掲載誌「北欧テイストの部屋づくり Vol.12」のお知らせ


こんにちは。今日は掲載誌のお知らせです。
北欧テイストの部屋づくり Vol.12 (NEKO MOOK) - 7月29日発売の「北欧テイストの部屋づくり Vol.12 」
に当店の商品と、私の自宅が掲載されました。
トップの写真は「おうちフィーカの楽しみ方」コーナーに掲載商品のうちの一つ、Primavera(プリマヴェーラ)カップ&ソーサー です。テキスタイルメーカーのマリメッコが、テーブルウェア―メーカーのイッタラと共同で作った食器シリーズの一つ。もとになっているのは、1974年にマリメッコを代表するデザイナー、マイヤ・イソラがデザインしたテキスタイルパターンです。
自宅の紹介のコーナーでは猫トイレが写っています。当日撮影の時にばたばたと適当なものを置いたままの姿で。まさかここを撮影されていたとは思っていなかったので、校正を見たときにギョッとなりましたが、まあ、編集の方がいいと思ったならいいんだろうと、そのまま訂正無しです。
うちはともかく、他の方のインテリアは素敵な物が沢山。書店で見かけたら手に取って見てください。
また「おうちフィーカの楽しみ方」コーナーで写っているお菓子はすべてレシピを公開しています。レシピはブログやサイトで書き散らかしているので、まとめサイトで全部見られるようにまとめました。下記リンク先からご覧になってください。
★【北欧レシピ】作って食べた、フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの料理とお菓子
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
撮影の間、びびりちゃんの猫営業部長は隠れっ放しでした。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

永久凍土を表した涼しげなガラスの器

140718-1.jpg
フィンランドで活躍するガラス作家Oive Toikka(オイヴァ・トイッカ)の作り出した極寒の地ツンドラを表現した器、Tundra(ツンドラ/トゥンドラ)です。
ツンドラとは北極海沿岸の地域で、北方民族であるサーミ人の言語「木のない平原」から由来するそう。
140718-2.jpg器の表面にはエンボスで小さなパターンが描かれています。かの地に降る雪を表したのか、あるいはかろうじて生息する苔の姿でしょうか。
プレスガラスの手法で作られた小さなドットの集まりは、愛らしくもあり、また表面の光の変化が涼しげでもあります。製造は1971年から72年とそれほど長くはありません。

140718-3.jpgフィンランドの家庭で作られる気取らないスウィーツKiisseli(キーッセリ)を入れて。キーッセリはベリーのジュースやベリーを片栗粉でトロトロにした葛湯のようなもの。冷たくするよりも、むしろ常温で、また葛湯のように温かいままで食べることもあります。
ロシア語の「酸っぱい」を表す言葉がもとになっていて、実際ロシアには同じデザートがあり「キセーリ」と呼ばれています。隣国のバルト三国でも食べられています。フィンランドはロシアと共通の食文化が多く、キーッセリ以外にも以前ご紹介したリハピーラッカ(ピロシキ)もありましたね。
キーッセリのように温かいデザートだけでなく、アイスクリームやフルーツにもどうぞ。むしろ、この猛暑の日本の夏にはその方がいいですね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
キーッセリは冷たくしても美味しいです。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマークの伝統工芸「エスカ」でキノコの箱

140729-1.jpg
先週の18日と19日につれび工房さんによる「エスカ」の箱作り1日教室を開催しました。
エスカ(Æsker)とはデンマークの手工芸で、紙や布を張った小箱に刺繍を施したものです。
140729-2.jpg8月の北欧は既に秋の風が吹き、キノコ狩りのシーズンです。そんな初秋の北欧をイメージしたキノコ柄の小箱を作りました。

140729-3.jpgキノコの刺繍部分。先生に指導していただきながら作って行きます。

140729-4.jpg箱の制作にはいりますが、本体の厚紙部分は既に作ってあるので、美しい色の製本紙を貼るだけです。

140729-5.jpg完成しました!こちらは18日にご参加の方の作品。

140729-6.jpgこちらは19日の参加者の作品です。どれも上手に出来ました。

大変な部分は先生がすでに作ってくださっているので、刺繍に箱作りでは難しくて出来ないかも、と思っていたという初めてご参加の方もきれいに出来ました。
ただ「難しそう」と思って躊躇されていた、というご意見は参考になりました。
そこで先生と相談して、次回は初心者向けと銘打った、比較的小さくて難しそうな(に見える)箱作りがない作品にする予定です。
時期などは未定ですが、気軽にご参加できる内容を考え中。今まで躊躇していた方にこそ体験としてご参加いただきたいと思っています。どうぞ、お楽しみに。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
140729-7.jpgつれび工房さんがお買い物になった、スウェーデンのキツネペンダントを付けてきてくださいました。5種類の中でこのキツネが一番人気です。宜しかったら下記リンク先からご覧ください。
HAPPYsthlm Zooペンダント (キツネ)

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

「北欧ぷちとりっぷ vol.3」無事終了しました

140726-18.jpg
去る7月26日にお台場にてトークイベント「北欧ぷちとりっぷ vol.3」が開催されました。今回も過去2回に引き続き、北欧ライターの森さん、ノルウェー夢ネットの青木さんと共にプレゼンをさせていただきました。
なお、これからお見せする写真のいくつかは、聴衆として参加して下さった手芸作家「しずく堂」さんに提供していただきました(キャプションあり)。ありがとうございました。
140726-2.jpgこの日も大変な猛暑でしたが、会場には前売りと当日合わせて約100名のお客様がいらっしゃってくださいました。ありがたい事です。
また、今回も珈琲香坊さんにご協力いただき、フクヤのオリジナルコーヒー「白樺」を先着50名の方にプレゼントさせていただきました。
トーク前には北欧雑貨のお買い物も出来るので、開場と同時に沢山の方がご入場されました。

こちらは森さんのお店「Sticka」です。ご自身の著書と、主に布を販売。
140726-6.jpg 140726-5.jpg
140726-9.jpgいつもお世話になっている、北欧食品専門店の「アクアビットジャパン」さん。食品だけでなく、北欧雑貨もいろいろと揃っています。

140726-8.jpg北欧アクセサリーの「コルヤマトカ」さん。ヘイニ・リータフフタさんの一点ものアクササリーと、アイスランドのジュエリーを持ってきてくれました。

140726-7.jpg初参加の「ウュクシ」さん。フィンランドのデザイナーによるユニークで愛らしい雑貨が沢山並びます。

フクヤからはビンテージの食器やオリジナルキッチンワイプ、スウェーデンのペンダントなどを並べました。
140726-3.jpg 140726-4.jpg

140726-14.jpg*写真提供:しずく堂さん
会場はレストラン形式なのですが、いつものメニューに加え、この日だけの特別メニューも!北欧の味、ミートボールにリンゴンベリージャム添えと、薫々堂さんの本格シナモンロールです。
*薫々堂さんシナモンロールの秘話についてはこちらを→シナモンロール会議


140726-10.jpg*写真提供:しずく堂さん
イベントの最初は青木さんによる、ノルウェーの憲法記念日のパレードの様子。今年は特に200周年ということでいつもより派手に盛り上がったそうです。

140726-17.jpg*写真提供:しずく堂さん
そしてなぜか北欧の猫のお話へ。

140726-13.gif実はイベントにあたって募集した質問のうちの一つ、この「北欧の猫で一番多い毛柄は?」に対する回答用だったのですが、森さんも私も猫が好きなもので、写真を紹介しているうちに我を忘れるのめり混みよう。質問に答えるのを忘れるところでした。

140726-15.jpg*写真提供:しずく堂さん
続いて青木さんのプレゼン「ノルウェー人度テスト」。北欧に行った事のある方なら「あるある」と笑え、行った事の無い方は「ええ!」と驚いたかも。
特に多くの人が驚いた「車内での飲食」。私は他の北欧(デンマーク、スウェーデン、フィンランド)では見たことがないのですよね。ノルウェーならではなのか、たまたま見たことが無いだけなのか。次回の北欧では気を付けて観察してきます。


140726-1.jpg私からはスウェーデンのロールストランドのデザイナーに関する話を。取り上げたのはマリアンヌ・ウエストマンとシルヴィア・レウショビウスでした。
ウエストマンは有名ですが、レウショビウスは一部コレクターの方を除いて、あまり知られてい無い気がします。これからどんどん評価が高まる方だと思いますので、是非彼女の作品に注目してくださいね。

140726-16.jpg*写真提供:しずく堂さん
プレゼンの最後は森さんによる北欧B級グルメ。
私の心をつかんだのは、毒キノコの話。フィンランドではこの毒キノコを特殊な処理で無毒化して食べるのだとか。そんなまでして食べなくても他に美味しいキノコが沢山あるだろうに、という思いと、生えている時のキノコの姿がいかにも毒を持っていそうで、なぜこれを食べる気になったのか、という疑問が渦巻くのですよ。

140726-11.jpg次は毎回盛り上がる「北欧男子コーナー」。今回はデンマークの建築家Jens(イェンス)さんに来ていただきました。
イェンスさんから北欧各国のイメージなど北欧にまつわるお話を伺いましたが、とても話好きで楽しく、自ら「デンマーク人は明るくハッピー。なんといっても幸福度世界一だしね」と語る通りのキャラクター。
日本に来たきっかけというのが、日本滞在中に現在の奥さまと知り合い、恋に落ち、移住を決意して、人生がすっかり変わったって…
のろけですね!

140726-12.jpg最後は恒例の「北欧検定」。
自分のプレゼンよりも力を入れてくれる青木さんの渾身の問題作りのお蔭で大変な盛り上がりでした。

ご参加のみなさまどうもありがとうございました。まだまだ至らないところが多いですが、少しでも発見や喜びがあったのならとても嬉しいです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
このイベントにあたって様々な協力をして下さった友人や知人などにこの場を借りてお礼申し上げます。壇上に上がるのは私たち数人ですが、そのために多くの方の協力がありました。また、今回はスウェーデンのロールストランド博物館マネージャーのインゲルさんから頂いたアドバイスは大変に助けになりました。この場を借りてお礼を申し上げます。


フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

今年もIDEE「北欧のみの市」に出店しました

140720-1.jpg
先週7月20日のことですが、自由が丘のIDEE全店で開催中の「SCANDINAVIAN SUMMER 2014 北欧のある暮らし」の企画の一つ「Nordic Flea Market(北欧蚤の市)」に出店しました。昨年に続き、2回目の出店です。
人手などの問題でイベントのお誘いがあってもなかなか参加できませんが、地元で開催されるこのイベントだけは何とか対応できるので今年も参加させていただきました。
このところゲリラ豪雨がのような突然の天気の変化があるので、この日も上にテントを張っての準備です。予報では午後3時頃から雨とか。
さて、せっかくの蚤の市ですから、店頭よりもお値下げした掘り出し物的な品物をご用意しました。足を運んでも買うものが無ければお互いにつまらないですものね。
140720-2.jpg 140720-3.jpg
140720-4.jpgありがたいことに、11時開店と同時に沢山のお客様に来ていただきました。

こちらは今回も声を掛けてくださった、三軒茶屋のショップ「klala」さん。
140720-7.jpg 140720-8.jpg
そしてこちらはネットショップ「13th floor」さん。13th floorさんは銀座に実店舗「Stone Flower」もお持ちです。
140720-5.jpg 140720-6.jpg
140720-9.jpgそして、渋谷のノルウェーカフェ「Fuglen」さん。コーヒーはもちろん、その場で焼いた出来立てのノルウェーワッフルを提供してくれています。

140720-10.jpg暑い中、今年も沢山の方に来ていただき、大変うれしかったです。
klalaさんと13th floorさんと「来年こそは打ち上げ込みでお会いしましょう」と約束して、6時ごろ終了。荷物を片付け終わったところで、雷鳴と豪雨に。予報が外れ、なんとか天気が持ってくれてホッとしました。
来年も、またあるのならば参加するかも知れません。その時は、是非いらしてくださいね。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
雲行きが怪しい中、最後は片付けにばたばたで、ワッフルが食べられなかったのが心残りです。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓