『フィンランド・デザイン展』東京会場スタート!

2017年1月の福岡会場を皮切りに、12月の宮城会場まで約1年間全国を巡回する『フィンランド・デザイン展』がいよいよフクヤのある東京にやってきました。会場は府中市美術館、会期は9月9日から10月22日。

初日の昨日開催された開会式に招待を頂き、行って来ました。会は閉館後の午後5時半より開催されました。

挨拶をされるユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使。フィンランドには戦後大変に貧しく苦しい時代があり今に至ったこと、フィンランドのデザインは海外の影響を受けながらも身近な自然から着想を得ている事などを話されました。

間に歓談の時間を挟み、府中市美術館の藪野健館長が挨拶されました。洋画家である藪野氏ならではの視点から今回の展示で感銘を受けた点をお話されました。

開会式の後は、内覧会の時間が用意されていました。なお展示の撮影は禁止ですが、取材のため許可を得て撮影しています。

今年はフィンランド独立100周年記念として企画された、100年の歩みを振り返る展示となっています。まずは「第1章」として独立以前の19世紀の家具や器などから。

第2章はフィンランドデザインの礎を築いたデザイナーたちの作品。カイ・フランクの器やマイヤ・イソラのテキスタイル。

アルヴァ・アアルトの曲木の椅子。

第3章はフィンランドデザインを完成させたデザイナーたちの作品が並びます(完成というだけあり、つい最近まで作られていたり、今も作られている物も!)。


第4章はフィンランドの異才たち。ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの素晴らしいムーミンの本のためのドローイングや、貴重な50年代のムーミンの製品が並び見入ってしまいます。

ヴォッコ・ヌルメスニエミの大胆なテキスタイルを使ったドレス。

エーリック・ブルーンのポスター原画。ペンのタッチの素晴らしい事。そして、半世紀以上前のことですから、文字ももちろん手描きです。学生時代にやりましたが、面相筆で輪郭を描いて、内側は平筆で塗るんですよね。懐かしい。

第4章のエーロ・アールニオのポップな椅子たちの壁面に飾られているのは、第5章の企業とデザインを飛躍させたデザイナーとして取り上げられている、石本藤雄の華やかな花の陶板作品です。

第5章には、東京会場の「顔」となっている、オイヴァ・トイッカのフクロウも。

最後の第6章はフィンランドデザインの今について。アラビアのヘイニ・リータフフタの繊細な作品。

これは可愛かった。ハッリ・コスキネンがカニ(兎)とオウル(フクロウ)のパターンを和紙と漆で作ったポーチにデザインした製品。

その他にも、カイ・フランクの意外な側面を見る可愛らしいテキスタイルパターンや、ムーミンマグの原画といった、普段はなかなか見ることのできない展示がされています。ムーミンマグの原画は、完成までに試行錯誤したプロセスが時系列で並べてあるのが面白い!

2012年の「フィンランドの暮らしとデザイン展」よりも、デザイナーにグッとスポットを強く当てているので、デザインが好きな方にはワクワクと、どの作品も一つも見逃せない展示となっています。ここにご紹介した以外にも是非見て欲しい作品が並んでいますし、また写真では絶対に伝わらない細部の美しさ、面白さがあるので絶対に実物を見て欲しいです。東京は少し不便な場所にありますが、行く価値ありですよ。


フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3
(ハローダイヤル 03-5777-8600)

会期:2017年9月9日(土)~10月22日(日)
※10月8日(日)は開館記念無料観覧日。
休館日:月曜日 (9月18日、10月9日をのぞく)、9月19日、10月10日
開館時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料:一般900円

詳しくは下記リンク先の公式サイトをご覧ください。
●フィンランド・デザイン展


最後の会場は、10月28日から12月24日まで宮城県美術館です。東北旅行ついでにいかがでしょうか?

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンのホームパーティー

2017年夏の買い付けレポートです。前回は巨大ユールボックで有名なイェブレを出て、友人の実家のあるスウェーデン北部のスンツヴァルに到着したところまででした。

実は今年結婚した友人の日瑞カップルの結婚お披露目パーティーに乱入させて頂いたのです。この日はスウェーデンの夏至祭にあたり、遠方からも親戚の皆さんが集まっていました。これは彼女のために用意された美しい花冠。まさに夏至祭の雰囲気です。

風船とリボンで飾られたリビングの壁の一面だけ柄物の壁紙。こういう壁紙の一部使いが好きで、以前からやってみたかく、フクヤのお店を作った時に実現しました。

食前酒が用意されたテーブル。ヨーロッパではしばしばこうして食事の前に別室でお酒とおつまみを頂いて歓談の後、ダイニングに移って食事をします。

軽く飲み食いしながら簡単なカードゲームで遊んで、テーブルセッティングされたダイニングへ。ちなみにこの時のゲームでバカ勝ちして日本のお土産をいくつもいただいてしまったので、スウェーデンのご親戚にお分けしました。

前菜は森で狩ったヘラジカの心臓のスモーク。初めて食べた心臓は美味しかった!ネームカードは彼女が一つ一つ作ってくれたもの。

メインはポークとヘラジカとサーモン。スウェーデンらしく、バイキング形式で。

ソースはグレービーソースとドラゴンソース。私はドラゴンソースって何?!と思ったのに、「こっちがドラゴンソース」と説明された皆さんから何の質問も出ないので、益々不思議な気持ちに。後で質問するとスパイスのエストラゴン(タラゴン)のスウェーデン語だとか。

ヘラジカもポークも美味しい。ちなみに大小のお皿を2枚重ね、上の小さなお皿で前菜(あるいは魚料理)を食べ、下の大きなお皿でメイン(あるいは肉料理)を食べるのは、スウェーデンとデンマークのセミフォーマルなホームパーティーでの形式です。

お代わりもして、お腹いっぱいになったところでデザートの登場です。テーブルに呼ばれてビックリ!

なんと、全部お母さんの手作りの焼き菓子。驚愕!!

シナモンロール、ハッロングロットルのようなお馴染みのお菓子から

初めて見るお菓子まで全部で9種類ありました。

手前に用意されたコーヒーカップとケーキプレートをまず手に取って…

お腹いっぱいと言いながら、全種類をお皿に。スウェーデンのおもてなしでは7種類のお菓子を用意するのが主婦の誉らしいのですが、それを凌駕する9種類。

全部の名前を教えてもらいました。お母さんは分厚いヒミツのレシピ帳を持っていて、そこには手書きや切り抜きがびっしり。お菓子は買ったことが無いのだそう(名前が間違っていたらごめんなさい)。

そしてデザートの最後は、これも手作りのウェディングケーキ。ベリーケーキに緑のマジパンでカバーがしてあるのがプリンセスケーキのようで、いかにもスウェーデン的。

身内だけのパーティーに申し訳ないと思いつつ好奇心には勝てず押しかけてしまいました。それなのに、あたたかなおもてなしと、美味しい料理をいただき、本当にありがとうございました。素敵な思い出になりました。そして、お幸せに!!

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アスパラガスと静謐なアンティークがモチーフのデザイン

もう、本当に気が付けば2か月も前の話になってしまって申し訳が無いのですが、5月の終わりに北海道のPresseさんが「旬の味をどうぞ」と立派なアスパラガスを送って下さいました(嬉しいサプライズ!)。

札幌市の谷口農園さんが無農薬、無化学肥料で作っているアスパラガスだそうです。

さっと塩茹でし、同封されていたリーフレットのお勧め通り、オランデーズソース(生まれて初めて作りました)をかけて、温かい内にいただきます。

ポクポクしていて美味しい!アスパラガスがポクポクしているなんて初めての体験です。アスパラガスの見方が変わる体験でした。北海道と言えば海鮮やジャガイモのイメージでした。他にも美味しいものが沢山あるんですね。

アスパラガスを盛り付けたのは、アラビアのケーキトレイ「Antique(アンティーク)」です。その名の通り、アンティークの道具たちをエッチングのようなタッチで描き、写真技術が無かった頃の製品カタログの雰囲気がします(この写真はフィンランドのガラス博物館にあった、1800年代の製品を紹介したリーフレット)。

ですので、製造が1960年代から70年代と分かった時は「え、そんな最近なの?」と思ったくらいです。

デコレーションはエステリ・トムラ。植物画で知られている彼女にしては、珍しい静物画のイラストで、タッチも他にない雰囲気がします。ただ、対象を細かく観察して描く様子は正に彼女のもの。

実は最近ちょっとクラシックなデザインも気になっていて、この夏の買い付けで自分用にロールストランドの100年以上前に作られたアンティークのプレートを買ってきました。

そんなアンティークなデザインがお好きな方にもおすすめのトレイです。製品は下記リンク先からご覧ください。

Arabia Antique (design) ケーキトレイ

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデン大使館のナショナルデーイベントへ

6月6日はスウェーデンのナショナルデーです。ナショナルデーとは国家の記念日で、国によって建国記念日だったり、独立記念日だったり。日本では建国記念日ですが、スウェーデンでは国旗記念日というらしいです。

そのスウェーデンのナショナルデーを祝うイベントがスウェーデン大使館で昨日の6月4日に開催され、ご招待いただいたので行ってきました。日曜日なので、店番は家人にお願いしての参加です。ちなみにイベントには、基本的に在日スウェーデン人とその家族や友人、あるいはスウェーデンに関わっている企業の関係者が参加できるそうです。

開場直後は長蛇の列だったそうですが、私は1時間半ほど遅れて行ったのですんなりと入場できました。

入場してすぐにマグヌス・ローバック駐日スウェーデン大使とすれ違いました。

会場にはメイポールが飾られていて、どちらかというと夏至祭の雰囲気。実際スウェーデンではナショナルデーよりも夏至祭の方が盛り上がり「むしろ夏至祭の方がナショナルデー」とスウェーデン人も冗談を言うほどです。

会場には北欧関係の出店がいくつも出ていました。こちらは「レストラン ストックホルム」さんの屋台。今日はお店を休んで来たとか!

料理ユニット「SPISEN(スピーセン)」さんのスウェーデンのお菓子。

まずは北欧食材輸入販売の「アクアビットジャパン」さんの出店でミートボールをいただきました。

それから、友人と合流して、北欧レストラン「リラダーラナ」さんのお弁当。リラダーラナさんもお店を休んで参加かな?空の部分があるのは、少し食べてから思い出して写真を撮ったからです。

お弁当を食べながらスウェーデンのフォークダンスを見学。日本人でスウェーデンのフォークダンス愛好家の方がこんなにいらっしゃるなんて!

スウェーデンの楽器、ニッケルハルパの演奏も日本人の方。どんなきっかけで、こんなレアな楽器を初めたのか興味がわきます。

在日スウェーデン人の男性二人による音楽デュオによる歌と演奏。スウェーデン語は分かりませんが、夏の歌だそう。皆が歌に参加できるように歌詞カードも用意されていました。

(恐らく)素人なのですが、楽器と歌はもちろん、盛り上げも上手で楽しい!最後に日本語で歌った「上を向いて歩こう」は声の出し方が坂本九そっくりで、なんで知っているのかとビックリ(口笛も!)。

見るだけでなく、会場の人たちも夏至祭の踊りの定番カエルダンス(Små grodorna)や、ステップを踏みながら手を繋いで歩くだけの蛇ダンス(だったかな?)を、メイポールの周りで踊りました。


締めにスピーセンさんのクラッドカーカ(チョコレートケーキ)。

帰り際に在日スウェーデン人の方がチャリティーで作ったクルミのカップケーキを買いました(売り上げは東北の震災のために使われるそうです)。帰宅すると家人が店番で消耗してお腹を減らしていたので、ちょうど良い手土産になりました。

日本にいながら、スウェーデン成分をたっぷりと吸収した1日でした。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド人あるあるは日本人あるある

今日から5月。今朝テレビのニュースで新入社員の五月病について取り上げられていました。特に今年は大型連休なので、休み明けに憂鬱な気持ちに襲われる人が多いのかも知れませんね。

ところで、フィンランド人の「あるある」をテーマにして、2016年のフィンランドコミック部門売り上げNo.1となった漫画『マッティは今日も憂鬱』を読みました。

元になった漫画『Finnish Nightmares(フィンランド人の悪夢)』はインターネットで発表されていたため、たまにシェアされているのを読むことがありました。読むたびに「なんだか日本人みたい」と感じていたのですが、今回まとめて読んで、益々その気持ちを強くしました。

あれは20年程前の事だったか、渋谷パルコの地下の本屋でたまたま手にした雑誌がフィンランド特集でした。そこに”フィンランド人は自分たちが日本人に似ていると思い、日本に親近感を抱いているが、日本でフィンランドの事を知っている人はほとんどいず、片思いである”と書かれていました(正確ではありませんが)。

その時は、私もご多分に漏れず、フィンランドの事はほとんど知らなかったので「ふーん、そんなものかなあ」とぼんやりと思い、それでも不思議に、その文がとても印象に残っていました。

『マッティは今日も憂鬱』によると、フィンランド人は自分の思っていることをはっきりと口に出すのが苦手。人目に立ちたくなく、出来れば他人と距離を置いて、自分の世界を守りたい。必要以上に人に気を使って、大変な時でも何でもない振りをして助けてと言えなかったり、何かあったら悪いのは自分ではないかと勘ぐる…。そんな困ったフィンランド人の状況をユーモアたっぷりに描いています。

ああ、これってまさに日本人ではないですか!

来週からのゴールデンウィーク明けが憂鬱な新入社員の皆さん、新入社員ではない皆さん、そもそも連休なんてないよという皆さん、もしかしたら「遠い北の国の人たちが同じようなことでウジウジしている」話を笑いとばしているうちに、五月病も気にならなくなるかも知れませんよ…保証はしませんが。

本に興味のある方は下記リンク先をご覧ください。

さて、そんなマッティ(フィンランド人)が唯一饒舌になるのがサウナだとか。フィンランドでサウナと言えばビールがつきもの。アラビアでは、こんなサウナ用のビアマグが作られていました。

このビアマグを使えば、いつもよりリラックスできて饒舌になるかも知れません。私はお酒は飲めませんが、ミルクティー用に一つ持っています。在庫状況はリンク先からご覧ください。
アラビア サウナ用ビアマグ

ミタ

ところで、以前テレビのサウナ特集で「サウナでお酒は厳禁」と解説し、次に紹介されたフィンランド大使館のサウナの中にビール缶が映っていたのは笑いました。フィンランド人はお酒に強いですからね。日本人は真似しない方がいいかも。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓