アラビアの美しき手彩色ボウル

121127-2.jpg
前回と引き続き、アラビアのアートデパートメント(芸術部門)で作られた美しい深皿をご紹介します。
ぱっとテーブルに花が咲いたような、手彩色で彩られたこの器はSvea Granlundによるものです。彼女は1901年生まれ、アートスクールを卒業してすぐの1923年にアラビアに入社しました。
SG1.jpg入社年から分るとおり、主な作品は1930年代から50年代に集中しています。そのため、このようにフォルムも柄もクラシックな作品が多く、フクヤの扱うラインからはずれるためにほとんどご紹介したことがありません。(写真は1940年代の作品)
SG.jpgアラビアでの所属年数が分らなかったのですが、こちらの写真は1950年代の終わりから60年代の初め頃に撮られたものです。
恐らく、冒頭の作品はこの写真が撮られたもう少し後、1960年代半ば頃の物かと思います。

同じ頃の作品を、フクヤでは過去に二つご紹介しています。
AR-1212CT-55A.jpg AR-1307BF-39A.jpg
今回、3つ目が入ったので、あらためて彼女のプロフィールについて調べたのですが、既に分っていた生年と没年以外では配偶者名くらいしか新しい事実は発見できず、あまり果々しい結果ではありませんでした。また、彼女のサインは「SÅG」なのですが、ミドルネームはElenoraなので、Åがどここから出てきているかも分らずです。
121127-3.jpg写真のボウルは来週にアップ予定ですので、どうぞお楽しみに。

さて、彼女の50年代の代表作の一つに、同じく手彩色で作った牧歌的な絵柄の「Pirtti(ピルッティ)」シリーズがあります。製造年は1951年から56年。
大変に愛らしいシリーズなのですが、簡単に見つかるものではなく、あっても状態が悪い事がしばしば。
121127-4.jpgそれが、秋の買い付け先で沢山揃っていました。長年ショップを経営しているオーナーさんも「初めて入ったよ」と自慢げです。

121127-5.jpg相当可愛らしかったのですが、矢張り価格もそれなりに…。
検討する事にして、今回は写真だけ撮らせていただきました。

ふとショップの片隅をみるとダンボール箱にPirttiが10点くらい乱暴に放り込まれています。オーナーさんが「ダメダメ、それは売り物ではないよ」と言うので手に取ると、ヒビや欠け、シミなど状態が悪いものばかり。
「猫の器を探しているんだけど、一つ買わせてもらえないかな」と頼むと、ぱっと明るい顔で笑って「いいよ、じゃあ、あげるよ」と。
もちろん、このお店とはオープン以来、年に2回訪れる長く親しい付き合いで、その日も沢山買い付けてこその言葉でしょうが、ありがたく、あまり目立たない場所に欠けがあるものを頂いてきました。
121127-6.jpg猫営業部長もさぞかし、喜んでいるでしょう。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
mirin.jpg「ウツワがいいといつものカリカリもおいしさがちがいます」by猫営業部長


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ビンテージクリスマスカードプレゼント 2013!

christmascard2013top.jpg
毎年恒例となりました「ビンテージクリスマスカード お買い物プレゼント」を今年も始まりました。今日のお買い物から1発送につき1枚、ビンテージのクリスマスカードを同封いたします。
昨年までフィンランドとスウェーデンのカードをお届けしましたが、今年は主にデンマークのクリスマスカードです。
131128-2.jpgデンマークも他の北欧諸国と同じく、クリスマスのプレゼントはサンタクロースではなく、妖精が持ってきます。ほとんどのカードにはその妖精(ニッセ)が描かれています。そして、北欧のクリスマスと言えば豚ですね。その豚がニッセと描かれたカードがいくつもありました。

131128-1.jpgこちらは、どちらも60年代のものです。
当時はアメリカと旧ソ連の宇宙開発競争真っ只中。ニッセも宇宙ロケットに乗って月にまっしぐらですね。
そして奥にあるのはテレビが描かれています。テレビが映っているのかと思いきや、下でサンタが紙人形を操っているのでした。
このカードには1965年の消印がついていました。今ではカラーテレビは特別なものではありませんが、スウェーデンでカラー放送が始まったのは、1965年。それも、一部放送のみでした。カードはデンマーク製ですが、デンマークでも事情は同じようなものでしょう。
しかもカラーテレビはまだまだ高級品。当時の人たちにとって、テレビがいかに憧れの製品だったか分かるイラストです。
と、そんな当時の社会事情が垣間見えるかもしれない、古いクリスマスカード。どうぞ、お楽しみに。
詳細は下記リンク先からどうぞ。
お買い上げクリスマスカードプレゼント
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
christmascard_img2.jpgカードは実際に投函されたものがほとんどですので、写真のように宛名やメッセージが書かれています。ご了承ください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アラビア芸術部門で生まれた手彩色のあたたかなティーカップ

121127-1.jpg
先日のイベント「北欧ぷちとりっぷ」でシナモンロールを作ってくださった横浜のベーカリー薫々堂(くんくんどう)さんから、ドイツのクリスマス菓子シュトーレンの差し入れを頂きました。ソーサーに乗っているのが、そのシュトーレンです。

さて、今日はフィンランド、アラビアの手彩色ティーカップのご紹介です。こちらは特にシリーズ名は無い様でフクヤでは便宜的に「黄色の花」と名づけました。
Arabia アトリエ製 ティーカップ (黄色の花)

イベントでも少しご紹介しましたが、1930年代に”100%アーティストの自由な製作”を掲げてアラビアで「芸術部門(アートデパートメント)」が発足しました。所属アーティストは量産品の義務は求められていないのですが、この部門で開発された素材や技術が量産品に貢献する事もしばしばあるとか。

このカップもその芸術部門から生まれた製品で、ふっくらとしたフォルムはFaenza(ファエンツァ)シリーズなどで知られるPeter Winqust(ペテル・ウィンクヴィスト)。デコレートデザインは、バックスタンプに「RU」のイニシャルがあるので、可愛らしいデザインで人気のRaija Uosikkinen(ライヤ・ウオシッキネン)でしょう。

先ほどシリーズ名が分らない、と書きましたが、資料を幾つか見てもこのカップが見つからず、そのため製造年など詳細も分りませんでした。ただ、このフォルムデザインがされたのが1970年、そしてウオシッキネンがアラビアに在籍していたのが1986年までなので、その間の製造と思われます。

温かなフォルムが柔らかな筆で付けられた滲んだような彩色に良く合っています。この作品はソーサーの縁にもリズミカルな植物パターンが描かれていて、テーブルの上で真上から見ても目に楽しく、手の凝ったものになっています。手彩色の持つあたたかさは独特のものですね。

ところが手彩色部門は、恐らくコストの問題でしょう、2000年代初めに閉鎖されたため、このような製品は作られなくなりました。そのため現在作られている製品は全てプリントです。アラビアに関して言えば、手彩色の製品は、もうビンテージでしか見つけられなくなっています。

ところで芸術部門と言えば、2013年12月7日から2014年1月13日まで福岡の「三菱地所アルティアム」で、現在所属しているアラビア芸術部門の8人の作品を一同に集めた展覧会が開催されます。実はこの展覧会にほんのちょっとだけ、お手伝いさせていただきました。

ARABIA ART DEPARTMENTのアーティスト8名
©Arabia Art Department Society, photographer: Chikako Harada

13-08b-arabia

後列左からHelja Liukko-Sundstrom (ヘリヤ・リウッコ・スンストロン)、Kati Tuominen-Niittyla (カティ・トゥオミネン・ニーットゥラ) 、Pekka Paikkari (ペッカ・パイカリ)、Kristina Riska (クリスティーナ・リスカ)、Heikki Orvola (ヘイッキ・オルボラ)、Heini Riitahuhta (ヘイニ・リータフフタ) 前列左からKim Simonsson (キム・シモンソン)、Fujiwo Ishimoto (石本藤雄)

この8名の合同作品展は日本初で、会場では作品だけでなくインタビュー映像も流されるとか。大変に面白そうな企画なのですが、他県への巡回は無く、福岡で終わる可能性があるのでお近くの方、あるいは期間中に九州方面に行かれる方には是非足を運んで欲しいです。詳細については下記リンク先からどうぞ。
三菱地所アルティアム

ミタ

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
付け加えると、最近のアラビア製品は海外工場で作ってることが多くなり、もしフィンランド製にこだわるなら、これもビンテージになりましたね。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

掲載誌「縫わないバッグと小物」のご案内


こんにちは、今日は掲載誌のお知らせです。
掲載といっても商品そのものが掲載されたのではなく、当店でお求めの布を使って作った素敵な小物の本が出来上がりました。

手芸作家のTokoさんの著書「針と糸なしでできる 縫わないバッグと小物」です。
この本はTokoさんが考えられた、オリジナルの針と糸を使わないバッグや小物の作り方が掲載されています。Tokoさんは当店のご近所にお住まいで、以前お求めになられたNoaさんのハギレセットを使って、ペンケースに仕立てて下さいました。
それ以外にも本にはTokoさんがご自身で北欧に行かれて集めた素敵な布を使った様々な作品が掲載されています。作り方行程は写真付きですので、初めての方でも分かりやすいです。
針も糸も使わずにこんなに素敵で丈夫なバッグが出来るのかと、驚くような内容ですので、もし宜しければ是非お手にとって見てくださいね。
Noaさんのハギレセットは残り少なくなっています。掲載と同じセットは残り1ですので、ご検討中の方はお早めに。
Noaさんのハギレセット
著者のTokoさんはご自身でお教室も開催されています。下記に貼ったウェブサイトのリンクからご覧下さい。
フランス布箱「カルトナージュ」と「縫わないバッグ」のアトリエ Living Room Cafe
ところで、お教室に生徒さんがお持ちになられた布が、Noaさんの別のハギレセットだったそうです。ご近所ならではのエピソードかもしれませんが、嬉しい偶然です。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
今年は掲載誌が少な目だなあと思っていたら、ぱたぱたと依頼が舞い込んで、年末に向けて他に2冊発売される予定です。また詳細が届いたらお知らせします。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

「北欧ぷちとりっぷ」ご参加ありがとうございました。

131125-1.jpg
お天気に恵まれた、昨日、お台場で開催された北欧トークイベント「北欧ぷちとりっぷ」にゲストとして呼んでいただきました。

イベントは森百合子さんの新刊「3日でまわる北欧 in コペンハーゲン」の出版を記念するもので、当日は本の先行販売も行われました。



131125-5.jpg本だけでなく、北欧関係の物販も行いました。

131125-7.jpgこちらは森さんのお店「Sticka」のコーナー。

131125-8.jpg当店でも扱っている、スウェーデンナチュラルコスメ「マリヤ・エントリッチ」のコーナー。ただいま、フクヤでは送料無料キャンペーンを行っていますので、どうぞご覧になって下さい。

131125-10.jpgこちらは、北欧アクセサリー「コルヤ・マトカ」さんのコーナー。
アラビアのデザイナー、ヘイニ・リータフフタさんのジュエリーボタンです。

131125-9.jpgどれも一点もので、美しい色彩に大変な人気でした。

更に、写真はありませんが、北欧食材のアクアビットジャパンさんも、北欧の食材や小物で出店してくださいました。
131125-6.jpg当店からもビンテージを色々と出店しました。

131125-11.jpgトークは簡単な北欧を紹介する話から始まり、プレゼンテーションはノルウェー夢ネットの青木さんによる、北欧の言葉が如何に似ているのかをテーマにした「こんなに似ている北欧語」から。
ノルウェー人とスウェーデン人とデンマーク人はお互いにお互いの国の言葉で話しても通じてしまうという興味深い内容。実際、このあとに登場する三カ国のゲストはお互いに母国語で話しているのに、ちゃんと通じていて、その事実を実証してくれました。

131125-2.jpg続いて、私はアラビアで50年代から60年代に活躍したカイ・フランクとビルゲル・カイピアイネンについて。同じ時期にアラビアの芸術部門に所属しながら、全く異なるデザイン哲学を持っていた二人です。
時間内に納めるため、最初に作った原稿からかなり削ったので、上手く伝わったのか心配したのですが、終了後に概ねご好評を頂いたので、ほっとしました。

131125-3.jpg森さんは、北欧4カ国のそれぞれの見所やお勧めポイントのプレゼンテーションを。
観光旅行にちょっとプラスしたくなる素敵な見所や食べどころ。一般的なガイドブックでは紹介されないような、森さんの食やデザインのセレクトは、他の人と一味違う経験をしたい方に是非お勧めのポイントでした。

131125-4.jpg最後は前回も大好評だった「北欧男子」コーナー。
デンマーク、スウェーデン、ノルウェーの4人の青年が登場すると会場はフラッシュの嵐!
4人にはあらかじめ募集した質問に答えてもらったのですが、お互いを褒めたり、けなしたりのトークは爆笑を誘い、本当に楽しいコーナーになりました。
特に面白かった話は、デンマーク人はノルウェーにスキーに来るらしいのですが、そもそも高い山が無く(最高峰で147m)スキーの苦手なデンマーク人のこと、フラフラとした滑走は時には人にぶつかりそうになったりと危なっかしく、ノルウェーのスキー場には「デンマーク人注意」と書かれたTシャツが売られているとか。

1404609_524438137652021_1199024828_o.jpg今回も北欧シナモンロールを横浜の薫々堂(くんくんどう)さんからご提供いただきました。
*写真は薫々堂さんのFBページから→手づくりのパン薫々堂

902313_569680543108428_971776154_o.jpgまた、珈琲香坊さんからは、前売り先着50名さまへのプレゼントと、会場でお出ししたコーヒーを提供していただきました。
コーヒーはフクヤのオリジナルブレンド「シナモンロールに合うコーヒー、白樺」です。ただいま、珈琲香坊さんがアフリカのコーヒー農園視察のため12月まで販売を中止していますが、気に入っていただけたなら、是非12月になったらご注文を♪

今回も約100名の方にご参加頂いたそうです。反響に驚きつつ、また嬉しく思っています。本当にありがとうございました。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
サンタは北極に住んでいるそうですよ。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓