東山魁夷展と北欧紀行

もう3週間ほど前の事なのですが、東京富士美術館で開催中の「東山魁夷」展へ行って来ました。現在改築工事のため休館している長野県信濃美術館東山魁夷館が所蔵する作品を中心に展示されています。

日本画の巨匠、東山魁夷は青い森の中に白馬を描いた「白い馬の見える風景シリーズ」が広く知られていますが、私としては彼が描いた北欧の風景を鑑賞するのが目的でした。東山魁夷は1962年の4月から7月まで北欧4カ国を巡る旅をし、多くのスケッチと作品を残しています(1963年に展覧会にて25点展示)。

期待していたほど北欧の作品は多くは無かったのですが、今もほとんど変わらないであろう、北欧の自然や街角を描いた作品をじっくりと堪能しました。

東山魁夷は、この北欧の旅を1964年にリトグラフに紀行文を添えた画文集にし『古き町にて―北欧紀行』として限定100部をだしています。その画文集は2010年に復刻普及版として簡易版が出版されました。残念ながら既に絶版ですが、驚いたことに地元の小さな図書館にあったので借りてきました。

まずページをめくるとうっとりするような趣のある北欧の地図の作品が迎えてくれました。

紀行文はデンマークの首都コペンハーゲンの街を、フワフワ空を飛びながら解説する空想の世界から始まります。そして、デンマーク紀行、スウェーデン紀行、ノルウェー紀行、フィンランド紀行と続き、最後はまたデンマークへ戻り、再びデンマーク人のカップルが子供から老人へと年を重ねる空想物語で終わります。

魁夷の物を洞察する視線は鋭く、また目に浮かぶような光景の描写は、一流の画家ならでは。短いセンテンスを繋げる魁夷の文章は独特のリズムがあり、簡潔で読みやすいのに、情景を見事に描写していて、こういう文章を書く人になりたいと思わせるものでした。

デンマークについては

デンマーク人はいったいに、北方の人にしては少し陽気である。

「デンマーク人の人は本当の幸福を知っているのかも知れない。元来、幸福ということは消極的な喜びだけを意味するのだろうからね。」

と、まるでここ数年耳にするような事を書いているのには驚かされました。

スウェーデンについては

ストックホルムの街は(中略)何かしら冷厳なものを感じさせる。コペンハーゲンのような人間の体温の感触はない。(中略)人間の中にある闇を、理性の力で払いのけようとする緊張を示すとも云える。

とあり、ああ、何だか分かるなあ、その雰囲気。その後、彼はスウェーデンのダーラナなど地方都市を巡って自然のすばらしさを語っています。

ノルウェーはオスロからフィヨルドを観光し美しさを讃え、フィンランドでは素朴で親切な国民性に感激したエピソードを書いています。フィンランドで面白かったのは、たまたま話しかけた人が新聞記者で取材を申し込まれ、断っても「記事を取らないと叱られる」と強引にインタビューを受ける羽目になり、他にニュースの無い平和な国の有様に羨ましさを覚える話(魁夷は若い頃に留学していたのでドイツ語、英語が出来ました)。

実は私事なのですが、以前フィンランドの買い付けの際にスーパーマーケットにメモ帳を忘れ、半年後に同じスーパーマーケットに行ったら「これはあなたの忘れ物じゃない?」と店員さんに返されたことがあります。その話をフィンランド人の知人にしたところ「私は地元紙に寄稿もしているのだけど、その話を取材させて」とインタビューを受けたことが。スケールは小さいですが、魁夷と同じ体験をしたので「こんな話が記事になるなんて」という彼の戸惑いが何となくわかる。

さて、魁夷は最後の方にこの様な感想を書いています。

私は幼稚園でも入学試験のある残酷な国を想い出した。なぜ、そんなにしなくちゃあいけないのだろうか?この国の子供が本当に子供らしく可愛らしさを持っているわけがわかった。教育は、学問をつめこむということではなく、社会との関連に於ける個人の在り方を知らすということ、いわば、社会人としての節度を無理なく身に着けることにかかっているようだ。

魁夷がこの文章を書いてから半世紀以上の年月が経っています。果たして私たち日本人はこの時から少しは変わっているのでしょうか。

さて、本の最後には収録された魁夷の絵と、実際の場所を照合できる地図がありました。

読み終わって魁夷の足跡を辿ってみたい思いに駆られました。まずはデンマークの古都リーベに行ってみたいなあ。

文章だけでなく、当然ながら絵の全てが見飽きない程に素晴らしい。絶版なのですが欲しくなりAmazonを見ると古本の扱いがありました。価値が付いて7700円…!悩む。

「東山魁夷」展は下記日程で東京富士美術館にて開催されています。もうすぐ終わってしますので、興味のある方はお早めに!
期間:2018年1月2日(火)~3月4日(日)
住所:東京都八王子市谷野町492-1
http://www.fujibi.or.jp/

なお、同美術館では夏に「長くつしたのピッピ展」開催とか。そちらも楽しみです。

ミタ

魁夷が北欧に行った5年ほど後の1960年代終わりに、母方の叔母が大学の卒業旅行でヨーロッパを巡り、デンマークにも行っています。先日たまたまそんな話になり、聞くと当時はツアー代金が60万円だったとか。その時に叔母が買って帰ったカイ・ボイスンの衛兵人形をもらって、子供時代に本当によく遊んだのですが、ある日飼い犬が噛んでボロボロにしたので捨ててしまいました。

実は当時はデンマークという国も知らず、衛兵イコール英国と思っていたので、てっきりロンドンに駐在していた父方の叔父のお土産と思い込んでいました。

それがカイ・ボイスンと知ったのは、随分大人になってから、今は無き六本木のデンマークカフェ「デイジー」に飾ってあったのを見た時。お店の人に尋ねて初めて勘違いに気が付いた、というわけです。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

衝動的にワッフルとスコーンを作る

今日の夜10時から、昨年に放送されたNHK Eテレの『グレーテルのかまど スプーンおばさんのワッフル』回が再放送されるそうです。この放送では当店から、使用する食器、クロス、そして私物のワッフルアイロンをお貸ししました。

その顛末については昨年書いていますので、下記リンク先からお読みいただけます。
NHK『グレーテルのかまど』に協力のお知らせ

思い出すとワッフルが食べたくなって衝動的に焼きました。1時間ほど前におやつに食べたところ。

最近は生地にサワークリームを入れたレシピが気に入っているのですが、無かったので冷蔵庫に残っていたヨーグルトを使いました。残り物消費の適当レシピだったのですが、美味しかったので記録代わりに書きます。

ちなみに適当レシピの時も次に作ることがあるかも知れないので分量を量りながら作るようにしています。ただし、端数は丸めました。

北欧風ワッフル(”風”と付いているのは私の適当レシピだから)
<材料:ワッフル8枚分>
卵 1個
砂糖 大さじ3
ヨーグルト(無糖) 200cc
牛乳 30cc
小麦粉 170g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
ベーキングソーダ 小さじ1/4
カルダモン 小さじ1/2
バター 50g

<作り方>
卵、砂糖を混ぜ、ヨーグルト、牛乳を加えて更に混ぜる。小麦粉、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、カルダモンを加えて混ぜる。バターを溶かして混ぜる。ワッフルアイロンで焼く。

ジャムを切らせていたのですが、買いに行くのも面倒だったので、冷凍庫にミックスベリーはあるし、随分前に自宅の柿が豊作で困ってジャムにした時のペクチンが残っていたし、なので甘さ控えめの適当ジャムを作りました。電子レンジを使った超手抜調理です。

<レンチンジャムのレシピ>冷凍ミックスベリー100gに砂糖50gを加え、電子レンジに1分半ほどかける。途中2回ほど取り出して混ぜる。ペクチンを3g程度振り入れて、電子レンジで30秒ほどかける。冷ませば出来上がり。

では、今夜の放送をお楽しみに。

ミタ

ところで衝動的と言えば、先日衝動的にスコーンを作りました。

スコーンは雑に作る程上手に出来ると言われているのですが、雑の頃合いがなかなか分かりませんでした。でもこの時は衝動的に作ったためか、結構雑に作れて、雑さ加減がつかめた気がします。記憶があるうちに確認のためにまた作ってみるつもりです。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ラッピングを始めました

今日から、ラッピングのサービスを始めました。

といっても、ラッピングがご希望の場合、こちらのラッピングセットをご同封いたしますので、お客様にラッピングをして頂くようになります。また大変恐縮ですが、1セット200円(税込)です。ご理解いただけますようお願いいたします。

ラッピングについては、しばしばご希望を頂くのですが、心苦しく思いながらお断りしていました。

理由は二つあります。

一つは私がとても苦手なこと。美大を出ているためか、器用と思われがちなのですが、大変に苦手です。以前アルバイトしていた雑貨屋では反古の山を作ってしまい「三田さんはもういいから、商品説明の方に専念して下さい」と言われたほどです。

もう一つは「安全に梱包する」と「美しくラッピングする」が相容れなかったから。実はこちらの理由の方が大きい。安全に梱包すると商品をグルグルと緩衝材で巻かざるを得なくなり、どうしても美しくない。美しくラッピングすると破損の危険がある。

そのため、ラッピングご希望の方には「申し訳ございませんが、ご自分でご用意いただけますか」とお断りしていました。皆さま快く「分かりました」と言って頂けるのですが、中にはラッピング用品が簡単に手に入らない方もいらっしゃるに違いないとは思っていました。

これはオープン以来10年以上に渡っての問題だったのですが、数日前に「ラッピングをお品を受け取った方がすればいいんじゃないかしら?」と天啓のように閃きました。

ラッピングと言えばお店側がするものと思い込みがすぎて、今まで全く思いつかなかったのが不思議。きっと世の中には「とっくにやってまーす」なんてお店もあるんだろうなあ…。

ラッピングのキットは誰でも簡単に出来る事を考えて、入れるだけでオシャレに見えるアルファベットがプリントされた透明袋と、どんなに不器用でも絶対に巻くことができるワイヤー付きのリボンと、丸めて入れるだけで緩衝材になるワシャワシャの紙(正式名称知らず)がセットになっています。

袋のサイズは24cm × 38cmでマチ無しですので、カップ&ソーサーやプレートに丁度いいサイズ。

ちょっと無理すればマグ2個とか、小さ目のピッチャーが入るサイズ(でも、あんまり無理しないでくださいね)。

お買い物の際に「ラッピング」が選択できるようになりました。これから春に向けてお祝いのシーズンです。どうぞ、ご利用くださいね。

下記リンク先にも同じご案内があります。
ラッピングについて

注)お品のサイズによっては袋に入らず、お断りする場合がございます。また、複数セットご希望の際は備考欄にお書き添えください。どうぞ、よろしくお願いします。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

クラッドカーカと北欧紅茶

2月14日は所用で神田に行くので、バレンタインのケーキは作らないつもりだったのですが、帰宅してから夕方にスウェーデンのチョコレートケーキ「クラッドカーカ(Kladdkaka)」を焼きました。材料を混ぜて焼くだけの簡単なケーキなのですが、焼き加減が難しく、今まで2、3回作ったのですがどうしても思った通りに出来ません。

クラッドカーカは表面がサクッと焼けていて、内側がねっとりとムースのようになっているのが特徴。オーブンから出した時に表面がフルフルと揺れるくらいが丁度いいのだとか。揺れる状態で取り出すのって結構見極めが難しく、いつも焼き過ぎて普通のチョコレートケーキになってしまいます。

今回は温度を10度下げて(ガスファンオーブンなので火が強い)更に思い切って焼き時間を5分短くしてみました(半分量を15cmの型で作ったのもあり)。

うーん…今までで一番ましだけれど、理想の状態よりもケーキの中心がゆる過ぎ、端の方の火が通り過ぎ。100均のペナペナの型だからダメなのかなあ。何となくうちのオーブンでの設定が見えてきたので、次はちゃんとした型を買って試してみよう。うん、そうしよう(型のせいにしている)。

ところで、このケーキの写真をインスタグラムにアップすると、上に乗っているチョコレートはリーフメモリーではないかとコメントが入りました。

ちなみにコメントをいれてくれたのは、3月18日のワッフル会を主催しているりさねんねんさん。

私は市販のお菓子はあまり詳しくないので、知らなかったのですが、人気のチョコレートらしいですね。このこのチョコレートは14日に外出した神田で立ち寄った「かんだデザート」さんで15周年の記念品として頂きました。

かんだデザートさんは30年ほど前からスウェーデンの紅茶を取り扱っている、北欧紅茶の先駆者です。神田にお店をオープンして今年で15年。その前はどこって仰っていたっけ…(忘れた)。

様々な種類を扱っていらっしゃいますが、特に有名なブレンドが、ノーベル賞の晩餐会で出されるというセーデルブレンド。

全国のカフェやショップに卸しているというセーデルブレンドは、かんだデザートさんでも頂くことができます。

カウンター4席のみの小さなお店ですが、オーナーさんのお人柄もありあたたかな雰囲気で、ついつい長居いしてしまいそうになります。席が少ないのであまり長居してはご迷惑かなと思いつつ。

さて、話があっちに行ったり、こっちに行ったりしましたが、大切な事を書き忘れていました。

写真に使っているのはFiggjo Heddaです。ご興味があればサイトでご確認ください。

ミタ

ワッフルの会も参加者を募集しています。残席が少なくなってきましたので、ご検討中の方はお早めに。
【おしゃべり会】北欧の小さなワッフルカフェ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンの心の故郷のお話を聞きに行きませんか

スウェーデンに行かれた方なら、一度はこのような水彩画の優しいタッチで家族を描いた絵をお土産物屋などで目にしたことがあるのではないでしょうか?

画家の名前はカール・ラーション(Carl Larsson)。スウェーデンの心の故郷と言われるダーラナ地方でアトリエ兼自宅を構え、子どもたちや妻をモデルに幸福感あふれる日常の光景を多く描き残し、スウェーデンの国民的画家と言われています。

彼の自宅は、今はカール・ラーション記念館として、ダーラナ地方に残され、見学をする事が出来ます。

この夏、私はそのカール・ラーション記念館を訪れ、絵のままに残されているインテリアに感激をしました。細部まで神経が行き届き、装飾が施された室内は見れば見るほど素晴らしく、何時間でも過ごせそうでした。ただ中は撮影禁止のため写真が一枚も撮れず、またツアーのみなので、時間が限られじっくり見たい部分が見られなかったのがとっても心残り。

そんな心残りを解消してくれるイベントが今月開催されると伺い、早速参加を申し込みました。

カール・ラーション記念館から、館長と学芸員が来日し、東京と岡山で講演をされます。詳しい日時と場所は下記の通りです。

日時:2018年2月19日(月) 18:00~20:00
会場:津田塾大学 千駄ヶ谷キャンパスSA202教室

日時:2018年2月20日(火) 18:00~20:00
会場:スウェーデン大使館 Alfred Nobel Auditorium

日時:2018年2月21日(水) 17:00~19:00
会場:倉敷ホテル・ア イビー・スクエア

申し込み等の詳細については下記リンク先からご覧ください。
日瑞国交 150周年のメモリアル・イベント開催お知らせ

この講演イベントは「カーリン&カール・ラーション友の会」の宮田さんが奔走して開催されるものです。実は去年ラーションの家に行く前に、ラーションについて詳しく紹介されている、恐らく日本で唯一である友の会のサイトを随分と読ませて頂きました。その後、縁があって宮田さんにお会いし、お一人で運営されている事に驚いたものです。

この機会を逃すと、もう次は無いかも知れません。スウェーデンに興味のある方には是非参加して頂きたいイベントです。まだお席があるそうなので、申し込んでみてはいかがでしょうか?

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓