卵4個に、バター、砂糖、小麦粉は各225g。今はバター一箱では足りません。

そういえばケーキのレシピも小さくなりましたね。子供の頃はその分量で直径21cmで焼いていたのですが、やがて18cmが主流になり、最近は直径15cmのレシピが多くなりました。

さて、話は戻って、IKEAのチョコレート。いつものミルクチョコレートだけでなく、流行りのダークチョコレートを買ってみたところ、味覚が子供の私たち夫婦には酸っぱいし苦いしで、どうにもこうにも食べ進まない。毎日ちょっとずつ食べ、ようやく半分くらいになったところで「これどうしようかな?」とつぶやくと、夫に「ケーキにすれば?」と提案されました。

夫がパウンドケーキが好きなので、何度も作るうちに自分なりのベスト基本レシピが出来ています。二人家族に丁度いい大きさで、バターと砂糖を気持ち少な目にした<卵2個、バター100g、砂糖100g、小麦粉120g、ベーキングパウダー小さじ1>。

「残りのチョコレート約50gを使うので、バターは80g、砂糖は90gに減らそう。セムラを作った時に余ったアーモンドプードル約10gも入れて、小麦粉は110gに減らそう。チョコレートは湯煎して牛乳大さじ1混ぜて延ばせばいいかな」と適当に基本のレシピをアレンジ。

170度で40分焼いて完成。中心がこんな風にぱっくり割れていると上手にできたなと嬉しくなります(断面の白いものはアーモンドプードル)。

そういえば、子供の頃は卵を泡立ててケーキを膨らませていましたが、今はこうやってベーキングパウダーで簡単に作るようになりました。北欧の人にレシピを教わると、どれもベーキングパウダーを使ったレシピで、むしろケーキ作りが日常の国では手軽さが支持されているんですね。

以前住んでいたアイルランドではセルフライジングフラワーという、最初からベーキングパウダーが入っている粉が売られていました。アイルランドに限らずイギリスやアメリカなど(要はイギリス系の国)の多くのレシピはセルフライジングフラワーを使うのが前提で書かれているので、そのために小麦粉140g、ベーキングパウダー小さじ1.5、塩小さじ1/4の割合で作ったりもしていましたが、最近は面倒なので適当にやっています。

ベーキングパウダーを使わず卵を泡立てて作るスポンジケーキ生地をジェノワーズといいます(最近覚えたので、知ったかぶっている)。以前放送していたイギリスの素人お菓子作りバトル番組『ブリティッシュベイキングオフ』で、お題にジェノワーズが出た時に、ほとんどの人が作ったことない、やり方が分からない、と戸惑っていたを観て、イギリスでいかにベーキングパウダー(セルフライジングフラワー )の使用が普及しているのか実感しました。私が子供の頃は当たり前のように卵を泡立てて生地を作っていたのに、素人とは思えないお菓子作り名人たちでも経験がないなんて。

と、まあ、そんな日常のお話でした。

ミタ

心に浮かんだまま書いたら、オチが無い上に、タイトル詐欺的な内容になってしまった。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

掲載誌『北欧テイストで楽しむ 100人の家づくり』のお知らせ

掲載誌のご案内です。正確には再掲載誌。

本日(2019年1月31日)発売の『北欧テイストで楽しむ 100人の家づくり』です。

掲載されているのは、インテリア…ではなく、北欧のレシピです。2016年3月発売の『北欧テイストの部屋づくり Vol.17』 でご紹介されたレシピが再掲載されました。

サーモンパイ包み焼きと、ミートボール&ビーツサラダ
ロイヤルメレンゲとシルヴィアカーカ

この時、何度も試作してはレシピを調整して、食器とテーブルクロス、花や小物などのスタイリングもやり、朝から母の手も借りて調理した思い出深い仕事だったので、再びスポットが当たって嬉しいです。

レシピは普段使わないようなもの(サワークリームなど)は使い切り出来るようにしたり、地元のスーパーで手に入る材料にしたりと、気軽に作って頂けるように工夫しました。

もちろん、100人のインテリアは圧巻です。我が家は10数年前に夫の実家をリフォームしたものなのですが、そろそろ色々と手を加える時期なので、参考になりました。

クリックでAmazonのサイト

書店で見かけたら是非手に取ってみてくださいね。

また、初掲載の 『北欧テイストの部屋づくり Vol.17』 には再掲載の時に入らなかったデンマークのレシピもあります。まだAmazonに在庫がありましたので、レシピが知りたい方はこちらもどうぞ。

プルーンとリンゴのスタッフドポーク

ミタ

この仕事がきっかけとなって、レシピ本を作りました。宜しければこちらもご覧ください(電子書籍です)。

380円

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

レシピ:デンマークのミートボールカレー

昨日、学生時代の友人と娘さんを我が家に招いて昼食にデンマーク料理のミートボールカレー、Boller i karry(ボーラ イ カーリ )を作りました。デンマーク料理でカレーは不思議に思われるかも知れませんが、一説には1930年代から記録に残っているという伝統的なデンマーク料理。

実際、日本のWikipediaで「デンマーク料理」を検索すると、伝統的メイン料理のトップに、しかも写真入りで紹介されているほど一般的なのですが、日本ではほとんど知られていないかも。レシピを日本語で検索するとほとんど出てきませんでした。ルッセカットなんて一体どれほど作る人がいるのか疑問のレシピですら何ページも出てくるのになあ。

ところで、Wikipediaの写真のキャプションにあるセロリは何かの間違いじゃないかと思います。デンマーク料理にはよく似た名前の、Boller i selleri (ボーラ イ セロリ)があり、これと混同したんじゃないかしら。しかもボーラ イ セロリ のセロリはセロリアックのことなんですよね…。

デンマーク料理
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

閑話休題

実はイギリス発祥のカレー粉は北欧でもお馴染みの調味料。北欧の国民食ニシンの酢漬けにはカレー味があるし、ヴィンテージのスパイスポットにもカレー粉用は珍しくありません。ただ、北欧の人はあまり辛い味付けを好まず、どちらかというと甘めの味付けなので、カレーもかなりの甘口です。

レシピは手持ちの1970年代に発行された北欧料理の本と、サイトで検索した、いくつかのレシピを混ぜて作りやすい分量と材料にしています。とはいえ、アレンジは最小限。かなりオリジナルに近いレシピです。


Boller i karry (デンマークのミートボールカレー)

<材料 4人分>
(ミートボール)
豚ひき肉 450~470g
玉ねぎ 半分
卵 2個
小麦粉 大さじ2
牛乳 100cc
塩コショウ
(カレーソース)
玉ねぎ 半分
リンゴ 半分
バター 大さじ2
カレー粉 大さじ1.5
牛乳 120cc
塩コショウ

<作り方>
1、玉ねぎ半分をごく細かいみじん切りにして、豚ひき肉に混ぜる。溶き卵、小麦粉、牛乳も入れ、塩コショウで味付けをしてよく混ぜる。
2、鍋にお湯500ccを沸かし、コンソメを溶かす。
3、ひき肉をスプーンと手の平で直径2、3cmのボールに丸め、コンソメを溶かしたお湯で7、8分茹で、茹で上がったら取り出してお皿によけておく。ゆで汁はソースに使うので取っておく。
4、玉ねぎ半分と皮を剥いて芯を取ったリンゴ半分を5mm各くらいのさいの目切りにして、バターを溶かしたフライパンで玉ねぎが柔らかくなるまで炒める(焦がさないように)。その上にカレー粉を振りかけ数分炒め、更に小麦粉を振りかけ数分炒めたら、濾したゆで汁を350cc(足りなければお湯を足す)をだまにならないように 少しずつ加えながらかき混ぜ、更に牛乳も加えとろみが出たら塩コショウで味をととのえる(ご飯にかけるので少し濃いめの味付けの方が良いと思います)。
5、よけておいたミートボールを加え、全体を馴染ませたら、ご飯にかける。

さて、付け合わせにはキュウリサラダとWikipediaに書かれていますが、冷蔵庫にニンジンが沢山あったのと、スウェーデンのクリスマス菓子「ルッセカット」を作ったので、干しブドウが沢山余っていたので、デンマークのニンジンサラダ (Gulerodsalat)を付け合わせにしました。ちなみにデンマーク語でニンジンの意味であるgulerodはとてもカタカナで書けない発音なので書きません。興味ある方は下記リンク先で発音を聞けます。
How To Pronounce gulerod

キュウリサラダが良いという方は当店の電子書籍「北欧のおやつとごはん」にレシピがありますので、宜しかったらお買い求め下さい(380円)。Wikipediaにはサラダ、とありますが、甘酢漬けです。

北欧のおやつとごはん: フィンランド・スウェーデン・デンマークのキッチンから32のレシピ Kindle版

とはいえ、ミートボールカレーにニンジンサラダの付け合わせも割と普通。ついでにレシピも書きますね。これもいくつかのレシピを比べ、分量や作り方など調整しています。

Gulerodsalat (デンマーク風ニンジンサラダ)

<材料>
ニンジン 250g
レーズン 25g
好みでナッツやシードなど適量(なくても良い)
(マリネ液)
塩 大さじ1/2
酢 大さじ2 (レモン汁でも可)
オイル 大さじ1
ハチミツ 15g(砂糖でも可)
<作り方>
ニンジンをチーズおろし、あるいは千切りカッターで千切りにする(包丁で切るよりも味が染みこみやすい)。材料を混ぜてマリネ液を作る。千切りにしたニンジンと干しブドウを30分ほど浸ける。

この時はカレーに使ったリンゴが半分余ったので千切りにして混ぜています。これも美味しかったですよ。

ひき肉を丸めて茹でるのに少し手間がかかりますが、あとは本当に簡単なレシピですので、試してみてください。牛乳がたっぷり入った肉団子はフワフワで、カレーは甘口ですので、小さなお子さん好みかも。デンマークでも子供が大好きなメニューらしいです。

この日はみんなでルッセカットとシナモンロールも作りました。その話はまたの機会に!

ミタ

※濃厚にしたい場合は牛乳と生クリームと半々にしてもOKです。
※デンマークのカレー粉を使うと真っ黄色になりますが、今回は日本のカレー粉を使ったので色は茶色くなっています(スパイスの配合の違いでしょうね)。
※ソースに入れるリンゴは形が残るくらい大きく切るレシピもあります(Wikipediaの写真はそうですね)。お好みでどうぞ。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

『北欧のおやつとごはん』最新版更新方法

北欧のレシピを集めた電子書籍『北欧のおやつとごはん』にレシピを追加して25のレシピから32のレシピに改訂したのはいつのことだったか…。

既に「25のレシピ」版をお持ちの方にはアマゾンから自動的に更新されると思っていたのですが、自分がダウンロードしている版が更新されないのでアマゾンに問い合わせたところ、変更部分が多すぎて更新できないと答えが返ってきました。誤字脱字を修正した程度でなく、章が増えているのだから、確かに多すぎるかも。

困ったな、再購入してもらうのも何だし、どうしたらいいのかしらと思いつつ、方法が分からず、無かったことにしていました(あかんやん)。

それでも何となくのどに刺さった小骨のように心から取り除くことが出来なかったのですが、先日ご購入のお客さまから、アマゾンに直接問い合わせたら更新できたとのご連絡がありました。方法を教えて下さったのでシェアしますね。

Amazonにログインした状態で下記カスタマーセンターにアクセスします。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us/
次に出てきた画面に下記の様に「最新版を更新してください」とかなんとか、とにかく新しい版が欲しいのだという事を記入し、メールで問い合わせに送信します。

私の場合は配信したと連絡があっても、どうしても更新できず、一旦削除してから最新版を再配信してもらいました。

お手数ですが、最新版はこの手順で入手してください。

クリスマスのお菓子や料理もありますので、もしまだお持ちでない方は下記リンク先から今からでもどうぞ!

Kindleの端末でないとダウンロードできないと思っていた方がいらっしゃったのですが、お手持ちの端末にもアプリを入れればダウンロードできます。

Appleの方は下記リンク先から
Kindle for iOS
Androidの方は下記リンク先からKindleアプリをダウンロードしてください。
Kindle for Android

この冬は北欧料理でお楽しみ下さいね。

ミタ

しベりあんさんありがとうございました。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓