再会と買い付け品色々

150429-1
少し間が空きましたが、買い付けレポートの続きです。
この写真は昨年訪れたワッフルの美味しかったスウェーデンのカフェMalvagårdenです。フクヤの本「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」でも紹介しています。

1年ぶりに再会したカフェのロッタさんに大歓迎されました。普段はお送りした本を入り口に置いているのですが、訪問した日はたまたま娘さんが持って出てしまってないと謝罪されましたが、娘さんにも喜んで頂けたなんて本望です。

今回はオープンサンドにスウェーデン伝統のニシン酢漬けと茹でジャガイモの組み合わせを選択。
150429-2
そして、もちろん絶品のワッフルも。
150429-3
今回もサクサクフワフワで本当に美味しかったです(半分になってますが)。

もちろん、スウェーデンの買い付けも順調に進めました。今回スウェーデンでは14カ所周りました。買い付け品の一部をご紹介します。
150429-4
アンティークマーケットでは会場の数時間前から並び、彼女の姿を列に発見すると「今日はもういいものは残っていない」と思わせるという伝説(?)の女主人の店でかわいいアイテムを沢山発見。嬉しいことに今回はノルウェーのフィッギョに良いものが沢山ありました(写真は梱包の時に撮ったものなので、他の場所で買い付けた物も写っています)。

そして、その数日後にも別の場所で、スウェーデンのロールストランドだけでなく、フィンランドのアラビアやノルウェーのフィッギョも色々混ぜて買い付け。
150429-5
エステリ・トムラが50年代にデザインした愛らしい花柄Fennicaの小皿と73年のアラビア100周年に作ったAurinkoもありました。

面白かったので、ノルウェー(フィッギョだったか、スタヴァンゲルフリントだったか)のニッセ(クリスマスの妖精)のシリーズも少しだけ(手前)。
150429-7

ゲフレのヒヤシントも久しぶりに再入荷です。
150429-6

上の写真の中央にちらりと写っているのはこちら。アラビアの鳩笛です。とても小さなもので、デザインは動物のフィギュアを多く作った、Anja Juurikkala(アンヤ・ユーリッカラ)。アンヤは1940年代の終わりから1960年までアラビアに所属していたので、50年代にデザインされたものでしょう。
150429-10

北方民族サーミをテーマにした飾り皿をフィンランドのアラビア(左)とデンマークのビングオーグレンダールから。
150429-8

手彩色の物を集めて並べて。いまでは作られていない手彩色はビンテージの魅力のひとつですね。
150429-9

こちらはデンマークのデザイナーBjørn Wiinblad (ビヨン・ヴィンブラッド)の作品。
150429-11

何か良く分からないのですが、帽子をかぶれば花瓶、取ればクリーマー、というアイデア製品でしょうか。
150429-12

裏にはBとWを組み合わせたサインと69の文字。1969年製ということですね。鼻の先が少し削れているのが残念ですが、珍しさだけでなく、抗しがたい魅力があったので買い付けました。
150429-13

と、ざーと買い付けたものからピックアップしたお品を駆け足でご紹介しました。これらはまだ着いていません。無事届きますように。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

「東京蚤の市」の「東京北欧市」に出店します

こんにちは。ブログを引っ越して最初の投稿です。

買い付けレポートが終わっていませんが、新しいブログの練習も兼ねて、先にお知らせを。

5月9日、10日に調布で開催される「東京蚤の市」内の「東京北欧市」に出店します。
イベント詳細はこちらから→第7回東京蚤の市
Fukuyaのお店紹介はこちらから→【出店者紹介】Fukuya(東京都)

北欧市には関東だけでなく遠くのショップも参加します。普段からお付き合いのある方たちだけでなく、お会いしたことの無い個人的に好きなショップさんが出店されているのが今から楽しみです。

皆さまもお時間がありましたら是非お越しくださいね。

さて、北欧の買い付けの時に蚤の市を目的とする事はほとんどないのですが、日にちと場所が合えば覗きに行くようにしています。

これはかの有名なストックホルムのヒュートリエット広場の蚤の市。日曜日だけの開催です。撮影は2011年。
150426-3

スウェーデンだけでなく、デンマークやフィンランドのビンテージもありました。
150426-2

フィンランドと言えば有名なのはヘルシンキのヴァッルテリ(Valtteri)屋内蚤の市。この写真は2007年のものです。
150426-5
この頃は毎日オープンしていて、大変な賑わいだったのですが、やがて週に2日程度の開催になり、そして2012年に閉鎖しました。

ヴァルッテリの有ったカッリオ地区は、あまり柄の良くない地域だったのですが、今では再開発が進み、すっかりおしゃれな雰囲気に生まれ変わったそうです。そう聞いて思い出すと、この頃から新しいモダンなアパート群の建設が始まっていましたね。閉鎖する何年も前から行っていないですが、どれほど変わったのかまた足を運んでみたいです。

そして、屋内蚤の市と言えば、こちらはデンマークの屋内蚤の市。
150426-1
ディーラーさんに教えてもらって、デンマークでは必ず立ち寄っていたのですが、こちらもヴァルッテリと同じころに閉鎖しました。

2009年にはこれほどの人と店舗数だったのに、閉鎖する頃には数が減り、安い外国製のおもちゃや服を扱う店が増え、徐々に廃れていました。
150426-7

と、すっかり寂しい話になりましたが、一方「東京蚤の市」は逆に年々動員数を増やし、いまや2日間で3万人とか。こんな大きなマーケットに出店をするのは初めてのうえ、客として行った事もありませんので、何をどれくらい用意すればいいのか、全く想像ができません。

とにかく大変な人出というので、様子が分からないままとりあえず接客要員を増やしました。母です。無償です。当日お揃いのTシャツを着て、良く似た顔の、どこから見ても親子が立っていますので、よろしくお願いします。

ミタ


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンのご馳走サンドイッチケーキ

スウェーデンで誕生日などのイベントの時に出されるといはスモーガストータ(smorgastarta)とは、英語でサンドイッチケーキと呼ばれていて、ケーキの形をしたサンドイッチです。

今日、スウェーデンの買い付けの最後に訪問したディーラーさんのお宅で出されたご馳走。
150417-1.JPG
彼女は以前レストランで働いていた経験があり、その時に嫌になるほど作ったのだとか。いつも美味しいケーキを作ってくれる彼女の事だから「きっと美味しいんでしょうね」。前回の買い付けで、そんな話をしたことを覚えていてくれていました。
150417-2.JPG
たっぷりのボイル甘海老とハム。周囲にはキュウリのスライス。中央にはトマトで作ったバラが飾られています。
150417-3.JPG
サンドイッチの具は、ツナとハムとフルーツ2種類をマヨネーズなどで和えてありました。フルーツが入っているなんて、意外でしたが、これが味をさっぱりとさせて美味しいのです。
150417-4.JPG
更にデザートとしてパイナップルのケーキも用意してくださっていました。これがコーヒーに良く合う味で、サンドイッチケーキでおなか一杯なのに、ケーキも美味しくてお代わりしてしまった。

このケーキはレシピもいただきましたので、いつかお披露目しますね!
150417-5.JPG
そして、ここの前に訪問したディーラーさん宅では彼女の友人でもある、在住の日本人のお友達のMさんにも会いました。そして、Mさんがランチにとラザニアを作って下さっていて感激。今回は外食の機会がなく、ずっとスーパーのお惣菜だったので、作りたての温かいお料理は久しぶりでした。
150417-9.JPG
もちろん買い付けも。スウェーデンでは今日までに8カ所周り、素敵なもの、面白いもの、珍しいものが沢山揃いました。

フィンランドと同じく、1日”梱包の日”を設けていたのですが、今日の午前中に訪問したショップオーナーさんが知り合いの個人ディーラーさんがものすごく沢山持っているからと、そこまで車で連れて行ってくれることになり、梱包に充てていた日が半日潰れそうです。

なので、今日も少しでも梱包を進めなければいけないのですが、いかんせん満腹で幸せすぎて激しい眠気が襲ってやる気が起きません。
150417-6.JPG
もう、寝ちゃおうっかにゃー!

ミタ

150417-7.JPGせめて買い付けたリストだけは、これから作るよー。

北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす -
北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす –
フクヤの本もよろしくお願いします。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドで買い付けたものと食べたもの

150414-1.JPG
こんばんは。この白樺林は夕方6時ごろの撮影。今はもう夜の8時半を過ぎたのに、まだ薄明りのフィンランドです。先ほど目の前をリスが駆けて行きました。
150414-3.JPG昨日でフィンランドでの買い付けは全行程終了。全部で12カ所で買い付けました。
写真はそのうちの一人、ディーラーさんの奥さま手作りのムスティカピーラッカ(ブルーベリーパイ)。流石フィンランド、ベリーがふんだんに使われていて、フィリングが紫色に染まっています。フィンランドらしい味、美味しかったです。ごちそうさま。

そして、今日は1日梱包の日と決めて、朝からパッキングに没頭していました。パッキングしながら気になった面白いものをピックアップしてご紹介しますね。
150414-4.JPG右端で下敷きになっているのは、アンティークなキッチン用品を描いた、アラビアの「Designサービングトレイ(ケーキトレイ)」です。フクヤには初入荷。

150414-5.JPGここでは手前のSvea Granlundデザインの手彩色のボウルや、

150414-6.JPGオイヴァ・トイッカのフルッタのグラスなど(今回は他でもフルッタを買い付けたので、まとめた数が入荷しそうです)。

150414-7.JPG特に興味をひいて買い付けたのがこのプレート。
ショップからの説明はなかったのですが、この絵はエステリ・トムラのかなり初期の作品、50年代のものではないかなあ。帰国したら詳細を調べますね。
傷はありますが、愛らしさは健在。どことなく謎めいた表情の少女が一癖あって素敵です。

150414-8.JPG他の場所では、久しぶりにティーマのリンゴ柄マグを発見。また、アラビアKetoの状態のいいボウルもありました。

150414-9.JPG最後はこのピンクのデミタスカップ。目立たないところにポツンとあって、見落とすところでした。ロゴはありませんが、アラビア製に間違いないでしょう。フォルムはカイ・フランク、デコレートはエステリ・トムラではないかと思います。これも帰国したら調べないといけない宿題です。
買い付け先はショップだけでなく、蚤の市のようなところも周ります。そうなると、全ての商品に説明があるわけではないので、こんな風に記憶と知識と思い切りが必要になってきます。買い付けは肉体的にも精神的にも楽ではないですが、現地に行って自分の目で探すからこそ出てくる、掘り出し物や珍しいものに出会う面白さがあるため、やめられません。

150414-11.JPGさて、今回は外食の機会が無かったので、せめてフィンランドらしいものをと、スーパーマーケットでフィンランド風ロールキャベツ(Kaalikääryleet/カーリカーリュレート)とリンゴンベリーを買いました。一緒に、これもフィンランドらしい豆スープ(Hernekeitto/ヘルネケイット)にマスタードを入れて。

150414-12.JPG準備をしていると宿主のエリナさんから「とってもフィンランドなデザート」の差し入れが。
フィンランドの焼きチーズ、レイパユーストに生クリームをかけ、近くの沼で採れたクラウドベリーのジャムを乗せて、オーブンで熱々に焼いたものです。レイパユーストをいつか食べてみたいと思っていたものの、チャンスが無かったので、これは感激!
初めて食べるレイパユーストは、キシキシしたしっかりとした歯ごたえが面白く、クラウドベリーの種のプチプチ感と一緒になると、味だけでなく食感も楽しい、美味しいデザートでした。

さて、明日はフィンランドを離れ、スウェーデンへと向かう予定です。スウェーデンでは何に出会うでしょうか。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
150414-13.JPG粒粒リンゴンベリーは日本では売っていないので、買いました。

今日のフィンランド猫劇場。
150414-2.JPGモイ!お日様が照っているのに、どうしてあたしのいるところは寒いのかしら。

150414-14.JPGまあ、いいわ。日本人の温めたベッドで寝るわ。

150414-15.JPGじゃ、おやすみ。

150414-16.JPG出て行ってほしい?何言ってるの、ここはあたしの家。出ていくのはそっちでしょ。さっさとスウェーデンに行きなさいよ。
スムちゃん、また半年後にね。

北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす -
北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす –
フクヤの本には、ムスティカピーラッカとカーリカーリュレートのレシピが掲載されています。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

珍しいアラビアのカップとおめでたい話

150413-1.JPG
こんにちは。フィンランドの買い付けは続いています。
150413-2.JPGいつものショップに行くと、花瓶に猫柳の枝が挿してありました。黄色のラッパ水仙と同じくイースターを象徴する植物。そう思って外に出て周囲を見ると、あちこちに猫柳がふわふわの穂をつけていました。今まで何度もこの季節に来ているけれど、気が付いていなかった。
半年前はどこを見てもナナカマドの真っ赤な実が目に入ったのに、今はどこにもその赤い色は見えません。フィンランドはまだ新緑の季節には早く、枯れ木が並ぶ秋と変わらない風景ですが、確実に季節は移っているのですね。

150413-3.JPG半年前と変わらないのは、オーナーさんがいつも作ってくれる美味しいベリーのケーキ。森で摘んだ野生のベリーは甘みより酸味が立ち、たっぷりの生クリームをさっぱりとした味に変え、いくらでもお代わりできてしまいます(危険)。

150413-5.JPG今回も定番品からちょっと変わり種まで色々と買い揃えることができました。

150413-6.JPG特に変わり種はこちら。
「Koralli(コラーリ)がある」と棚の前を通り過ぎてから、違和感に気が付いて戻ってじっくりと見てその違和感がどこから来たのか分かりました。

AR-KO1-11B.jpg通常はこのように葉の色が茶なのに、これは青い!
驚いてショップのオーナーさんに尋ねると「初めて見た」。そして「最初は分からなくて、棚に並べて他のコラーリと比べて気が付いたんだ」と。
限定品でしょうか?
なんだか分からないのですが、あった6客を全部買い付けてきました。

そして、買い付けが終わってコーヒーをいただいていると、春らしいおめでたい話も聞くことができました。
150413-7.JPGひとつは、オーナーさん夫妻が結婚50周年を3月に迎えて地元の新聞に取材を受けたということ。「50年なんてすごいですね!」と感心すると「僕たちは結婚が早かったからね、僕が21歳で彼女は19歳だったんだ」。
二人ともおしゃれで素敵。このドレスはお友達が作ったそう。まだドレスは保管してあって、50周年のパーティーでは飾ってお披露目したそうです。
もう一つは、その二人の一人息子が婚約したということ(息子さんは30代)。その話を聞くと日本と違う習慣が面白く印象的でした。ツィッターでも書きましたので、フォローしてくださっている方はすでにお読みになったかも知れませんが…
1)婚約指輪は男性も左手薬指につける。デザインは飾りのないタイプでそのまま結婚指輪として使う。ちなみに古くからゴールドが好まれていたが、最近はホワイトゴールド(プラチナではなく金です)が流行している。
2)婚約してから結婚の日を決める。
3)結婚式にかかる費用は新婦の親が出すのが伝統だが最近は本人たちが負担することが多い。
4)結婚式に人気があるのは7月8月。
一番驚いたが、2)でした。「式はいつ?」と息子さんに尋ねると「来年にしようかと思っているんだけど…」と思ってもいない返事にびっくり。日本ではほとんどの人が結婚の日取りを決めてから結納(婚約)を行い、あとは当日まで準備を重ねるものですよね?
スウェーデン在住や、ノルウェー人と結婚されているツイッターのフォロワーさんたちから、それは彼の地では普通の事と教えられ、もしかして婚約と結婚が直結している日本の習慣がものすごくアジア的なのかもなあと、改めて考えさせられました。
それにしても買い付けで北欧に行くようになって9年。この間にスウェーデンのMさんは、出産→結婚→離婚→猫ブロガーだし、デンマークの小さかった(背は高かったけれど)Eちゃんは秋から大学生だし、50代にして新婚(再婚)だったデンマークのAさんにも、逆に結婚35年のスウェーデンのEさんにも孫が出来たし、梱包しながら半ケツ見せていたフィンランドのPさんの息子は婚約するし。1日1日は変わらないけれど、それが積み重なった9年は大きく人生が変化するには十分な年月なんですね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
おまけのフィンランド猫劇場。
sumu1.JPGモイ!この家のスムです。あたしの家に日本人がいるので調べに来ました。

sumu2.JPG日本人は古いポットとかランプとかお皿とかカップを集めていました。危険物はありませんね。

sumu3.JPGじゃ、帰ります。
※この明るさで夜の7時です。
※スムとはフィンランド語で霧の意味。

北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす -
北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす –
そんな9年が詰まったフクヤの本を、よろしくおねがいします。巻末には猫のスムも登場。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓