アンティークフェアのち帰国

さて、秋のフィンランド買い付けレポート最終回です。

知り合いの知り合いが出店しているというアンティークフェアへ足を運びました。知り合いの知り合いとは、定宿の主人であり織物作家のエリナさんが作品を展示しているヘルシンキの展示スペースの隣でたまたま出店していたアンティークショップのオーナーさんです(長い!)。

まあ、いわば、ほとんど知らない人、です。

アンティークフェアに行けば必ずどこかが扱っているビルゲル(ビルイェル)・カイピアイネンのアートピースたち。

目の保養、目の保養。

50年代のムーミンフィギュアの価格に驚愕。これらはトーベ・ヤンソンの母がデザインしたと長年思われてきましたが、最近になって別の陶芸家が自分の工房でコツコツ作っていたことが判明しました。

数は多いけれど、価格が高いのがフェアーの欠点。顔見知りのショップさんも出店していたので、そういったお店を周って買い付けしました。

実は結局、知り合いの知り合いからは買いませんでした(高かった!)。

夕食はスーパーマーケット、アゲイン。

前回は肉だったので、今回は魚。

フィンランドのライ麦パンによく合います。

今回の滞在で、大体400点ほどを買い付けました。

そうして帰国の日。SASへの変わらぬ忠誠心を(特に理由はなく)貫いていたため、今年はマイレージがゴールドクラスになったので、ラウンジが使えます。この色使いがいかにもフィンランドです。

ヘルシンキから、コペンハーゲンのカストラップ空港へ。

ここでは、必ずバター買わないと。一目散にショップに駆け込もうとしましたが、お店が書割りになっています。

どうやら改装のために一時的に移動しただけのよう。仮店舗は、うまい具合に日本への便が出るターミナルC。出国ゲート前にお店があり、一安心したものの、明らかに冷蔵庫が小さい。嫌な予感はしましたが、やはり、「バターはありません」と…。がっかり…。

これで北欧とは来春までお別れです。次の春の買い付けでは念のためスーパーでバター買っておこうと心に決めて帰国しました。

そんなこんなで買い付けたアイテムは今週からボチボチアップしていきますね!

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドの買い付けとフィンランドご飯

買い付けは到着翌日からスタートです。日本はまだまだ夏の暑さが続いている時期でしたが、フィンランドはすっかり秋の景色。

まずは、買い付け先として確実なところからスタート。長い付き合いのアンティークショップへ。

いつもの通り、行くと軽食を用意してくれています。これはフィンランドの国民食「カレリアンピーラッカ」にハムやゆで卵を乗せているもの。バターで和えたゆで卵の具が良く知られていますが、何を乗せるかは自由自在。他のお宅ではピクルスが乗っていたな。

お得意のスパイスケーキ。このケーキのレシピは当店のサイトか、拙著「北欧のおやつとごはん」に掲載していますので、宜しければお求めくださいね(宣伝)。

そして、お母さんが森で摘んだブルベリーが乗せられた小さなケーキです。

買い付けの内容はだいたいこんな感じです。

他の場所にも行って、そこではこんな感じ。

北欧は外食が高く、また食べる時間よりも、買い付けや梱包の時間を優先させるので、滞在中はキッチン付きの宿でほぼ自炊です。かと言って一から料理する時間も体力もないので、スーパーのお惣菜が食事の中心になります。

この日は、フィンランドのロールキャベツ “kaalikääryleet(カーリカーリュレート)”。鍋で煮るのではなく、オーブンで焼き煮にするので、焦げ目が特徴。お総菜コーナーで選ぶと「焼き目が濃い方がいい?薄い方がいい?」と聞かれることもあります。

それから、レトルトだけど、フィンランドの味のサーモンスープ「lohikeitto(ロヒケイット)」。パッケージの小さなフィンランド国旗は、内容物の50%以上がフィンランドで作られたという品質認証マークです。この形は鍵を表しているのだとか。

こうやって普通のフィンランド家庭料理を味わうのは、買付の数少ない楽しみの一つであり、貴重な体験でもあります。

夕暮れ迫るフィンランド。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

2017年秋のフィンランド買い付けスタート

夏の買付けブログをやっと書き終えたところですが、実は9月の終わりにちょこっと秋のフィンランドに買い付けに行っていました。というのも、夏の買い付けがスウェーデンのみだったので、フィンランドの製品を買い足す必要があったからです。

そんなわけで9月末からフィンランドに、買付けのためだけに行ってきました。短い期間でしたが、いつものディーラーさんの他に、定宿のオーナーさんが紹介してくれたショップさんに連絡を取るとアンティークフェアーに出店するということなので、短くても効率良く買い付け出来る予定です。

出発はいつものSAS(スカンジナビアンエアライン)で、いつもの31番ゲートです。SASは日本便に力を入れているフィンエアーが日本人の利用者が多いのに比べると北欧人の利用が多く、ゲートは帰国の北欧人で賑わいます。

コペンハーゲンに到着して、ヘルシンキ行きの搭乗ゲートに向かう途中に郵便ポストがあります。そういえば昔は海外の旅行先から毎日のように祖母宛に絵葉書を出していましたが、祖母が亡くなってからは、そんな気持ちも一緒に無くしていたのをふと思い出します。手書きの手紙が珍しくなった今は、誰が誰に宛ててどんな思いでここから手紙を出すのでしょう。

フィンランド行きの搭乗ゲート近くのホットドッグスタンド。デンマーククローネの小銭が余った時や時間がある時に数回利用したことがあります。

あらためてショップの名前を見ると、Langelænder。夏に滞在した友人の別荘がある島、Langeland(ランゲランド)に名前が似ているなと気になって、調べたところランゲランドに所縁のあるメーカーのようでした(Google翻訳が今一つ曖昧ではっきりとは分かりませんでした)。ランゲランドの伝統的な手法で作ったソーセージだそう。ただし、今はノルウェーの会社が所有しているとか。

コペンハーゲンで乗り継ぎをして、ヘルシンキ空港に到着。

いつもの森の宿にチェックイン。ふと、窓の外を見ると、すっかり秋模様のヘルシンキ郊外です。

宿猫のスムと、スムの娘のトフィーとも再会。人懐こい(主に食べ物のおすそ分けが目的)スムと違い、娘のトフィーはちょっと引っ込み思案。たとえ娘でも食べ物のためには怒って追い払ってしまうような、性格のきついスムがいると近寄ってくれないのですが、スムがいないときはこうやってこっそり姿を見せてくれます。

最初に会った数年前はトフィーも人懐こかったのですが、いつの間にか姿を見せてくれなくなったのは、母猫の容赦ない仕打ちが原因ではと推測しています。

いよいよ、翌日から買い付けスタートです。続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

北欧買付最終日にニューノルディックキュイジーヌ

フィンランドの取引先の青年に「北欧でどの国が一番いい?」と難しい質問をされたことがあります。「それぞれの国で特徴があるからどこが一番とは言えないけれど…」「分かるよ」「リラックスするならフィンランド、買い物が楽しいのはスウェーデン、外食が面白いのはデンマークかな?」「分かるよ」。

ちなみに彼は、以前は両親が経営するアンティーク店に私が来店した時に(あらかじめ予約をいれているので)英語の苦手な親のために通訳として顔を出していたのですが、今では彼が切り盛りしている風です。最初に会った10年程前はしゃがむたびに半ケツを見せていたのに、今はもう見えないし(ファッションの流行もあるのでしょうが)、去年の夏に結婚して来年の春にお子さんが生まれるそう。もう青年とは言えないような気もするのですが、私も一緒に10年分年を取ったので、いつまでも青年のように思ってしまいます。

思えば、まだお腹の中にいたスウェーデンの取引先の娘は超絶美人小学生になっているし、堅信礼を受けたばかりと母親の後ろでもじもじしていたデンマークの友人の娘は全身真っ黒の服着てゴスバンドで演奏しているくらい立派になって、10年でこれほど変わるのだから、20年、30年と関わっているとどれくらい変化するのだろうと思うと恐ろしいような楽しみのような。

閑話休題。

そう、デンマークと言えば私にとっては「面白いものを食べられるところ」。いわゆる「ニューノルディックキュイジーヌ(新北欧料理)」はデンマークのレストラン「noma(ノーマ)」が世界に知らしめた北欧の新しい食文化です。大雑把に言ってしまうと「地産地消」なのでコンセプトとしての目新しさはないのですが、気候が厳しいために食材に乏しく、輸入食品に頼っていた北欧のレストラン業界において新風を巻き起こしました。

2016年11月にKøbenhavn(コペンハーゲン)で食べたときに、実は本命のレストランがあったものの、遠くて断念した経緯がありました。ただKøbenhavnもとても美味しかったので後悔はないし、市内の便利な場所にあるので、機会があれば再訪したいと思っています。

その行きたかったレストラン「Den Røde Cottage」…はお高いので、系列のカジュアルレストラン「Den Gule Cottage」。鹿公園で有名なクランペンボーにあります。今回は最初から行くつもりで、あらかじめ日本から予約もし、ホテルも近いところに取っていました。

「Den Gule Cottage」とは直訳すると「黄色い草ぶきの田舎家」。その名の通りの建物がぽつんと1軒建っていました。夜の7時ですが夏の北欧はこんなに明るい。

中に入ると若い男性が飛び出てきて「いらっしゃい!僕はシェフの○○です!」と元気に声をかけるので、勢いで「こんにちは、ヨウコです!」と思わず手を出して握手してしまいました(恥ずかしい…)。テラス席があるというので、そちらを選びました。

メニューは分かりやすく、アラカルトから前菜、メイン、デザートのスリーコースを選べるセットもあります。私はワイン抜き350クローネのスリーコースを選択。

飲み物は夏らしくルバーブの何か(ノンアルコール)。

最初に出されたパンとバター。デンマークのパンは本当に美味しい。

前菜に選んだのは「Shrimps, creamy salad and dill」。北欧の定番中の定番ですが、上にかかったライ麦だったか何かのクリスピーな食感が楽しい。

メインには「Chicken from “Hopballemølle”, kale and salty cucumber」。チキンどこや、と思ったら下から出てきました。あえて焦げ目をつけたキュウリの風味が新鮮な感覚です。上の黒いのは何か忘れました。

デザートは「Strawberry, buttermilk and danish “kammerjunker”」。酸味のあるバターミルクを上からかけます。白いイチゴは初めて。甘いと酸っぱいの組み合わせは間違いないですね。

どれも美味しく、また食材の組み合わせが面白く、たっぷりと楽しみました。また違う季節に行ってみたいです。

レストランは海岸沿いにあり、テラスからは海や芝で遊ぶ人たちが見えました。夜の8時を回っていると思いますが、昼間のように明るい。

せっかくなので食後に海岸を散歩しました。

砂浜にはカモメのあしあと。

9時過ぎていたと思いますが、まだ海水浴を楽しむ人たちがいました。海岸に建っている足の付いた円筒形はアルネ・ヤコブセンがデザインした監視塔。デンマークのアイコンのひとつとして雑誌でしばしば目にし、海岸にポツンと一つ建っているのを想像していたのに、実際は海岸沿いにいくつもいくつも並んでいて、自分の思い込みに苦笑。

それでも、やっぱり絵になるのだ。

月が出て、カップルが歩いていて、カモメが飛んでいたら、もっと絵になるのだ。

こうして、2017年夏の買い付けは終了。

翌日はデンマークのカストラップから日本に向けて帰国の便。

機内食にルバーブケーキが出てきたのが、今年の北欧の夏の食材食べ収めでした。

さようなら、北欧。また来る日まで(言っている間に次が来てしまうのです)。

ミタ

食レポートが薄くてごめんなさい。なにせ3か月以上も前のことなので美味しかった記憶しかありません。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

コペンハーゲンで遊覧船

ランゲラン島のサマーハウスを離れ、来た時と同じように橋をいくつも渡り、ロラン島、ファルスター島を経てコペンハーゲンのシェラン島へ到着。

写真は「Nyboder(ニューボーダー)」。海軍の宿舎で、1631年に着手され、1795年に全棟の建築が終了。計画的で美しい建物は観光名所の一つになっています。2006年からは一般の人でも住めるようになり、今は海軍専用ではなくなったとか。

何年も前から「もしも夏に来たら遊覧船に乗りたい」と思っていたので、運河のあるニューハウンへ直行しました。

それにしても、こんなに人の多いニューハウンは初めて見た!

遥か彼方まで人の頭しか見えません。ここは原宿の竹下通りか!恐るべし夏の北欧!

いや、しかし、行列に負けずに乗るなり、遊覧船。

何隻も運行していて、頻繁に船が来るので、行列があってもそんなに待たずに乗れました。

レッツゴー

デンマーク王立図書館。通称ブラックダイヤモンド。

特に解説は無かったけれど、この中心に水のある集合住宅が素敵でした。ここに住んでいると、ちょっとそこまでって自転車感覚で船で出られますよね。

本当に手づくりのドラム缶船で自転車感覚で運河を行く青年たち。

新鮮な角度で見る人魚姫の後姿。

中国か韓国か?多分、日本人ではないと思うアジアの人たち。そういえば30年くらい前は中国系の人たちはバッチリポーズを決めて写真に収まっていたものですが、最近はさすがにナチュラルポーズになっているんでしょうね。

数年前にオープンしたらしい、コペンハーゲンの新名所「PapirØen」。様々なストリートフードが楽しめる場所だそう。近頃は再開発というとフードコートになるケースが目につくような。今回は行かなかったのですが、もし機会があればきっと楽しいので、お勧めの場所です(と、遊覧船のガイドさんが)。

地面に降りて、ブラブラ運河沿いに歩いていると、日向ぼっこをする人たちが

こんなに沢山…。

大通りのストロイエまで行って

夏こそ食べたい、ソフトクリーム!(ピントがどこにも合っていない写真ですが)

トーベ・ヤンソン展が開催中でした。フィンランドで観たものと同じなのかしら?

明らかにスカンジナヴィア料理のお店。

どんなメニューがあるのか気になりましたが、今回は数か月前から予約して楽しみにしているレストランがあるので、ここには入りません。

そう。いよいよ次回は最終回(の予定)。美味しいニューノルディックキュイジーヌ編へと続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓