掲載誌「北欧テイストの部屋づくり」のお知らせ


こんにちは、今日で3月も終わりですね。春からの新生活にお部屋の模様替えを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にお勧めの「北欧テイストの部屋づくり」最新刊のお知らせです。
北欧テイストの部屋づくり Vol.14 (NEKO MOOK) - 紹介されているどの部屋も本当に素敵で、真似したいアイデアがいっぱいです。
また北陸新幹線の開通に合わせた企画「春の北欧まちあるき」も訪れたい場所がいっぱい。ゴールデンウィークの旅の手引きになるでしょう。

150331-2.jpg今回、フクヤは「ビンテージ色あつめ」なんて、まるで当店のためにあるような(へへへ)企画に商品の貸し出しをさせていただきました。得意のカラフルなお品を掲載して頂きましたので、楽しんでもらえますように。

150331-3.jpgまた、今月発売になった著書「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」もご紹介いただきました。巻末にはプレゼント企画もありますので、ご応募お待ちしています。

さて、北陸と言えば、富山在住の手芸作家しずく堂さんの手芸コーナーと、ヘルシンキ毛糸めぐりのコラムも掲載されています。
実はしずく堂さんがワークショップで上京するついでに出版社さんとお打合せを重ねているのを知っていたので、傍で見ているだけの私も出来上がりが本当に楽しみでした。とても愛らしい掲載作品についてはしずく堂さんがブログに書いていらっしゃいますので、下記リンクさきからどうぞ。
しずく堂の活動日誌、ときどき日常
フクヤの本はサイトだけでなく、全国の書店やAmazonからもご購入いただけます。Amazonへは下記画像をクリックしたリンク先からご覧ください。
北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす -
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
すでに本が届いた方から嬉しいコメントもいただいています。ありがとうございました。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

掲載誌「ELLE JAPON (エル・ジャポン) 5月号」のお知らせ


こんにちは。掲載誌のお知らせが続きます(近々にあと1誌予定しています)。
3月28日発売予定のELLE JAPON (エル・ジャポン)5月号 に商品の貸し出しをいたしました。

150327-5.jpg「インテリアで世界旅行」のコーナーで、ロンドンのヴィンテージインテリアのお部屋のイメージ商品として

150327-4.jpg70年代のイギリス製のティーカップマグプレート、スウェーデンのNoaさん作のクッションカバーを。

150327-3.jpgストックホルムのレトロ可愛いお部屋のイメージには、

150327-2.jpgロールストランドのティーカップ、アラビアのコーヒーカップ、スウェーデンのTV魔法瓶を。
特にストックホルムのお部屋はスタイリストの中林さんが「この方、本当にセンスがいいんです」と絶賛で、この部屋に合う商品はどれかな、と色々考えて提案させていただいたのは楽しい作業でした。
もちろん、他のお部屋も個性的で素敵ですよ。
ミタ
フクヤの本「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」が出ました!
下記バナーをクリックしてお申し込み下さい。
FBK-01_top.jpg

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
すごーく厚くて重い雑誌でした。


フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

トラースマッタと消えゆくヘルシンキ名物のカーペット洗い場

Facebookで話題にしましたが、秋に買い付けた裂き織りマット、いわゆるトラースマッタを洗濯してサイトにアップする準備が整いました。
150325-3.jpg
既にサイトにアップしているトラースマッタはこちら→

トラースマッタはそもそも古い布を裂いて作ったものですので、ご家庭の洗濯機で洗うことができます。また、土足による泥汚れを気にされていたお客さまのご質問でハッとしたのですが、北欧は日本と同じく家の中では靴を脱ぐ習慣があるので、室内で使用されていたトラースマッタは、日本の家庭で使用されているのと同じ汚れの種類と思ってくださって大丈夫です。

やっぱり、西洋と言えば家の中で靴を履いているイメージがありますものね。

これは、洗ってベランダで干しているところ。フクヤのトラースマッタは、洗濯済みを買い付けるか、自宅で洗濯していますので、どうぞご安心くださいね。
150325-1.jpg 
150325-2.jpg
フクヤでは多くの場合、スウェーデンでトラースマッタを買い付けるのですが、この4枚はフィンランドで選んできました。いつも行くアンティークショップにまとめて積まれていたので「どうしたの?」と尋ねると、近所に趣味で作っている人がいて、沢山持って来たのだとか。年配の方が身辺の整理をされたのかも知れません。

4枚のうち、3枚は両端を布でくるんで始末してあります。傷んだ部分を切り取り、切った端がほどけないように処理したのでしょう。長く大切に扱われていたことが分かります。

さて、フィンランドのマットと言えば、テレビや雑誌などで湖や海の桟橋でのマット洗い場をご覧になった事があるかも知れません。ヘルシンキで14カ所あり、私は行ったことがありませんが、夏の風物詩として、ツアーバスが止まる場所もあるとか。

その名物のマット洗い場は消えつつあります。

以前何かに書いたと思うので繰り返しになりますが、5年ほど前に水質汚染のため、禁止ではないけれど、推奨はしないと発表がありました。それに伴い、ヘルシンキ市はマット洗い場の桟橋のメンテナンスを中止しました。洗浄には自然に優しいと言われているパインソープ(Mäntysuopa)を使うのですが、洗う人が増えると環境への影響は少なくはないのでしょう。

ただ先ほども書いた通り、禁止ではありません。今後は桟橋のメンテナンスをしないので、事故があっても自己責任ですよ、と言うことでしょう。こういうところに日本との文化や考えの違いを感じます。いずれにしても、やがてこの桟橋も消えてゆくのでしょう。

ですので、もしヘルシンキ観光でマット洗い場に行かれることがあっても、桟橋は危険なので乗らない方が良いかと思いますよ。

ミタ

海で洗うと聞くと、塩分は大丈夫なのかと心配になりますが、フィンランドの海水は塩分濃度がとても低いそう。そのため、海が凍るのだとか。実際、海岸でも全然磯の香りがしないので、湖にいるような感覚になります。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

掲載誌「Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 」のお知らせ


2週間ほど前になりますが、3月10日発売のCasa BRUTUS (カーサ・ブルータス)4月号に当店のお品を貸し出しました。今月号は「居心地のいいカフェ」のタイトルで全国のカフェ特集。
150322-2.jpg掲載ページは、いわゆる”記事広告”と呼ばれる、記事の形を取った広告ページです。対象はパナソニックのコーヒーメーカー「NC-A56 」。豆を挽くところから、ドリップまで全自動で、手淹れに引けを取らない味を出すコーヒーメーカーだそうです。
手前にあるストライプのカップは、この雑誌をご覧になった近所にお住いのお客さまが既にご購入され、在庫切れになっています。お話を伺うと、雑誌を見て「素敵だな」と思って詳細を見たらフクヤだったので驚かれたとか。それは、驚きますよね。
さて、私もこの記事を見て驚いたことが一つ。記事で取材を受けていらっしゃるのが、堀口珈琲さんでした。
フクヤで扱っているコーヒー豆を作って下さっている珈琲香坊さんが堀口珈琲さん率いる「LCF(リーディングコーヒーファミリー)」に所属していらっしゃる事、その珈琲香坊さんから堀口さんは北欧の食器のコレクターでコレクションが渋谷の上原店で展示されていると写真を見せて頂いたことがある事、そして堀口珈琲さんのネットショップはフクヤと同じウェブショップサービスのイーストアを利用されている事、と少しばかりの縁があるからです。
ちなみに堀口珈琲さんの北欧食器コレクションは下記の店舗紹介ページから見ることができますよ。
堀口珈琲 上原店
豆の器にフィネルのエナメルボウルを使い、右のショーウィンドーには様々なビンテージのカップが並んでいます。珈琲香坊さんに見せて頂いた写真には、今や貴重なグスタフスベリのタヒチなどコレクター垂涎の品々がずらり。
毎年3月にそのイーストアが主催する交流会があり、フクヤは今年も参加してきました。交流会に招待される店舗は”売り上げのいいお店”と、社員の推薦で選ばれる”なんだか面白い店”だそうです。堀口珈琲さんは売り上げのいいお店として、フクヤはなんだか面白い店として招待を受けました。会場で堀口珈琲さんがいらっしゃるなあと思いつつ、なんとなく気が引けて遠巻きで見ていました。来年も同じ機会があれば勇気を出してお話ししてみようかなあ…(面白さを維持しないと)。
あ、そうそう。雑誌には渋谷にあるノルウェーのカフェ、フグレンさんも2ページに渡って取り上げられています。様々な特徴から沢山のカフェを分類されているので、自分好みのカフェを発見できるかと思いますよ。
ミタ
フクヤの本「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」が出ます!
只今予約受付中。下記バナーをクリックしてお申し込み下さい。
FBK-01_top.jpg

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
上原店はうちから直線距離なら8キロくらいなのですが、公共交通機関を使うとアクセスが悪くて大回りしなければならなく意外と時間がかかるので、行きたいと思いつつまだ伺っていません。


フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フクヤの本「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」が発売されます

FBK-01_top
こんにちは。今月末にフクヤの本が出ます。ただいま、サイトで予約販売を行っていますので、下記リンク先からご覧ください。リンク先には中身を少し公開しています。
「北欧 食べる、つくる、かわいいと暮らす」 三田陽子 著
北欧の暮らしを四季に分け、それぞれの季節の行事や習慣をテーマにしたエッセイと、その内容に合わせたビンテージの食器や雑貨で構成された内容です。下の目次の画像をクリックすると大きくなるので、ご参考下さいね。
contents.gif
エッセイは過去のブログに加筆修正したものと、新たに取材などを通して書いたものがあります。ですので、いつもブログを読んでくださっている方にも新しい発見があると思います。
初めて本を作るというのは、大変とは思っていましたが、想像よりも難しかったです……ここで、何が困難だったのか書きかけましたが、やっぱりやめました。
そうそう、家人も大変だったと思います。最後に北欧4ヶ国のレシピを掲載しているのですが、2カ国分、約8人前を1回に作っていたので、それを家族二人で数日かけて食べなければいけませんでした。それについては、家人の胃袋をあてにしていたのを告白します。試作品も含めると結構な量だったのを、当時ストレスから胃が痛くて食欲が無い私に代わってほとんどを片付けてくれました(いまは解放されて食欲満開です)。
と、まあ盛り沢山な内容ですので、お手に取っていただけると嬉しいです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
4月5日のWelcome Dayでも販売致します。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓