フィンランド買い付け猫の手

朝一番に猫たちにご飯をあげて、フィンランドの買い付けがスタートしました。

いつもの買付け場所でカレリアンピーラッカとハム&チーズのオープンサンドをご馳走になりました。これを期待していつもお腹を空かせて行くのです。

食後は甘いものもバッチリ。

もちろん買い付けもバッチリ。

もう3か月も前なので、既にアップしている物もありますね。

買い付け先で残った菓子パンやケーキを沢山いただいたので、宿の外で撮影をしているとトフィーが手伝いに来てくれました。

トフィーは梱包もやるつもりのようです(背後に段ボール)。猫の手とはこのこと。

それとも明日の朝ごはん忘れるなってことでしょうかね。

ミタ

ところで、この日の朝、庭にある(森でなく、庭です)この薪小屋から、トン、トン、トン、と誰かが壁をノックしているような音が長くしていてメチャクチャ怖かったです。鳥かな…。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドでキャットシッター

2018年のうちに終わらせたかった秋の買い付けブログですが、無理そう。スウェーデン編が終わって区切り良く、一安心してしまったのが間が空いた理由なのだと推測しています。このまま年を越してしまおうかと思ったのですが、ずるずる更新しなくなる恐れもあるので、フィンランド編に入ります。

さて、それはスウェーデン滞在中のこと、フィンランド行き3日前くらいでしょうか。フィンランドの宿主さんから連絡がありました。

『ちょうど入れ違いにイタリア行くから留守にしています。鍵は**に隠しておくからよろしく。』

普段から勝手に鍵を開けて勝手に入っているので、いいっちゃあ、いいんですが、心配なのは猫たちのこと。この寒さで大丈夫かと尋ねると、物置で寝るから問題なし、カリカリを欲しいだけ、ウェットを2日に1回1缶あげて、時にはネズミを捕って食べているから心配しないで、と頼まれました。

そうしてその数日後、スウェーデンを離れ、コペンハーゲンを経由して(SASなので)、フィンランドに到着した時には既に真っ暗。暗闇から宿猫2のトフィーちゃんが現れました。

ここ数年近寄ってくれなかったトフィーですが、私が命を預かっていることを知っているのでしょうか。単に寂しかっただけでしょうか。

翌朝はスウェーデンから持参したリンゴンベリー入りのパン、LingonGrovaで朝食。このパン、美味しいんですよ。以前からスーパーで結構なスペースで展開していて、しかもよく売れているので気になりつつ、手を出さなかったのですが、試しに買ってみてすっかり気に入って、毎回買うようになってしまいました。


ところで、丁度その時「LingonGrova2袋買ったらオリジナルトレイプレゼント」キャンペーン(下の動画)をしていたのですが、悩んで2袋は食べきれないよなあ、と諦めました。この時は宿から徒歩30秒のパン屋に毎日通っていたもので、パンは余っているくらいだったのですよね…でも、やっぱりもらえば良かったかも…ぐずぐず。

View this post on Instagram

Pågen Sverigeさん(@pagen_sverige)がシェアした投稿

そんな風にぐずぐず朝食を取っていたら、宿猫1のスムが、ちょっとマジお腹空いたんだけどー!と眉間にしわを寄せてやって来ました。相変わらず迫力のある顔だこと(女の子なのに)。

おう、おう、ごめんね、と「猫猫レストランinフィンランド」初日開店。

スウェーデンに比べると、やっぱり北なので、ひとシーズン進んだような光景。2018年秋の買い付け後半フィンランド編がスタートです。

ミタ

帰国後に宿主さんから嬉しい連絡が(猫のことではありません)。なんと、彼女が来年(2019年)からフィンランドのテキスタイルメーカーLapuankankurit(ラプアンカンクリ)のデザイナーに採用されたとか(仕事はテキスタイルデザイナーです)。彼女のデザインは2019年の秋から出始め、日本でも発売予定だそうです。また4月に会うので(今度はいると信じて)詳しい話を聞くのが楽しみです。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ワークショップ、フィンランドの手工芸

こんにちは。ワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。

今年さいごのワークショップのレポートです。

フィンランドの手芸を教えているTakku(タック)のヘイディさんの教室でした。それでTakkuは活動名で一人でもTakkuなの。ややこしいの。ヘイディさんが着ていた服がピンクレディみたいって一部の人に大うけだったのだけどワタシは11才だから分からないです。

もうすぐクリスマスの時だったからヘイディさんがトントゥの帽子をかぶっていました。トントゥが何か知らなかったらスルーしてね。

最初はピルタナウハっていうのを作りました。

この人は上手だったから聞いたら何回も作っているんだって。やっぱりね。猫でもわかるわ。

それでもうすぐクリスマスだからジンジャーブレッドクッキーがありました。新商品でラクリス味です。スタッフはもうなれちゃって大丈夫になった。

それで午後は大きなボタンを刺繍して作りました。

刺繍するフェルトもヘイディさんが作ったの。

チェック柄にしてもようを入れます。

出来たらみんな感じが違うやつになって面白かったです。ここには4つしかないけど8人参加してスタッフはヘイディさんから6人って聞いていたから始まってからビックリしたの。せまくてごめんなさいって言っていました。

こんなことってあるよね。猫だけど知ってる。

じゃね!

みりん(猫営業部長)

(スタッフより)今年も沢山の方にワークショップに足を運んで頂きありがとうございました。来年は新しい講座を計画中です。どうぞお楽しみに。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ワークショップ、金継ぎ

こんにちは。ワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。

12月15日は金継ぎをやりました。金継ぎというのは割れたりした器を引っ付けたり直したりして金で飾る日本の工芸のことです。それで、スタッフも直す練習したいから参加したからワタシが朝から点検とか仕事してたの。

それで一人3個直せたからスタッフも3個持って行ったの。

それで他にもいっぱいの人が来ました。

欠けているところを埋めてゴシゴシします。

つるつるになったら金を塗っていい感じにします。

金だけでなくて赤もできます。

青もできます。

ガラスもできます。

スタッフはおうちでも沢山直しました。

これ前はワタシのごはんのだったの。

ワタシも点検おわりましたのでさっさと帰ります。

カンリショクだから休日出勤代でないのよ。

じゃね!

みりん(猫営業部長)

(スタッフより)これは本漆ではなく、新漆とエポキシパテによる簡易方法での金継ぎです。実は私は金継ぎを習っていたのですが、一工程ごとに乾燥に2週間かかったり、金額も結構かかるので、へたっぴいには負担が大きいなあと思っていました。私は日常の器ならこれで充分。
また、参加の方の熱意が伝わる講座でしたので、いずれ2回目を開催したいと思っています。先生の柳家さんのホームページは下記リンク先を見てくださいね。
金継ぎの柳家


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ワークショップ、クリスマスの香りのハンドクリーム

こんにちは。ワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。

12月8日はクリスマスのにおいがするハンドクリームを作りました。

これは準備しているところです。

先生がみんなが来る前に何かやっていました。

みんなが来てそれで作るところです。

精油はクリスマスだからオレンジ、サフラン、カルダモン、モミとかの10種類あるのでそこから好きなのを選ぶのです。

それでクリームにするからミツロウを使うから測ります。

溶かしたのを混ぜます。

もっと混ぜたら白くなりました。

そしたらクリームになりました。フシギ。

うちのスタッフは先生が作った見本もらって、クリスマスの前になくなっちゃったんだって。

みんなはクリスマスまでとっといたのかな?

じゃね!

みりん(猫営業部長)

●部長の解説では全然分からないと思うので下記のアロマの先生のブログをご覧くださいね。(スタッフ)
「クリスマスのハンドクリーム」開催しました


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓