漂う青のブローヒュサール

グスタフスベリのブローヒュサール(Blå Husar)の大きなモーニングカップが久しぶりに入荷しました。
160531-1
ブローヒュサールはスティグ・リンドベリによるデザインで、製造期間は1968年から73年です。ぼんやりと滲んだ青い絵付が特徴で、この滲み具合は一点一点異なるため、ある意味ネットショップ泣かせ。お求めの方には、たった一つの自分好みの滲み具合を探す楽しみがあります。

この滲んだ青をスウェーデンでは「flytande blått」と呼んでいます。Google翻訳の力を借りて、英語に直訳すると「liquid blue(リキッドブルー)」。そのまま日本語にすると「青の液体」。青のデコレートが液体のように漂っている様を表現したのでしょうか。
160531-2
リンドベリは昔の絵付方法を再現することでリキッドブルーを完成させた、と資料にはあります。その方法が何のか良く分からないのですが、以前チラリと「塩を使う」と読んだことがあります。いったいどこで見たのか、さっぱり思い出せません。こういうのは、その時に必ずコピーを取るなり、メモするなりしないといけないですね。ただ、記録していなかったのは、塩をどう使うのか記載していなかったのは情報として価値が無いから、と思った記憶があります。

一旦ブローヒュサールから離れて、一般的な陶磁器の絵付方法について色々調べたところ、大阪美術専門学校の研究資料に、可溶性金属塩を顔料に使うと「滲み」や「ぼかし」が現れる、というものがありました。

塩は塩でも塩違いのような気もするし…。理系でないので、全然分からないなあ。もうちょっと調べるとして、さて、ブローヒュサールのモーニングカップは来週アップ予定。プレートは既にアップしています。プレートについては下記リンク先からどうぞ。
Gustavsberg Bla Husar ディナープレート

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド各地をテーマにした愛らしい60年代の飾り皿

アラビアで1960年代に作られた、フィンランド各地をテーマにした飾り皿です。去年の秋の買い付けと、今年の春の買い付けで、それぞれ1枚づつ見つけ、ただいまお店にはこの2種類があります。
160529-1
このシリーズのお皿は、過去には別の柄も入荷しました。
AR-UN4-74Bそれがこちら。バックスタンプには「Lappi(フィンランド語)/Lappland(スウェーデン語)」と書いてあり、フィンランドの最北にあり、遊牧民族サーミが暮らしている、ラッピ県(ラップランド)をモチーフにしています。

特徴的な民族衣装を限られた色数で見事に描いています。画像をクリックすると拡大するので、ご興味があればどうぞご覧ください。

160529-3現在在庫のある、「Uusimaa(フィンランド語)/Nyland(スウェーデン語)」。ウーシマーとは首都ヘルシンキを含む県で、ヘルシンキの港と大聖堂がプレートに描かれています。民族衣装だけでなく、現代的な服装のカップルも描かれているのは、さすが都会、といったところでしょうか。

160529-2こちらは「Häme(フィンランド語)/Tavastland(スウェーデン語)」。ハメは90年代に入ってから分割され、現在はハメとしては存在していない地域です。いかにも田舎風の光景と、田舎風の人々が描かれていますが、実はヘルシンキに隣接した地域で、かつてはガラスで有名なリーヒマキもこの地域に含まれています。

さて、これらの飾り皿については、絵柄からライヤ・ウオシッキネン、バックスタンプから60年代と判断しましたが、手元の資料に掲載されていなかったため、詳細は分かりませんでした。

けれども、ブログに取り上げるのを機会に、ミュージアム資料でしっかりと調べ直しました。というわけで、詳細が分かったので、自分用の備忘録も兼ねて。

この飾り皿(シリーズ名はありません)は1963年にライヤ・ウオシッキネンのデコレーションで作られました。フォルムは1955年にカイ・フランクが作ったGモデルです。

パターンは9種類あり、下記の9つの地域を取り上げています(フィンランド語、スウェーデン語の順番)。
Savo/Savolax(サヴォ)
Häme/Tavastland(ハメ)
Varsinais-Suomi/Egentliga Finland(南西スオミ)
Uusimaa/Nyland(ウーシマー)
Pohjanmaa/Österbotten(ポフヤンマー)
Satakunta/Satakunda(サタクンタ)
Karjala/Karelen(カルヤラ)
Lappi/Lappland(ラッピ)
Ahvenanmaa/Åland(オーランド)

コレクション魂に火が付きそうですが、あまり作られていないのか、なかなか見つかりません。あるいは、当時はお土産物として作られ、海外に散っているのかも。あと6種類。さて、全種類集まるのでしょうか?

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フクヤオリジナルスポンジワイプ夏の新色!

スウェーデン発祥の台布巾「スポンジワイプ」。スウェーデンの家庭には必ずあると言っても良いくらい普及しているキッチンツールです。

スポンジワイプとはセルロースとコットンで出来た、厚手の紙のような素材。乾いているとカチカチですが、水を吸うと柔らかくなります。自重の10倍の水を吸いますので、1枚で水を拭き取ってくれます。また、速乾性があるので衛生的。紙のように思えますが、丈夫で洗濯機で洗えます。繰り返し使ってボロボロになったら、燃えるゴミとして捨てられます。

ビンテージのカップ&ソーサーをイラストにした、フクヤのオリジナルデザインのスポンジワイプに、これからの季節にピッタリの新色「ホワイト」が登場しました!
160526-1
スポンジワイプは一度使いだすと、これ以外は使えない程便利な物です。我が家でも、布の台布巾は姿をすっかり消して、こればかりになっています。

3枚買うと送料無料ですので、他のお色と一緒にいかがですか?
160526-2
ご興味のある方は、下記リンク先からどうぞ。

スポンジワイプ (花柄ビンテージカップ&ソーサー)

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スパイスボトル&バターケース送料無料キャンペーン

地味にやってます。フクヤ10周年記念キャンペーン第5弾!
スパイスボトル&バターケース送料無料!
同梱品も送料無料!

160525-1
通常15000円以上送料無料のところ、スパイスや塩胡椒入れ、ついでにバターケースも送料無料になります。また、同時にご購入のお品も送料無料に!
10th_5_top
対象商品については、キャンペーンページのリンク先からご覧ください。
フクヤ10周年記念企画

ちなみに、こちらの可愛らしいアラビアの塩胡椒入れ「Lappalainen」のように、すでに送料無料対象価格の物は、今回のキャンペーンには含まれていません。
160525-2
ところで背景のハンバーガーは家人作。突然「パンからハンバーガーを作りたい」と言いました。生地はホームベーカリーなので、丸めただけですが、焼きたては美味しいですね。
160525-3
ミタ

キャンペーンは第10弾までやるつもりですが、ネタが出てくるかどうか…。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フクヤのお話し会in関西にご参加ありがとうございました!そして10周年ポーチの予告

昨日「フクヤのお話し会in関西」のイベントのため、日帰りで関西へ行きました。ご参加の皆さまありがとうございました。東京でお会いした方も、普段はネットでやり取りしていた方も、初めてお会いする方もいらして、嬉しかったです。良いご感想もいただき安心しました。

実は写真が一枚もなく、お話し会の様子をご紹介出来ないのが残念です。こういう時は誰かに撮影を頼んでいるべきでしたね…。うかつでした。

さて気を取り直して、昨日のお話しを。当日は飛行機で神戸空港に行き、そこからポートライナーで三宮へ。これはポートライナーの車内から取った写真です。海と山が同時に見えると神戸だなあと実感します。東京の街中からは山が見えないので。
160523-1
左端の青いポールに書かれている紋章は神戸市章。夜になると山肌にこの市章と錨のマークが電飾で浮かび上がるのを見ながら育ちました。あの頃は何とも思わない日常の光景だったのですが、今見ると懐かしいなあ。

三宮から阪急電車に乗り換えて夙川駅へ。そこから徒歩5分のインテリア雑貨のお店「undyed+(アンダイドプラス)」が会場です。
160523-2
「undyed+(アンダイドプラス)」は、1989年に創業したアンティークキリムの輸入販売会社「Art core(アートコア)」のブランドとして2010年に誕生しました。店内にはアジア各国でセレクトした素敵な雑貨や、本業のノウハウを生かしたオリジナルカーペットなどが並び、魅力的な空間。
160523-4
チラリと写っているのは、オーナーの祥子さん。実はアートコアは母の従兄の会社で、祥子さんは私の再従姉妹(はとこ)になるのかな?
160523-3
大人になってから交流が増えたきっかけは、アンダイドプラスさんオリジナルのこのラグです。
160523-11
マリメッコ初の日本人デザイナーで、現在はSOU・SOUのデザイナー、脇阪克二さんデザインのラグ「いえ」です。
これらのラグを含め、フクヤで扱っている脇阪克二さんの作品はこちらをご覧ください→脇阪 克二
160523-5
そして今進行中の新作がこちら!フクヤの10周年企画として脇阪氏に描き下ろして頂いたイラストを元に進行中です。こちらについては近々発表できそうですので、どうぞお楽しみに!
160523-8
ミタ

追伸:
アンダイドプラスの斜め前には北欧ビンテージ家具のお店「Timeless」さんがあります。
160523-7
主にデンマークスウェーデンで買い付けた状態の良い家具たち。3月に買い付けから戻ったばかりだそうですので、これからどんどん新しいものが入りそうです。
160523-12
元々神戸にあったTimelessさんですがアートコアのラグを店舗で取り扱ったのがきっかけで、神戸から夙川に移転したとか。というのも、Timelessさんの入っている建物は別の親戚の所有なのです。ふと見上げると壁に「ART CORE」の文字が入っているのを見つけました。あれ、昔はここがショールームだっけ?とボンヤリ考えつつ、帰りの飛行機に間に合わないので、早足帰宅。
160523-6


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓