ヘレナ・テュネル氏の訃報

昨日フィンランドのガラスデザイナー、ヘレナ・テュネル(Helena Tynell)さんの訃報が入ってきました。

お生まれは1918年12月10日。お亡くなりになったのは2016年1月18日。享年97歳。また一人ビンテージのデザイナーが亡くなったことに寂しさを覚えましたが、一方まだご存命だったことには驚きました。

テュネルは美術学校を卒業後、1943年から1946年はアラビアに所属し、1946年から1976年までリーヒマキガラス(Riihimäen lasi/リーヒマエンラシ)で働きます。様々な作品を作りましたが代表的なものにこのガラスボトルAurinkopullo(アウリンコプッロ)があります。アウリンコプッロとは、フィンランド語で「太陽のボトル」の意味。製造期間は1964年から1974年です。
160122
このボトルのサイズは大小4種類あり、色は確認されているだけで17色もあるとか。バリエーションの豊富さは収集魂をくすぐるのか、フィンランドではコレクションしている人も珍しくはありません。

また、当店でも人気のPala(パラ)シリーズも彼女の手によるものです。

テュネルは1976年にリーヒマキガラスを辞めた後は、ドイツ、スウェーデン、アメリカと、海外で活躍したそうです。

イッタラやアラビアのような現存するメーカーのデザイナーと違い、すでに閉鎖したリーヒマキガラスのデザイナーについては、なかなか情報を得ることが難しく、残念なことに私は彼女についてあまり詳しいことは知りません。

訃報を伝えるフィンランドの新聞Helsingin Sanomatには晩年の彼女の写真が掲載されていました。

VERTTI TERÄSVUORI

Helena-Tynell
何気ない服の胸元の花の刺繍が愛らしく、きっと魅力的な方だったのだろうと、想像しています。

ご冥福をお祈りします。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

Turtur + Kastehelmi

随分前にカップが割れてソーサーだけになってしまった、グスタフスベリのTurtur。ソーサーだけのものは、ご来店のお客さまに差し上げることが多いのですが、これは手放しがたく、そのまま何年も持っています。
160117-1
何年も持ったまますっかり記憶の底に沈んでいました。昨年末のアウトレット祭りの時に棚の奥から再発見。

緑色のカステヘルミを乗せたら、なんとなく合うんじゃない?
160117-2
ガラスの食器は夏のイメージがありますが、相手を選ばないので、季節を通じて使いやすいアイテムです。

そんなカステヘルミは下記リンク先からどうぞ。

Kastehelmi

ミタ

今日は簡単更新


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アラビアのエミリア

アラビアで1947年から1986年までの約40年間所属していたデコレーターRaija Uosikkinen(ライヤ・ウオシッキネン/1923-2004)。彼女が80歳で亡くなったのは2004年の昨日、つまり1月15日でした。

彼女の代表作と言えるのが、このEmilia(エミリア)シリーズです。
150116-2
アメリカに住むエミリア伯母さんをモデルにしたと言われ、1950年代後半から60年代半ばまで20モデル程が作られました。

この写真は、その中の一つで、製造期間は1962年から2、3年ほど。TVセットと呼ばれるタイプで、広めにとったソーサーはケーキプレートとしての役割もあります。

本来は同じくエミリアのカップが付いているのですが、残念ながら失われています。代わりに黒のKilta(キルタ)のカップを付けました。ちなみに、オリジナルのカップもキルタと同じモデルです。
150116-1
ウオシッキネンの描くエミリア伯母さんは社交的で明るく、活発(自転車に乗っているイラストもあります)。実際に伯母さんがそのような人だったのかも知れませんが、ウオシッキネン自身も活発な人だったようです。

写真が趣味で、アジアやアメリカにも撮影旅行に出かけていたとか。エミリアシリーズの中にはイタリアやフランスの旅を楽しんでいるエミリアさんも描かれています。伯母さんをイメージしながらも、ウオシッキネンの個人的な体験が絵に現れているのかも知れません。

その他のエミリアシリーズは下記リンク先をご覧ください。
Arabia Emilia

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

トークイベント「北欧ぷちとりっぷ Vol6」開催します!

こんにちは。イベントのお知らせです。
150114-3
2013年から続いている北欧トークショー「北欧ぷちとりっぷ」の第6弾の開催を1月31日に開催します!

今回は森百合子さんの新刊『3日でまわる北欧 in オスロ』の出版を記念して、待望の(?)ノルウェーをテーマにトークを繰り広げます。知られざるノルウェーの”かわいい”をたっぷりとお見せする予定。
150114-2
私は今回もトークゲストに呼んで頂きましたので、ノルウェーのフィッギョのデザイナー、トゥーリ・グラムスタッド・オリヴェールさんのデザインをご紹介しながら、北欧ビンテージのデコレーションについてお話しする予定です。

そして、その他のトークゲストは前回と同じく、ノルウェー夢ネットの青木さん。そして、北欧男子たち。なんと今回は初のアイスランドの人も参加するとか。滅多に会えないアイスランド人。私も今まで一度しか会ったことがないので(しかもオスロのホテルで)結構楽しみにしています。

また、当日は北欧雑貨の出店他、豪華プレゼントもご用意しています。詳細は下記をご覧ください。


『北欧ぷちとりっぷ vol.6 ~ノルウェーってこんなに可愛いかったんだ!』

****** 今回の内容 ********************
トーク①「乙女なオスロ、ワイルドなオスロへ」森百合子
北欧好きはオスロを目指せ!オスロの最新カフェ事情からグルメな店、雑貨やビンテージショッピング情報、さらにノルウェー人的街歩きの楽しみ方まで、可愛くてワイルドなオスロの魅力をご紹介。取材裏話も含め、ぷちとりでしか聞けないオスロ&ノルウェーガイドをお楽しみに!

トーク②「ノルウェー語から大解剖!あなたもノルウェー人が好きになる」青木順子
北欧人の中でもとくにユニーク!?ノルウェーマイスターの青木順子さんが、ノルウェー語を通して「愛すべきノルウェー人」を大解剖。爆笑必至、気づけばあなたもノルウェー通、ノルウェー語も習得できちゃう青木ワールドへようこそ!

トーク③「永久保存版ー北欧ビンテージデザインの見方」三田陽子
ビンテージファンのみなさま、お待たせしました。ぷちとりの北欧ビンテージ番長が帰ってきました!今回のテーマはずばりビンテージデザインの読み取り方。良いビンテージって?要注目のノルウェー「トゥーリ」デザインをはじめ、読み解けばもっと面白くなるビンテージデザインのお話。

1月29日発売『3日でまわる北欧 in オスロ』の販売&著者サイン会も行います。ぜひこの機会に新刊をゲットしちゃいましょう!

****** 人気コーナー ********************
【北欧男子トーク】
ぷちとりの名物コーナー、今回もパワフルにお届けします。ノルウェー男子のジャック、デンマーク男子のイェンス&エスベン、フィンランド人のヨウコ、さらに初のアイスランド男子が参戦予定!今回はどの国が生け贄になるのか!?熱いトークバトルをお楽しみに。

また、先着50名様にプレゼントもあります。

日時:1月31日(日)12時半開演 15時終了予定
会場:Tokyo Culture Culture (お台場)
チケット料:前売チャージ券2500円(要1オーダー制アルコール500円~、ソフトドリンク420円~)・当日チャージ券500円増

【出演者】
森百合子(Hokuo Book)、青木順子(ノルウェー夢ネット)、三田陽子(Fukuya)

【出店予定】
・北欧ビンテージ食器・雑貨 Fukuya/ウュクシ/Joy/Sticka
・北欧食材・雑貨 アクアビットジャパン/ブランウェイ
・北欧デザインアクセサリー コルヤマトカ
・北欧書籍ジュウ・ドゥ・ポゥム

※詳細はイベントサイトをご覧下さい。
東京カルチャーカルチャー「北欧ぷちとりっぷ」


それでは、皆さまに会場でお会いするのを楽しみにしています。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

和食にも合うスウェーデンの器

注文した”野菜セット”の中にキャラメル芋なるサツマイモが入っていました。名前からして甘そうなので、オーブンで焼き芋にしてトッピングでデザートのように。
160112-1
器はスウェーデンの陶磁器メーカーRörstrand(ロールストランド)のTitus。和の雰囲気もするので、洋食だけでなく、和食にも合います。デザイナーはOlle Alberius(オッレ・アルベリウス)で、製造期間ははっきりとはしませんが、1960年代のことでしょう。

というのは、アルベリウスのロールストランド所属期間は1963年から1971年なので。ちなみに1971年は同社の経営方針変更のため、アートディレクターだったカール・ハリー・スタルハネを除き、全デザイナーが解雇されました。
160112-2
そのため、70年代のロールストランドでは、こういったアート的な作品は作られていません。この決断はロールストランドのデザインを大きく後退させ、遅れを取り戻すのに大変な時間がかかったと言います。

解雇されたデザイナーたちは独立したり、他の企業に移ったりしました。アルベリウスはガラスメーカーのオレフォスに移り、アートガラスだけでなく、日常用のグラスも沢山手がけました。それらのグラスは今も生産され、オレフォスで手に入れることが出来ます。

ところで、ネットで焼き芋をオーブンで作る方法を調べると、濡らした新聞紙に包んで、アルミホイルで更に包み、160度で90分とありました。我が家は新聞を取っていないので、必然的に梱包用に持ち帰った北欧の新聞に…。なんだか変な感じですね。
160112-3

ミタ

野菜セットにちっちゃいカボチャも入っていたんだけど、憧れのカボチャ丸ごとプリンにしてみようかな。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓