冷蔵庫を整理してお菓子を作って名前の日について考える

年末年始の買い物で冷蔵庫がいっぱいになったので、半端に残っていたクリームチーズとカッテージチーズを使い切るためにケーキを焼きました。

クリームチーズとカッテージチーズを普段のパウンドケーキに混ぜただけの適当レシピ。ただ、バターの量はかなり減らしました。ついでに、冷凍庫にあったミックスベリーをトッピングして、上にアーモンドパウダーの入ったクランブル生地を散らしてみました。

撮影に使ったプレートとカップは一昨日新着でアップした、アラビアのVenla(ヴェンラ)。ヴェンラとはフィンランドの女性の名前です。

ヴェンラの名前の日は6月2日。名前の日とはヨーロッパ各国にある習慣で、1月1日、2月29日、12月25日を除く362日それぞれに名前が振り分けられています。元々は聖人の名前が付けられていた(2月14日は聖ヴァレンタインなど)のが、いつしか普通の名前も聖人の名前と一緒に振り分けられるようになりました。もちろん名前には流行があるので、フィンランドでは5年ごとに見直して、新しい名前を追加したり、古い名前を削除しているとか。

なんだか日の出っぽくておめでたい感じがするので、今日のデコレーションに選んだのですが、ヴェンラの明るい色彩は、北欧で一番日が長く明るい6月のイメージなのかも知れません。

それでは、皆さま、良いお年をお迎えください。

ミタ

ちなみに、明日の12月31日のフィンランドの名前の日は「Silvo」と「Sylvester」。「Sylvester」とはドイツ語で「Silvester」の事。ここでピンと来た人がいるのでは?12月31日のジルベスターコンサート(Silvester Concert)はこの日の聖人ジルベスターの名から来ているのです。今年の文化村の中継、カウントダウンに何の曲が使われるのでしょうかね?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓