ぶらりランゲラン島

さて、デンマークのサマーハウス滞在翌日です。昨日、通関に関する作業を終えて、スカッとホリデー気分。友人が用意してくれたパンに冷蔵庫の中の物を色々乗せて朝食の用意です(デンマークのパンは美味しいですね~)。

と、その前に、猫のヨーヨーちゃんにお薬入りのご飯を作ります。薬は乳鉢と乳棒ですりつぶすのが便利と感心し、帰国後に猫営業部長の投薬用に一式購入した後日談つき。

ランゲラン島の地図を広げてどこに行くか考えます。友人の説明によると、ランゲラン島は比較的失業者が多い貧しい島で、家賃や家が安いため芸術家が多く集まっているとか。地図にはいくつもの個人工房やギャラリーが紹介されています。

それにしても、ランゲラン島と考えるたびに、ランゲルハンス島が思い出されて仕方ない。

とりあえず、街の中心部に出てみました。雨が降ったりやんだりと、ちょっとお天気が悪い。

それでも晴れの合間に脇道をぶらぶら。パブの壁にレトロなツボルクビールの看板。

壁に沿って植えられているタチアオイの花が夏の光景です。

ここにもタチアオイが。きれいに咲いていますね。

タチアオ…

なんなの?デンマーク人はタチアオイ植えないと死ぬ病気なの?

また雨が降ってきたので雨宿りを兼ねて手近なレストランへ入りました。注文したサーモンサンドが驚きのボリューム(伝わりにくい写真ですが)。

時は夏休み(7月の頭)。明らかにバイトの学生がサーブしています。ボーとした気の利かない男の子と、きびきびして愛想のいい女の子の組み合わせ。お会計の時、ちらりと、男の子が女の子に強く注意されているのが目に入りました。

そうそう、これじゃあ彼女の負担が重いわ。言ってやれ、言ってやれ。

なんて、何故タチアオイばかりなのかと、往々にして女の子の方が男の子よりシッカリしているのは何故だろうと考察しているうちに、長くなったので、ぶらぶら散歩については続きます。

ミタ

バラもあるでよ。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマークのサマーハウスへ

スウェーデンの買い付けが終わり、次に向かうのはデンマーク。といっても、買い付けではなく、友人が所有するデンマーク南部のサマーハウスに滞在するためです。

スウェーデンのヘルシンボリから、対岸のデンマークのヘルシンゴーまでフェリーで移動です。フェリーの内装は、なんだか懐かしい昭和の雰囲気。

デンマークが近づいてくると、ハムレットの舞台として有名なクロンボー城が見えてきます。作者のシェイクスピアは一度も来たこと無いそうですが。

船で国境を渡るといっても、たった30分ほどの乗船時間です。パスポートコントロールがあるわけでもなく、何の緊張感もないまま隣国へ到着。

到着したのは、首都コペンハーゲンのあるシェラン島です。デンマークに着いたとはいえ、サマーハウスのあるランゲラン島までは、まだまだ先に進まないといけません。

デンマークは小さな島が集まった国。目的地までは、下船したシェラン島から橋を渡ってファルスター島へ。ファルスター島からまた橋を渡ってロラン島へ。ひたすら南下します。

ロラン島の先端にあるTarsの港で再びフェリー乗船。ヘルシンボリと違い、簡単なゲートしかない、のんびりとした船着き場です。

船内も簡素でのんびりムード。左端の木馬のイラスト看板は、子供コーナーのマーク。写っていませんが、看板の下にはおもちゃが並んで、遊んでいる子どもがいました。ちなみにグレーのパーカーは、子供を遊ばせているお父さんの背中。

ちょうどお昼時間になったので船内の売店で買ったホットドッグに、フィッシュフライとエビを乗せたオープンサンドでランチです。この組み合わせはいかがなものかと思いましたが、せっかくなのでデンマークらしい2品を選びました。お腹パンパンですが、このあとホットドッグもオープンサンドも機会が無かったので、この時に食べて良かった。

こうやって島をいくつも渡ってから、ランゲラン島に到着。そこから更に先に進んで、ようやく友人の待つサマーハウスに到着です。スウェーデンを出て4時間ほどの行程でした。

入口にいるのは、友人の猫、ヨーヨーちゃん。ヨーヨーちゃんは普段は友人宅のあるオーデンセに住んでいるのですが、サマーハウスに滞在するときは一緒に来る事もあるそう。

センスのいいインテリア。ダイニングの椅子は、「FDBモブラー J77」です。FDB(デンマーク協同組合連合会)モブラーは1960年代にいくつかのタイプが作られ、庶民のための椅子としてかつて国民に広く普及しました。いま売られている復刻品は『庶民のため』とは言えない価格になっていますが、デンマーク国内で上手くアンティークマーケットなどで探せば古いものがリーズナブルに手に入るのかしら。

ダイニングチェアだけでなく、窓際のロッキングチェアも素敵です。つくづく家具は北欧の中でもデンマークが一番いいなあと感じずにはいられません。

出迎えてくれた友人夫妻とお菓子とコーヒーを頂きながら近況など雑談してから、家の使い方や島の観光スポットを教わりました。というのも、これからシェラン島へ旅行へ行く夫妻に代わって、留守番とヨーヨーちゃんのキャットシッターを頼まれているのです。

キャットシッターについて、日本にいるときに「迷惑でなければ…」とメールをもらっていたのですが、むしろ大歓迎。

友人たちを見送ったあと、最初に取り掛かったのは、スウェーデンの買い付け品のための通関書類づくり。

神経を使う面倒な作業も、猫がいれば癒されます。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンの夏の自然を目でも舌でも味わう

スウェーデンの宿の庭に咲いていた野ばら(イヌバラ)です。スウェーデン語でNyponros(ニーポンロス)。

ロールストランドのシリーズに、そのままズバリNyponros(ニーポンロス)と名付けられたシリーズがあります。

以前Nyponrosについて書きました。
スウェーデンに咲いた美しい野バラのプレートとカップ
作者のジャッキー・リンドについてはこちら。
English man in・・・

Nyponrosは絵や写真では何度も見ていますが、夏にスウェーデンに来たことは無かったので、実物は初めて見ました。花ではなく、実(ローズヒップ)が生っているのは、秋の買い付けでいつも目にしています。スウェーデンでは、そのローズヒップを使ったスープ「Nyponsoppa(ニーポンソッパ)」というデザートスープがあります。ニーポンソッパはいつかチャンスがあれば食べてみたいスウェーデン料理のひとつ。

閑話休題

2日目1軒目。

ここでお昼ご飯をご馳走になりました。パンと具が出てきて自分で好きなだけ乗せるスタイルは、典型的なスウェーデン飯。

食後に手作りのケーキが出てきました。上にたっぷりと乗っているのは、野イチゴです。スウェーデン語でSmultron(スムルトロン)。酸味が強く、甘いケーキと合わせると美味しい!

庭に自生しているものを摘み取ったといい、実際になっているところを見せてくれました。

Smultron(スムルトロン)も様々なスウェーデンの食器や飾り陶板に描かれているものは見ていましたが、実物を目にするのは初めて。夏に来ると、スウェーデンの製品がいかに夏の自然からモチーフを得ているのを実感します。

さて、それはともかく、この日の2件目で面白いものを見つけました。カップにかぶせるように板が付いているのが分かりますか?

これは、男性がコーヒーを飲む時に口髭が汚れないようにするためのカバーです。男性が口髭をはやしていた時代の製品。買い付けはしませんでしたが、面白かったので記録用に写真を撮りました。

そして、翌日に訪問したディーラーさん宅でお昼ご飯をご馳走になりました。こちらでもクラッカーに好きな具を乗せるスウェーデン方式。手前にある黄色い実はヨーロッパでは古くから食べられている食用のほおずきです。

そうして、午後から夕方にかけてもう数軒周って、スコーネでの買い付け終了です。

スウェーデンを立つ日は、梱包した荷物を発送の手配をして、お世話になった宿の部屋を片付け、いよいよ夏の最終目的地、デンマークのサマーハウスへと出発しました。

ところで宿にあった、スウェーデン名物たらこチューブ、Kalles Kaviar(カッレスキャビア)のキャラをプリントしたクッションがツボにはまりました。

欲しいなあ。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

イチゴ屋台とスウェーデンの買い付け

リンショーピンを離れ、スウェーデンの南部スコーネ地方まで一気に南下。花咲く野原が美しい南スウェーデンの風景にパッと気持ちが晴れやかになります。

スコーネ地方は17世紀までデンマークの一部で、言語や文化面でデンマークの影響が強く残っています。言葉は私には分からないのですが、いつもレンガ作りの家々を見ては、スウェーデンというよりはデンマークっぽいなあと感じています。

スウェーデンと言えば、こんな赤い木造住宅が目につきますものね(2011年にスウェーデン中部で撮った古い写真です)。

さて、今回は寄り道が多かったので、いつもの買い付けと変わらない量を、いつもよりも短い日数で買い付け。もっとも、ディーラーさん訪問と買い付けに割ける日数は変えられないので、梱包日と予備日が犠牲になります。

初日の1ヵ所目。

続いて初日の2カ所目。躍動感ある写真ですが、この時は記録用のつもりで何かが分かればいい程度だったので、ぶれているけどまあいいかって(ブログに使うならちゃんと撮ればよかったですね)。

帰り道で路上イチゴ販売店発見。イチゴの屋台は夏の風物詩。見ていると、次々に車や自転車で人がやって来て順番待ち状態。

現地から「夏の風物詩」と写真をツイッターに投稿したら『夏とは思えない服装』と鋭い突っ込みを頂きました。

路上だけでなく、スーパーにも臨時屋台が出ていました。スーパーに入った時は売り子さんがいたのですが、出てくると閉店していました。イチゴを撮れなくて残念。

知り合いによると、イチゴ売りは高校生の夏のバイトの定番とか。どうりで、どのお店の売り子さんも若く、通る人に声掛けするでもなく、下を向いてずっとスマホをいじっているのかと納得。ティーンエイジャーがぶすっとしているのは世界共通。でもこの年になれば、例えぶすっとしていても、あらまあ子どもだわあ、と可愛らしく見えるのものです。

買い付けに使った3日間を一気に書こうと思いましたが、長くなったので続く。

ミタ

日本では学生の冬休みの定番バイトに駅前の甘栗屋台がありますよね?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマークで流行のランプの使い方を取り入れる

こんにちは。今までTwitterInstagramでちらりと書いていましたが、今デンマークのおしゃれさんたちの間ではビンテージの卓上ランプに大きな電球をつけて、シェード無しで使うのが流行っています。

TwitterやInstagramでは手持ちのボール球を使っていたので、イマイチ格好が良くなかったのですが、先日ちゃんとした電球を買ってセットしてみました。

どうでしょうか?なかなかおしゃれっぽくなっていると思うのですが。

というわけで、もしも当店でランプをご購入の際に、シェードは不要という方はご希望をお書き添えください。定価より3000円お引きいたします(一部対象外あり)。ビンテージの卓上ランプは下記リンク先からご覧くださいね。
北欧ビンテージ家具・ランプ

この流行を教えてもらったのは、春の買い付けでデンマークのアンティークマーケットに行った時です。やたらに大きな電球だけ付けているランプが目につくけれど、シェードが手に入りにくいのかしらと思っていましたが、最後に買い付けをしたお店で教えてもらって納得しました。

ただ、不思議だったのは、EUは2009年から白熱電球を段階的に廃止し、2017年の今は完全にLEDに切り替えているはずです。では、この電球は古いものを使っているのか、これが切れたらもう手に入らないのかと思っていました。

でも、今ってすごいですね、その気になって調べたら、フィラメント風のLED電球ってあるんですね!

これが電気を点けていない状態です。LEDなので環境にやさしいだけでなく、触ってもほんのり温かい程度で、熱くならないので安全です。

電球は下記から取り寄せました。

ところが、その数日後にIKEAに行くと新商品として、同じサイズのフィランメント風のLED電球LUNNOMが1299円で売られていて軽くショック。しかもIKEAの電球は薄っすらとしたブラウン色で更にレトロ感がありました。さすがだな、IKEA。

これが切れたらIKEAにしようか、LEDって10倍長持ちか、そうか、切れないな。

ミタ

北欧ライターの森百合子さんによると、このビンテージランプ+ボール球はデンマークのオシャレカフェやレストランで良く見たとか。スウェーデンでは見なかったというので、今のところデンマーク限定の流行の様です。でも狭い国なのでたちまち北欧全体に広がりそうな予感。

※卓上ランプをお求めの際には電球をお付けしますが、通常の白熱電球(40W)で、写真の物とは異なります。ご了承ください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓