フィンランドで小腹が空いたから

買い付けでは郊外を周るので小腹が空いても気の利いたカフェやベーカリーがすぐに見つかるなんてことはありません。でも大抵の郊外の小売店にはちょっとした喫茶コーナーがあるので、寛いでいる地元のオジサンやオバサンに混ざって一息つくことがあります。ここもその一つ。

ガラスケースに並んだ、フィンランドならではのスナックの中から、Voisilmapulla(ヴォイシルマプッラ)とRahkapulla(ラハカプッラ)のどちらにするか迷って、結局両方にしました。ちなみに四角いドーナツはMunkkipossu(ムンッキポッス)といい、直訳すれば”豚ドーナツ”。端っこを豚の耳に見立ててちょっと引っ張って成形し、中にジャムが入っています。

閑話休題。プッラはフィンランド語で、こういった菓子パン(発酵菓子)のこと。ヴォイシルマプッラは「バターの目のパン」という意味で、中心に砂糖バターが入っています。ラハカプッラはラハカというサワークリームのような発酵乳を砂糖で甘くしたものが中央に入っています。

紅茶はムーミンのイラストの描かれたティーバッグにしました。あんまりにも前の事でフレーバーの種類が思い出せませんが、美味しかったのは覚えています。

また別の日に、倉庫型ショップの前にテーブル一つの小さな屋台が出て、おばあさんが店番をしているのが目に止まりました。ここには何度も来ていますが、店頭で何かを売っているのは初めて見ました。日曜日だったので、寄付か何かの関連で近所の方が出店していたのかもしれません。

プラスチックの覆いの下に並んでいたのは、フィンランドのスナック、リハピーラッカ(肉ピロシキ)。

紙には「今日揚げたリハピーラッカ 1個2ユーロ」とあります。

お店のオーナーさんが「彼女のは美味しいわよ、私を信じて!」と勧めてくれました。

1個買い求めて、その場を離れながら食べてみると、美味しい!

今まで何度かフィンランドでリハピーラッカを食べましたが、油っぽくて気持ちが悪くなる、具が少ない、味がイマイチと、あまりいい思い出はないので、正直言うと期待していませんでした。ところが、これは具がびっしりと入って丁度いい味付け、外側はカリッと香ばしく、生地はふんわり。

踵を返して販売のテーブルに戻り、知っている数少ないフィンランド語「Hyvä(美味しい)」と言い、もう1個くださいと身振りで伝えると、シャイで目をあまり合わせてくれなかったおばあさんが恥ずかしそうにニッコリしてくれたので、私も嬉しくなりました。

いや、しかし、おばあさんの手作りという贔屓目なしで、今回のフィンランド滞在で食べたもので一番おいしかった。

そうやって時々オヤツでパワーを補給しながら買い付けたものたちです。

マリメッコの古着を少し買ってみました。

こうしてまだまだフィンランドは続く。

ミタ

古いボタンたち。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド買い付けスタート

さて、フィンランド初日は、とりあえずの肩慣らし。いよいよ本格始動、の前に宿から目的地までの途中にある馬牧場で馬がごろんと横になって寝ていました。馬は立って寝るものですが、安心できる環境では横になるとは聞いていましたが、見たのは初めてなので、驚きのあまり撮影。

ちなみに、この馬はノルウェーのフィヨルド馬で小柄で大人しく、乗馬向きとか。馬に乗った少女たちが雪道を森の中へと消えて行くのを見ました。

このフィヨルド馬は鬣がツートンカラーなのが特徴です。2014年の10月に撮影したこの写真は鬣を短く刈っていたのでツートンカラーが良く分ります。

さて、馴染みのショップへ。3月に息子さんが産まれたので(以前から3月が予定日と知っていたので、今回の買い付けを出産後にずらしたという裏話があります)出産祝いを渡すと、わざわざ奥さんに電話して赤ちゃんを連れて来てくれました。生後5週間なのに、鼻が高くて顔立ちがしっかりしているのは、さすが西洋人。

では一緒にお茶でも…とベビーカーに赤ちゃん残したまま、奥さんも自分も中に入ったのにはビックリ。北欧では赤ちゃんは外の寒さにさらすのが健康にいいと、ベビーカーに残したままにするとは聞いていましたが、実際に目の辺りにするとヒヤヒヤします。

チラチラ窓から外のベビーカーを見ながらお母さんの手作りケーキを頂きました(一方両親はゆったりかまえていました)。

買い付けたものたち。

もう2ヶ月半も前なので、これからアップするものだけでなく、既にアップして完売したものもありますね。

買い付けを終えて宿に戻ると、珍しくスムちゃんが屋根の上にいました。地面が雪が残って冷たいから、あまり歩きたくないのかな。

フィンランドの買い付けは、もう少し続く。

ミタ

「チキチキマシン猛レース」を思い出した。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ストックホルムからヘルシンキへフェリーで移動

すっかり梅雨入りしましたね。さて、2018年春の買い付けレポート続きです。

ストックホルムでは博物館3つ訪れ、どれも大変感動したのですが、感動が大きくて上手く感想をまとめることが出来ません。そのうち落ち着いたら書きますね。なので、今回はスウェーデンを終了しフィンランドへ行く話から。

久々にフェリーでストックホルムからヘルシンキへと向かいました。フェリーはバイキングライン。

さようならスウェーデン。

離れ行くストックホルムを動画で撮影しました。

スウェーデン、フィンランド間のフェリーにはシリアラインもありますが、食事(ビュッフェ)の内容がいいのでバイキングラインを選んでいます。こちらは前菜コーナーです。

エビやサーモンがあるのが北欧らしい。

次はメインコーナー。魚系。

肉系。

盛り合わせ。

デザートコーナー。

食後のチーズも。外食でデザートを断ると「チーズは?」と聞かれることがありますね。私にとってチーズに食後のイメージは無いのですが、欧米ではデザートの一部。

デザートを全部盛りにしてみました。

これで夕食は終了。夏には及ばないものの、4月も日本に比べれば日の長い季節。夜の8時ごろでもまだまだ明るいスウェーデン。向かいのテーブルのカップルが席を外したタイミングで写真を1枚撮りました。

船にはスウェーデンとフィンランドの国旗がたなびいていました。

スウェーデンとフィンランドの時差は1時間。船内の時計には短針が2本。

一晩寝て、翌朝にはフィンランドに到着です。朝食はカフェテリアでとりました。

サンドイッチやパンだけでなく、お菓子も豊富に用意されていました。

フィンランドに上陸して、とりあえず1軒目へ。以前からお付き合いのあるショップですが、新しい場所に移転して初めて行きました。今一つ品揃えが良くなかったので、あまり量は買い付けませんでした。

ここではお願いしていたものを受け取る程度でいつもの宿へ。

スウェーデンは冬服では汗をかくほど気温が高かったのに、フィンランドの宿の裏の畑にはまだ雪が残っていました。やっぱり北なんだなあ。

宿猫のスムちゃんとも再会。

さあ、フィンランドでの買い付けがスタートしました。

続く。

ミタ

スムちゃんのび~。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

マルメからストックホルムへ、そしてラーメン

スウェーデンで買い付けのスケジュールを終え、滞在していたスコーネ地方のマルメからスウェーデンの首都ストックホルムまで電車で移動しました。いつもは、このままフィンランドへ移動するので、ストックホルムに行くことはありません。今回は目的があって、特別。

スウェーデンでの長距離電車では、あらかじめ予約をしていると朝食弁当が用意されると聞いたので、予約をしておきました。

車窓を流れる風景を眺めながらの4時間ちょっとでストックホルム到着。

青空市場で有名な広場、ヒュートリエットをぶらぶら。日曜日は蚤の市が開かれる場所としても良く知られています。


ヒュートリエットに面している、1882年創業の老舗デパート「Pub」は2015年に閉鎖し、今はホテル「Scandic Hotel Haymarket」になっています。ゲートの上には創業者であり、頭文字がPUBのPaul Urbanus Bergströmの名が残っています。ずっと変わらないと思っていたものも、やっぱり変わっていくのだなと、少しセンチメンタルな気分になりました。

さて、以前から行きたいと思っていたカフェでランチを取ろうと、セーデルマルム地区へ行くと、なんと休業日。あらかじめ開店日のチェックはしていたのですが、急なお休みはあるものです。残念。

そこで、道を挟んで隣にあったカフェ「COFFICE」へ。店名の「COFFICE」は「Coffee」と「Office」を合わせた言葉で、店内にはミーティングルームがあり、借りることも出来るのだとか。

内装の感じから、以前は肉屋か何かだったのを利用している気がしました。分からないスウェーデン語のメニューを説明してもらうのが面倒だったので、日替わりスープランチに。この日はのスープはキノコのポタージュ。これが美味しくて大当たりでした。最後の1個だったカルダモンロールもおやつに選びました。

カフェを出てセーデルマルムをぶらぶらしていると、歩道に沿って日向ぼっこをしている人たちがいました。地べたに座って建物に寄りかかっているのが、あまりにも唐突というか、非現実的過ぎて驚きました。自分の家に知らない人たちがもたれて日向ぼっこしていたら、相当違和感ありますよね?こっちでは普通なのかしら。

その後、ガムラスタンに移動して、王室武器庫を観光。王室武器庫については別の日に書きますね。

夕方になってから、ガムラスタンにあるジュエリーショップ「アトリエミノワ」へ行きました。実はストックホルム訪問の主目的はアトリエミノワのオーナーさんであり、ブログ形式の北欧ビンテージショップ「あ!いいって!む!アイテムたち」を運営しているem-pmさんにお会いすることでした。

たまたまSNSでem-pmさんがRavennaのソーサーを探している事を知り、そして、たまたま私がソーサーを持っていたことから「お届けしましょう」となった訳です。厚かましくも、著書「北欧 食べる つくる 可愛いと暮らす」も進呈。

A post shared by Etsuko Minowa (@em_pm) on


em-pmさんがお店を閉めてから、ガムラスタンを案内してくれました。
(ぼんやりと写っているリュックをしょった背中がお店に鍵をかけているem-pmさん。道を挟んで反対側の「M」と書かれた看板はスウェーデンレトロファンの間では有名なマグヌスさんのお店。マグヌスさんにも声をかけて下さっていたのですが、生憎この時ちょうどマグヌスさんはビンテージショッピングツアーの真っ最中で、お会いできませんでした)

高い建物の上から街を一望。

対岸にユールゴーデン島のグローナルンド遊園地。

古い趣のある住宅。

ビルの壁一面に描かれたモダンアート。暑くも寒くもなく、からっとした気候で歩くのが楽しい。

最後はお勧めのラーメン店「Ai Ramen」へ。

日本で外食でラーメンを食べることがほとんど無いので、本当に久しぶりのラーメン。スウェーデン人による経営で、麺から作っていると聞き、不安半分で食べましたが、美味しかった!

一仕事終えた解放感に包まれながら、食べたり、遊んだりと楽しい1日でした。

ミタ

ストックホルム博物館編を、きっと書く。
 


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

取引終わりのあとの美味しいランチ

今回も前回の続きから始まります。前回、新たな人物からコンタクトがあったところで終わっていました。

コンタクトの主と待ち合わせたのは、ホガナスにある1835年に建てられた陶磁器工場の跡を再開発し、2012年に作られた総合施設「Magasin 36」の駐車場です。

現金取引が条件だったので、以前あった銀行のATMの場所に行くと、既に撤去されていたので引き出しにやや時間がかかり、少し遅れて駐車場に到着すると、既に彼は待っていました。

小走りで彼の黒いバンに近づくと、軽く会釈をして、スライドドアを開け、約束のブツを出してくれます。状態を確認して、お金を渡し、現物を入手。それにしても、黒づくめ、大柄、スキンヘッド、アゴヒゲ、両腕に入れ墨のある彼と、駐車場でごそごそお金のやり取りをしている姿を客観的に想像し、やばいブツでも取引しているように見えるなと、何とも可笑しくなってきました。

そのやばいブツはタヒチのクリーマーとシュガーボウル。

無事取引を終了したので施設内にあるビュッフェレストラン「Saluhall」でランチ。日替わりメニューが111クローナで食べられます。

まずは、スープとサラダから。スープは菊芋のポタージュ。菊芋はヨーロッパでは良く材料に使われていますが、私は日本では見た事が無いです。ネットで検索してみるとサプリメントばかり出てくるので、食材としては一般的ではないのでしょう。

次にメインのポークロースト。ハーブをたっぷりと利かせてあって美味しかったです。

このレストランのビュッフェでは工場時代の窯を見ることが出来ます。分かりづらいですが、丸い屋根が見えるでしょうか?これは窯の天井の部分です。

窯の下の部分の周囲は、1階の生鮮食品売り場になっています(右端のレンガの壁が窯)。

なかなか観光で行く場所ではありませんが、レストランはとても美味しいですので、機会があればランチに行くのもいいかも。ちなみに、日替わりランチの木曜日は、毎週豆スープですので、お気を付けください。豆スープが好きならいいですが。

そんなガッカリ体験を2年前に書いています。宜しければ合わせてどうぞ。
木曜日は豆スープの日、でしたね

ところで、既にスウェーデンの買い付け品の発送が終了していたので、ブツは手荷物でストックホルムを経由してヘルシンキで発送しました。つまり、スウェーデンの買い付けは、これにて終了。次はストックホルム観光編とフィンランド編です。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓