フクヤ10周年 北欧蚤の市&北欧フード無料食事会!

※この記事は7月24日までトップに固定しています。最新記事は一つ下からご覧ください。
10th_party_fb

7月24日(日曜日)

13時~18時(予定)

●フクヤ開店10周年を記念して、スペシャルイベントを開催●


日頃のご愛顧を感謝して、無料の『北欧フードプレート』サービス、蚤の市、出張カフェを予定しています。どうぞ、お誘いあわせの上ご来店ください。

※蚤の市は屋外で開催です。暑さ対策をお忘れなく。
※フードは室内でも召し上がっていただけます。室内は土足禁止ですので、脱ぎ履きしやすい靴でお越しください。
※雨天決行


SPECIAL 1

北欧フード盛り合わせプレート先着50名さま無料サービス!


北欧の美味しいものをちょっとずつ盛り合わせ。10周年記念サマーパーティープレートをお申し込み先着50名さまに無料で!一緒に10周年を祝ってくださいね。

【内容】
・ミートボール
・スモークサーモン
・ニシン酢漬け2種類(ディルオニオン&マスタード)
・パテ2種類(コッドローパテ&サーモンパテ)
・プレスドコッドロー
・マッシュポテト
・クラッカー
※内容は予告なく変更することがあります。
(協力:アクアビットジャパン)

北欧フードプレートチケットはこちら

※予めチケットのお申し込みが必要です。
※お一人2枚までに限らせて頂きます。
※チケットは13時から15時と15時から17時の2種類です(フードの内容は同じです)。
※同じ方の両方の時間のお申し込みはご遠慮ください。
※チケットのお申し込み開始は6月30日13時からです。

●チケットを申し込む

フクヤ蚤の市『北欧フード盛り合わせプレート』予約申し込み
(別のサイトが開きます)


SPECIAL 2

出張「ことり珈琲店」!


北欧カフェ「ことり珈琲店」さんの出張店舗。その場で淹れる薫り高いコーヒー、各種アイスドリンク、シナモンロールや北欧のお菓子を販売します。
ことり珈琲店


SPECIAL 3

北欧蚤の市!


フクヤからは難ありアウトレット北欧ビンテージ&北欧のエキスパートたちが秘蔵&私物北欧グッズ放出します!
【出店者】
アクアビットジャパン
しずく堂
スティッカ(森百合子)
・Fukuya

【会場】
東京都世田谷区深沢2-15-5 Fukuya実店舗

ミタ

本当ならこのイベントを第10回に持って来たかったのですが、諸事情で1回イベントが飛んでしまって…まあ、いいかと…。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

掲載誌「ELLE JAPON 8月号」のお知らせ

6月28日発売の「ELLE JAPON 8月号」に商品を紹介いただきました。
160628-1
特集「北欧で暮らしたい!」ではデンマークとスウェーデンに住む女性のインテリアを紹介しています。どのインテリアもヴィンテージと現代の物のミックスが上手で素敵。
160628-4
特集内の「北欧モチーフでテーブルをハッピーに!」の中で、いくつか商品を紹介いただきました。左下にある野ばら柄のプレート「Arabia HLA飾り皿 (野ばら)」もその一つ。
160628-3
掲載商品のいくつかは既に売り切れていますが、写真に一緒に写っているArabia Keltakukka コーヒーカップは在庫が2個あります。
160628-2
ELLE JAPON 8月号は全国の大型書店、あるいは下記画像のリンク先からネットでお求めいただけます。ご興味にある方はどうそご覧になってくださいね。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドの夏をイメージしたKesäシリーズ

アラビアのケサ(Kesä)の珍しいトリオセットが入りました。トリオとは、カップ、ソーサー、ケーキプレートの3点のセットを指します。ソーサーも一つとして数えてトリオなんですね。
160627-2
ケサ(Kesä)とはフィンランド語で「夏」を意味します。日本の夏というと、蒸し暑くあまり良い季節ではないのですが、フィンランドは穏やかな気候で、さらりと爽やかな、一番いい時期とか。

今は6月で、日本は梅雨の真っ最中ですが、フィンランドでは夏至祭の終わった今ごろから7月が夏です。夜遅くまで日は沈まず、気温が上がるにつれ、冬の間は縮こまっていた野の花々が生き生きと咲き、明るく辺りを照らすのでしょう。そんな心地よい夏の雰囲気は、このデザインにも表れています。
160627-1
製造は1957年から61年。当時から高級なラインとして作られていたもので、素地は薄く、繊細に仕上がっています。フォルムデザインは、カーリナ・アホ(Kaarina Aho)。デコレートデザインは、エステリ・トムラ(Esteri Tomula)。

そして日本が夏真っ盛りの8月はすでに秋の雰囲気。その短い夏を森や湖、海辺といった自然の中でのんびりと寛ぐのが北欧の人の過ごし方。海でも山でも、どこへ行っても暑さから逃れられない日本から見ると羨ましい限りです。

そんな美しくも、短いフィンランドの夏を表したケサコーヒーカップは下記リンク先からどうぞ。
Arabia Kesa

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

クリスマスまで半年企画『クリスマスクロスBuy2 Get1 FREE!』

毎週お送りしている、フクヤ10周年キャンペーン第8弾!

クリマススまでカウントダウン!
クリスマスクロス Buy2 Get1 FREE!

160623-1
今週末はスウェーデンの夏至祭ですが…そう、実はクリスマスまで(ほとんど)半年なのです!

そこで、クリスマスを先取り!クリスマスクロス「Buy2 Get1 FREE!」セール!2枚買えばもう1枚が無料になるキャンペーンです。
10th_8_top
<キャンペーン内容>
・クリスマスクロスを2枚お求めになると、もう1枚無料になります!
・お好きなクロスを3枚お選びください。価格はご購入後に2枚分で訂正してご連絡します(1番高額品が無料)。
・3枚単位がキャンペーン対象となります。4枚の場合、5枚の場合は、無料対象は1枚のみです。
・キャンペーン期間は2016年6月23日から28日のご注文までです。
※対象商品はこちら→クリスマスクロス

それでは、良いクリスマス準備を!

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

特別な日のデミタスカップ

春のフィンランドでゴージャスなデミタスカップを2種類買いつけました。それぞれ別のディーラーさんから求めたものです。
160621-3
金をふんだんに使った、まるでビザンチン美術のような絢爛豪華さです。右の全身金色はGilda(ギルダ)。製造は1960年から1972年です。左はバックスタンプにMilla(ミッラ)。Millaには様々な色があるのですが、こちらはシンプルに白地に黒のラインと金色の対比を効かせた配色です。製造は1952年からで、1960年代に終了しています。
160621-2
デコレートデザインはアラビアで数多くの作品を作ったEsteri Tomula(エステリ・トムラ)です。フォルムはアラビア社でほとんど唯一の*アール・デコ風のデザイナーであるGreta-Lisa Jäderholm-Snellman(グレタ=リサ・ヤデルホルム=スネルマン/1894年-1973年)による、1926年のOCモデル。

*アールデコ(仏:Art Deco)
ヨーロッパおよびアメリカ(ニューヨーク)を中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行、発展した装飾の一傾向。原義は装飾美術。幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現などの特徴を持つが、その装飾の度合いや様式は多様である。 (引用:Wikipedia)

アラビアのビンテージデザインに興味のある方ならエステリ・トムラの名はご存じかと思いますが、グレタ=リサ・ヤデルホルム=スネルマンについてはあまり耳にしないかも知れません。なにせグレタがアラビアに所属していたのは1921年から37年。フクヤで主に扱っているミッドセンチュリーよりも、ずっと前のこと。

グレタは1912年、高校を卒業後パリの大学で学びます。フランス仕込みの自然なエレガントさを持ちながらも、キビキビとした性格で、1929年から37年まで美術大学で教鞭をとるほかに、アラビアに装飾部門を設立し、そこで美大の学生を雇うなど、大変精力的かつ熱心に後輩の育成に取り組みました。どうも、いささか厳しい先生だったようです。

また、優れたライターとしても知られ、イギリスの雑誌にフィンランドデザインについての記事を連載したり、フィンランドの雑誌にフランスのデザイン事情について記事を書く仕事もしていました。デザイン以外の部分では、ソビエト連邦がフィンランドに侵入した、1939年の冬戦争の時には、夫と共にスウェーデンとイギリスに人道的援助を求める活動に身を投じるといった面も持ち合わせていました。

グレタは陶磁器だけでなく、リーヒマキガラスやイッタラでもフリーランスとしてデザインを提供しています。またイラストレーターとしても活躍していました。このイラストは日本でいうモガでしょうか。
160621-4
こちらはイースターに贈られたようです。
160621-5
これらのカップは6月末か7月の最初にアップ予定です。特別な日にゴージャスなひと時をどうぞ。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓