一人ベイクオフでイギリスを思いながらキャロットケーキを焼く

昨日の1月8日、BSテレビ局「Dlife」でイギリスの大人気番組『ブリティッシュ ベイクオフ』が日本で初めて放送されました。

ベイクオフとはアメリカ発祥のお菓子作りコンテストのことで、腕自慢がお菓子を持ち寄って味を競うコンテスト。そのベイクオフをBBCがテレビショーにしたところ大ヒットしたとか。実際に視聴すると最後までワクワクドキドキで、人気があるもの頷ける内容でした。

それに刺激されたわけではありませんが、色々あってキャロットケーキを焼きました。以前スウェーデン洋菓子のリッラカッテンさんに教わったレシピを少しアレンジ。

リッラカッテンさんに教わったキャロットケーキにはスパイスとしてシナモンが入っています。けれども子供の頃に良く焼いていたキャロットケーキにはオールスパイスを入れた記憶が。ところが母にレシピを訊ねるとメモを無くしてしまったと言います。

年末に録画したNHKのドキュメンタリー『一本の道』アイルランド編を観ているとティーブラックというハロウィーンの伝統菓子が出てきました。手元にあるアイルランドのレシピ本をめくると、材料に「ミックススパイス」があります。お菓子用にスパイスを混ぜた調味料なのですが、日本では手に入らないので作るしかない。レシピをネットで探すと日本でイギリス風(アイルランドとイギリスは食文化が似ています)ミックススパイスを手作りしている方のサイトがいくつか出てきました。親切な人は多いですね。

いくつかのレシピから家に揃っているスパイスで作れるもの、更にオールスパイスを使っているものを選択しました。何故オールスパイスを使っているレシピなのか?ミックススパイスについて調べているうちにティーブラックの名前が消えかかり、キャロットケーキが頭の中で点滅していたのです。

次にその昔アイルランドで買った、アボカカフェのレシピ本でキャロットケーキの項目を読むと、バッチリ材料にミックススパイスが書かれています。やったね。ミックススパイスで作るのはキャロットケーキに決定。

リッラカッテンさんのレシピのシナモンを出来上がったミックススパイスに置き換えて、年末に作ったルッセカットの残りの干しブドウを加えて、懐かしのオールスパイス入りキャロットケーキが完成です。

と、ここまでが「色々あって」の色々の部分です。

実はかなり長い間キャロットケーキはテーマだったのですが、これで探求熱がようやく収まりました。オチが無いのが心苦しいですが、イギリスの番組で始まって、イギリスのスパイスで終わってみました。ちなみにカットしたケーキとホールのケーキが写っていますが、1台焼いたものの気に入らず、2台目を焼きました(1代目は卵の泡立てが十分でなく真ん中だけが膨らんでしましました)。カットしているのは1台目の方です。まだ食べていませんが、2台目の方が美味しいと思うんですよね。一人ベイクオフ。

これにて今日のフクヤ通信は終わり。

ミタ

ティーブラックが消えた理由の一つは、ドライフルーツ入りのケーキを家人があまり好きでない事と、放送で観たケーキがあんまり美味しそうじゃなかったんですよね…。

あ!写真のArabia Kosmosのブルーを明後日アップしますね。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓