スウェーデン大使館でレクサンドのサマーコースについてお話しました

こんにちは。

六本木にあるスウェーデン大使館

昨夜(6月27日)スウェーデン大使館で開催された留学イベント『スウェーデンで学びませんか?』で去年のレクサンドでのサマーハウス体験をお話してきました。

過去の留学フェアでは大学や大学院などアカデミックな留学先の紹介ばかりだったけれど、それ以外でもスウェーデンで学ぶ方法があるのを知って欲しいというのが大使館の目的です。

様々なスウェーデン留学について話される速水広報補佐

まずは、ヨンショーピング大学の大学準備クラスについて。スウェーデンなのに、英語を学ぶカリキュラムというのが驚き。もちろんスウェーデン語の初級の授業があり、スウェーデンの文化の講義もあるとか。終了すればスウェーデンの大学を受験することが出来ます。

すごく魅力的だけど、数学・科学・物理を勉強すると聞いて無理だなあと。理系の方は是非!

次に、アクセヴァッラ国民高等学校に10ヶ月間留学していた鈴木悠史さんの留学体験について。スウェーデン語での授業は辛く、それでも季節のイベントなど楽しい思い出もあったと、当時の写真で振り返って見せてくださいました。

最後は、レークサンド国民高等学校の体験談。まずは本の装丁を3年間学んだ山口元子さんのお話。3年間の思いでは10分の持ち時間では語り切れず、いつか別の機会に最後まで伺いたい!

次は私がサマーコース3日間の経験について話しました。授業の内容だけでなく、コースに含まれているもの、料金、3日間の経験で得たことについて。

もちろん、私も10分では語り切れないので、用意して下さったテーブルで一人一人の質問にお答えしました。

会の終了後には軽食と歓談も。

更に、ニッケルハルパの演奏やフォークダンス♪

何人もの方から「3日間だけなら会社の休みを利用して参加出来そう」と感想をいただき、 回し者ではありませんが、これを機会に体験して下さる方が増えると嬉しいです。つたないプレゼンではありましたが、聞いて下さって本当にありがとうございました。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンの定番お菓子レシピ本で定番シナモンロール

2019年の春の買い付けブログ(まだ終了していませんが)の『ワッフルの日に椀子ワッフル状態』の回で、スウェーデンの定番レシピ本『Sju sorters kakor(7種類のお菓子:スウェーデンではおもてなしにお菓子を7種類用意する、という伝統から)』の英語版がAmazonであったので注文したと書きました。古本なので送料込み851円のお安さ。

国内在庫だったので、注文して数日で届きました(いったいどういう経緯で日本に?)。届いてから分かったのですが、2005年版。巻末にグルテンなし、砂糖なし、卵なしのレシピの索引と、レシピから砂糖を減らす方保についてページが割かれているのが、現代らしい。

早速ワッフルを索引で探したのですが…なんと掲載されていません!この年にはワッフルは掲載されなかったのか、それとも英語版だからか。目的のレシピはありませんでしたが、せっかくなので、定番のシナモンロールを焼きました。

レシピの三分の一量にして、バター50g、牛乳160cc、イースト小さじ2、塩一つまみ、砂糖40cc、カルダモン小さじ1、小麦粉430cc。

レシピは重量でなく容量だったので、作る前は分からなかったのですが、作りながら重さを測るとほぼいつも作っているレシピと同じでした。こういうのは、だいたい固定のレシピなのでしょうね。

ただ、卵が生地に入らないので、柔らかめの焼き上がり。翌日も硬くならず美味しかったです。 次はいつものレシピに卵なしで作ってみよう。

ところで、シナモンロールは巻き終わりからほどけてきてしまう事が多く、いつもエイエイとつまんで貼り付けていたのですが、先日とても簡単な解決方法を知りました。

巻き終わりを下に挟むだけ。

簡単なことですが、今まで思いつきませんでした。思い付いた人偉いなあ。

ミタ

ところで、英語版はレシピ名も英語に訳されていて、オリジナルのスウェーデン語が分からないのが難点。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ワークショップ、金継ぎ

こんにちは。フクヤのワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。今日の二回目のワークショップのレポートです。

これはそんなに前じゃなくて6月18日だから4日前ので金継ぎをしました。

フクヤのお客さまがたくさん参加したので北欧の器が多かったです。

本当はルスカとかコスモスとかの欠けを直しに来たけれど割れたのやらないと練習にならないよってスタッフが言葉巧みにお皿をやってもらいました 。

カップいっぱい。

届いたら割れてたってショックでも直せちゃう。

カステヘルミは裏のポコポコのところが難しい


また使えるようになった!

午前の人のを集めて写真を撮りました。

午後の人のはクロッカスとかあったんだけどスタッフが見に行ったらもう終わって片付いていたんだって。やっぱりおそいんだから。そういうのだめなんだからね。

じゃ!またね!

みりん(猫営業部長)

【お知らせ】
講師の柳澤さんは東京近辺各地でワークショップを開催しています。詳しくは下記リンク先のウェブページからご確認ください。
金継ぎの柳家


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ワークショップ、フィンランドの刺繍とコードで作るバッグ

こんにちは。フクヤのワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。体の調子が悪かったのでワークショップのレポートが遅くなりましたけれど今日はふたつレポートします。

いっこ目は5月17日にやったTakkuの刺繍とコード作りです。 これはふたつの講座なんだけど、ふたつともやると合わせてこんなバッグが出来上がるようになっています。

最初は刺繍からです。教えているヘイディ先生です。

みんながんばって刺繍しました。

ちょっと進んだ。

時間内にできあがらないのは宿題で作ることになっています。みんなやったかなあ?

次はコードを作る講座です。教えているヘイディ先生。

みんなで真似して作りました。

これは多分できあがったと思うんだけどスタッフがぼんやりしていて次に行ったときは片付いていたので良く分からないそうです。

スタッフの教育がゆきとどかなくてごめんなさい。

じゃ!次は金継ぎについてレポートしますね!

みりん(猫営業部長)

【お知らせ】
Takkuは全国各地でワークショップを開催しています。詳しくは下記リンク先のウェブページからご確認ください。
TAKKU<フィンランドの伝統手芸ワークショップ>


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドで宿猫に再会

毎日暑いですね。それではフィンランドの雪景色をどうぞ!

というわけではなく、買い付けの後半フィンランド編です。そろそろ4月になろうって時なのに、寒いよ、フィンランド。

いつもの宿へ向かう道を、フワフワした毛があちこちに飛んでいるなあと思いつつ進んでいると、道端に車が2台止まり、運転していた(と思われる)60代くらいの女性が脇に立っています。

車と車の間を見ると、鹿が1頭倒れていました。フワフワの毛の発生源はここ。恐らく絶命。鹿と衝突したと思われる女性は、自治体か何か、しかるべき管理局が引き取りに来るのを待っているのでしょうか。

それにしても、こんな開けた、車も大してスピードを出さないような道路で野生動物との衝突事故があるなんて(高速道路では頻繁に動物の死体を見ます)。

さすがに事故の写真は撮れなかった

なんだか暗い気持ちになりながら、いつもの宿に到着すると、こちらでは元気なフワフワのお出迎え。

太って見えますが案外軽く毛がフワフワなだけ

よしよし

おや、トフィー(名前)もおうちに入るのね。よしよし。

そこはちょっと困る。

荷物を広げ、パソコンなどセッティングし、WiFiのつながりなど確認して、近くのスーパーへ買い出しに行きました。

スウェーデンに比べ、フィンランドのパッケージデザインってイマイチだったのですが、最近はかわいいのが増えました。

いわゆる”北欧デザイン”っぽいパッケージが増えた

スウェーデンでイースター飾りが売っていて気が早いと思っていましたが、フィンランドでは何と既にシマが売っていました。

シマは5月1日のメーデーに飲む微炭酸&微アルコール飲料。以前フィンランドの人に「シマってメーデー以外では飲まないの?」と尋ねると「メーデーの日だけね、どうしてだか」と答えていたので、早めに買う人はいないような気がするのだけれど、買うのかなあ?

3月終わりのヘルシンキ近辺の日没は夜の8時ごろ。信じられないほど明るいけれど、既に夕方。 この日は一休みして、翌日からフィンランドの買い付けスタートです。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓