デンマーク映画『アダムズアップル』悪魔っているの?

デンマーク映画『アダムズアップル』の試写会へ行きました。14年前公開ながら、このユニークな映画を紹介したいと配給担当者たちの情熱で実現した日本での上映です。

あらすじ
ある日、仮釈放されたスキンヘッド男のアダムが更生施設を兼ねる田舎の教会へ送り込まれる。指導役の聖職者イヴァンは 快く迎えるが、ネオナチ思想に染まったアダムは神も人の情けも信じていない。目標をイヴァンに問われたアダムは、「庭 のリンゴを収穫してアップルパイを作る」と適当な答え。しかし、この教会はどこかおかしい。同じ境遇にあるパキスタン移民のカリドとメタボ男のグナーは、更生するどころか暴力とアルコールに蝕まれている。聖職者のはずのイヴァンですら 現実逃避し、妄信的に神を愛することで自分を守ろうとしている。それを知ったアダムは執拗にイヴァンの自己欺瞞を暴こうとするが、時同じくしてアダムのアップルパイ作りを妨害するかのように奇怪な厄災が次々と降りかかる。それは悪魔の仕業か?それとも神が人間に与えた試練なのか……。

アダムズ・アップルLLP

日本には『盗人にも三分の理』という諺があります。泥棒にも犯罪を犯すそれなりの理由があるという意味。

犯罪者の過去を紐解くと、悲惨な体験が現れることは珍しくはありません。もちろん、同じような体験をしながらも、それを克服し犯罪に手を染めない人もいるのですから、過去に何があろうと犯罪は許せるものではないのですが。

デンマーク映画『アダムズアップル』に出てくる教会には更生のために元犯罪者が集められています。それぞれには、犯罪に手を染めたいささか自分勝手とも思える過去があります。そして、ある日そのメンバーにネオナチのアダムが加わります。

彼を迎えるのはマッツ・ミケルセン演じる聖職者イヴァン。穏やかに(しかしどこか奇妙に)神の愛を説くイヴァンに対し、新入りのアダムは根っからの『悪党』。更生のために教会に来ているのに、気に入らないことがあるとイヴァンのことを殴る蹴るの暴力。

いや、しかし、なんだかおかしい。

イヴァンはどんなに殴られようが蹴られようが、何も起こらなかったような態度だし、同居の元犯罪者たちが、ちっとも更生していないようなのに、気が付いている素振りがありません。

そのイヴァンの様子が何だか変すぎて、むしろ『悪党』のアダムの方がまともに見える瞬間も。

やがて、アダムはイヴァンもまた悲惨な過去を持っていると知ることになります。イヴァンは犯罪者にはならなかったけれど、耐えがたい事実から目を背け、何があっても”何もなかったこと”にしていたのです。

怖い!

過去の傷を克服できずに精神を病んでしまう方が、更生が難しそうで恐ろしい。

ただでさえ厳しい現実のさなかにいるイヴァンには、更に辛い運命が襲いかかります。イヴァンはどうなるのか、アダムは?ちっとも更生していない同居人たちは?

物語は思ってもいない方向へ進み、ラストは意外やハーピーエンド!

重いテーマをブラックユーモアに包み、試写会会場では時には笑い声も上がる程。ブログのサブタイトル”悪魔っているの”かどうかは、わたしが観終わってから考えさせられたこと。悪魔は外から襲いかかるのではなく、内側から作られるものかのかも。皆さんはどう思われるでしょうか。

新宿シネマカリテ10月19日(土)を皮切りに全国順次公開です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
作品公式サイト:www.adamsapples-movie.com

作品情報
監督・脚本:アナス・トマス・イェンセン
出演:マッツ・ミケルセン(イヴァン)、ウルリッヒ・トムセン(アダム)、パプリカ・スティーン(サラ)
配給:アダムズ・アップルLLP
2005 年/ デンマーク・ドイツ合作/ デンマーク語/94 分/ 英題:Adam’ s Apples

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

リッラ・カッテンさんとグレーテルのかまど

9月2日にNHK Eテレで放送した、グレーテルのかまど「スウェーデン王女のプリンセスケーキ」をご覧になりましたか?

スウェーデン洋菓子店のリッラ・カッテンさん全面協力で、スウェーデン人が大好きなプリンセストータ(プリンセスケーキ)がエピソードと共に紹介されていました。

リッラ・カッテンさんはテレビを持っていないということなので、我が家で鑑賞会。手土産にはブダペストロール。スウェーデンなのになぜかブダペスト。ハンガリーに無いのにブダペスト。

メレンゲにヘーゼルナッツの粉が入ったサクサク軽い生地が美味しいのです。

7月のサマーホリデーシーズンのため出演するスウェーデン人がなかなか捕まらなかったという、北欧との仕事あるあるなどの番組の裏話を聞きながら「グレーテルのかまど」だけでなく、「世界ふしぎ発見」「サンナのすてきな北欧スタイル」とスウェーデンを取り上げた番組を3本観て、ノルウェー夢ネットの青木さんが出演したグレーテルのかまどのワッフル編と北欧ライターの森さんと共通の友人たちが出演している「趣味どき!」を録画してお渡しすることに。

「こんなに北欧番組があるんですねー」と感心されたのですが、本当にこの頃は北欧番組が増えて追いつかなくなってきました。

番組ではお店の名前は出てこなかったのですが(NHKですから!)来店が増えてプリンセスケーキは売切れになったとか。テレビの影響は大きいですねー。

プリンセスケーキ以外もとても美味しいですので、神武寺方面に行かれた方は行ってみて下さいね。ネットでの販売もしていますので遠方の方はこちらを利用しても(クッキーのみ)。
スウェーデン洋菓子

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

夏休み自由研究『簡易版デンマークのライ麦パン作り』

こんにちは。今日のお昼はデンマーク風オープンサンド、 Smørrebrød(スモーブロー)でした 。

主役は具ではなく、下のパンです。

今週は新着のアップと週末のお店オープンをお休みしました。たった1回お休みするだけで、ものすごい時間に余裕が出来、夏休みの工作として買ったまま放置していた布で服を3着縫い(さらに1着縫う予定)、懸念だった黒パン(ライ麦パン)作りに手を付けました。

著書『北欧 食べるつくるかわいいと暮らす』では、巻末にSmørrebrød(スモーブロー)のレシピを掲載しました。本場スモーブローに黒パンは欠かせないのですが、本では買って用意してくださいとしか書けず、でも黒パンって簡単には売っていないよね、と知っているのでもどかしくもありました。

自宅で作られればいいのですが、黒パンはイーストではなく、サワー種と呼ばれる発酵種を起こすところから始まり、この種を作るのに数日かかるし、繰り返し焼くのでなければ、余った種を持て余してしまうのは目に見えていて、なかなかハードルが高い。

イーストを使ってハードルを下げた“なんちゃって”黒パン(ライ麦パン)を作れないかしら、との考えが浮かんだので、研究することにしました。まずはGoogle翻訳を使い、デンマーク語“Rugbrød uden surdej(サワー種なしライ麦パン)”で検索すると選びきれない程沢山のレシピが出てきました。

デンマーク人も考えることは同じなのですね。それぞれに様々なアイデアがあり、サワー種の代わりにバターミルクを使ったり、ビールを入れたりと、そうは言ってもハードルが高めだったりして。

いくつかのレシピを比べながら、手に入りやすい材料を使っているもの、行程が簡単なものをピックアップして、いいとこ取りしながらレシピを混ぜることにしました。

どのレシピも分量が多かったので、パウンド型1本分になるように、そしてキリのいい数字に計算し直し。生イーストをドライに、さらに<ヒマワリの種●g、 亜麻仁●g、ライ麦粒●g、ゴマ●g>などと指定してある混ぜ物類を市販のシードミックスに置き換えてみました。

書いた人にしか分からないメモ書き

レシピ(仮)が出来たので材料を揃えます。左からライ麦粉、シードミックス、全粒粉、強力粉。シードミックスは自由が丘のクオカで買いました。クオカを持っている富澤商店のオリジナルで、ネットで購入もできます(下にamazonのリンクを貼りました)。

北欧料理研究家の佐々木さん が、ライ麦クイックブレッドのキットをお店まで持って来て下さったので、これ幸いとアドバイスをもらい、第1弾が焼き上がりました。

心配していたけれど、美味しい!美味しいけれど、型から抜けない!困った!

型に対して、分量が多かったのを無理やりギュウギュウに詰めたのが原因かも。型にしっかり油を塗らなかったのが原因なのかも。実際のところは分かりませんが、次は全体分量を減らして再チャレンジします!

乞うご期待!

ミタ

佐々木さんに頂いたキットで焼いたパンは美味しく、あっという間に食べきってしまったので、写真がありません…。ごちそうさまでした。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデン大使館でレクサンドのサマーコースについてお話しました

こんにちは。

六本木にあるスウェーデン大使館

昨夜(6月27日)スウェーデン大使館で開催された留学イベント『スウェーデンで学びませんか?』で去年のレクサンドでのサマーハウス体験をお話してきました。

過去の留学フェアでは大学や大学院などアカデミックな留学先の紹介ばかりだったけれど、それ以外でもスウェーデンで学ぶ方法があるのを知って欲しいというのが大使館の目的です。

様々なスウェーデン留学について話される速水広報補佐

まずは、ヨンショーピング大学の大学準備クラスについて。スウェーデンなのに、英語を学ぶカリキュラムというのが驚き。もちろんスウェーデン語の初級の授業があり、スウェーデンの文化の講義もあるとか。終了すればスウェーデンの大学を受験することが出来ます。

すごく魅力的だけど、数学・科学・物理を勉強すると聞いて無理だなあと。理系の方は是非!

次に、アクセヴァッラ国民高等学校に10ヶ月間留学していた鈴木悠史さんの留学体験について。スウェーデン語での授業は辛く、それでも季節のイベントなど楽しい思い出もあったと、当時の写真で振り返って見せてくださいました。

最後は、レークサンド国民高等学校の体験談。まずは本の装丁を3年間学んだ山口元子さんのお話。3年間の思いでは10分の持ち時間では語り切れず、いつか別の機会に最後まで伺いたい!

次は私がサマーコース3日間の経験について話しました。授業の内容だけでなく、コースに含まれているもの、料金、3日間の経験で得たことについて。

もちろん、私も10分では語り切れないので、用意して下さったテーブルで一人一人の質問にお答えしました。

会の終了後には軽食と歓談も。

更に、ニッケルハルパの演奏やフォークダンス♪

何人もの方から「3日間だけなら会社の休みを利用して参加出来そう」と感想をいただき、 回し者ではありませんが、これを機会に体験して下さる方が増えると嬉しいです。つたないプレゼンではありましたが、聞いて下さって本当にありがとうございました。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンの定番お菓子レシピ本で定番シナモンロール

2019年の春の買い付けブログ(まだ終了していませんが)の『ワッフルの日に椀子ワッフル状態』の回で、スウェーデンの定番レシピ本『Sju sorters kakor(7種類のお菓子:スウェーデンではおもてなしにお菓子を7種類用意する、という伝統から)』の英語版がAmazonであったので注文したと書きました。古本なので送料込み851円のお安さ。

国内在庫だったので、注文して数日で届きました(いったいどういう経緯で日本に?)。届いてから分かったのですが、2005年版。巻末にグルテンなし、砂糖なし、卵なしのレシピの索引と、レシピから砂糖を減らす方保についてページが割かれているのが、現代らしい。

早速ワッフルを索引で探したのですが…なんと掲載されていません!この年にはワッフルは掲載されなかったのか、それとも英語版だからか。目的のレシピはありませんでしたが、せっかくなので、定番のシナモンロールを焼きました。

レシピの三分の一量にして、バター50g、牛乳160cc、イースト小さじ2、塩一つまみ、砂糖40cc、カルダモン小さじ1、小麦粉430cc。

レシピは重量でなく容量だったので、作る前は分からなかったのですが、作りながら重さを測るとほぼいつも作っているレシピと同じでした。こういうのは、だいたい固定のレシピなのでしょうね。

ただ、卵が生地に入らないので、柔らかめの焼き上がり。翌日も硬くならず美味しかったです。 次はいつものレシピに卵なしで作ってみよう。

ところで、シナモンロールは巻き終わりからほどけてきてしまう事が多く、いつもエイエイとつまんで貼り付けていたのですが、先日とても簡単な解決方法を知りました。

巻き終わりを下に挟むだけ。

簡単なことですが、今まで思いつきませんでした。思い付いた人偉いなあ。

ミタ

ところで、英語版はレシピ名も英語に訳されていて、オリジナルのスウェーデン語が分からないのが難点。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓