ワークショップ、アロマでバーチサップの化粧液

こんにちは。7月13日に開催した白樺樹液(バーチサップ)を使った化粧液作りのレポートです。猫営業部長が不調のためスタッフ♀代役です。がんばります。

様々なミネラルやビタミンを含む白樺樹液は、北欧やロシアでは健康飲料として古くから飲まれています。中でも、含まれるフルーツ酸とビタミンCは肌の修復やアンチエイジング効果が期待され、フィンランドのコスメブランド「Lumene(ルメネ)」では様々な白樺樹液成分を含んだ基礎化粧品が作られています。

一本一本の白樺の木にチューブを手作業で挿入し採取する手間のかかる方法の上、夏至の頃の限られた時期にしか採取できず、長期保存が難しいので、限られた地域でしか手に入りませんでしたが、最近は技術の進歩で長期保存もできるようになったとか。

White birch water

そんなレアな天然の恵みを使った化粧水、これは絶対に面白いと思っていたのですが…

参加者がお一人。

なんでー!!!

なんと先生が用意して下さった精油には、ロールストランドのモナミのモチーフとなったイソツツジがありました。

とっても北欧なアロマ教室でしたが、本当に参加者が少なかったのが残念。お一人なので延期しますか、と先生に尋ねると、バーチサップの消費期限があるのでやりますと開催して下さいました。ありがたい。

もし、これを読んで興味が湧いた方は下記リンク先ホームページから講師の西村先生にお問い合せ下さい。

アロマテラピー教室 すぅ

数行前に書いた通り、バーチサップは消費期限があるため、いつでもできる講座ではありませんが、参加したいという方が多ければ先生にリクエストしてみます。その場合は絶対に参加して下さいねー!

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドでご飯

もう夏になってしまっていますが、春の買い付けフィンランドの買い付けの続きです。

これは今回初めて買い付けたリーヒマキガラスのFlindariタンブラーです。

他にも色々買い付け。

この形のマリメッコのバッグ、懐かしいですねー。フィンランドの買い付けはスウェーデンよりも短く3日間で終了。 残りの2日間は引きこもって、ただただ梱包です。

以前は材料を買って調理をする事もありましたが、最近は時間の節約でスーパーのお総菜が中心になっています。

今回はチキンカツにパイナップルの輪切りが乗っている Hawaijinleike(ハワイ風カツレツ)を買ってみました。パイナップル乗せればハワイ風という雑な認識はフィンランドにもあるのだなあ、と感心。

スムには缶詰を開けました。いつも気持ちがいい食べっぷり。

梱包1日目は丸々、2日目は午前中梱包に使い、午後に発送を終え、打ち上げとしていつもの北欧料理の食堂へ。この店に限らず、 飲み放題のコーヒー&紅茶用のお湯のヒーターに乗っているコインの理由を尋ねると、熱くなり過ぎないようにとか。フィンランドのおまじないかと思ってたら、案外実用的な理由でした。

この日のメニューはヘラジカのハンバーグにカンタレッラとリンゴンベリー添えと茹でジャガイモ。

美味しかったです。ごちそうさま。

この店はランチのみ営業で定食のみ。映画『かもめ食堂』も有名になって日本人が多く訪れるまではランチのみでしたね。

残り1日は観光に使うことにしました。

続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ワークショップ、夏のアームカバーを編む

こんにちは。フクヤのワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。 6月にアームカバーを編むワークショップをしました。

先生はしずく堂さんです。

後姿のしずく堂さん

それで糸がこんな風にシマシマだから編むとシマシマになります。

ぜんぶで4回やって、ぜんぶいっぱいだったので、ぜんぶで32人でした。

青いのを作った人です。

赤いのを作った人です。

それで、みんな手がシマシマになりました。がんばったね!

ワタシは何にもしなくてもシマシマなのは知ってるよね!

じゃ!またね!

みりん(猫営業部長)

【お知らせ】
しずく堂さんのワークショップは7月、8月にも予定しています。参加方法など詳細は下記リンク先のしずく堂サイトよりご覧ください。
しずく堂Store

※マルシェバッグは8月12日に追加講座があります。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

映画『サウナのあるところ』NHKのドキュメント72時間が好きなら…

昨日、9月に公開されるフィンランド映画『サウナのあるところ』の試写会に行ってきました。81分たっぷりと男性の裸体を観続けるという、滅多にできない体験。

『サウナ/Sauna』とは、恐らく世界中で使われている唯一のフィンランド語で、フィンランド人の暮らしには欠かせないものです。日本のお風呂のように一般住宅はもちろん、公共のサウナもあり、なんと戦争中も簡易サウナを組み立てて入っていたというから、もしかしたら日本人の風呂への情熱を超えるのかも知れません。

フィンランド語読めないけれど面白くて買ってしまった歴史雑誌

さて、話は映画に戻って。『サウナのあるところ』は普段無口なフィンランド人がサウナでは饒舌に個人的な話をするのを面白いと思ったバリヘル監督と、ホタカイネン監督によって撮られ、2010年に公開された映画です。フィンランドでは1年以上のロングランになったヒット作。

私たちは登場人物のバックグランドを知らないまま、(もちろん)裸なので、服装から推測も出来ず、先入観なしに彼らの話に耳を傾けていきます。肉体労働者なのか、エリートサラリーマンなのか、軍人なのか、ホームレスなのか、元犯罪者なのか、都会なのか、田舎なのか、語りを聞くうちに彼らの背景が少し見えてきますが、詳しい説明はありません。

©2010 Oktober Oy.

裸の男たちは、自分の立場ならこう振舞うべき、男ならこう振舞うべき、というしがらみから解放されたように、心の奥にしまっていた悲しみ、苦しみ、キツイ体験をぽつぽつと語り、時にはむせび泣きます。ドラッグ、離婚、虐待…幸福度1位の国の影の部分も体験者の言葉として語られているのが胸に迫ります。

キツイ体験からのハッピーエンド、ユーモアにあふれたエピソードなど、思わずニンマリとしてしまう場面もあり、ただサウナに入っているだけという単調な画面にも関わらず、話の構成に飽きることがありません。

NHKの『ドキュメント72時間』をご存じでしょうか?特定の場所に72時間定点観測カメラを設け、訪れた人々に何故ここに来たのかインタビューする番組です。私たちの隣にいてもおかしくない人たちが語る人生の悲喜こもごもに、時には衝撃を受け、時にはあたたかな思いに包まれ、時には深く考えさせられる人気のドキュメントです。

『サウナのあるところ』も同じように、男たちが語る心の内に泣き、笑い、微笑ましくなり、どんな人の人生も決して楽なものではなく、かといって苦しみばかりではないのだとシミジミとした思いが胸に広がります。

映画を観ながら、フィンランドの知り合いたちの顔を思い浮かべ、彼ら、彼女らも私たちと同じように苦しみや喜びと共にあるのだと思わずにはいられませんでした。

『Be kind, for everyone you meet is fighting a hard battle』
Ian Maclaren

『親切であれ。あなたの出会う誰もが困難な戦いのさなかにある。 』
イアン・マクラーレン

『ドキュメント72時間』 のようなドキュメンタリーが好きなら、フィンランドの裸の声を聞きたいと思っている方なら、お勧めの映画です。

実は一番ユーモアのある話のオチが予告編で流れてしまっているので、笑うところで笑えなかったのが残念。観る予定の方は予告編を観ないで行くのがいいかも!


2019 年9 月14 日、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテほか全国順次公開。
■公式HP:https://www.uplink.co.jp/sauna

2010 年/フィンランド/フィンランド語/ドキュメンタリー/81 分
原題:Miesten vuoro /英題:Steam of Life
監督:ヨーナス・バリヘル、ミカ・ホタカイネン
提供・配給:アップリンク+ kinologue

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド、ドーナツと猫と買い付け

随分と間が空いてしまいましたが、フィンランド春の買い付け編の2回目です。もう4月に入るというのに、朝は地面が真っ白になるほど冷え込むフィンランド。

ところで、立ち寄った大型スーパーにアーノルドドーナツのコーナーがありました。2013年に日本に上陸しましたが、今年(2019年)店舗は閉店。今は催事だけになっているのかな?

ドーナツをデザインした持ち帰り用の箱がかわいい。日本のは茶色だったかな?

日曜日は宿の近くのスーパーに。日曜日は総菜コーナーと併設のベーカリーがお休みなのが、フィンランドらしい。日本なら書入れ時とオープンしていますよね。ベーカリーはお休みでしたが、レジの外側にこんなカートが置かれていました。

前日の売れ残りを無料で提供しています。見ていると高校生くらいのグループが次々手に取って食べていました。食べ盛りだもんね。食料廃棄を出さない思い切ったアイデアですが、日本では「もし何かあったら」と二の足を踏んでしまうお店が多いだろうなあ。

もちろん買い付けもしています。

こんなものを色々と。

買い付けた猫柄のお皿をSNS用に撮影していたら宿猫スムが乱入してきました。どうも、テーブルに器を置いたコトっという音でご飯が出てきたと思ったようで、器をのぞき込んでガッカリ。

一方スムの娘のトフィーは宿の中でちゃっかりテーブルについていました。

ドーナツは買わなかったけれど、手作りシナモンロールをもらって頂きました。美味しかったです♪

フィンランド買い付けは続く。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓