お客さまの写真(北欧の冬を暖かく彩る毛織物と)

140530-1.jpg
こんにちは、買い付けレポートはまだ終了していませんが、続きの前にお客さまから送って頂いたお写真をご紹介します。
熊本県のIさまから、お求めになった毛足の長いウールの織物を椅子に飾ったお写真が届きました。メールで送られたお写真を見たとき、思わず「あら素敵」と声が。
チェストの上の小物、床のカーペット、椅子、そしてお送りした織物が、青、赤、白の3色を使った濃淡のバランスで見事にまとまっていたからです。
こんなに素敵に飾って頂けて、本当にうれしい。Iさまありがとございました。
さて、Iさまがお求めになった毛織物はスウェーデンから来ました。縦糸に毛糸を一つ一つ結び付けていくという大変に手の凝った製法で織られています。
ヴァイキングの持ち帰ったトルコのラグの影響を受けて北欧では15世紀の初頭から織られました。当初はベッドに掛ける防寒用として使っていたのですが、やがて軽くカラフルになり、壁を飾る装飾用として発展しました。
この手法の毛足の長い織物には「Rya(リヤ)」と「Flossa(フロッサ)」があり、この二つは異なるそうなのですが、何度説明を読んでも、私にはなかなか違いが分からず、漠然とリヤの方がフロッサよりも毛足が長いのかな、と理解しています。
ですので、Iさまがお求めになったのはフロッサになるのかな?
さて、そのリヤ織りですが、フィンランドでは同じ織物を「ルイユ(Ryijy)」と呼びます。Rya → Ryijy ですね。
140530-5.jpg1900年のパリ万博では画家アクセリ・ガレン=カレラのデザインしたルイユが展示されました(ソファーにかかっている)。
ちなみに、このルイユは復刻品で、2012年から1年間に渡って全国を巡回した大規模展覧会「フィンランドのくらしとデザイン」で展示されたものです。
*オープン前の内覧会で許可を取って撮影しています。

140530-2.jpgこれは、フィンランドのお宅で壁に飾られていたルイユ織り。今でもこうやって現役のインテリアアイテムとして活躍しています。
ルイユ(リヤ)の歴史は長いですが、特に1960年代前後に壁を飾る装飾用として大流行しました。1970年代には海の向こう、アメリカで高価でトレンディなアイテムとして流行。

140530-3.jpgそして、これはフィンランドのヴィンテージのお店にあった、恐らくその当時の織物。
防寒用から装飾用へ。インテリアを彩る暖かな色彩のアクセントとして、Iさまにも長く使っていただければ嬉しく思います。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
今回は買い付けませんでしたが、また縁があれば。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンの不思議な食べ物とベルサ(Berså)で一休み

140527-3.jpg
今年は肌寒い5月のスウェーデンでしたが、菜の花畑はいつも通り満開の黄色。
140527-18.jpgスウェーデン2日目は長年のお付き合いのディーラーさん宅で、こんな感じに買い付けしました。

140527-2.jpg一段落したところで「お昼にしましょう」とゆでたての新じゃがと、不思議な缶詰が取り出されました。
缶詰の中身はKalvsylta(カルヴィシルタ)といい、スパイスで味付けした肉をゼラチンで固めたものです。一般的には仔牛肉が使われるそうですが、ポークの場合もあるとか。

140527-4.jpgスウェーデンではクリスマス料理に出されることもあり、コンビーフに似ていますが、もっと柔らかくしっとりとした食感です。
説明によると「気温が高いとゼリーが溶けてしまうから、夏には食べられないの」とのこと。スウェーデンの夏でダメなら、日本は真冬にしか食べられないでしょうね。
生クリームと浅葱をかけ、酢漬けのビーツと頂きます。なんだか不思議な外見でしたが、ビーツの酸味としょっぱめのお肉のハーモニーが美味しい一品でした。ジャガイモだけでなく、一緒に出された薄焼きのパン「Tunnbröd(トゥンブラッド)」も良く合ったのですが、写真を撮り忘れていますね。

140527-5.jpgデザートは手作りのルバーブクランブル。ルバーブは時期の物なのか、この後どこのスーパーでも並んでいました。時期の物をその季節に食べるのは素敵ですね。

140527-6.jpg大体のパッキングをその場で行い、この日の買い付けはこれで終わり。

数日寄り道をして、別のディーラーさんのお宅に伺いました。
140527-8.jpgお客さんが来た、と飼い猫のFiliokus(フィリオクス)くん。

140527-17.jpgここでは、こんな感じに買い付け。

140527-14.jpg特に気に入ったのは、このボウルです。詳細聞いたのですが、手描きメモが判読困難なため、荷物が届いたら確認します。

140527-13.jpg左奥の花瓶は、私が好きそうだから、と用意して下さっていたもの。これも買い付けましたので、お楽しみにお待ちください。

140527-16.jpg一段落したところで、ディーラーさんがささっと軽食とコーヒーを作ってくれました。

140527-9.jpg寒さが続いていましたが、この日は気温が上がり、気持ちのいい晴天。
「せっかくだからBerså(ベルサ/ベショウ)で食べましょうよ」と誘ってくれたのは、猫のフィリオクス、でなくお昼休みに帰宅していたガールフレンドのアグネタさん。

140527-15.jpgBerså(ベルサ/ベショウ)とはグスタフスベリの商品名にもなっていますね。緑の葉っぱ模様のシリーズです。
Gustavsberg Berså
日本ではしばしば「葉っぱ」と誤訳されているのですが、本当はこういう外で緑に囲まれた休憩所の事です。日本語になりにくい言葉なのが、誤訳の原因でしょうか。

140527-12.jpg素晴らしく気持ちのいい天気の下で頂くと、いつもよりも美味しく感じられます。ただ、最近はお手入れが大変だからと自宅にベショウを作る人も減っているそうです。

140527-11.jpgここでも梱包をして、次の訪問を約束してお別れしました。

140527-10.jpg愛らしい子猫だったフィリオクスくんは、すっかり大人になり顔に喧嘩の傷を付けていましたが、相変わらずディーラーさんの事が好きで家から離れないそう。

140527-19.jpg「男のくせに軟弱」と文句を言いながら、本当は大層可愛がっている照れ隠しなのは見え見えなのでした。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
140527-7.jpg最初のディーラーさんと次のディーラーさんの間の数日はここに行っていました。その話はまた。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

エスエテルマルムの屋内市場へ

140526-1.jpg
少し間が空いてしまいましたが、買い付けレポート「スウェーデン編」です。
フェリーで朝の10時にストックホルムに到着したものの、宿のチェックインの3時までまだ時間があります。そこで、荷物は中央駅のコインロッカーに預け、それまで散歩をすることにしました。
140526-2.jpgこれは地下鉄(T-bana)のホームです。チャージ式の交通カード「SL Access」の広告の犬が日本犬ぽくて可愛らしかったので写真を撮りました。これは5月から8月まで乗り放題で2400クローネのお得なカードのお知らせです。

140526-19.jpgスウェーデンの5月は日が長く花が咲き春の始まりです。去年は本当に暖かかったのですが、今年は寒い。写真を見ると、手前の女性は革ジャンに手袋までしていますね。

140526-3.jpgさて、何度もスウェーデンに来ていながらタイミング悪く、一度も行ったことの無いエステルマルム(Östermalm)の屋内市場へお昼ご飯を食べに。この市場は地下鉄エステルマルムストリ(Östermalmstorg)駅からすぐの所にあります。改札を出てそのまま左側の出口を出れば、ほとんど目の前にこの古いレンガ作りの建物が見えるでしょう。

140526-4.jpg高い天井の建物内には沢山の食品を扱ったお店が並んでいます。まだお昼前だったので人はそれほどいませんでした。

沢山の食材やお惣菜の写真を撮りましたので、どうぞご覧ください。
140526-5.jpg 140526-6.jpg
140526-9.jpg 140526-10.jpg
140526-11.jpg 140526-8.jpg
140526-13.jpg 140526-20.jpg
140526-21.jpgデリバリーシステムもあるようです。ところで、この配達の彼はなかなかハンサムだったのですが、彼だけでなく市場はイケメンの宝庫でした。

ミーハー丸だしに、でも控えめに撮影したサーモンを捌くイケメンとパプリカを切るイケメンとムースのイケメン。
140526-17.jpg 140526-18.jpg140526-14.jpg

140526-15.jpg見て回ってから、フィッシュスープとパンのセットをいただきました。

140526-23.jpgお昼になってから同じお店に長蛇の列ができていたので、早めのランチは正解でした。

140526-16.jpg食後の散歩では旧市街ガムラスタン(Gamlastan)をぶらぶらしました。いつもは目抜き通りのドロットニングガータン(Drottninggatan)から入るのですが、今回はNorrbro通りを通って国会議事堂のあるヘランズホルメン島経由で。

見ると橋で沢山の釣り糸を垂れている人たちが。こんなところで何が釣れるのかと思ったら、なんと運が良ければサーモンがとれるとか!橋にはちゃんと案内看板もありました。写真を撮り忘れたので、Googleストリートビューの画像をどうぞ(看板は赤丸の中)。
140526-22.jpg
釣代は無料らしいですから、我こそは、という方は釣竿持参でストックホルムへどうぞ!
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
140526-24.jpgフィンランドのロバーツコーヒーのお店もありましたよ。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ヴァイキングでヴァイキング

140520-1.jpg
昨日17日間の買い付けから戻りましたが、買い付けブログはまだ5月2日の続きです。
さて、トーベ・ヤンソン展を観終ってスウェーデンに移動すべくヘルシンキの港へ向かいました。
140520-2.jpg夜行フェリーでの移動です。いつもはシリヤラインを利用するのですが、今回はヴァイキングライン。17時半にヘルシンキを出て翌朝10時にストックホルムに到着します。

140520-22.jpg船室の窓からは30分早い17時に出港したシリヤラインが通って行くのが見えました。

140520-16.jpg船内の時計は短信が2本。1時間の時差があるフィンランドとスウェーデンの時間を指しています。

140520-6.jpg船内にはいくつかレストランがありますが、いろいろ考えるのが面倒だったので、ヴァイキングにしました。
ヴァイキングラインでヴァイキング、とシャレのようですが、これは日本人にしか通じないジョーク。
食べ放題をバイキング料理というのは日本だけの呼称で、1958年にデンマークで食べ放題(スモーガスボード)を目にした帝国ホテルの当時の支配人が日本に導入した時、北欧にちなんで”バイキング”と名付けたのが起源です。

140520-3.jpg予め予約をしての入れ替え制。レストラン内は「冷たい料理(前菜)」「温かい料理(メイン)」「デザート」「飲み物(ソフトドリンク、ビール、ワイン)」、そして「子供用(ミートボールやソーセージなど子供が好きそうなもの)」のコーナーに分かれています。

140520-4.jpgとりあえず、前菜ほぼ全のっけ、という大人げないスタート。北欧らしいメニューが多く嬉しくなります。

140520-5.jpg次にメイン。大人げないのは私だけでなく、みなさんワシワシと盛っています。

そしてメインです。
140520-7.jpg 140520-8.jpg
お馴染みヤンソンの誘惑もあれば、ミートボール、サーモンといった北欧メニューからエスニック系の何か分からないものもありました。

140520-23.jpg平たい堅焼きパン「クネッケブロード」があるのも北欧らしい。

140520-9.jpgこちらはデザートコーナー。真ん中にある黄色いものは日本でも流行ったポルトガルのお菓子、エッグタルトです。ちなみに、エッグタルトはスウェーデンに入ってからも並んでいるのを目にしました。以前は見なかったような…?単に今まで気が付かなかったのか、最近の流行りなのか?

デザートその1とその2。
140520-10.jpg 140520-11.jpg
140520-21.jpg取り放題のアイス、シャーベット、チョコレートムースを見て、これ子供だったら大喜びしちゃって盛りまくるだろうなあ、と思っていたら、少し離れた席のハイティーンの男の子たちが次々に山盛りのアイスを運んで来て、周りの笑いを誘っていました。
彼らは無料ワインも飲みまくり。大人と子供の中間をそのまま体現しているようで可笑しかったです。ちなみにフィンランドでは酒類の購入には年齢制限はありますが、飲酒に年齢制限はありません(デンマークも)。北欧の人がお酒に強いはずですね。
140520-13.jpg流れゆく景色を眺めながら夕食を終えました。
ところで、シリヤラインでもヴァイキングレストランを利用したのですが、内容はヴァイキングラインの方が良かったです。もしヴァイキング料理を食べてみたいなら、ヴァイキングラインの方がお勧めかな。

140520-19.jpgさて、翌朝はカフェで朝食を取りました。昭和レトロなインテリアが懐かしい。

140520-15.jpgカフェにはスウェーデンとフィンランドの両方のメニューがありました。こちらはフィンランドのキッシュ(ピーラッカ)の類。

140520-14.jpgこちらはスウェーデンのスウィーツ。左上が掃除機という意味のダムスーガレ、その下がプリンセスケーキ(プリンセストルタ)」です。

140520-17.jpgでも、私が選んだのはスウェーデンでもフィンランドでもなく、デンマークのデニッシュ。
デンマークで良く食べられるパイ生地のサクサクとしたペストリー、英語でデンマークという意味のデニッシュ(Danish)はデンマークではWienerbrød(ヴィナーボズ=ウィーンのパン)と呼ばれています。籠に付いた値札にもそう書かれていますね。

140520-20.jpgストックホルムが近づいてくると、今度はストックホルムを朝に出て、夜にヘルシンキに付くシリヤラインとすれ違いました。
動くホテルのようなフェリーの旅はこれで終了。いよいよ、スウェーデンに上陸です。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
140520-12.jpgデッキには犬専用のトイレがあって、犬たちが順番を待って列を作っていました。

140520-24.jpg犬用トイレは砂場になっています。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドの母の日、そしてトーベ・ヤンソン展

140519-1.jpg
さて、前回書いたとおり、5月の第2日曜日はフィンランドの母の日。日にちは日本と同じですが、お祝いの方法は独特で、お母さんには森や道端で摘んだヴォッコという野性のアネモネを贈り、何かプレゼントしたり、一緒に食事をして過ごします。
写真はそのヴォッコの花。一重の白い花で、花屋で見るような華やかなアネモネとはかなり異なります。
また、この日は旗日で街のあちこちに国旗が掲揚されているだけでなく、ほとんどのお店(スーパーやデパートも)休みです。ただ、お母さんに花を買うための花屋と、一緒に食事に行くためのレストランは開いているとか。
花はヴォッコ以外にもバラを贈る習慣があるようで、ラッピングされた小さな花束を持ってバスやトラムを待つ人を沢山見ました。
140519-2.jpg写真は手に贈り物の花を持って歩く小学生くらいの男の子たち。携帯で話しながらの子、サングラスをしている子、と随分と大人びていますね。
ちなみに、この後スウェーデンに行ったので母の日について尋ねると、特別なことはなく普通の日曜日と変わらないとか。しかも日にちも5月の最終日曜日と異なるそうです。

140519-3.jpgさて、この日の午後はヘルシンキの中央駅前にほど近いアテニウム美術館で開催している「トーベ・ヤンソン展」に行きました。通常日曜日は開館しているのですが、特別な日なので、もしかしてダメかなと心配したのですが、開いていてほっとしました。

140519-4.jpgご存知の方も多いと思いますが、トーベ・ヤンソンは童話「ムーミン」シリーズの生みの親です。長い鼻を持った小さな生き物ムーミンと仲間たちは今やフィンランドを代表するキャラクターとなっています。
今年(2014年)はトーベの生誕100周年にあたり、それを記念した大規模展覧会がアテニウム美術館で開催されている、と言うわけです。
展示はやはり芸術家だったトーベの両親の作品や、自身の子供のころの作品から始まり、1930年代から70年代までの彼女の油彩作品が数多く展示されて、日本ではあまり知られていない画家としての側面を見ることができました。
また、戦時下に描いた雑誌の表紙イラストを初め、数多くの挿絵作品、そしてムーミンの作品と続いています。
ムーミンは挿絵の展示だけでなく、物語の一場面を切り取った模型作品、また日本を含め各国で作られたムーミンの動画スチール、アラビアのムーミンシリーズや様々な本など、ありとあらゆるムーミンにまつわる展示がされています。
印象的だったのは、イラストの構想図(エスキース)と完成作品の比較。エスキースの段階からの完成度の高さには舌を巻きました。
ただ個人的に感動的だったのは、ムーミンではなく数点展示されていたロマンチックな大作。色やモチーフに物語が溢れていて、うっとりとした気持ちにさせてくれます。館内は撮影禁止だったので写真が撮れず、お見せできないのが残念です。

140519-5.jpgミュージアムショップではムーミングッズが充実。実はムーミンを読んだことがないのですが、展示をみて読んでみたくなりました。ショップには日本語の本が無かったので、帰国したら図書館にでも行ってみます。

開催期間は9月7日まで。日本人のお客様も多いのでしょう、日本語のリーフレットも用意され、予約で日本語ガイドによる無料講座もあるようです。詳細は下記リンク先からご確認ください。
アテニウム美術館 英語サイト→Ateneum Art Museum
*リンク先にはトーベ・ヤンソン展の日本語サイトへのリンクが有ります。
140519-10.jpgこちらは美術館でもらえる日本語リーフレット。海外での日本語リーフレットは往々にして内容が割愛されていることもあるので、念のため英語も持って来たのですが、ちゃんと訳されていて、その必要はありませんでした。

このあと、フェリーでスウェーデンへ向かったのですが、長くなったので続く。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
140519-9.jpgピチピチパンツが流行中。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓