スウェーデンのホームパーティー

2017年夏の買い付けレポートです。前回は巨大ユールボックで有名なイェブレを出て、友人の実家のあるスウェーデン北部のスンツヴァルに到着したところまででした。

実は今年結婚した友人の日瑞カップルの結婚お披露目パーティーに乱入させて頂いたのです。この日はスウェーデンの夏至祭にあたり、遠方からも親戚の皆さんが集まっていました。これは彼女のために用意された美しい花冠。まさに夏至祭の雰囲気です。

風船とリボンで飾られたリビングの壁の一面だけ柄物の壁紙。こういう壁紙の一部使いが好きで、以前からやってみたかく、フクヤのお店を作った時に実現しました。

食前酒が用意されたテーブル。ヨーロッパではしばしばこうして食事の前に別室でお酒とおつまみを頂いて歓談の後、ダイニングに移って食事をします。

軽く飲み食いしながら簡単なカードゲームで遊んで、テーブルセッティングされたダイニングへ。ちなみにこの時のゲームでバカ勝ちして日本のお土産をいくつもいただいてしまったので、スウェーデンのご親戚にお分けしました。

前菜は森で狩ったヘラジカの心臓のスモーク。初めて食べた心臓は美味しかった!ネームカードは彼女が一つ一つ作ってくれたもの。

メインはポークとヘラジカとサーモン。スウェーデンらしく、バイキング形式で。

ソースはグレービーソースとドラゴンソース。私はドラゴンソースって何?!と思ったのに、「こっちがドラゴンソース」と説明された皆さんから何の質問も出ないので、益々不思議な気持ちに。後で質問するとスパイスのエストラゴン(タラゴン)のスウェーデン語だとか。

ヘラジカもポークも美味しい。ちなみに大小のお皿を2枚重ね、上の小さなお皿で前菜(あるいは魚料理)を食べ、下の大きなお皿でメイン(あるいは肉料理)を食べるのは、スウェーデンとデンマークのセミフォーマルなホームパーティーでの形式です。

お代わりもして、お腹いっぱいになったところでデザートの登場です。テーブルに呼ばれてビックリ!

なんと、全部お母さんの手作りの焼き菓子。驚愕!!

シナモンロール、ハッロングロットルのようなお馴染みのお菓子から

初めて見るお菓子まで全部で9種類ありました。

手前に用意されたコーヒーカップとケーキプレートをまず手に取って…

お腹いっぱいと言いながら、全種類をお皿に。スウェーデンのおもてなしでは7種類のお菓子を用意するのが主婦の誉らしいのですが、それを凌駕する9種類。

全部の名前を教えてもらいました。お母さんは分厚いヒミツのレシピ帳を持っていて、そこには手書きや切り抜きがびっしり。お菓子は買ったことが無いのだそう(名前が間違っていたらごめんなさい)。

そしてデザートの最後は、これも手作りのウェディングケーキ。ベリーケーキに緑のマジパンでカバーがしてあるのがプリンセスケーキのようで、いかにもスウェーデン的。

身内だけのパーティーに申し訳ないと思いつつ好奇心には勝てず押しかけてしまいました。それなのに、あたたかなおもてなしと、美味しい料理をいただき、本当にありがとうございました。素敵な思い出になりました。そして、お幸せに!!

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓