スウェーデンで落としたカメラ戻る

こんにちは、買い付けから戻りました。この人々を見下ろすブロンズ像は、デンマークのカストラップ空港の出発口フロアのシンボルです。
141028-1.jpg
さて、10時間ほどのフライトの後に本日の午前中に成田に到着し、午後に家に着き、ざっと荷物を片付けてようやく落ち着いたところです。

フィンランドでもスウェーデンでもネットが弱いところに滞在していたため、なかなかブログが更新できませんでしたが、記憶が新しいうちに徐々に書くつもりです。

そのまえに、今回のスウェーデンで印象的だった出来事を一つ。

スウェーデンのアンティークメッセに行った帰り、バッグに入れたはずのカメラが無いことに気が付きました。盗難が頭をかすめましたが、どうやらメッセ会場で落とした可能性が高い。

カメラを探しに会場に戻ったのは会場を出た4時間ほど後、しかも閉場5分後でした。会場からはアンティークショップのオーナーさんたちが次々に大きな箱を手に帰宅のため駐車場へと向かっているのが見えます。

落とした時は会場には沢山の人がいたし、拾われたカメラは盗られたかもしれない。これはもうカメラは戻らないだろうと半ば諦めながら、机を片付けていた190cmはある長身で初老の男性に「このメッセの責任者はいらっしゃいますか?」と声を掛けました。

彼はいきなり私のコートの襟首を両手で掴み、青い目をイタズラっぽい光でキラキラさせながら顔を覗き込み「このコートの色!カメラに!このコートの色!」「カメラ、そう、私はカメラを探しています」「このコートの色!#$%&#$%&!」

なかなか手を放してくれない上に「コートの色」と「カメラの中に」以外はスウェーデン語なので何を言っているのか分からず困りました。おまけに見上げるような大男に襟首をつかまれている状況が間抜けすぎる。けれども、どうやらカメラは見つかってその中に写っている私を見たらしい、ということは理解できました。

「カメラはどこですか~?カメラは~?」と数回繰り返すとようやく手を放してくれて、会場の一角へ案内してくれます。そこでカメラを重々しく取り出し手振りで「確認しろ」と言っています(多分)。急いでカメラに写っている写真を確認し「これは私のカメラです。本当にありがとうございました」とお礼を言い、安堵感に包まれながら会場を後にしました。

それにしても、カメラに私のコートなんて写っていたっけ?と思い返し、数日前にディーラーさんの薪ストーブが面白く、その前で写真を撮ってもらったのを思い出しました。

これがカメラの持ち主である証拠となった、薪ストーブの前で薪を手にはしゃいでいる私。
PA251029.jpg

ちなみにこの薪ストーブは暖房としてはもちろん調理も出来るし、ここで温めた空気を家中にダクトで回してセントラルヒーティングにもなっている優れものです。

閑話休題

比較的治安の良い国ですから、恐らく誰かが拾ったなら会場で保管してくれている可能性は高いだろうとは思っていましたが、一方で年々治安の悪化があるとも聞くので盗難の可能性も考えたのは確か。戻ってきてよかった。もちろん今回は本当にラッキーと思って持ち物は常に意識しないとダメですが。

カメラの方はというと、目立った外傷はないものの、ズームにすると「うががが」と大変に不満そうな声をあげます。そりゃあ、固い地面に落とされたんだから文句も言いますよね。

ミタ

印象に残る色のコートで良かったよ。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

森とベリーとフィンランドガラス

141021-1.JPG
フィンランドに到着した時は、夜はマイナスまで下がり、朝になると一面霜に覆われていました。昨日、一昨日は雨で気温が10度を越えるほどまで上がったと思ったら、今日は1日中1、2度と気温が上がらず、霜は降りないのですが粉雪がちらつく寒い日でした。
トップの写真は宿の近くの湖です。森を抜けると突然湖が見える様は、まさに観光ガイドの謳い文句どおりの”森と湖の国”フィンランド。
141021-2.JPG10月半ばで既に冬の様相のフィンランドですが、森の中で足元を見ると低木に緑が残っています。特徴的な丸い葉っぱに気がついて、しゃがんで目を凝らすと僅かに赤い実が残っているのに気がつきました。

141021-3.JPG日本語でコケモモと呼ばれるリンゴンベリーかな。ベリーに詳しくないので、多分合っているとは思うものの、自信は今ひとつ。リンゴンベリーからはスウェーデンのミートボールに添えられているジャムを作ります。

141021-4.JPGリンゴンベリーの周りを探すと、ブルーベリーも辛うじて残っていましたが、すっかり葉が落ちて頼りなげな姿になっています。

141021-5.JPGさて、こちらはアンティークショップのお母さん手作りベリーケーキ。いちごを挟んだスポンジ生地に生クリームをたっぷり乗せて、ベリーで覆っています。紫色がブルーベリー、赤いのはクランベリーだそう。どちらもこの夏にお母さん自ら森で摘んだものです。
今年の夏は一人で170リットルものブルーベリーを摘んだとか。フィンランド人として普通なのか多いのか分かりませんが、得意気なので、ものすごく多いのでしょう。夏に来ればベリー摘みに連れていくから、来い、来い、と毎年誘われるのですが、来年こそと思いつつ、何年も経ってしまっています。
森の中で寂しく残ったベリーを見ると、これがたわわに成っているのはさぞかし美しかろうと、ますます見てみたい思いがつのるのですが。

141021-7.JPGさて、ここでは、こういった陶器類を中心に購入。

141021-11.JPGこのフィンランド国旗はなんと60年代のアラビア製。おそらくお土産用に作られたのでしょう。面白いので買い付けました。

141021-6.JPGそれからガラスも。Riihimäen Lasi(リーヒマキガラス)製品もいくつか。Riihimäen Lasiは1910年創業、1990年閉鎖。Grapponia(グラッポニア)で知られるナニー・スティル(1926-2006)も所属していました。
「ナニー・スティルといえば、ボーイフレンドだった歯医者が亡くなったときに家に行ってね」お父さんが思い出話を始めました。アンティークショップの仕入れ方法の一つに遺品買い取りがあるとスウェーデンのディーラーさんに聞いたことがあるので、これもその目的だったのでしょう。
「その歯医者は絵を描くのが趣味だったんだけど、家に大きなナニー・スティルの肖像画があったんだ」「へー」「それが、ヌードなんだ」「え!」「困ってリーヒマキに電話したら引き取ってくれたんだけどね、その後どうなったか分からない」と言ってあははと笑います。お母さんもニコニコ聞いているので、彼の得意な話の一つなのでしょう。
さて、そんなこんなで、今日でフィンランドの買い付けは終了。昨日までの4日間で9ヶ所廻って買い付け、今日はフィンランド国立ガラス美術館に行って、主席学芸員のカイサ・コイヴィストさんにお会いし、北欧ガラスについて教えて頂きました。
コイヴィストさんは昨年の「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展のカタログに寄稿されているだけでなく、大阪と札幌での展示では来日講演を行っています。
私は残念ながら機会が無く講演を拝聴していないのですが、参加された方もいらっしゃるかも知れませんね。日本の感想を伺うと「スケジュールがタイトで観光が出来なかったのが心残りです」それから「大阪での講演では質問がなかったのですが、それはフィンランドでも同じなので気になりませんでした。それが札幌の時は多くの質問を受けて大変に驚きました」とおっしゃっていました。
なんだかイメージが逆ですね。

141021-8.JPGさて、アンティークショップのお母さんからは手土産に手作りのりんごケーキも持たせてくれました。ケーキと一緒に写っているりんごは宿泊先の宿主から庭で採れたとおすそ分けを頂いたもの。

141021-9.JPGこれがりんごの木。すっかり採り尽くされていて、もう高くて手が届かないところに数個残っているだけです。宿主のエリナさんが「揺らすと落ちるかもよ」と言いますが、小鳥のために残して置きます。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
コイヴィストさんからは興味深い話を沢山伺ったので、いつか何かの形に出来ればと思っています。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アーリッカとナナカマド

141018-1.JPG
「アーリッカが亡くなったの、知っている?」昨日の1軒目のディーラーさんがまるで親戚が亡くなったかのような口ぶりで話しかけてきました。「いいえ、いつ?」「数か月前」。
アーリッカとは木でカラフルなジュエリーや置物を作っているメーカーAarikka(アーリッカ)の創設者Kaija Aarikka(カイヤ・アーリッカ)のこと。1929年生まれのカイヤは1945年にデザイン学校の卒業製作のドレスに合うボタンが見つからないからと、木で自作したのが、Aarikkaブランドの始まりでした。
たまたま前日に北欧へと向かう機内で読んだ雑誌に鳥の置物特集があり、数十個並んだ中の木で作った鳥に目が引かれキャプションを確認するとアーリッカのビンテージでした。アーリッカというと、まん丸の木をつなげた羊やクリスマスの妖精トントゥのような、かわいらしいイメージしか無かったので、こんなスタイリッシュなデザインもあるのだなあ、と強く印象に残っていたところに、この言葉だったので少し驚きました。
2軒目のディーラーさんを訪問すると、まさにその木の鳥が置いてあるではないですか。手に取ってディーラーさんに「アーリッカが数ヶ月前に亡くなったそうですね」と何気なく話しかけました。
彼女は悲しそうに眉をひそめ「そうなの…あとは娘が継ぐらしいわ」。その表情をみると、あまり良く知らない私でも、アーリッカがどれほどフィンランドの人に親しまれていたのかを感じられます。これも縁かと二つ買い求めてきました。
買い付けた小鳥は1990年製で「Satulintu」と呼ぶのだそうです。留り木の下にはアーリッカらしい木のビーズが下がっています。
141018-5.JPGちょうど今の季節、フィンランドでは、この赤いビーズに良く似た真っ赤なナナカマドの実が木に下がっているのをあちこちで目にします。ナナカマドの実というと観賞用と思っていましたが、フィンランドの人はこれもベリー(marja/マルヤ)と言い食用にするそうです。
フィンランド語でナナカマドはPihlaja、その実に砂糖を加えて火を通すことでゼリー状にしたものをPihlajanmarjahyytelöと言うそう。フィンランド語は単語がどんどんひっついて一つの単語を作る言語なのですが、これも全くその通りで、Pihlajan(ナナカマド)marja(果実)hyytelö(ゼリー)なのだとか。

141018-4.JPGもちろん、買い付けたのは小鳥だけではありません。これはその一部。ここには写っていませんが、かなり珍しい、カイピアイネンのビッグカップも含まれています。無事に届きますように。

141018-3.JPGところで、1軒目と2軒目のディーラーさんの途中、遠くにキノコのような建造物が見えます。これは1968年に作られた古い給水塔。今は展望レストランとして使われています。もうちょっと近くで見たかったのですが、時間がなくて断念。

141018-2.JPGその代わり、と言っては何ですが、途中のカフェでサーモンスープを頂きました。
フィンランド湾の海岸沿いに建つこのカフェはテラス席しかないらしく、多分5度くらいと東京の真冬の気温で外で食べるのはどうかと思ったのですが、案外日が当たるとポカポカと暖かく、思いがけず寛げました。海といっても穏やかで磯の香りがしないものですから、まるで湖畔にいるような気持ちになります。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
今日は3軒目で大量買い付け。これから鬼の梱包です。そこのお父さんから某デザイナーのおもしろい話を聞いたので、書ければまた明日。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド到着

141017-1.JPG
こんにちは。昨日フィンランドに到着。到着したときの機内アナウンスでは気温が2度。宿主のエリナさんからは夜は氷点下と聞いていたので覚悟はしていましたが、やっぱり東京との気温差が堪えます。
141017-2.JPG一夜明けて今朝のフィンランド。まだ10月ですが既にかなり日が短くなっていて、朝の7時半でこんな感じです。
右上に月が見えますね。
ところで、宿の主人、エリナさんは仕事で不在。宿泊している離れの鍵を開けておくから勝手に入っていいよ、と伝言を受けたので勝手に入ってサウナも満喫しました。
あと1時間ほどで、いよいよ買い付けスタート。今日は予約しているディーラーさん2件を回る予定です。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
買い付けブログは出来るだけ更新しますので、お楽しみに。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

10月16日から28日まで買い付けに行きます

141015.jpg

2014年10月16日から28日まで
買付けのため発送をお休みします。

この間のお買い物はしていただけますが、発送は10月29日以降になります。また、お問い合わせへの返信などの対応も10月29日以降になります。ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いします。
詳しくは下記リンク先をご覧になってください。
■買い付け中の対応について
買い付け中の様子はブログでご覧いただけます。右側の「お勧めコンテンツ」内の「買い付けレポート」をクリックして、ご訪問ください。
現地の写真を見るともうすっかり寒く、ダウンコートやニット帽を身に着けているようです。自宅から空港までの服装に悩んでいます。
いつもに増して直前まで仕事が途切れなかったので、実感がないままの出発です。今回も良い出会いがありますように、祈る気持ちで行って来ます。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
買い付けブログは出来るだけ更新しますので、お楽しみに。


フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓