作者不明の優しい紫のつぼみ

おはようございます。

先週末にキャロットケーキを焼きました。スウェーデンのレシピ通りに作ったら、結構な量があり、毎日朝食に食べています。キャロットケーキは日にちが経った方が美味しいと聞きましたが、さすがに飽きましたね…。
150731-1

キャロットケーキを乗せたプレートは、ロールストランドの、おそらく70年代のものです。優しい紫色のつぼみが描かれ、エレガントで女性的な雰囲気がします。シリーズ名が分からず、フクヤでは便宜的に「紫のつぼみ」と名付けています。
Rorstrand 紫のつぼみ

シリーズ名だけでなく、デコレートデザインも誰が担当したものなのか不明なのですが、フォルムデザインは分かっています。
150731-2
この通り、マリアンヌ・ウエストマンの作ったモナミ(Mon Amie)と同じです。モナミはマリアンヌ・ウエストマンが若干21歳の時にデザインした、彼女のロールストランドにおけるデビュー作であり、デコレートだけでなくフォルムもウエストマンが手掛けています。なので、紫のつぼみシリーズのフォルムはウエストマンによるものですね。

このシリーズについて詳細が分からないのは、1971年のロールストランドの大リストラの後に作られたものだからでしょう。1960年代にロールストランドを買収したウプサラ・エケビィはデザイナーを雇わない方針を打ち出し、アートディレクターであったカール・ハリー・スタルハネ一人残し全デザイナーを解雇しました。その物語については以前書きましたので、興味のある方は下記リンク先からどうぞ。
自由な環境が生んだ美しい作品

そんな状況で、ロールストランドが過去の遺産であるモナミのフォルムを再利用して、別のデコレーターで新作を作ったのだろうというのは難しい推測ではありません。

同じフォルムでもデコレートで随分と雰囲気が異なるものです。モナミはウエストマンの性格を反映してか、力強く大胆。一方紫のつぼみは前述したとおり、控えめで優しい。実は最初に手にした時、同じフォルムとは気が付かなかったほどです。

余白が多く、デコレートが控えめなデザインは夏らしく涼しげ。この季節に清涼感を与えてくれます。いまなら、ケーキプレートとティーカップの他に、クリーマー、シュガーボウルも揃っています。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

映画「さよなら、人類」愛すべき珠玉の小ネタ集

8月8日からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショーのスウェーデン映画「さよなら、人類」前回は公開前イベントに行った話をご紹介しましたが、今回は映画について。
sayonarajinrui_main
「さよなら、人類」はスウェーデンの映画監督、ロイ・アンダーソンによる3部作”リビング・トリロジー”の最終話として制作されました。シリーズ1作目の「散歩する惑星」が2000年、2作目の「愛おしき隣人」が2007年、そしてこの「さよなら、人類」が2014年ですので、足掛け14年に渡っています。国際的に高い評価を受け、第71階ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞(グランプリ)を受賞しました。

全39話の短編からなる物語は、全て固定カメラで撮られたワンカット。数秒ごとにカットの変わるハリウッド映画とは対照的な手法はいつしか自分もその場にいて、目撃しているような錯覚に陥ります。描かれている物語は、どれも特に盛り上がりやオチがあるわけでなく、淡々と進み、そして突然終わり、まるで現実世界で知らない誰かの出来事に通りすがったような感覚に襲われるでしょう。

リアルな出来事を描いているかと思えば、現代のカフェに18世紀のスウェーデン国王の一隊が現れるなど、幻想と現実が入り乱れるさまは、まるで誰かの夢を覗いているようでもあります。
sayonarajinrui_sub1
物語の中心となる登場人物は、面白グッズのセールスマン、サムとヨナタン。冴えないグッズをセールスしてまわる冴えない二人は、どこからどう見ても脇役感が漂います。
sayonarajinrui_sub2
その二人とともに描かれるのも、映画のメインストーリーからカットされたような、ささやかなエピソードやシーンがほとんど。そう、まるでエンドロールの小ネタ集。けれども、バラバラの絵や写真をつなぎ合わせ一つの作品を作り上げるコラージュアートのように、一見関係の無い小さなエピソードが積み上げられると、じわじわと物語が姿を表してきます。

誰もが淡々と同じ日常をやり過ごしていて、毎日をエキサイティングに暮らしている人なんかいない。「また水曜日だ」と繰り返す日々にややうんざりしている。それでも、ある時思いがけず長年の友達との仲たがいをしたり、18世紀の国王に口説かれたりするかも知れない。善人が恐ろしいことをしてしまったり、恋に落ちるかもしれない。

人生に起こるいつもの出来事の中の、突然降りかかった事件をやり過ごしながら、「元気そうで何より」と変わらぬ日常をいたわり、愛おしむ。そんな普通の、主役になれない人たちに温かい目を向けたエピソードの数々。鍵穴からこっそり隣人をのぞいているような39の物語から、観終ったあと何度も頭に浮かび咀嚼を繰り返してしまうシーンが一つは残るはず。

前述したようにカットが次々と変わり短時間に大量の情報を与えられるハリウッド映画は考える間も与えてくれないけれど、「さよなら、人類」からはいつの間にか何かをじっと考えている自分に気が付くでしょう。日常を少し離れた距離から見つめ直してみたい、そんな期待に応えてくれる珠玉の小ネタ集でした。

さよなら、人類 
A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence
監督・脚本:ロイ・アンダーソン(『散歩する惑星』『愛おしき隣人』)
出演:ホルガー・アンダーソン、ニルス・ウェストブロム
2014年/スウェーデン=ノルウェー=フランス=ドイツ/カラー/100分
(c)Roy Andersson Filmproduktion AB
後援:スウェーデン大使館 提供:ビターズ・エンド、スタイルジャム、サードストリート 配給:ビターズ・エンド
www.bitters.co.jp/jinrui/

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

映画「さよなら、人類」トークイベントへ

150727-1
8月8日からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次ロードショーが始まるスウェーデン映画「さよなら、人類」の公開前イベントへ、7月24日に行って来ました。


「さよなら、人類」
第71回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)受賞
面白グッズを売り歩くセールスマンコンビ、サムとヨナタンが物語の中心となり、さまざまな人生を目撃する。サムとヨナタンの目を通して映し出されるのは、人類の現在、人類の過去、人類の未来。時代が移り変わっても、人間の本質はそれほど変わらない。喜びと悲しみ、希望と絶望、ユーモアと恐怖を、哲学的視点をスパイスにしてブラックな笑いに包み込む。人間であるがゆえの愚かさ、滑稽さ、哀愁、脆さを苦みとそこはかとない可笑しみ持って描きだす傑作。観る者は、作品の中に、自分と同じ誰かを見つけ出すに違いない。
(公式サイトより)


コピーライターで「北欧のおいしい話」など北欧にまつわる本を多く執筆している森百合子さんと、2011年から毎年冬に開催している北欧映画の祭典「トーキョーノーザンライツフェスティバル」代表の笠原貞徳さんが北欧映画の魅力について語るトークイベントです。
笠原さん×森さん

北欧の映画、といえば昔からの映画好きならスウェーデン映画界の巨匠イングマール・ベルイマンの数々の作品を思い受べるかも知れません。個人的には北欧映画とも気づかず学生時代に観た、スウェーデンの「マイライフアズアドッグ」、デンマークの「バベットの晩餐会」は忘れられない物語です。

あるいは、もしかしたら、北欧映画は観たことはなく、フィンランドを舞台にした日本映画「かもめ食堂」を思い浮かべる人もいらっしゃるかも。

森さんと笠原さんによると、北欧の映画は「かもめ食堂」のような(ああ、実はこの言葉は好きではなく葛藤しながらもあえて使うと)”ほっこり”したものではないとか。

今や映画世界はボーダレス化し、各国の影響を受けているので、北欧映画の特色を一言で語るのは難しいとはいえ、あえて言えばリアルな日常を描き、社会問題をテーマにした”反かわいい”映画が多いそう。”幸せの国”だからこそ、裏に隠されたものをあぶり出し、人々に考えさせるのが映画の使命となっているようです。

なるほど、日常的に厳しい現実に向き合っているインドの映画が底抜けにハッピーなのとは真逆というわけですね。

さて、今回のテーマの「さよなら、人類」はどんな北欧を見せてくれるのか。
sayonarajinrui1監督のロイ・アンダーソンは1943年生まれで、文学と映画の学位を取った後、1969年に「スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー」でデビュー。この作品はベルリン国際映画祭で賞を受賞しています。

寡黙な作家で、デビューから最新作の「さよなら、人類」を含め長編は45年間に5本しか撮っていません。長編映画製作の合間には短編やドキュメンタリー、そしてCMを作っているのですが、そのCMも賞を取るなど高い評価を受けています。

「さよなら、人類」は39の短いエピソードを積み上げて一つの物語に仕上げた映画です。驚いたのは、映画には脚本は無く、監督の描いた絵コンテを基に撮影が行われているとか。

広告の仕事に長く関わっている森さんによると「まさにCMの人、場面が瞬間的に心をつかんで、次に何が起こるのか目が離せない」、笠原さんは「映像美が素晴らしく、ストーリーを追うと意味が分からないけれど、絵を眺めるように観ていると分かってくる」。

この映画もまた、北欧映画らしく上手く行かない人々を描いているのですが、そこには自虐的なユーモアがあり、また弱者に優しい北欧らしい視点もあるのだとか。日本人の感覚にも似たアイロニーは異国の物語でありながら、きっと身近に感じ、共感するはずでしょう、とのお二人の話しでした。

さて、さて、私も公開前に観る機会を頂いたので、個人的な感想は次回に続く。

ミタ

P.S.笠原さんはスウェーデン映画祭を9月19日から25日まで渋谷のユーロスペースにて開催されます。
P.S.森さんの古着のドレスが可愛かったです。それから9月に新刊発売が決定したそうです。

さよなら、人類 A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence
監督・脚本:ロイ・アンダーソン(『散歩する惑星』『愛おしき隣人』)
出演:ホルガー・アンダーソン、ニルス・ウェストブロム
2014年/スウェーデン=ノルウェー=フランス=ドイツ/カラー/100分
(c)Roy Andersson Filmproduktion AB
後援:スウェーデン大使館 提供:ビターズ・エンド、スタイルジャム、サードストリート 配給:ビターズ・エンド
www.bitters.co.jp/jinrui/


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

7月25日&26日は最大50%オフの9周年セール!

anniversarysale
こんにちは。
今月フクヤは9年目を迎え、10年目へと入りました。この1年は、初めての本を出版し、先日は一人でトークイベントもさせて頂き、自分の思いを皆さまに公開する機会を作る年でした。こういった場を作ることが出来たのは、長く支えてくださったお客さまのお蔭です。

そこで、感謝の気持ちを込め、下記日程で、一部商品最大50%オフセールを開催します。

7月25日(土)26日(日)
13時~18時

◎9周年にちなんで、9000円以上お買い上げの方にマリメッコペーパーナプキン先着プレゼント!
marimekko
◎9周年記念オリジナルスポンジワイプ3枚セット999円!
sponge_wipe_topimage999

アクセスについてはこちらのリンク先をご覧ください→店舗への交通アクセス
お天気が不安定ですが、週末は晴れそうです。自由が丘散策ついでに、ぜひいらっしゃってください。

ミタ


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

インスタグラム事始め

150722-1
世の中の人もすなるインスタグラムといふものを私もしてみんとてするなり。

というわけで、フクヤもインスタグラムのアカウントを作りました。アカウントをお持ちの方は是非下記リンク先からフォローして下さいね。
instagram:Fukuya北欧ビンテージ

インスタは携帯端末でつながるネットのコミュニティなのですが、実は私はスマホどころか、携帯電話も持っていません。北欧ではインスタグラムは大変に普及していて「アカウント持ってる?」と聞かれるたびにやや申し訳ない気持ちになってはいました。

しかも「ネット?やらねーよ」と言っていた無頼派のスウェーデンのアンティークショップオーナーまでが「インスタに君の写真アップしていい?あ、だめ?じゃあ買ったものだけでもいい? ”ピローン!” 、早速、いいねが入った。オレも返しておこう♪」と人が変わったようになっていたのには度肝を抜かれました。

とはいえ、端末を持っていないので、縁の無い話と思っていたところ、お店でクレジットカードの決済に使っていた、家人のお下がりのiPod touchの型が古すぎて、ついに決済が出来ない事態に。以前から徐々に最新のアプリに対応せず、フリーズを繰り返していたこともあり、新しい端末に買い換える決心をしました。

そして、これをきっかけに気になっていたインスタグラムも始めたというわけです。

なにせ端末からの文字入力に慣れていないので、一つの写真にキャプション付けるのに5、6分はかかる始末ですが、ボチボチと投稿を始めています。今の悩みは、それとなくアップした猫営業部長の写真の方がビンテージの写真よりも人気がある事でしょうか。いや、嬉しいんですけれどね、お店としてどうなのかなって。

「当然じゃない」と猫営業部長。
150722-2

一日三投稿が目標です。

ミタ


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓