スウェーデン人名料理を三つご紹介

こんにちは。今日の東京は梅雨の合間のお天気のいい日曜日です。そんな日曜日にふさわしい(かどうか分かりませんが)のんびりした話題を。

世界各国には人の名前が付いた食べ物があると思いますが、スウェーデン料理の中で私が知っているのは3つあります。
1、ヤンソンの誘惑
2、リンドストロームハンバーグ
3、空飛ぶヤコブ

先ずご紹介は「ヤンソンの誘惑」。既出ですが、これは以前自宅で作ったヤンソンの誘惑の写真です。
150531-2
細切りにしたジャガイモと玉ねぎに、独特の風味のある北欧アンチョビを重ね、生クリームをかけてオーブンで焼き上げたものです。
レシピはこちら→ヤンソンの誘惑&フィンランドのベリーのケーキレシピ

北欧アンチョビは日本で手に入れることが出来ず、ヤンソンの誘惑はそのアンチョビなしでは作ることができません。ただ、イタリアンアンチョビにスパイスなどを加えることでその味を再現できます。イタリアンアンチョビで北欧アンチョビの味を作る方法はフクヤの本「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」にありますので、もし興味がある方は下記画像をクリックしたリンク先からどうぞ。

と、本の宣伝を自然にさり気なく挿入したところで本題に戻ります。

そして、人名料理その2は、ビーフ・ア・ラ・リンドストローム(Biff à la Lindström)。私は勝手にリンドストロームハンバーグと呼んでいますが、日本では特に定着した呼び名はないようです。北欧では有名な料理ですが、日本ではマイナーなのでしょう。ひき肉にビーツとケイパーが入っているのが特徴です。

春の買い付けの時、スーパーでリンドストロームハンバーグと、空飛ぶヤコブを惣菜コーナーで見つけたので衝動買いして2日間にわたって食べました。
150628-2

初日は無難にリンドストロームハンバーグを。これは自分でも作ったことがあるので、味には特に驚きもなく、ビーツはもっと細かく切るんだな、ソースはこんな感じなのね、など確認しながらの食事でした。ちなみに、昼間のように明るいですが、夜の7時ごろです。
150628-1

ネーミングの由来はスウェーデン系のロシア人ヘンリック・リンドストローム(Henrik Lindström)がスウェーデンのホテルウィット滞在中にレストランで作ってくれるようリクエストしたのが始まり。なので、元々はロシア料理のようですね。Youtubeでレシピ動画を見つけました。

その3は空飛ぶヤコブ(Flygande Jacob)。名前も個性的ですが、中身も超個性的。伝わるところによると、1970年代に、航空会社に勤めていたオヴェ・ヤコブソン(Ove Jacobsson)さんが子供に食事を作る時に冷蔵庫にあったものを適当に混ぜてオーブンで焼いたのが始まりとか。その材料とは、市販のローストチキン、バナナ、ベーコン、チリソース、生クリーム、仕上げにローストピーナッツ。いやー、正に男性ならではの思い切った組み合わせ。

2日目はいよいよ初めての空飛ぶヤコブを。この日は梱包やデータ作りに時間がかかり、長い北欧の春の日もすっかり暗くなってからの食事。
150628-3
結論から言うと、美味しかったです。チリソースが入っている割にはピリ辛さは無く、グリルチキンのクリームソースかけっぽい感じ。バナナが全体に馴染んでいず、バナナが口に入るたびに「バナナねえ」と風味を感じるのが案外面白く、ピーナッツのポリポリした食感が楽しい。

これは子供が喜ぶわー。

帰国してから色々調べたら、レシピのチリソースは日本の辛いチリソースではなく、スパイスが効いたケチャップのことのようです。北欧の人はあまり辛い味付けを食べないので、チリソースが家に常備してあるって違和感があったのですが、これで納得。

因みにこちらも動画がありました(ピーナッツではなくカシューナッツを使っている?)。この料理はお米を添えるのが定番ですので、日本人にも馴染みやすい味です。ローストチキンやチリソースなど、日本で同じ材料をそろえるのは難しいですが、代用品を考えていつか作ってみようと思っています。

休日の今日は、少し変わった料理で夕食にしてみてはいかがですか?

ミタ

外国では日本と同じ呼び名で、中身が違う調味料があるので、判断が難しいことがよくあります。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドのプレッツェル

北欧の食にお詳しい佐々木さんが、昨日フィンランドのパン『ヴィープリンリンケリ』を手に我が家にいらっしゃいました。形はドイツのプレッツェルにそっくりですが、プレッツェルが塩味の硬めのパンなのに対し、ふんわりとした生地はほんのり甘く、カルダモンのピリッとしたスパイス利いていて、例えれば懐かしのコッペパン北欧風で、パクパクと食べられます(ああ、それにしても、語彙が貧相なのが情けない)。
150625-1
フィンランドでは見たことが無く、佐々木さんに聞くと、ロシアにほど近いカレリア地方専門のお店にしかない、クラシックな味だそう。もちろん日本にも無いので、佐々木さんの手作りです。カルダモン以外にはメース(ナツメグの種皮から作るスパイス)も使われていて、甘いだけでなく香りも楽しめます。

ドイツのプレッルェルも大きいのですが、このヴィープリンリンケリもこんなに大きい。
150625-2
手の比較では分かりづらいかも知れませんが、パンを置いたArabia Faenzaの大皿が直径30cmと言えば、大きさが想像できるでしょうか?

今日は真ん中のクロスした部分だけ朝食に頂いて満腹に。このパンは数日置いた方が美味しくなるそう。明日、明後日と少しずつ変化する味が楽しみです。

さて、佐々木さんは北欧のお菓子やパン、最近ではレストランについてなど、食についての記事を書かれています。どれも、へー、と感心し、食べてみたい、と思わせる興味深い内容ですので、ぜひこちらもご覧くださいね(下記リンク先)。
スウェーデン&フィンランドのお菓子&パンの旅日記

ミタ

随分前にドイツで食べたプレッツェルの写真も比較でアップしようと思ったのですが、当時はデジカメではなく、フィルム写真。アップが面倒だったので断念しました。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

夏至の持ち寄りパーティー

以前も書きましたが、手持ちの北欧のレシピと食文化について書かれた本によると

北欧では持ち寄りパーティーが好まれる。招待客は温かい、あるいは冷たい料理を適当な器で持参し、招待した側はパンとジャガイモ、ワインかビールを用意する。

のだそう。それに倣った訳ではないのですが、準備が楽だから、というのと、目新しいものを食べてみたいから、という我儘な理由で我が家のパーティーはいつも持ちより形式。食べるときはずらりと並べて、バイキング方式です。

先週の頭に我が家で”夏至祭”と称した持ち寄りパーティーを開催しました。メンバーはいつもつるんでいる(?)北欧のお仕事関係者の皆さまです。写真があまりうまくなくて申し訳ないのですが、皆さん腕を振るって下さいました。

北欧食材アクアビットジャパンの福北さんはアイスランドラムの煮込み、ノルウェーサッカー観戦の旅から戻って来たばかりのねんねんさんからはノルウェー風白身魚のプディング、私はアクアビットさんのアプリコットジャムで煮込んだチキンと、デンマーク風カレーミートボール。
150623-3
アクアビットさんは、シュリンプのゼリー寄せも(手前)持って来て下さいました。奥に写っているのは、私が作った(というか、ほとんど運悪く最初に来たゲストが作った)シュリンプとアボカドのサラダ。以前デンマークの友人宅でご馳走になってから気に入っています。
150623-7
ちなみにデンマーク風カレーミートボールはいかにも今風ですが、実は1840年ごろから作られている、立派なデンマーク伝統料理。デンマークにはニシンなどの伝統的な料理にカレー粉を組み合わせたレシピが案外あり、恐らく19世紀にイギリスからカレー粉が伝わったのでしょう。カレー粉はインド人のように自分でスパイスを調合出来ないイギリス人が18世紀後半に発明したものです。

デンマーク風カレーミートボールには生クリームとリンゴがソースに入っていて、デンマーク人が慣れないスパイスを食べやすく工夫した形跡が感じられます。

閑話休題

この様にお好きなだけお皿に盛り付けて食べてもらいました。
150623-2

デザートも沢山集まりました。ねんねんさんは、ノルウェーから持ち帰ったワッフルの素でノルウェー風ワッフルを焼いてくれました。
150623-5
また、ノルウェー夢ネットの青木さんが私の著書「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」からアップルケーキを作ってくれて感激。
150623-6
アップルケーキにはアイスクリームを、ノルウェーワッフルにはノルウェーのブラウンチーズとジャムを乗せて。

北欧ライターの森さんは北欧のお菓子に欠かせないカルダモンのきいたレモンケーキ。「北欧の古道具屋さんみたいなアロマテラピー教室すぅ」主催の西村さんはタルトタタン。私はスウェーデンのジャムクッキー、ハッロングロットルを焼きました。
150623-1

共通の話題が多いので、楽しくて、いつの間にかすっかり夜が更けてしまいました。楽しい夏至の集まりでした。

ミタ

ハッロングロットルは7月18日の「お話し会」で出す予定です。残席2名ですので、是非お申し込み下さい。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

お客さまのお写真:エステリ・トムラのカップ

150619
こんにちは、すっかり梅雨模様の東京です。

さて、そんなうっとうしい気持ちを吹き飛ばすようなお写真が、大阪の”とろるん”さまから届きました。とろるんさまは以前ウルスラのカップのコレクションの写真をお寄せいただいた方です。

先日アップしたアラビアのデミタスカップをお求めくださり、実はこのフォルムも集めているんです、と集合写真を送って下さいました。このデミタスカップのフォルムデザインは、カイ・フランク。1948年にデザインされたTMモデルで、当時の人気デコレーター、エステリ・トムラやライヤ・ウオシッキネンが50年代、60年代に様々なデコレートを施しています。

お写真のアイテムは、中でも貴重なものばかりで驚き。写真右端のベリー柄は、Marja(マルヤ、1959年-61年、エステリ・トムラ)。マルヤの隣の黒い花柄は、Calypso(カリプソ、1967年、エステリ・トムラ)です。

一番目を引いたのは、左端のZoo(ズー)。このデコレーションはアンヤ・ユーリッカラにより、1950年代から60年代に作られた子供用の3点セット(プレート、ボウル、マグ)用にデザインされました。今はその子供用食器ですら、あまり見つからないものです。

そのZooと同じデコレーションのデミタスカップは初めて見ました。資料を当たっても出てこず、作られていたことは知りませんでした。本当に珍しいものを見せて頂きました。

とろるんさま、今回もありがとうございました。皆さまも、自慢のアイテムがありましたら、是非コメントとお写真をお寄せ下さいね!

ミタ

(追記)
Zooのカップの全体の写真をとろるんさまが送って下さいました!本当に珍しく、可愛らしいデザインですので是非ご覧ください(クリックで拡大します)。
150619-5
150619-4
150619-3
150619-1
150619-2


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フクヤのお話し会のお知らせ(北欧デザイン黄金時代のデザイナーについて)

150617-1
北欧デザインの黄金時代、1950年代から60年代に活躍したデザイナーの生涯と作品の背景、彼らの生きた時代についてのお話し会を下記の通り開催します(話すのはフクヤの店主、三田です)。

日時:7月18日 13時~15時
参加費:1500円
フクヤのオリジナルコーヒーと北欧のお菓子のサービス付き

前半はフィンランドのアラビアで活躍した、カイ・フランク(Kaj Franck、1911年-1989年)とビルィエル・カイピアイネン(Birger Kaipiainen、1915年–1988年)について。
150617-3
控えめでスポットが当たるのを嫌ったカイ・フランクと、派手好きでパーティーを好んだビルィエル・カイピアイネン。同時期に同じアラビアに所属しながら、性格だけでなく、作品について全く異なる考えを持った二人。その二人の作品は対照的な存在ながら、時代を超えて、現在も作りつづけられています。

後半はスウェーデンのロールストランドで活躍した、シルヴィア・レウショビウス(Sylvia Leuchovius、1915年-2003年)とマリアンヌ・ウエストマン(Marianne Westman、1928年- )について。
150617-2
デザインの才気に溢れ、言いたいことをはっきりと言う気の強いマリアンヌ・ウエストマンと、生きるために夢を諦めデザイナーとなり、いつも人の陰に隠れ傷ついては泣いてばかりいたシルヴィア・レウショビウス。二人の作品は異なるアプローチで、戦争に疲れていた人々を力づけ、慰めました。

内容は、2013年と2014年にお台場で開催した『北欧ぷちとりっぷ』のプレゼンをベースにしていますが、時間の関係でカットした部分や、早口になってしまった部分を丁寧に解説します。また、お台場では一方的なプレゼンでしたが、途中で質疑応答など(ツッコミも)ご自由ですので、カジュアルな雰囲気で楽しんで頂ければと思っています。更に、実際の彼ら、彼女らの作品(写真)も会場にご用意いたしますので、見て触れて、内容を深めて頂けます。

また、前半と後半の間には休憩をはさみますので、フクヤのオリジナルコーヒーと北欧のお菓子をお楽しみください。北欧のお菓子は何を作るか考え中。シナモンロールは外せないとして、できれば2、3種類はご用意したいなと思っています。
150603-2

募集は、明日(6月18日)の3時から行います。みなさまのご参加をお待ちしています。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓