フクヤのお話し会 in 金沢(北欧デザイン黄金時代のデザイナーについて)

7月に当店で開催した北欧デザインの黄金時代、1950年代から60年代に活躍したデザイナーの生涯と作品の背景、彼らの生きた時代についてのお話し会を、金沢で開催します。
150617-1

場所は、YAMAGIWA(ヤマギワ)金沢営業所。北欧の名作家具や照明が多数展示されています。
yamagiwa2

日程は下記です。

日時:11月1日 10時半~12時半
参加費:1500円

休憩時間には金沢の北欧ビンテージ雑貨とカフェの『Kuppi』さんにご協力いただき、フィンランド風のシナモンロールを楽しんで頂けるようになりました。
kuppi1

前半はフィンランドのアラビアで活躍した、カイ・フランク(Kaj Franck、1911年-1989年)とビルィエル・カイピアイネン(Birger Kaipiainen、1915年–1988年)について。
150617-3
控えめでスポットが当たるのを嫌ったカイ・フランクと、派手好きでパーティーを好んだビルィエル・カイピアイネン。同時期に同じアラビアに所属しながら、性格だけでなく、作品について全く異なる考えを持った二人。その二人の作品は対照的な存在ながら、時代を超えて、現在も作りつづけられています。

後半はスウェーデンのロールストランドで活躍した、シルヴィア・レウショビウス(Sylvia Leuchovius、1915年-2003年)とマリアンヌ・ウエストマン(Marianne Westman、1928年- )について。
150617-2
デザインの才気に溢れ、言いたいことをはっきりと言う気の強いマリアンヌ・ウエストマンと、生きるために夢を諦めデザイナーとなり、いつも人の陰に隠れ傷ついては泣いてばかりいたシルヴィア・レウショビウス。二人の作品は異なるアプローチで、戦争に疲れていた人々を力づけ、慰めました。

今月はアラビア工場が閉鎖し、今後フィンランド製は作られないとのショッキングなニュースが席巻しました。この機会に古き良き時代のビンテージについて知識を深めて見ませんか?

詳細及び、参加申し込みは下記リンク先からどうぞ。北陸方面の方にお会いできるのを楽しみにしています!
【お話し会】北欧デザイン黄金時代を彩ったデザイナーたち in 金沢

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンのサマーハウス滞在記(最終回 ザリガニ編)

スウェーデンの友人のエバさんとラースさんのサマーハウス滞在記、いよいよ最終回です。過去の記事は下記リンク先からご覧くださいね。

到着編
キノコ狩り編
キノコトーストとムースシチュー編
ローニャの山でハイキングとブルーベリー編

山でのハイキングから戻った私たちを、サマーハウスの庭の花が迎えてくれます。
150923-1
ほうづき?
150923-2
この木なんの木?
150923-3
しばらくベランダでおしゃべりしながら休憩。「スウェーデンカラーですね~」と言うと「ううん。ギリシャのイメージ」だそうです。ありゃ。
150923-13
夕食は夏のスウェーデン名物ザリガニです!それに沢山のアマエビ!
150923-5
ザリガニの上に乗っているのはディルの花。これも庭から取ってきました。
150923-4
いわゆるザリガニのイメージとは違うのですが「真っ赤なのは中国やタイ産。なんといっても美味しいのは、このスウェーデン産」なのだとか。
150923-6
頂きます。
150923-8
美味しい!

以前食べたザリガニは喉が渇くほど塩辛くて、これはお酒のつまみだなあ、と下戸の私には完全には楽しめなかったのですが、こちらは程よい塩加減。
150923-7
ここから先は手が汚れてしまうのに加えて、食べるのと、おしゃべりに忙しく写真がありません。

エビも含めると、沢山あって食べきれるかなあ、残したら悪いなあ、と最初に感じた不安は全くの杞憂。気が付けば、ザリガニもエビも空っぽになっていました。

そして、デザートに出てきたのは、オストカーカ!
150923-14
オストカーカはスウェーデンの伝統的なチーズケーキで、著書「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」で取り上げたとき、エバさんに色々教えてもらったのでした。

実は、翌日が私の誕生日と言う事で、誕生日ケーキとして用意してくれたのです。かかっているラズベリーは、エバさんが森で摘んだもの。
150923-15

こうして、長い北欧の初秋の夜が静かに更けていきました。楽しかったサマーハウス滞在もこれで終わりです。
150923-9
思い出せば何もかも、心から楽しかったと言えるのは、何年振りでしょうか。こんな経験をさせてくれたお二人には、感謝してもしきれない程です。

さて、北欧の人にとって、現実から離れて過ごすのがサマーハウスの醍醐味。なので、設備完備なんてことはありません。エバさんのサマーハウスは幸い電気は通っていましたが、水道は井戸水を汲んで使っています。お湯は電熱器で温められるだけの分量しかなく、使うのには限りがあります。

なので、もちろんシャワーのような体を洗う設備はありません。水栓は台所のみで、洗面所ではこうして大きなピッチャーに水を汲み、たらいに入れて顔や手を洗います。昔観た映画『王子と乞食』を思い出しました。
150923-12
そして、トイレも水洗ではありません。トイレは庭にあります。
150923-10
中はこう。青いバケツには砂が入っていて、水代わりに使います(要は埋める)。
150923-11
想像よりもきれいで安心しました。

ミタ

買い付けの旅はこれからが本番。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンのサマーハウス滞在記(ローニャの山でハイキングとブルーベリー編)

スウェーデンサマーハウス滞在記、2日目はエバさんとラースさんと一緒にハイキングとベリー摘みです。滞在記の過去記事は下記リンク先をどうぞ。

到着編
キノコ狩り編
キノコトーストとムースシチュー編

まずはエバさんお手製のシナモンロールとブルーベリーマフィンで腹ごしらえ。シナモンロールは毎週大量に焼いて冷凍しておくそうです。
150920-1

ハイキングはサマーハウスから30分ほど車で行ったトレイルコースのあるSörknatten(ソルクナッテン)へ。山登りと聞かされていましたが、標高が160mほどで頂上まで約1.5キロなので、日本の感覚なら丘かも知れません。スウェーデンは日本のような高い山は少ないのです。なお、このコースは自然保護区になっています。

実はこの山は1984年のスウェーデン映画『山賊のむすめローニャ』のロケ地なのだとか。映画の原作はピッピシリーズで知られている、アストリッド・リンドグレーン。この物語は2014年に宮崎吾朗監督によってテレビアニメになったので、耳にした方もいらっしゃるかも知れませんね。

Sörknattenは丘程度とは言ってもスタートはこんな坂道。
150920-2

しばらく歩いて脇にそれたところに、リンゴンベリーが成っていました。
150920-3

早速採っていただきました。
150920-4

小さな湖を横切ります。
150920-5
水が澄んでいてきれい。
150920-7
これはビーバーがかじった跡。ビーバーって北米に棲息しているとばかり思っていました。帰国してから調べると、ヨーロッパビーバーはアメリカビーバーとは種類が違い、スウェーデンやロシアに棲息しているそうです。
150920-6
やがて森に入ります。
150920-8
標高が高くなり視界が開けると、こんなに美しい光景が目の前に広がります。向こうの森はラースさんがいつもムース狩りをしている場所だとか。高い山が無いので、遮られること無く眼前に広がる景色が気持ちいい。
150920-9
ここがゴールかと思ったら、ゴールはまだまだ先でした。ラースさんがスタスタと歩いていきます。この先にブルーベリー摘みポイントがあるのだと説明してくれました。
150920-10
案内してくれた茂みにはブルーベリーがいっぱい!
150920-12
不思議と鳥や虫に侵されていず、どれもきれいな状態です。虫に怯えながら藪に入って摘まなくてもいいなんて、こんな快適な森遊びはありません。蚊が多いと話も聞いていたのですが季節外れだったのか、場所柄か、蚊は全然いませんでした。
150920-16
いつもは専用のベリー摘み器を使うのですが、今日食べる少しの量だけなので、手摘みです。
150920-13
それでも1リットルのバケツに半分以上採りました。採ったのはほとんどエバさんとラースさん。
150920-14
みんな手がベリー色。左の一番白い手が私ですから、成果の違いが色に出ています。
150920-15
更に先に進むと、映画『山賊のむすめローニャ』の撮影でローニャ達が住む古城を築いた場所が現れました。見学していたラースさんによると「映画では岩の城壁に見えるけれど石で作っていないんだ。軽い素材で壁だけを作って室内はスタジオ撮影さ」。
150920-19
「ここから馬に乗って出演者が登場するんだ。色々セットを組んでいたけれど、全部ちゃんと元の状態に戻していった。彼らは上手にやったよ」
150920-11
そうして「適当な場所でお昼にしましょう」とエバさん。適当な場所は、転げ落ちそうな岩場でした。
150920-18
手作りハンバーガー。ジューシーで美味しい!
150920-22
ハンバーガーだけでは足りないかもと追加した、パンに目玉焼き乗っけたもの。簡単なものでも外で食べると美味しい!
150920-21
もちろんさっき摘んだブルーベリーもデザートに食べました。

双眼鏡を覗いて湖の名前や森の話を聞きながらの休憩時間。空気が澄んでいて、景色が清々しくて、天気が良くて、虫がいなくて、お弁当が美味しくて、心地いい程度に疲れていて、心底リラックスしました。
150920-17
帰りはエバさんが先導。2人は夏の間は数か月滞在して、こうしてハイキングをしているそう。なんて健康的な暮らしなんでしょう。
150920-23

ところで、映画『山賊のむすめローニャ』は未見でしたので、Youtubeで探したらオープニングシーンがありました。1:25辺りに出てくるのがセットの城壁。そして0:50辺りがラースさんの言う馬で登場するシーンかな。よろしかったらご覧くださいね。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンのサマーハウス滞在記(キノコトーストとムースシチュー編)

こんにちは。今、日本はもうすぐ午前4時。時差ぼけで眼が冴えています。そういえばエバさんとラースさんに「帰国後の時差ぼけがひどいけれど、会社員でないので、直るまで寝たいときに寝て、起きたい時に起きている」と説明すると「自分たちはリタイヤしているのでその感じは分かる」と共感(かなあ)してくれました。

さて、前回の「キノコ狩り編」の続きでキノコを食べた話です。タイトルにちっともひねりが無いですね。最近のネット記事風に「森で採ったキノコを調理したらすごいモノができた!」の方がキャッチーかもなあ。ああ、変な時間だから変な考えが浮かんでしまう。

さて、沢山採れたキノコたち。アンズダケ(スウェーデン語でカンタレラ)と、もう1種類白いキノコ(名前覚えられず)が混ざっています。数種類混ぜた方が美味しいとか。
150919-1

このままでは、小さな葉や泥が付いた状態です。ちなみに少し欠けているのはナメクジが食べた跡。
150919-4

キノコは水洗いすると味が落ちるので、専用の柔らかいブラシで掃除して、ナイフで小さく切ります。
150919-2

この掃除が面倒で嫌いとエバさんは言っていましたが、話ながらやると案外早く時間が経つし、私はむしろ楽しかったです。でも毎年孤独な作業なら嫌になるかもなあ。
150919-3

切ったキノコはフライパンに入れて、火を付けて(火ではなく電熱ですが)放置。
150919-5

やがて、こんなに沢山の水が出てきます。この状態でも放置。
150919-6

水が減ってきましたが、まだ放置。
150919-8

だんだん放置状態が我慢できなくなってヘラで突っつく私。
150919-7

水分がかなり減ったところで、塩コショウとバター投入。
150919-9

ようやくかき混ぜて良しとの指示が出たのでかき混ぜますが、このフライパンの縁が垂直すぎて上手く返せずポロポロ外にこぼしてしまいます。私、もっと上手なんですよ、普段はー!
150919-10

などと、心の中で訴えながら炒め続けて、これくらいになったら完成です。独特の香りが立って、美味しそう!
150919-11
実は以前フィンランドのスーパーでアンズダケを作って炒めたのですが、硬いし想像よりも美味しくなくガッカリしたことがあります。エバさんを手伝って、火を通す時間が全然足りなかった事に気が付きました。日本のキノコ料理の感覚で、さっと炒めただけだったのがいけなかったみたい。

夕食が出来上がったら、やり方を教わって暖炉に火を付けました。まだ、そんなには寒くないのですが、興味津々だった私へのサービス。
150919-12

薄切りのトーストに炒めたアンズダケを乗せた、スウェーデンの定番料理『Kantarelltoast』の完成です。仕上げに生クリームを使うレシピもあるそうですが、今回はシンプルにバターと塩コショウだけで。
150919-13

メインはムースのシチューです。ムースはもちろんラースさんが捕ったものだそう。これも美味しかった!
150919-14
夕食時の会話で、キノコをスーパーで買った事があるのだけれど、こんなに採れるならどんな人がスーパーで買うのか尋ねると「足腰の弱った年寄りだけ」だとか。えー偏見じゃない?と思ってその数日後に、別の地域に住んでいるスウェーデン人に同じ質問をすると「足の弱い人か、怠け者」と言うので、やっぱりキノコは買わずに森で採るのが常識のようでした(実際とても高価)。

森で集めた木で暖を取り、自分たちで採った自然の恵みを調理して食べる。命の存在が身近にある暮らし。日本では特殊な体験が、ここでは普通の事として存在している不思議。

さて、日が短くなったとはいえ、夜の8時ごろでもまだまだ明るいスウェーデンの初秋。庭のトランポリンは(何故か)北欧の家庭の定番の遊具。直径3m位の大きなものです。
150919-15

お隣がこんなに遠い、スウェーデンのリゾート地です。
150919-16

サマーハウス滞在記、まだまだ続きます。次はハイキングとブルーベリー摘み、その次はザリガニパーティーを予定しています。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンのサマーハウス滞在記(キノコ狩り編)

こんにちは。昨日フクヤ通信を更新しようと写真の用意をしてサイトにアクセスしたらメンテナンス中でアップできず、肩透かしを食らってしまいました。日本は丑三つ時、時差が恨めしい。

さて、そんな風に出鼻を挫かれてしまいましたが、ようやくスウェーデンサマーハウス滞在記の続きをアップです。

前回の話はこちらから→スウェーデンのサマーハウス滞在記(到着編)

「じゃあ森に行きましょう」と友人のエバさんとラースさんが向かった先は、サマーハウスの真横。「え?こんな近く?」と驚きつつ、30分ほど歩くとこんな風景が広がってきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
足元にはヒースの花、湖の向こうに見えるのは、ラースさんが毎年秋に猟をしている森です。

で、そのラースさん、慣れた足取りで森に入っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前日の夜から朝にかけての雨で足元は濡れて滑りやすくとっても不安定。道なんてありませんし、草で隠れているぬかるみや穴に足を取られながらなのに、ラースさんの足取りはキッパリとしていて、しかも早い早い!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はぐれたら絶対に帰れないと、置いて行かれないように付いていくのに必死で、周りの景色を楽しむ余裕なんてゼロ!今年で70歳のラースさん、森で鍛えた足腰には年齢を感じさせません、というか、むしろ私の息が上がってきた!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森に入ったらあちこちにあるイメージだったに、歩けど歩けど、キノコの姿が見えない。ラースさんはどんどん奥へと入っていく、ハアハア言いながら付いていくと「ヨウコ見てごらん!」とラースさん。

あ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あるある。日本語でアンズダケと呼ぶ、北欧の人が大好きな香りのいい黄色いキノコです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

案外小さいなあ、と思っていたらラースさんが「ほら」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大きい!

ラースさんが指さす方向を探ると
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きいのが採れた!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エバさんも何気に次々にキノコを見つけていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1時間ほどでこんなに沢山採れました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りはリンゴンベリーを適当につまんで食べたり
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足元の苔を愛でたり
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブラックベリーを採ってみたり(ちなみにスウェーデンでは熊ベリーと言うらしいです)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すごく余裕がありそうですが、全然無いです。ラースさんの足が早くて、帰り道も付いていくのにもう必死。ここではぐれて日が暮れたら死が待っている、気がする。

数日後に会ったスウェーデンの友達がすでにFacebookインスタグラムにアップしている写真を見ていて「今の時期にあんな大きなキノコが残っているなんて、案内してくれた人は森に本当に詳しい人なのね!」と驚いていました。そうだったんですね!北欧の人は誰しもが秘密の場所を持っていると聞きます。きっとエヴァさんとラースさんの秘密の場所に案内してくれたんでしょう。

とにもかくにも、こうやって楽しいキノコ狩りは終わり、その日の夕食はキノコトーストとムースシチューでした。その話は次のフクヤ通信で。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓