フィンランドの窓から、そして買い付け終わり

すっかり懐いている、フィンランドの宿猫のスム。
151128-21
買い付けたものは出来るだけ、その日、または翌朝にはリストを作ります。溜まると作業が大変になるので。また、スウェーデンから出した荷物の通関用の書類も早く作らなければいけません。そんな慌ただしい作業中に膝の上に乗って、気持ちを安らげてくれているスムの後ろ頭。
151128-20
パソコンを使っている机は窓に面しているので、時折外を眺めるのも気分転換になっていました。夜8時ごろまで明るい9月のフィンランド。窓から見える庭は半分が森で、東京の我が家では考えられない光景が広がっています。

宿主の親戚の子供たちが遊びに来ている時もありました。
151128-22
また、ある日は動く気配に目を上げると、リスの姿が!
151128-18
目が合いました。
151128-19
そうそう、動物と言えば、こんな可愛いカップを買い付けました。ジャガイモで作る蒸留酒のカップとか。
151128-7
その他の買い付け品たち。もう、買い付けから戻って2か月半が経っているので、すでにサイトにアップしている物もありますね。
151128-6
どれもフィンランドの暮らしや自然を思い起こさせるデザインです。
151128-8
こうして買い付け、リスト作り、梱包、発送を繰り返しながら1週間ほどを過ごし、いよいよ帰国の前日となりました。その夜エリナさんがやって来て、おすそ分けしたリンゴンベリーで作ったパイを差し入れてくれました。
151128-13
明日の帰る日に食べてね、とタッパーに入れたサーモンパイも一緒に。滞在中仕事が忙しく、夜の8時ごろ帰宅が続いていたエリナさんですので、心遣いに感激。
151128-14
そうして翌朝、出勤前のエリナさんにお別れを告げて、ヘルシンキのヴァンター空港へ向かいました。SASプラスを予約していたのでラウンジが使えます。
151129-3
ラウンジでは北欧の食材を使った軽食が用意されています。
151129-4
フィンランドの焼きチーズ「レイパユースト」とサーモンなど。レイパユーストは以前、宿のエリナさんがデザートに作ってくれましたっけ。
151129-6
ラウンジの窓から見えるヘルシンキエアポートの文字。
151128-15
ここからコペンハーゲン経由で日本です。これはコペンハーゲンのカストラップ空港のラウンジ。
151129-5
最後は日本へ向かう飛行機の窓から見える夕焼け空。さようなら北欧。
151128-16
今回の買い付けも沢山の人の親切に助けられて買い付けを終えられました。春の買い付けでの再会が楽しみです。

ミタ

長々とお付き合いいただいた9月の買い付けレポートはこれで終了です。最後はかなり早足でした。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドの買い付けとリンゴンベリー

荷物を出しに、約半年ぶりにフィンランドの郵便局に行くと、すっかり雰囲気が変わっていました。
151128-2
ロゴを含め、郵便局の内装も鮮やかなオレンジと青の色に変更していました。
151128-3
制服も爽やかなオレンジに変わっています。
151128-4
フィンランドの郵便局はPosti(ポスティ)から2008年にItella(イテラ)に社名が変わっていましたが、今年(2015年)に再びポスティになったのに合わせ、CIを一新したようです。

ただフィンランドの人に聞くと誰もが「イテラの間もポスティって呼んでた」ので、変わったと言われても実感はないとか。

さて、フィンランドの買い付けも終盤で、残すところ3日。いつものアンティークショップに行くと、いつもの通り手作りのベリーケーキで歓迎してくれました。
151128-1
ここでは食器だけでなく、初めて椅子を買い付けました。座面が蓋になっていて、中に毛糸など手芸用品を入れる手芸愛好家のためのものとか。60年代にとても流行ったそうです。
151128-9
ビンテージ食器は定番からレア品まで。ここと、前日のフェアと、もう1ヵ所合わせて、約190点集めました。
151128-5
このショップの帰り際に、お店の方に森で摘んだリンゴンベリーのおすそ分けを頂きました。
151129-2
食べきれない程沢山あったので、ほとんどを宿主のエリナさんにおすそ分けして、手元にはこれだけを残しました。
151128-17
残したリンゴンベリーはスーパーのお総菜で買ったミートボールと合わせて食べました。フレッシュなリンゴンベリーは、リンゴンベリージャムと違い、甘さがなく、仄かな苦みと酸味がお肉によく合います。
151128-10
食べ終わる頃にエリナさんがやって来て、手作りデザートを差し入れてくれました。夕方差し上げたリンゴンベリーとクリームチーズのようなフィンランドのフレッシュチーズ”ラハカ”を使ったお菓子です。
151128-11
フィンランドにはラハカをプッラ(菓子パン)に乗せた、ラハカプッラというパンもあります。これを初めて食べたときは感動的に美味しいと思ったのですが、さすがに今はそこまで心動かされません。でも、やっぱり美味しい。レアチーズケーキが好きならお勧めしますよ。
151128-12

ミタ

長く引っ張っりすぎなので、買い付けの話はあと1回で終わらせます。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ヘルシンキでモダンフィンランド料理

さて、前回の買い付けレポートの続きです。

しばらく公園でやることもなく、ボーとしていたのですが、いくら明るい9月のヘルシンキと言えど、だんだん気温も下がってきました。実は7時にレストランの予約をしていたのですが、ちょっと我慢できなくなってきたので早めに行くことに。

ちなみに、この明るさで夕方6時過ぎです。
151129-1
途中通りかかった建物に、ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの若き日の顔のレリーフがありました。1944年から亡くなる2001年まで住んでいたアパートだそうです。
151127-1
トーベと言えば、島での自然と共にある暮らしがよく知られていますが、普段はこんな都心の大きなアパートに住んでいたのですね。
151127-2
その、トーベの住んでいたアパートから数分の距離にあるレストラン、Juuri(ユーリ)に到着。
151127-4
比較的リーズナブルな価格で、現代風にアレンジしたフィンランド料理を出してくれると、フィンランド人にも日本人にも勧められたお店です。

入り口で予約よりも30分ほど早く来てしまったのだけれど大丈夫か尋ねると、全然問題ないわ、と席まで通してくれました。マリメッコのカラフルなソックスロールドダウンのグラスがきれいです(日本的に言うと、ルーズソックスですね)。
151127-5
実は2か月半も前のことなので、詳細を覚えていません。仕方なく、写真でご紹介のみ。まずはスターター。
151127-6
パン。
151127-8
フィンランドの伝統的な食材をモダンにアレンジした前菜。
151127-7
メイン。
151127-9
デザート。運んでいる途中で転んで端に寄ったのではなく、オシャレです。
151127-10
ほんっとに覚えていなくて申し訳ないのですが、美味しく、演出もたのしく、少しずつ色々食べられるのは日本人、特に女性向きです。もしヘルシンキに行かれることがあれば、お勧めのレストランです。

いつもの宿に帰宅すると、宿の猫、スムがやってきてベッドの上に。宿主によると、他人には懐かないらしいのですが、何度も宿泊するうちにすっかり懐いて、今や一緒に寝る勢いです。
151127-11
ただ、この部屋にはトイレやフードもないし、夜中に起こされて出せと言われも困るので、気持ちよさそうに寝ているところ、外に出して帰宅願いました。でも本音を言うと、一緒に寝たかったなあ。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

北欧料理と編み物で夜は更けて

編み物作家「しずく堂」さんを我が家に招待してホームパーティーを開きました。
151126-1
きっかけは、しずく堂さんがTwitterにアップしていた、愛猫メルちゃんが手編みバスケットに寝ている写真を見た家人が、猫営業部長のために自分も作りたいと言い出したことです。


しずく堂さんに伝えると、快く編み図を分けて下さり、家人はしずく堂さんがワークショップで上京する本番の日まで、手持ちの糸で2週間毎晩練習を重ねました。ちなみに編み図は通常は提供はありません。今回は特別中の特別です。どうぞ、ご了承くださいね。

そういえば、ここ数年やけに編み物熱が高まっているらしい、ノルウェー語翻訳&通訳の青木さんに「もしや、しずく堂さんに会いたくないですか?夕食を一緒にいかが?」とお声を掛けると「嬉しい」といそいそと来て下さいました。

持参されていたのは、しずく堂さんへの貢物、ノルウェー編み物ユニット”アルネ&カルロス”の本です。しずく堂さんに会う数日前からかぎ針編みを練習していた青木さん、せっかくだからと、家人が練習していた糸で披露するも、どうも上手く行きません。
151126-2
見かねたしずく堂さんが「まずは10目で四角く編んでみましょう」とスタートしたのに、数段編むと何故か9目に減っています。「ほどきましょう」としずく堂さん。数段編んで「出来ました」「…今度は8目になっていますよ」「あれー?」。本当に練習してきたのか?
151126-9
「ただ、ほどくのではなく、どこで間違えたのか確認しながらほどいて下さい」「今までこんな低レベルの生徒さんっていましたか?」「ん、あ、いやー…あんまり…」

答えづらそうにしているしずく堂さんの代わりに私が「しずく堂さんのワークショップは参加条件が編めることなので、いません」「あははー、そうですよねー」。青木さん、人気講師を前に呑気すぎやしないか?

いろんな疑問が頭をグルグルする上に、終わりが見えない状況でしたが、お腹が空いたのでとりあえず中断して夕食に。

デンマークのオープンサンド”スモーブロー”を用意しました。トップの写真はサーモンとエビ。手前はタラコです。デンマークは欧州には珍しく、タラコを食べる国。
151126-3
青木さんからは甘エビの差し入れ。
151126-5
ニンジンのサラダと一緒に。
151126-4
メインは定番のミートボールとマッシュポテト。添えるリンゴンベリージャムはフィランドで買ってきたものです。
151126-6
クリスマスが近いので、食後にジンジャーブレッドを用意しました。最近はブルーチーズをのせるのが流行っているそうですが、入手できなかったので、もう一つの食べ方、チーズとジャムで。
151126-7
合っているのか、合っていないのか、イマイチ分からない味。
151126-8
食後、すぐに編み物に戻って続きをやります。家人は編み図を見ながら黙々と編み、時々分からないところをしずく堂さんに尋ねながら、結局ほとんど編んでしまいました。

一方青木さんは「四角く編む」を前に苦戦状態。

この日のことを青木さんが先にブログにアップして下さいました。家人の作品は翌日には完成し、実は編み上がるとは思っていなかったので、本当に感心しました。リンク先のノルウェー夢ネットさんのブログで(途中経過ですが)見て頂けると嬉しいです。
Fukuyaさん+しずく堂さん=北欧愛を感じた夜♪

完成したバスケットは昨日のブログに写真があります。ちなみに糸が足りなかったので、少し浅めになりました。
フクヤのワークショップ、ポットとカップのハンドウォーマー

さて、編んでいる人、教えている人は真剣だったのでしょうが、見ている私はやり取りが可笑しくて、可笑しくて、何度も腹を抱えて笑いました。あまり笑った内容を暴露すると、しずく堂さんが「編み物の生徒が減っちゃうかも」と心配していましたが、私はむしろ青木さんの生徒が減る方が心配です。なので、詳しく書きませんが想像で補ってもらえれば…。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フクヤのワークショップ、ポットとカップのハンドウォーマー

こんにちは。フクヤの猫営業部長のみりんです。前にワークショップのブログを書いたら、みんながこれからも部長が書けばいいのにと言ったので、またワタシが書きます。
151125-2
それで、この前は編み物でした。22日と23日と2回やりました。2回とも6人が来てくれました。

1回目
151125-3
2回目
151125-4
2回ともこんな風に自分で編んだものを持って来ている人が沢山いました。
151125-7
それで、先生のしずく堂さんが作ってリッチモアで売っている編み物のキットを使って、キットとは違うデザインでみんなで編みました。
151125-5
しずく堂さんが教えているところです。しずく堂さんはこのあと後ろに転びました。ニンゲンは大変です。
151125-6
みんな途中までであとは宿題になりましたけれど、一人だけ完成した人がいて、その人があんまり編むのが早くて写真撮るとボケボケしました。
151125-10
だから動画にしてやってみました。スタッフが、がんばってBGMも付けたのよ。それは、なんでかというと、スタッフが「ドウガが」とお話ししているのが入っていて、恥ずかしかったからです。

これが出来たやつです。
151125-8
あと、スタッフのオスの方がワタシに「ニャン面シルエットのバスケット」を作りました。
151125-9
このごろは「編み物男子」がはやっているんだって。

でもワタシは糸のまんまの方が好きです。
151125-1

じゃあね。

みりん(猫営業部長)


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓