スウェーデン映画『サーミの血』自分らしく生きるために逃げる

スウェーデン本国だけでなく、世界各国で数々の賞を受けた映画『サーミの血』が日本で公開されます。また、フクヤでは映画の半券表示で、実店舗にて割引のタイアップキャンペーンを行っています。キャンペーンについては最後にご紹介しています。

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。

そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

2013年にJokkmokk(ヨックモック)というサーミの街の名が付けられたロールストランドの食器についてフクヤ通信に書いた時、サーミの衣装についてこのように書きました。

こんなに美しい衣装ですが、かつてはサーミ人に対する差別や軽視のため、身分を明かすことになる民族衣装を身に付ける人は減少し、作れる人も減ったそうです。それが、最近になり若い世代を中心に見直しがされ始め、徐々に着る人も増えてきたとか。

衣装について調べた時にサーミに対する偏見があったことを初めて知ったのですが、映画で語られた想像以上の差別描写に心が揺さぶられました。

映画は老人のクリスティーナが妹の葬儀に参列するため、家族と故郷のラップランドに渋々戻るところから始まります。自分の出身であるサーミの事を嘘つきで泥棒と罵るクリスティーナ。村に滞在することを嫌い、一人ホテルで過ごすクリスティーナが思い出すのは、妹や他のサーミの子どもたちと「移牧学校」で学んでいた少女時代。その頃のクリスティーナの名前はエレ・マリャ。彼女は故郷を離れたときに名前もスウェーデン風に変えていたのです。

「移牧学校」はスウェーデンがサーミ人をスウェーデン人の子どもと分離させるために作った学校。子どもたちは強制的に家族から離れさせられ、隔離された環境でサーミ語を禁止され、一歩学校の外に出ればスウェーデン人から激しい侮蔑を受ける日々に、ただひたすら耐えていました。エレ・マリャは成績が良く、スウェーデン語を誰よりも習得し、読書を好み、ウプサラから何やら偉い人たちが学校に来るときに、歓迎の言葉を述べる代表に選ばれたことを誇らしく思っていました。

けれども次のシーンで、その”お客様”たちの残酷な目的が示された時、エレ・マリャの屈辱と絶望が、重く観客の胸にも迫ってきます。

エレ・マリャは、それから何度も希望を持たされてはサーミだからと望みを絶たれ、観ているこちらまで胸がキリキリと傷むエピソードが繰り返されます。頭が良く勇気もガッツもあるエレ・マリャは、けれども、ただサーミだというだけで物のように扱われる状況を甘んじて受けるような少女ではありませんでした。彼女はサーミであれば叶えることのできない将来の夢を実現するためにも、サーミを捨てて出ていくことを決意します。それは閉じ込められた檻から逃げ出す野生動物にも似た、自分らしく生きるために不自由な環境から逃げる選択。

何十年ぶりに複雑な感情と共に故郷に戻り、亡くなった妹の思いを聞かされるエレ・マリャ。サーミであることを嫌い避け続けていた彼女は、自分の中のサーミの血とどう対峙するのか。無鉄砲にも思える少女の大胆な行動にハラハラしつつ、自分は差別の加害者になっているのではないかと、エレ・マリャを通して自らに問いかけ考えさせるような物語でした。

9月16日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。
その他の地域での上映スケジュールなど詳細は下記公式サイトからご確認ください。
映画「サーミの血」公式サイト

ミタ


◆映画情報
監督・脚本:アマンダ・シェーネル
音楽:クリスチャン・エイドネス・アナスン
出演:レーネ=セシリア・スパルロク、ミーア=エリーカ・スパルロク、マイ=ドリス・リンピ、ユリウス・フレイシャンデル、オッレ・サッリ、ハンナ・アルストロム
後援:スウェーデン大使館、ノルウェー王国大使館
配給・宣伝:アップリンク
(2016年/スウェーデン、ノルウェー、デンマーク/108分/南サーミ語、スウェーデン語/原題:Sameblod/DCP/シネマスコ―プ)
©2016 NORDISK FILM PRODUCTION


◆映画の半券提示で10%OFFのお得なサービス!
フクヤ実店舗にてお買い上げの方、10%割引!
期間:2017年9月16日(土)~10月15日(日)
詳しくは下記リンク先からどうぞ。
映画『サーミの血』タイアップ情報



↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓