スウェーデンの定番お菓子レシピ本で定番シナモンロール

2019年の春の買い付けブログ(まだ終了していませんが)の『ワッフルの日に椀子ワッフル状態』の回で、スウェーデンの定番レシピ本『Sju sorters kakor(7種類のお菓子:スウェーデンではおもてなしにお菓子を7種類用意する、という伝統から)』の英語版がAmazonであったので注文したと書きました。古本なので送料込み851円のお安さ。

国内在庫だったので、注文して数日で届きました(いったいどういう経緯で日本に?)。届いてから分かったのですが、2005年版。巻末にグルテンなし、砂糖なし、卵なしのレシピの索引と、レシピから砂糖を減らす方保についてページが割かれているのが、現代らしい。

早速ワッフルを索引で探したのですが…なんと掲載されていません!この年にはワッフルは掲載されなかったのか、それとも英語版だからか。目的のレシピはありませんでしたが、せっかくなので、定番のシナモンロールを焼きました。

レシピの三分の一量にして、バター50g、牛乳160cc、イースト小さじ2、塩一つまみ、砂糖40cc、カルダモン小さじ1、小麦粉430cc。

レシピは重量でなく容量だったので、作る前は分からなかったのですが、作りながら重さを測るとほぼいつも作っているレシピと同じでした。こういうのは、だいたい固定のレシピなのでしょうね。

ただ、卵が生地に入らないので、柔らかめの焼き上がり。翌日も硬くならず美味しかったです。 次はいつものレシピに卵なしで作ってみよう。

ところで、シナモンロールは巻き終わりからほどけてきてしまう事が多く、いつもエイエイとつまんで貼り付けていたのですが、先日とても簡単な解決方法を知りました。

巻き終わりを下に挟むだけ。

簡単なことですが、今まで思いつきませんでした。思い付いた人偉いなあ。

ミタ

ところで、英語版はレシピ名も英語に訳されていて、オリジナルのスウェーデン語が分からないのが難点。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓