NHK『グレーテルのかまど』に協力のお知らせ

NHK Eテレで毎週月曜日放送の『グレーテルのかまど』。15代ヘンゼルと魔法のかまどが、様々なエピソードに基づいたお菓子を再現する番組です。

2月6日放送予定の「“スプーンおばさん”のワッフル」の回で、当店から食器とクロス、そして、ワッフルアイロン(ワッフルメーカー)の貸し出しをしました。貸し出した食器はノルウェー童話に合わせ、ノルウェーのフィッギョのTor Viking。ワッフルアイロンは普段使っている私物をお貸出ししました。

いや、むしろNHKさんからは、ワッフルアイロンを貸してほしいとのご依頼でした。

「ノルウェーの童話『スプーンおばさん』に登場するワッフルを再現したいのだけれど、日本で手に入るワッフルアイロンはアメリカンタイプで厚すぎて、北欧の薄いワッフルが出来ない、大使館に尋ねても電気式しかないと言われ困っていたら、ノルウェー夢ネットの青木さんにフクヤさんが持っていると教えられた」

という流れでした。

撮影は12月の初めと、2か月も前でした。昨日、ようやく「グレーテルのかまど」のサイトに予告がアップされていました。クリックでNHKのサイトに飛びます。
グレーテルのかまど「“スプーンおばさん”のワッフル」

個人的には『グレーテルのかまど』さんからの依頼は本当に嬉しかったです。というのも、以前からときどき観ていたというのもありますが、過去にフィンランドのパンケーキと、スウェーデンのジンジャーブレッドの回で感動したから。

最近は日本でも北欧のお菓子や料理を提供するところが増えてきたように思います。時には、恐る恐る言いますが、ブームに乗ったのが見え見えの”なんちゃって北欧”菓子や料理が、北欧”風”の免罪符があればいいだろうとばかりに出されていることに、釈然としない思いがしていました(ああ、書いちゃった)。

ところが、この2回の放送では、日本で手に入らない材料や、本国と違う材料を出来るだけ、オリジナルに近づけようとされていることに感銘を受けました。今回のワッフルアイロンも、その努力の末のご依頼だったのでしょう。放送で、どんなレシピで作って下さったか観るのが楽しみです。

ミタ

15代ヘンゼル役の瀬戸康史さんが使った(であろう)我が家のワッフルアイロンの名前は、今日から「瀬戸くん」です。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓