トゥリが聖オーラヴ勲章を!

今日は先月開催したしずく堂さんのキャットドームのワークショップについて書こうと思っていたのですが、朝一番に素晴らしいニュースが入ってきたので急遽その話にします。しずく堂さんゴメン。

なんと、フィッギョで活躍していたTuri Gramstad Oliver (トゥリ・グラムスタッド・オリヴェール)氏が聖オーラヴ勲章を授与されることになったとか!

聖オーラヴ勲章はノルウェーの国と人のために功績のあったノルウェー人に贈られる、日本で言う褒章のようなものです(ありがとうWikipedia!)。

トゥリ・グラムスタッド・オリヴェールと聞いても、ピンとこない人もいるかも知れません。当店にあるトゥリのデザインを集めてみました(これでも全部ではないですが)。「見たことある!」と思いませんか?

か、かわいい!!

トゥリ・グラムスタッド・オリヴェールは1938年生まれ。美術学校を卒業した1960年にフィッギョに採用されました。当店で扱っているヴィンテージのデザイナーたちが1910年代や1920年代の生まれであることに比べると、一回り若いデザイナーです。また、ヴィンテージの中では、ご存命の数少ないデザイナーの一人。

トゥリの所属していたフィッギョは1941年ノルウェーで創業。スウェーデンのロールストランドが1726年、グスタフスベリが1825年創業。デンマークのロイヤルコペンハーゲンが1775年創業。フィンランドのアラビアが1873年に創業、という他の北欧ブランドに比べると、これも数世紀若いブランドです。

フィッギョは当初アラビアからデザイナーを招き、手彩色による製品を作っていました。けれども1950年代から積極的にシルクスクリーンプリントを導入しました(例えばアラビアがシルクスクリーンプリントになるのは1960年代になってから)。

シルクスクリーンプリントの利点としては、生産スピードの速さ、コストの安さ(絵付師の人件費だってかかりませんものね)、版を重ねる事で複雑な色の表現が出来る、鮮やかな発色、があげられます。

更に若いデザイナーを登用しました。その一人がトゥリです。トゥリはフィッギョにとって美術教育をうけた最初のデザイナーでした。トゥリは美術学校在学中の1956年から1958年まで、スタヴァンゲルフリントで研修をし、当時スタヴァンゲルフリントで活躍していたInger Waage(インゲル・ヴォーゲ)の影響を受けています(インゲル・ヴォーゲについてはいつか書くかも、書かないかも)。

ちなみに、 スタヴァンゲルフリントは1946年創業し、1968年フィッギョと合併したノルウェーのスタヴァンゲルにあったメーカー。

ノルウェーは現在も人口520万人ほどの小国ですが、60年代は400万人にも満たない人口でした。そのため国内消費だけでは経済は成り立たず、実際1963年の記録では、スタヴァンゲルフリントの製品の50%は輸出されていました。輸出先はアメリカ、ヨーロッパ、中東、そしてなんとアフリカにも。

1965年にスタヴァンゲルフリントのマネージャーKåre Berven Fjeldsaa (のちにフィッギョでもマネージャーに) は競争力を高めるため

「私たちは自分たち独特の個性で競争しなければいけない。
ノルウェーのデザインを売ろう!」

と宣言。

イギリスのデザイナーたちが抽象的なパターンや、素敵なフランスの光景を好んだ一方で、ノルウェーは家庭的で素朴なデザインを「民族的」に描く方向へと向かったのです。

そんな方針の中でトゥリの描いた民族衣装を着た人々や、ノルウェーの光景や伝承をテーマに描いた作品が次々に、鮮やかなシルクスクリーンプリントで作られました。これらの作品は海外でも人気を博し、残念なことですが、日本ではコピー品も作られるほどに(フィッギョは日本のコピー品にはかなり悩まされたそう)。

例えば北欧の英雄伝説をモチーフにしたSaga(サガ/サーガ)。

例えば、民族衣装を着た人々を描いたFolklore(フォルクローレ/民話)シリーズ。枚挙にいとまがないのでここで留めておきます。

トゥリは1980年にフィッギョを退職し、今もアーティストとして活躍しています。2015年には地元サンドネスのマンホールデザインを手がけたのが話題になりました。

ノルウェーではレトロブームも相まって人気再燃し、回顧展も催されたりと良く知られた人ですが、日本ではイマイチかも。もっと多くの人に知ってもらいたいデザイナーの一人です。

私も好きなデザイナーで、このカップ&ソーサーは宝物のひとつ。

Figgjo Arden

トゥリさんには、例えばカフェでトゥリさんがお茶を飲んでいるところを柱の陰からでもいいから、お目にかかるのが夢…。

という、妄想は置いておいて、トゥリさん、本当におめでとうございます!

あと、数年前に調べたものの、お蔵入りになりそうだった、フィッギョとトゥリの話を披露する機会があって良かったですー。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

あるデザイナーのビックリの晩年

スウェーデンの陶磁器メーカーDeco(デコ)の保存容器が、ほぼ8年半ぶりに再入荷しました(前回のアップは2010年6月でした)。Decoは1955年にヘルシンボリに創業。当店でも人気のあるRosa Ljungのヒット作も生みましたが、1980年代にはHöganäs(ホガナス/へガナス)の下請けもしていました。ところがホガナスがタイに工場を移したことがきっかけで2008年に倒産しました。

器に話を戻すと、右の赤い蓋が「Sill(ニシン)」の酢漬け用、左の青緑の蓋が「Gurka(キュウリ)」酢漬け用。どちらもスウェーデンの食卓には欠かせない食べ物で、日常はもちろん、クリスマスや夏至祭などのご馳走のテーブルにも並びます。

裏側には窓の絵が描かれていて、実はこれは家の形なのだと分かります。蓋に密封性はなく、恐らく保存用ではないでしょう。保存用ではないとしたら何か、というと、主に飾り用。そして、来客の際に中身を移して食卓に出すもの。友人宅でご馳走になって、こんな器にニシンやキュウリの酢漬けが盛られて出て来たら「かわいい!」と思わず声が出てしまうでしょうね。

2010年に自分で書いた商品説明を読み返すと『E.Jarupとサインがありますが、このデザイナーについて詳しくは分かりませんでした』とありました(忘れてた)。けれども、ヴィンテージは日々新しい情報が更新されていくので、過去に分からなくても新たに調べると判明するのはよくある事。というわけで、調べ直すと、スウェーデンのデザイン系Q&Aサイトで、デザイナー名はEdvin Jarupと判明。女性デザイナーと思っていましたが、男性でした。しかも、そのQ&Aでは、1950年代ですか?の質問に1974年から製造開始されたと答えています。

別のスウェーデンのメーカーJieで1950年代に、Anita Nylundが作った保存容器の作風に似ていたので、私も50年代かなと見当をつけていたため70年代とは意外。

Edvin JarupのDeco所属期間が分かれば裏が取れるかもと更にネットで検索すると、Helsingborgs Dagblad(ヘルシンボリ新聞)の2016年の記事で、アーティストのEdvin Jarup が、95歳を目前に亡くなったとの報道が見つかりました。

ただ、その記事は会員限定で、ヘッドラインしか読めない。会員になるにはスウェーデンの国民番号か何かが必要なようだったので、続きを読むのは断念。そこで、別の記事が無いかと更に検索。そうすると思いがけないニュースが!

Edvin, 92: “Märta har gjort mig så glad”
(Edvin 92歳「Märtaは僕を幸せにしてくれた」)

日本で言う「夕刊フジ」的な(夕刊フジを読んだことがないので勝手なイメージ)のスウェーデンの夕刊「Expressen」の2014年の記事です。

記事によると、結婚70年後に妻を失ったEdvin Jarup (92歳)は老人ホームに引っ越し、隣の部屋のMärta Abramson (94歳)と恋に落ち、婚約したとか!

記事にはEdvinの経歴、例えばデザイナーだったとか、は一切書いていなかったのですが、名前だけでなく年齢もピッタリ。どう考えても同一人物です。

ヴィンテージに関わる仕事をしていると、取り扱っている商品のデザイナーが亡くなったニュースを聞く事がしばしばあり、もしかしたら(もちろん無いのは分かっていますが可能性として)お会いできたかもしれないのにと残念な気持ちにとらわれることがあります。

今回も、最初のヘルシンボリ新聞の記事を見たときは「またか…」と悲しくなりましたが、 Expressenの婚約ニュースを読んで、パッと明るい気持ちに。記事には優しく Märtaの腕に手を乗せるEdvinの写真がありました。

また2016年の訃報にはひ孫さんを膝に乗せて微笑んでいる写真が投稿されていました( スウェーデンは一般人の訃報がウェブ公開されるのはよくある事でお悔やみも投稿できます)。

こんな可愛らしいデザインをする人ですから、きっとご本人も可愛らしくて、最期まで家族や知人に愛された人だったのかもなあと想像しています。

ミタ

ところで結婚70年で奥さまを失ったというのは、考えてみれば奥さまもかなりのご長寿ですね。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

美しい釉薬の色の変化を楽しむ器

スウェーデンでUpsala-Ekeby(ウプサラ・エケビィ)のKosmos(コスモス)とOliv(オリーブ)のティーカップを買い付けました。過去にも何度も入荷したものですが、この二つが同時に揃うのも久しぶりなので、合わせてご紹介。青い方がコスモスで、緑の方がオリーブです。

コスモスのデザインはBerit Ternell(ベーリット・ターネル/1929年-)による1966年のこと。1967年にオランダ ユトレヒトの国際展示会で優勝しています。製造期間は1966年から77年。

コスモスは花のコスモスではなく、宇宙の意味。花のコスモスはスウェーデン語でも綴りは英語と同じ「Cosmos」です。この青の複雑な色合いは、その通り、宇宙をイメージさせます。

オリーブはコスモスの成功に気を良くした確信を得たのでしょうか、コスモスの1年後の1967年から79年に作られました。

以前も書きましたが、ユトレヒトの国際展示会での優勝は美しい茶と青のグラデーションの表現が評価されたものでした。審査では「工業デザインの模範的な例」「アートと工業技術の結合の成功である」と絶賛。

ところが、ターネル自身は工場で新聞記事を見せられるまで受賞を知らず、更に記事の中で「トロフィーは工場が受けるべきもの」と書いてあるのを見て相当驚いたそう。

このエピソードをみると、一つのデザインには、デザイナーだけでなく、技術者の力も大いに関わっているのだと改めて思います。同じスウェーデンのロールストランドで作られたBlå eld(ブラ・エルド)は、デザイナーであるHertha Bengtsson(ヘルサ・ベングトソン)のイメージ通りである青を出すのに釉薬の開発に3年かかったと言いますしね。

デザイナーだけでなく、技術者にスポットが当てた話をいつか見つけてみたいです。「プロジェクトX」のようで面白いと思うのですが。

ミタ

以前も書きましたが、ベーリット・ターネルは、リサ・ラーソン(1931年-)とデザイン工芸学校(Högskolan för Design och Konsthantverk / HDK)で同級生だったそうです。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

特別な日のデミタスカップ

春のフィンランドでゴージャスなデミタスカップを2種類買いつけました。それぞれ別のディーラーさんから求めたものです。
160621-3
金をふんだんに使った、まるでビザンチン美術のような絢爛豪華さです。右の全身金色はGilda(ギルダ)。製造は1960年から1972年です。左はバックスタンプにMilla(ミッラ)。Millaには様々な色があるのですが、こちらはシンプルに白地に黒のラインと金色の対比を効かせた配色です。製造は1952年からで、1960年代に終了しています。
160621-2
デコレートデザインはアラビアで数多くの作品を作ったEsteri Tomula(エステリ・トムラ)です。フォルムはアラビア社でほとんど唯一の*アール・デコ風のデザイナーであるGreta-Lisa Jäderholm-Snellman(グレタ=リサ・ヤデルホルム=スネルマン/1894年-1973年)による、1926年のOCモデル。

*アールデコ(仏:Art Deco)
ヨーロッパおよびアメリカ(ニューヨーク)を中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行、発展した装飾の一傾向。原義は装飾美術。幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現などの特徴を持つが、その装飾の度合いや様式は多様である。 (引用:Wikipedia)

アラビアのビンテージデザインに興味のある方ならエステリ・トムラの名はご存じかと思いますが、グレタ=リサ・ヤデルホルム=スネルマンについてはあまり耳にしないかも知れません。なにせグレタがアラビアに所属していたのは1921年から37年。フクヤで主に扱っているミッドセンチュリーよりも、ずっと前のこと。

グレタは1912年、高校を卒業後パリの大学で学びます。フランス仕込みの自然なエレガントさを持ちながらも、キビキビとした性格で、1929年から37年まで美術大学で教鞭をとるほかに、アラビアに装飾部門を設立し、そこで美大の学生を雇うなど、大変精力的かつ熱心に後輩の育成に取り組みました。どうも、いささか厳しい先生だったようです。

また、優れたライターとしても知られ、イギリスの雑誌にフィンランドデザインについての記事を連載したり、フィンランドの雑誌にフランスのデザイン事情について記事を書く仕事もしていました。デザイン以外の部分では、ソビエト連邦がフィンランドに侵入した、1939年の冬戦争の時には、夫と共にスウェーデンとイギリスに人道的援助を求める活動に身を投じるといった面も持ち合わせていました。

グレタは陶磁器だけでなく、リーヒマキガラスやイッタラでもフリーランスとしてデザインを提供しています。またイラストレーターとしても活躍していました。このイラストは日本でいうモガでしょうか。
160621-4
こちらはイースターに贈られたようです。
160621-5
これらのカップは6月末か7月の最初にアップ予定です。特別な日にゴージャスなひと時をどうぞ。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

国際婦人デーとデザイナーBrit.B.について

10年ほど前だったか、ベトナムの知人からの手紙の書き出しに「女性の日おめでとう」とあり、何のこっちゃとキョトンとしたことがあります。もしかして、ほとんどの日本の人は私と同じ感想を持つのではないでしょうか。

今日の3月8日は「国際婦人デー」、別名「国際女性の日」。1904年にアメリカで婦人参政権を要求したデモがきっかけとなり、1910年にデンマークで「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日として提唱されました。今は国によって政治的な温度差があり、女性の家事負担が重い”マンマ(お母さん)の国”イタリアでは男性から女性へミモザの花を贈り、女性たちはこの日は家事から解放される、女性を讃える日になっているとか。

さて、一方男女平等が進んでいる北欧では、男性から女性に花をプレゼントしたり、女性に権利についての集会が行われたりするそう(あまり詳しくは分からなかったのですが)。現在では男女平等の旗印を掲げる北欧ですが、60年代頃までは家事一般は主に女性の役割でした。スウェーデンから50年代から60年代にデザインされた、こんなイラストのキッチンタオルが入荷しました。

デザイン名は「Veckan(週)」で、曜日ごとに家事をしている女性の姿が描かれています。この写真では、火曜日のアイロン掛け、水曜日の窓拭き、木曜日の掃除、金曜日のパン作り。
160308-1
日曜日から水曜日。
160308-2
木曜日から日曜日。
160308-3
最後のピクニックシーンを見ると、この女性には夫と子供がいるようですが、家事をしているのは全て主婦である女性。現代ならさしずめ(ノルウェー夢ネット代表の青木さんの言葉を借りると)「ジェンダー的にNG」といったところです。けれども、このデザインが作られた50年代頃には、女性が全ての家事を担っているのは当然の光景だったのでしょう。

ただ、面白いことにこのデザインをしたスウェーデンのデザイナー、Brit Bredström(ブリット・ブレッドストローム/1919-1973)は、いわゆる古典的な女性の役割とは逆の人生でした。織物製品で知られるスウェーデンでのBorås(ボロース)で生まれた彼女は、テキスタイルデザイナーになりたいと夢見ていました。ところが、彼女の父親は保守的な人で、女性は事務職に就き、結婚し、子供を持つものと考えていました。

1930年代の終わり、ブリットの母親は父親に内緒で彼女をボロースのテキスタイル研究所にやります。やがてフリーランスとして独立し、スウェーデンのみならず、デンマーク、ドイツ、オーストリアなどでも彼女のデザインは作られました。

彼女は父親の保守的な考えに沿う事はなく、生涯独身で子供を持つことは有りませんでした。彼女の姪によると、当時としては早い時期から車を所有し、自分のサマーハウスを行き来するような、人生を楽しむタフな女性だったとか。

それを知ると、このテキスタイルのデザインは、主婦の毎日を描いているかのようで、実は一人暮らしの女性がタフに暮らしを楽しんでいるようにも見えてきます。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓