最高のスウェーデンのワッフル

140618-4.jpg
5月17日、南スウェーデンの馴染みのお店に最後の買い付けに行きました。途中バラの花を持った人と何度かすれ違います。この子もその一人。クルクル巻き毛と黒ぶちメガネが愛らしい男の子です。
買い付け先に行くと、そこはもぬけの殻。買い付け前には必ず行き先に連絡をして予約をしているのですが、そのオーナーさんに限ってはネット嫌いで、メールアドレスも知らず、約束をしていなかったのです。
驚いて内装を撤去している作業員に尋ねると、彼の携帯でオーナーさんに連絡が付き、近くに移転したと聞き一安心。移転先にたどり着くと「ビックリしたろ?」とニヤニヤしていました。なんでも以前の所よりはるかに家賃の安い今の場所を見つけたので衝動的に契約をしたとか。たまたま作業の人がいなかったら、そして彼が連絡先を知らなかったら、と思うと冷や冷やものでした。
「今日は何かあるの?花を持った人がいたんだけど?」と尋ねると、少し考えて「今日はノルウェーの憲法記念日だから、ノルウェー系の人がお祝いしているんだよ」。
北欧の国の中でも、ノルウェーは憲法記念日(ナショナルデー)を盛大にお祝いする国として良く知られています。そうすると、あの子もノルウェー系なのでしょうね。
140618-5.jpgここでは、定番ものから、少し目新しいものまでを買い付け。これで、すべての行程を終え、あとは梱包して翌日の日曜日に発送するだけになりました。

ところが、ここでまた新たな問題が発生。
日曜日に別のディーラーさんの家に全部預かってもらい、そこから発送をしてもらう約束をしていたのですが、彼が急遽入院することになりました。去年から体調が思わしくないとは聞いていたのですが、日本から買い付け前に連絡した時は元気そうだったので、まさかの事態。
困惑して、宿から車で1時間弱の場所に住む日本人の友人に連絡をすると、彼女が快く預かってくれることになり、一安心しました(これが数日のはずが色々トラブルで延びてしまい、ご迷惑をかけたのですが、この話は長いから割愛)。
以前からその彼女が勧めてくれているカフェについでに行こうとしたのですが、日曜日はお休み。気分はすでにカフェランチだったので、ネットで評判の良い別のカフェを見つけて行ってみました。
140625-1.jpg古いレンガ作りの外観です。カフェの案内によると、1600年代の建物だそう。

140625-3.jpgメニュー看板です。トップにワッフル(Våffla)の文字があるので、ワッフルが名物なのかな。

140625-9.jpg奥は案外と広く、天井が高く、この場所は結婚式やお葬式の集まりにも使われるとか。

140625-4.jpg厨房を覗くと古い電気式のワッフルメーカーがありました。びっしりとこびりついた焦げが年期を物語っています。
お店の女性(オーナーさんかな?)に尋ねると彼女がここに来た80年代にはすでに有ったので、どれくらい古いか分からないそう。しかもあと2台が奥に仕舞ってあるそうです。
このワッフルメーカーには興味が湧いて、調べたところ、どうも1950年代の製品のようでした。60年以上経っても現役の電気製品は、いったい世の中にどれくらいあるのかと想像すると、感嘆してしまいます。

140625-6.jpgカフェの窓辺の素焼きの人形がJieのフラワーガールにそっくり。もしかしてフラワーガールのデザインをしたElsi Boureliusの作品ではないかと思ったのですがサインが無く確認できませんでした。

140625-5.jpg注文したミートボールのオープンサンドが登場。下のパンが見えない程ミートボールが積まれています。
厨房を覗いて作っているのを見ていたのですが、ミートボールはオーダーが入ってからフライパンで焼き、一個一個をナイフで半分に切って丁寧に作っていました。
上にはビーツとサワークリームを和えたソースがたっぷりとかかり、ミートボールはヌクヌクです。これが美味しくないわけがない。

140625-8.jpgこちらは定番シュリンプのオープンサンド。これもすごいボリュームです。

私がワッフルメーカーについて質問したお店の女性がお皿を下げながら「ワッフルは?」と尋ねるので「もうお腹がいっぱいで残念だけれど食べられません」と返すと「では、1枚サービスするから味見してみて」と言ってくださいます。

140625-7.jpgオマケなのに期待以上に素晴らしいデコレーション。生クリームとジャム、そしてラズベリーとプチプチした歯ごたえのザクロの実が飾ってあります。
口に含むとサクッとしているのに、口の中でフワフワと溶けていきます。これは今まで食べたワッフルの中で最高の味でした。
ハプニングで一時はどうなるかと思ったのですが、とりあえずこれで初夏の買い付けは終了。そして、買い付けレポートも終わりです。今年も沢山の出会いがありました。ハプニングに見舞われたり、遅くまでの作業に疲れることはあっても、楽しかった事の方が多く、帰国するとまた次の北欧行きについて考えてしまいます。
そうそう、前回憧れのオストカーカを買って朝食に食べる事にした、で話が終わっていましたね。
140619-3.jpg食べました。
ところが、これが、驚くくらい味も香りもない。ハナトモさんの作ったオストカーカの方が10万倍くらい美味しい。イチゴが無かったら食べられない風味です。

140625-2.jpgおかしい、こんなはずでは、とパッケージを改めて見ると、何やら「温め」マークが。
数種類ある中で、一番容量の少ないものを選んだのですが、それが温め専用だったようです。温めたらまた違ったのかも知れません。
次は温め専用を温めて食べるか、冷たいまま食べられるものを買うかで再度挑戦してみますね。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ブログのネタも溜まっているので、ようやく買い付けレポートが終わって、私は嬉しい。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンでラマに会った

140619-1.jpg
リラの花咲く5月の美しいスウェーデンです。
140618-1.jpgさて、秋にも訪れた森の中のディーラーさん宅へ。半年前は牛がいましたが、なぜか今回はラマがいました。
ここはペルーか。

ちなみに、ワタクシ、ペルーに行ってラマと写真を撮ったことが有るんですよ。
peru.jpg強引にラマの子を抱かされ写真を撮れと強要され戸惑いを隠せないところ。

peru2.jpg大人ラマに出会い、近づきたい、でもやっぱり怖い、でも近づきたい、という葛藤が現れているところ。
ちなみにこの時のペルーはまさかの寒さで、家人の服まで借りて着こんでいるので何だか変な服装です。

いきなり話が地球半周しましたが、スウェーデンに戻ります。
140618-2.jpgここでは前回と同じく、別会計の奥さまとご主人の商品に色違いでポストイットを付けて清算。

140618-3.jpg一通り終了したらお菓子作りが得意な奥さまの手作りケーキでフィーカ(お茶)の時間です。
これはシルヴィアカーカといい、スポンジケーキにコーティングをかけココナッツをまぶしたもの。スウェーデンにはなぜかココナッツを使ったお菓子が多いのです。
このケーキが初めて食べる味。コーティングは塩キャラメルを思わせる甘いじょっぱい味で、ねっとりとした重めなのですが、バターの入らない軽い生地に良く合い、案外とパクパクいけます。
お話を伺うと、数十年前にはもう有ったと思われるケーキです。スウェーデンのお菓子ってまだまだ面白いものがあるんですね。

140618-9.jpgそして、その日の2件目へ。ここではステンレスケトルばかりまとめて買い付けしました。

そんなこんなでこの日の買い付けも終わり、宿に戻ってからスーパーでお惣菜を買って、近くの海岸で食べる事にしました。
140618-7.jpg明るいですが夜の8時ごろ。

140618-6.jpg子供は寝る時間(少なくとも我が家では8時が寝る時間でした)なのに、水着ではしゃぐ子供たち。
時間はともかく、まだ水遊びにはまだまだ水温が低いと思うのですが、風邪ひかないのでしょうかね?

140618-10.jpgデート中のカップルも水に入って遊んでいますが、冷たくないかね。

140618-8.jpgなんて老婆心からやきもきしているうちに太陽も沈んで行きました。

140619-2.jpgそうそう、スーパーではスウェーデンのチーズケーキ「Ostkaka(オストカーカ)」を買いました。以前ハナトモさんのスウェーデン料理教室で食べて美味しかったので、カッテージチーズを代用して自分で作ったこともあります。
でも、いつか本場の、本当のスモーランドのチーズを使ったオストカーカが食べたかったのです。夕食が案外お腹いっぱいになったので、これは朝食のお楽しみになりました。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
1件目のディラーさんですが、宿に戻って買い付け品を記帳していると、奥さまの商品をご主人の会計に入れてしまっている事に気が付きました。もう、これは黙っておくことにしました。ごめんなさい。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

美味しいスウェーデンの夕餉

140617-1.jpg
ロールストランド博物館の話で随分と引っ張ってしまいました。経過が前後してしまって申し訳ないのですが、ロールスト博物館を後にして「ベルサ(Berså)で一休み」したディーラーさんの所で買い付けし、次の宿へと向かいました。
140617-8.jpgここは秋も泊まらせてもらったスウェーデンの大手企業に勤めるデザイナーさんカップルの家。地面近くに窓が見えますが、この半地下の部屋を貸してくれています。半地下といえども光は十分に入るし、ミニキッチンも付いていて結構快適。

140617-2.jpg到着した日にサンルームで夕食をご馳走してくれました。こんなに明るいですが、夜の7時半ごろです。5月の北欧は本当に明るい。

140617-3.jpg手作りのミートボールと、ギリシャ風サラダ。スウェーデンのミートボールは好きですが、やっぱり手作りは格別に美味しいです。

140617-4.jpgデザートに出てきたのは、この手作りメレンゲ。

140617-5.jpgそして、バナナとアイスクリームとホイップクリームです。

140617-6.jpgその4つを好きなだけ器に盛って、上からカラメルソースをかけます。ちなみに、このカラメルソースも手作りで、温めてありました。

140617-7.jpg完成!
Marängsviss(マレングスヴィス)というスウェーデンで古くから食べられているデザートだそう。チョコレートソースをかけることが多いのですが、彼としてはカラメルソースがお勧めとか。
パリッと焼けたメレンゲをスプーンで潰しながら混ぜ、全部を口に運ぶと、美味しい!甘いカラメルにバナナの香り、アイスクリームの冷たさが心地良く、メレンゲのサクサクの歯触りが楽しい食感を生んでいます。
素材感が主のフィンランドのお菓子に比べると、複雑に食材の組み合わせをしたスウェーデンのお菓子は、また別の楽しさや発見があります。
彼らの勤める会社のオーナー社長の面白いエピソードや、最近作ったというCMの話を聞きながら、なかなか暮れない夜を楽しみました。

140617-9.jpgそして、日差しの長さを楽んでいるのは、この家の猫も同じなのでした。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ところで、大変に気に入っていた宿泊先なのですが、彼らが通勤しやすい場所に引っ越すため売りに出しています。「買わない?」と誘われたのですが、無理だなあ…。ああ、残念。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

お客さまからのお写真(ディブダールに花いけを)

ID:tbrhv0
140616-1.jpg
近くにお住いのお客さまで「花いけ」を習っていらっしゃる方がいらっしゃいます。花いけについては全く知らなかったのですが、作品のいくつかを見せていただくと、従来の「生け花」のイメージを覆す、自由で伸び伸びとした生命感溢れる表現に驚きました。
そのお客さまが先日お求めになったデンマークのDybdahl(ディブダール)の器にアレンジをしたお写真を送ってくださいました。
土曜の花いけ教室で使った山茱萸(サンシュユ)をいけました。
うつわの丸い模様と丸い実がかわいらしいです。
うつわの口が特徴的だったので、形状がみえるようにして、水をひたひたにはり、涼しさも演出してみました。

器の柄と山茱萸の葉と実の形状が呼応するように引き立て合っています。ここ数日の蒸し暑さを和らげるような目に涼しいお写真ですね。
どうもありがとうございました。
さて、少し止まっていますが、次回は「買い付けレポート」の続きを書きますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
次の買い付けレポートはスウェーデンの海岸散歩編(多分)

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ロールストランド博物館に行ってきた(その3)

140613-1.jpg
前回のロールスト博物館のブログを読み返すと明らかに最後は失速気味。まあ、だらだら続けて書いていても面白くないので、次に行きます。
最初に書いた通り、ここは博物館だけでなく、イッタラアウトレットショップも併設された複合施設となっています。いや、むしろアウトレットショップの方がメインかも。
私は以前から興味のあるシリーズがあり、この機会にアウトレットで探してみました。それは1932年から現在までロングセラーを続けているロールストランドのOstindia(オスティンディア)シリーズを近年新たに Caroline SlotteとAnna Lerinderがデザイン展開をしたOstindia Floris(オスティンディア フロリス)です。
ちなみにオスティンディアが生まれた背景は面白く、1745年に中国からの帰還途中に沈没したスウェーデンの東インド会社の貿易船「Götheborg(イェーテボリ)号」から引き揚げた積荷からデザインのヒントを得たとか。積荷の一部の陶磁器がロールストランドの倉庫に保管されていたのですが、それを見つけた当時のマネージャーKnut Almströmの妻Emmyが「これで何か作るべきじゃない?」と提案したのがきっかけだそうです。
新作のOstindia Floris(オスティンディア フロリス)は、写真で見るとオスティンディアよりも更にアジアの趣があり、和食にも合いそうな雰囲気でありながら、どこか洋のイメージも併せ持っているのが素敵でした。
ところが、あれだけ古い作品展示の後で手に取ると、なんとも”きれい過ぎる”ような気がして、買うに至りませんでした。本当に魅力的なデザインなんですけれどね。もうしばらく悩もう。
140613-13.jpgさて、博物館にはカフェも併設されています。ビュッフェランチで85クローネ。

140613-2.jpgメインはコールドミール。サラダ、パン、チーズ、コーヒーと紅茶。プレートが全てロールストランドのスウェディッシュグレース。このシリーズはオスティンディアよりも長く、1930年からのロングセラーです。

140613-3.jpgメニューは曜日で固定されていて、この日はローストポークでした。お皿には緑、ピンク、白と全部色を変えて選びました。こういう贅沢な揃え方は家ではできないので楽しいですね。

140613-4.jpgコーヒーは新作の黒のスウェディッシュグレースで。
このパンはカフェの名物らしく、レシピを書いたポストカードと材料セットも販売されていました。パンと言ってもイーストではなく、ベーキングソーダで膨らませる、ソーダブレッドの一種。スウェーデン語で「Drömstadslimpa」といい、直訳すると「夢の町パン」。ヒマワリや亜麻の種、そしてリンゴンベリーが入ったほんのり甘いパンです。美味しくてお代りをしてコーヒーと一緒に頂きました。

140613-6.jpg博物館のあるLidköping(リードヒェーピング)は古い木造建築の並ぶ大変に愛らしい街です。

140613-5.jpg趣のあるメインストリートの看板。
最近刊行されたスウェーデンのビンテージについての本を書店で購入すると、店主らしき年配の男性に「こういうのに興味があるの?」と尋ねられ「はい」と答えると「私はロールストランドに勤めていたんだよ」と返ってきました。彼も2004年の工場閉鎖で大量解雇された一人だったのか、あるいはもっと前に働いていたのか。この街はロールストランドと共に発展したのかも知れませんね。

140613-8.jpg夏はこの街にあるスウェーデン最大の湖、ヴェーネルン湖にリゾートに訪れる人が絶えないようです。

140613-7.jpg私が行った5月はまだシーズンには早く、人気がありませんでした。ヴェーネルン湖はヨーロッパでも3番目に大きい湖で、対岸は見えず、まるで海のようです。

140613-9.jpg水遊びには早い季節ですが、満開の菜の花は楽しめます。

140613-10.jpgどこまでも続く菜の花畑に圧倒されるような、5月のスウェーデンでした。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
140613-11.jpgLidköpingではB&Bに宿泊しました。朝食の時のお皿とエッグカップがロールストランドのビンテージ、マグがアラビアのビンテージでした。
宿主の老夫婦が数十年前に新品で買ってそのまま使っているのでしょう。エッグカップはJaponica(1977-1982)、プレートはGrön Anna(1966-2002)。

140613-12.jpgGrön Annaは長く作られましたが、バックスタンプを見るとVDNマークがあるので、1972年以前のものですね。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓