マリメッコ、アラビア、伝統料理…ヘルシンキをぶらぶら

全行程16日間の2018年春の買い付けも翌日の帰国日を残すのみになりました。午前中に買い付け品の発送を終え、肩の荷を下ろして、午後はヘルシンキへ遊びに行きました。

特に計画はなかったのですが、マリメッコのセールの初日だと教えてもらったので、行ってみることにしました。

沢山の人はいましたが、日本のセールに比べると混み具合はそれほどでもなく「やっぱり人口が違うんだなあ」と変なところで感心してしまいました。

あちこちにいる黒のボーダーは店員さんです。

次々に品出し。

布も大人気。

試着室に並ぶ人たち。手に持っている物を見ると、黒の柄のワンピースが特に人気があるようでした。

私は試着室に並ぶのが嫌だったので、セーターを脱いでシャツの上から試着して確かめました。ふと見渡すと、やっぱり上に着ている物を脱いでTシャツ姿の上から試着しているフィンランド人がいて、勝手に共感を覚えていました。もし、セールに行かれる方は上から試着できる事を考えた、脱げる服装にしていくといいかも知れません。私はスカートもパンツの上から試着しました。

実は私はマリメッコについてはほとんど知らず、何を買えばいいのやらさっぱり分かりません。セールってある程度目論みがないとオロオロしてしまうものですよね。とりあえず頭に血が上って失敗しないように「100ユーロ以下」をルールに探して、1、2着のつもりがこれだけ買ってしまいました。〆て約300ユーロで、更に税金の一部が戻ってきます。

ルールを設けてセーブしたつもりでしたが、それでも買いすぎたかなあと反省して、帰国後、お客様に話をすると「マリメッコで100ユーロ以下はタダ同然!」と断言してくれ「そうなのか」と安心しました。

続いてアラビアの工場跡へ、工場閉鎖後初めての訪問です。

ほぼ10年振りにアラビアミュージアムへ。以前は有料だったものが無料になり、展示方法がガラリと変わっていました。

過去の作品が製作年を追うように展示されています。オシャレになったけれど、つまらない。

良かったのはルート・ブリュックくらい。かつて展示してあった作品はデザインミュージアムに移動したのかしら。

あっという間に見終わってしまったので、ロビーにある無料のコーヒーを飲みながら一休みしました。

階下のショップにも行きましたが、以前あったアウトレットコーナーがなくなり、セール品と定価品が並んでいました。以前はいつ行っても日本人を含め沢山の買い物客がいたのですが、ガランとしています。

そうか、工場が閉鎖したんだから、アウトレットは生まれないですよね。いま、アウトレットは工場のあるタイが熱いのかも(知らんけど)。

ミュージアムでもショップでも想定していたよりも時間を使わなかったので、予約しているレストラン(それは予約していたんです)まで時間が余ってしまい、適当にブラブラ散歩しました。まだ海が凍っているとはいえ、さすがに4月なのでそれほど寒くもなく、散歩が気持ちいい。

そうこうしているうちに時間になったのでレストラン「Kuu」へ。

1966年創業のフィンランドの伝統料理レストランです。伝統料理のためか、見渡すと外国人を接待しているらしい、ビジネスディナーの人たちがチラホラ。以前行ったKosmosでもビジネスディナーの人が目についたので、フィンランドにも接待があるんだなあと思ったものです(考えれば当たり前ですが)。

さて、話は戻って、選んだのは「Kuuコース 54ユーロ」。スターターは、スモークサーモンのスープ。

メインは、トナカイ肉にセルリアックのピュレとキノコとブラックカラントのソース。

口休めに、チーズにジャムとサワーブレッドのフライ。

デザートは、マスカルポーネのアイスだったかな、上に振られている赤いものはドライベリー、黒いものはラクリスです。

レストランの雰囲気もサービスも良かったのですが、スープとメインの味は平凡。ただ、口休めとデザートは良かったです。ラクリスは苦手なのですが、甘いものにアクセント的に加えると、甘さとしょっぱさのバランスがとても美味しいのです。

買い物に食事にと楽しんで宿に戻りました。やがて宿猫のスムちゃんの訪問を受けました。

翌朝、出発の支度をしていたときも、スムがやって来ました。「マリメッコ?それ美味しいの?」と言っているような顔です。名残り惜しいけれど、スムちゃんともしばしのお別れ。

フィンランドから乗り継ぎのためコペンハーゲンへ。

近距離なので飛行機が小さいです。ほとんどの人が軽装で、旅行でなく出張という雰囲気。フィンランドとデンマークは2時間もかからない距離なので、日帰り出張も出来ますものね。

私はといえば、乗り継ぎ、乗り継ぎで、半日がかりで帰国です。さようならフィンランド。次のフィンランド滞在は秋。

でも、その前に、来月はスウェーデンへ、ちょっと面白いことをやりに飛びます。これについては、またの機会に。

ミタ

アラビア工場が移転する前に見学をしていて、本当に良かったです。当時は電話でしか予約が出来ず、フィンランド在住の友人に頼んだ思い出。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

掲載誌「ヴォーグジャパン 2018年8月号」のお知らせ

掲載誌のお知らせです。

8月28日発売の「ヴォーグジャパン 2018年8月号」の特集「ライフスタイル意識改革!家時間を充実させる8カ条」で商品の紹介をして頂いています。

「Rule1」で、Skrufのガラスキャニスター

「Rule2」では、Gustavsberg Aurora コーヒーカップ

「Rule5」で、Kastehelmi 花瓶/キャンドルホルダー Nuutajarvi 小さなケーキスタンドPraha デザートボウル (小)Praha デザートボウル (大)

「Rule6」で、Gustavsberg Bagdad 4Kupittaan Savi クリーマーGustavsberg Domino H55 タバコ入れGustavsberg Domino H55 灰皿

細々と貸し出しをしています。スタイリストさんによると、最近はサイトやSNSでも写真を公開するので、例え誌面でアイテムが小さく写っていても拡大して見られるので、細かい部分も作り込まないといけないとか。そんな時代なのですね。

ところで、雑誌の貸し出しは久しぶりですが、今年は映像系が立て続いています。先日はコマーシャルに使用するものを探しに映像製作会社の方がご来店されました。

映画では、11月公開予定の「母さんがどんなに僕を嫌っても」で吉田羊さん演ずるお母さんの部屋の小物を貸しています。映画では別にもう1本、今年の冬に貸し出しをして、まだ情報が解禁していない作品があります。映画は製作期間が長く、「母さん…」では貸し出しをしたのは去年の春だったかな。貸し出しから公開まで1年半以上。気の長い話です。

ヴォーグジャパンは下記リンク先からお求めいただけます。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

買い付けも終わり、フィンランド家庭料理の店へ

スウェーデンでは花が咲き、木々は緑で、暖かな春が始まっていたのに、フィンランドは雪は残っているし、見渡す限り枯野原。更に北に来たなあとつくづく感じました。

予定していた買い付けが終了したので、梱包を終えた箱を翌日の出荷準備のために玄関へ。

打ち上げ代わりに近所のフィンランド家庭料理のお店へ行きました。1年前も買い付け最終日に打ち上げ代わりに行ったお気に入りのお店です。去年はビーフリンドストロームを食べました。美味しかったなあ。
念願のスウェーデン料理「ビーフリンドストローム」をフィンランドで

いつも、肉、魚、スープの3種類のランチがあります。肉料理はムースのハンバーグだったのですが、残念ながら売切れ。魚はサーモンのソテー。これはいつかも食べたので却下。本日のスープ「リハケイット(肉スープ)」を選びました。スープは大きな鍋から自分で欲しいだけ取ります。パンとコーヒーは食べ放題。

デザートはキーッセリ(ベリースープ)。ベリーは店主が森で摘んだものだそう。どちらも素朴でシンプルな味付けで、しみじみと疲れた体に沁み込みました。

いつもと違う席に座ったら、今まで目に入らなかったコート掛けが見えました。一番上に飾られているのは巨大ヤカン。実際に使っていたものなのか、こういうデザインのコート掛けなのか。でもホウロウがはげ落ちているところを見ると実際に使っていたものなのかなあ。

さて、梱包が終わったものの、1箱に少し余裕があったので、その隙間を埋める何かがあればいいなと、ついでに近所の小さなお店を覗いてみました。いつも数えるほどしか欲しいものが見つからないお店なのですが、なんといつの間にかアラビアコーナーが出来ていて、手荷物で持ち帰ろうと思っていた布類などのひとかたまりと合わせると、隙間どころか更に1箱出来てしまいました。

宿に戻って追加の1箱を作っていると、宿猫スムちゃんの訪問。

スムちゃんの顔って、人間っぽい。人面猫。

スムちゃんのために残しておいたサーモンの皮を振舞う。

スムちゃんの娘、トフィーちゃんも出てきました。でもスムちゃんは絶対娘には分け与えません。半野生の厳しい母なのです。

そして翌日、いよいよ完成した箱をパレットで一気に日本に送ります。朝からこの段階に辿り着くまでが大変でした。

私の不安を察したのか、担当のペッカさん(運転席)が「これで我々の管理下になった(から大丈夫)」と言ってくれて一安心。

すっかり軽くなった足でヘルシンキの街中へ向かいました。こんな丸太しかないようなところから

こんな立派な駅のある都会へ出てきたので、ちょっと緊張。

次回マリメッコバーゲンで大興奮。お楽しみに。

ミタ

フィンランドの風物詩のひとつ、歩行器を使うおばあさん。日本と違って片足でキックして進むので侮れない速さ。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド国立ガラス美術館へ

何度目の訪問になるのか、買い付けのついでにリーヒマキにあるフィンランド国立ガラス美術館へ足をのばしました。目的は、開催中のカイ・フランク展です。展覧会の内容については、スウェーデンと同じく別の回で書きますね。

ちょうどお昼時だったので、初めて併設のレストランでランチを食べることにしました。

北欧によくあるビュッフェ形式です。

なんだか、何もかも芋っぽい。

盛り合わせましたが、やっぱり全体的に芋っぽい。ちなみに黒い飲み物は、フィンランドの自家製ビールです。

スタッフの女の子は、とっても感じが良く、好感度が高かったのですが、味が…味が…。食べるのがつらい。

これは日曜日だからなのか?平日はもっと何とかなっているのかーー!教えてーーー!

気を取り直して館内へ。

実は完成品のガラスだけでなく、製造の機器の展示が見所の一つです。

これはファウナの型。以前はブログにアップしたフローラの型が見当たりませんでした。案外と入れ替えがあるのかしら?

ぐるりと一周したのですが、どうも以前よりも展示が少なく歯ごたえが弱い。確かこんな風にバードやファウナなどを並べたオイヴァ・トイッカのコーナーがあったのに(写真は2014年)。


壁際にはカイ・フランクのカルティオなどが並んでいたのに(写真は2014年)。その展示室が丸ごとありません。

展示室の場所を記憶をたどって探し、閉じられていた扉を開けると、ガラーーーン!

展覧会か何かに貸し出し中かなあ?

個人的には一番楽しみにしていた展示なので残念な気持ちを抱えながら外に出ると、美術館に入るでもなく、ただウロウロしているだけの親子がいました(写真右端)。

ふと周りを見渡すと、いるわ、いるわ、スマホ片手に下を向いてウロウロしている、子供から大人から女性も男性も。

まさかのポケモンスポット?日本ではすっかり見なくなったのですが、フィンランドではまだ人気なの?

そんな1日でしたが、ちゃんと買い付けもしています。

今週アップしたものもありますね。

今まで「素敵だな」と手に取っても悩んで買うのをやめていた、Pentik(ペンティック)の食器を今回初めて買い付けました。

アラビアの陰に隠れて日本ではあまり知られていませんが、ペンティックはフィンランドの人気の家庭用品ブランド。知り合いのフィンランド人は結婚の食器を全てペンティックで揃えたと言い、アラビアじゃないんだと驚きました(若い人はアラビアよりも好むのかな)。

帰国した1か月ほどあとの5月に日本初上陸とのニュースを知りました。こんな偶然があるんですね。サイトへのアップをお楽しみにお待ちください。

フィンランドの話はもうちょっと続く。

ミタ

ところで、こんな面白いものを見つけました。見覚えがある、このイラスト…。

そう、ライヤ・ウオシッキネンのホビーシリーズ!

裏返すと、60年代のロゴが付いています。

アラビアでは今もファクトリーで絵付け体験教室をしています。きっとこれも60年代に観光客が作ったものなのでしょう。アイデアが浮かばなくて、当時販売中のホビーシリーズの絵を真似たんでしょうね。

下手くそすぎてかえって愛らしくなっています(買いませんでしたが!)


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドで小腹が空いたから

買い付けでは郊外を周るので小腹が空いても気の利いたカフェやベーカリーがすぐに見つかるなんてことはありません。でも大抵の郊外の小売店にはちょっとした喫茶コーナーがあるので、寛いでいる地元のオジサンやオバサンに混ざって一息つくことがあります。ここもその一つ。

ガラスケースに並んだ、フィンランドならではのスナックの中から、Voisilmapulla(ヴォイシルマプッラ)とRahkapulla(ラハカプッラ)のどちらにするか迷って、結局両方にしました。ちなみに四角いドーナツはMunkkipossu(ムンッキポッス)といい、直訳すれば”豚ドーナツ”。端っこを豚の耳に見立ててちょっと引っ張って成形し、中にジャムが入っています。

閑話休題。プッラはフィンランド語で、こういった菓子パン(発酵菓子)のこと。ヴォイシルマプッラは「バターの目のパン」という意味で、中心に砂糖バターが入っています。ラハカプッラはラハカというサワークリームのような発酵乳を砂糖で甘くしたものが中央に入っています。

紅茶はムーミンのイラストの描かれたティーバッグにしました。あんまりにも前の事でフレーバーの種類が思い出せませんが、美味しかったのは覚えています。

また別の日に、倉庫型ショップの前にテーブル一つの小さな屋台が出て、おばあさんが店番をしているのが目に止まりました。ここには何度も来ていますが、店頭で何かを売っているのは初めて見ました。日曜日だったので、寄付か何かの関連で近所の方が出店していたのかもしれません。

プラスチックの覆いの下に並んでいたのは、フィンランドのスナック、リハピーラッカ(肉ピロシキ)。

紙には「今日揚げたリハピーラッカ 1個2ユーロ」とあります。

お店のオーナーさんが「彼女のは美味しいわよ、私を信じて!」と勧めてくれました。

1個買い求めて、その場を離れながら食べてみると、美味しい!

今まで何度かフィンランドでリハピーラッカを食べましたが、油っぽくて気持ちが悪くなる、具が少ない、味がイマイチと、あまりいい思い出はないので、正直言うと期待していませんでした。ところが、これは具がびっしりと入って丁度いい味付け、外側はカリッと香ばしく、生地はふんわり。

踵を返して販売のテーブルに戻り、知っている数少ないフィンランド語「Hyvä(美味しい)」と言い、もう1個くださいと身振りで伝えると、シャイで目をあまり合わせてくれなかったおばあさんが恥ずかしそうにニッコリしてくれたので、私も嬉しくなりました。

いや、しかし、おばあさんの手作りという贔屓目なしで、今回のフィンランド滞在で食べたもので一番おいしかった。

そうやって時々オヤツでパワーを補給しながら買い付けたものたちです。

マリメッコの古着を少し買ってみました。

こうしてまだまだフィンランドは続く。

ミタ

古いボタンたち。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓