フィンランド・デザイン・ミュージアム(Designmuseo)へ

ヘルシンキ現代美術館(キアズマ/Kiasma)での昼食を終えて、フィンランド・デザイン・ミュージアムへとぶらぶら散歩。思えば何度もヘルシンキに来ながら、行くのは初めてのような気がします。普通の古い建物の入り口は少し分かりにくいのですが、中は入り口から想像できない程広い空間でした。

受け付けでチケットが「5ユーロ」というので、案外リーズナブルね、と思ったら続けて「いま改装で1階と地下だけの半分しかオープンしていませんから割引価格になっています」と。通常価格は10ユーロだそうです。何年も前に11月にキアズマに行くと、やはり改装でほとんど観られなかったことがありました。どうしても買い付けはシーズンオフに充てることが多いので仕方ないですね。

館内は一部を除いて撮影可。展示は20世紀のデザインを年代ごとに順を追って周れるようになっています。これは1920年代のアラビアの製品。アールデコの典型的なデザインです。

フクヤで取り扱っている50年代、60年代の製品。

フクヤにも何度か入荷した、ライヤ・ウオシッキネンのエミリアがありました。

コレクター垂涎のムーミンマグ。

美しいガラス製品。

その裏側には見事なビルイェル・カイピアイネンのビオラの作品。

カイピアイネンの作品は他にもありました。

地下に行くと、こんなレリーフも。レリーフの横にはカイピアイネンと親しかったマリメッコの創設者アルミ・ラティアの別荘についての解説がありました。

もちろん、そのマリメッコの服も展示されています。

服と一緒にバイクや家具も並んでいるので、当時のライフスタイルが彷彿とされます。

さて、実はこのフィンランド・デザイン・ミュージアムに展示されている作品の一部がこれから日本で展示されます。2017年にフィンランドが独立して100年を記念して、フィンランドデザイン展が2017年1月14日から福岡市博物館を皮切りに愛知県、福井県、東京都、宮崎県とほぼ1年かけて全国を巡回します。

フィンランド・デザイン展の詳細は下記リンク先をご覧ください。
「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展」

サイトを見ると、展示総数は約700点の大展覧会となる予定で、フィンランド・デザイン・ミュージアムからも多くの収蔵品が運ばれてきているそう。もしかすると、2017年は日本で観た方が良いかも知れませんね。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ヘルシンキの新名所からビーツバーガーまで

思いがけず出来た時間でヘルシンキのニシン市に行き、少し食べたものの腹ごしらえ程度だったので、ちゃんと昼食を取ろうと移動することにしたのが、連載小説風に書くと”前回までのあらすじ”

昼食の前に、2か月前(2016年8月)にオープンしたばかりという、ヘルシンキの新名所「Allas Sea Pool」へ足を延ばしてみました。

「Allas Sea Pool」はプール付きの公共サウナです。

10月のフィンランドは、セーターやコートを着込むほど寒いのですが、プールサイドにはこうして水着の人がチラホラ。サウナから上がって体を冷やしているのでしょう。

プールだけでなく、海にも入れるようになっています。プールのすぐ向こうにシリアラインのフェリーが見えます。港に停泊していた沢山の船やフェリー、それにニシン祭りの食べ物が浮いていたのを思い出すと、私はちょっと海に入る勇気が出ないなあ。潔癖な日本人の悪い癖でしょうか。

脇には小高い展望台があったので登ってみました。向こうにはニシン市の人だかりが見えます。1枚目の写真と比べると港のマーケットとの位置関係が分かるかな?右側に写っている黒い屋根は公共サウナのすぐ脇にある建物で、つまり「Allas Sea Pool」は港のマーケットに隣接しています。

展望台からヘルシンキの街が見渡せます。天気の良い日で、青空に白い大聖堂が引き立っていました。

さて、肝心の昼食。選択肢は色々あったのですが、前回の買い付けで美味しいシナモンロールを食べたヘルシンキ現代美術館、通称キアズマのカフェを再訪することにしました。

ランチメニューは日替わりで数種類あります。その日、私が選んだのはビーツバーグと山羊チーズのハンバーガーに海藻のサラダ添え。

山羊チーズの独特の臭みに最初は「うーん?」と思ったのですが、ビーツバーグと合わせると甘みと酸味が混ざってなかなか美味しかったです。北欧の食に詳しい人に伺うと、ビーツと山羊チーズの組み合わせはしばしば見られるとか。海藻サラダは酸味よりも甘みの強い味付けで、甘い和え物は北欧では珍しくはないのですが、日本人としては海藻にこの味は斬新でした。日本では見られない食材、味付け、調理方法に出会い「へー?」「ほー!」と気持ちが動く瞬間はなんど繰り返しても楽しいものです。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

Merry Christmas!


God Jul!
Hyvää Joulua!

今年もあと1週間ほど。年内の実店舗営業は終わりましたが、ネットの新着アップはもう1回あります。どうぞ、お付き合いください。

また、今年中に秋の買い付けブログを終わらせるつもりでしたが、来年までかかりそうです。こちらも気長にお付き合いいただければ嬉しいです。

何はともあれ、それでは、皆さま良いクリスマスをお過ごしください!

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

映画『こころに剣士を』タイアップキャンペーンでミトンをもらおう!

先日ご紹介したエストニア映画『こころに剣士を』がいよいよ明日の12月24日から公開されます。

映画の中でエストニアのミトンが主役のエンデルと恋人のカドリをつなげる小物として登場しているんですよ。そこでそれにちなんで、エストニアミトンの割引とプレゼントキャンペーンを、『こころに剣士』さんとタイアップして行います!

キャンペーンは下記の通り2種類。
その1)『こころに剣士を』の半券をお持ちいただいた方にエストニアミトンを店頭にて10%オフ!

その2)抽選で1名さまにエストニアミトンをプレゼント!
プレゼントへの応募方法は二通り。一つは、お葉書にてのご応募、もう一つは下記Tweetをリツイートして『こころに剣士を』公式Twitterアカウントをフォローする方法です。


お葉書での応募方法については下記リンク先に詳細があります。どうぞこちらからご確認ください。ミトンプレゼント以外にも様々な特典がありますよ。
『こころに剣士を』北欧の魅力が詰まったタイアップ決定!

劇場などの詳細は下記のリンク先からご覧ください。
『こころに剣士を』公式サイト

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ヘルシンキのニシン市へ

こんにちは。今年も残り1週間余り。10月の買い付けレポートを今年中に終わらせる予定です。そんな訳で、ヘルシンキの買い付け5日間については前回の1回で終了し、いよいよ最終日へ。

帰国を翌日に控えたフィンランドの最終日はヘルシンキのニシン市へ行くことにしました。

Twitterでフォロワーさんに、丁度年に1度のニシン市を開催していると教えてもらったのですが、スケジュール的に行けないので諦めていました。ところが、どうもどこかで日にちを1日間違えていたようで、ぽっかりと丸1日空いてしまったのです。

どうりで、思ったよりも梱包が進まず深夜作業が続いていたはず。どうりで、予約していたショップに行くと閉っていて「あれ?明日来るって話だよね?いいけど」と開けてくれたはず。ヘルシンキの青空がまぶしいや。

ニシン市は1743年から続き、毎年10月に港のマーケット広場で開催される伝統的な市場です。マーケットには、人、人、人。ここは原宿の竹下通りか。いや、冷静になると竹下通りの方が人が多いな。恐るべし東京。

いつもと同じ港のマーケットに見えますが、いつもと違うのは、ニシンの酢漬けや塩漬けなどを売る停泊した船の屋台があること。お船のお店、というだけで子どものようにワクワクしてきます。

ニシンだけでなく、パンも売っています。

この黒いパンは、フィンランドのバルト海の島で伝わる「群島の人のパン」。フィンランド語でSaaristolaisleipä(サーリストライスレイパ)です。甘みが強く加工した魚によく合います。

例えばこんなサーモンの燻製!持って帰れないのが残念。

この屋台では「群島の人のパン」を使ったオープンサンドを売っていたのでお昼にと買うことに。

こうやって「群島の人のパン」に何種類の中から選んだ具を乗せてくれます。選んだのはニシンの酢漬け、ニシンソテー、北極圏サラダ、隠れて見えませんが白身魚(ヒラメかな)の燻製、の4種類。

食べ終わって地上の屋台をぶらぶらします。日にちによってはレストランの出張屋台もあると聞いていたのですが、この日は最終日で短縮営業のためか、そういったお店はなかったようです。それでも船よりも凝った食品を扱っているところが多く、見ているだけでも面白い。カラクッコの上が開いたようなこれは、アヴォクッコという食べ物らしいです。

肉だけでなく、魚にもリンゴンベリーを使うのですね。

地上のお店には、魚だけでなく季節柄キノコがいっぱい。値札のイラストが結構特徴をとらえていて上手です。

久しぶりに仕事から離れてのんびりしました。が、実はオープンサンドがかなり小さかったので、腹の足しにもならず、食べ物を求めて町の中心へと戻るのでした。

続く

ミタ

北極圏サラダって何かなー?と思ったあなたに朗報!フクヤの電子書籍『北欧のおやつとごはん』にレシピあります!

追記:
昨日録画していたNHK『世界ふれあい街歩き 秋色に輝く北欧の街 ヘルシンキ ~フィンランド~』を見ていたらこのニシン市が取材されていてビックリ。しかも私が写真を撮った、このおじさんたちがインタビューまでされていて可笑しかったです。服もこの時と同じでしたね。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓