ことこと作る野菜のスープ

130930-1.jpg
明日から10月。日に日に気温が下がって秋が深まってきました。そろそろ冬の事を考える季節かも知れません。
最近は栽培物が増えて野菜に季節感が無くなっていますが、やっぱり冬といえば根菜でしょうか。根菜には体を温める作用があるとか。ことこと煮た根菜のスープは体だけでなく心も温めてくれる気もします。
写真はフィンランド、フィネル(Finel)のホウロウ鍋「Vegeta」です。Vegetaは多分ベジタブルのベジタ。鍋の周りにはニンジン、玉ねぎ、えんどう豆などの野菜がぐるりと描かれています。ホウロウは全体が温まるので、じっくりと火を通すお料理に向いています。それに、こんなお鍋で作った野菜のスープは見るからに美味しそう。
シンプルなお料理には縁のデコレートの凝った器が合います。手前のスープ皿はGefle Fest。落ち着いた色合いなので、食卓にしっくりと馴染むでしょう。
ところで北欧には”専業主婦”に相当する言葉は無いそう。2004年のスウェーデンの統計では16歳から65歳の女性の内79%が就労しているそうです。全体の20%は学生と考えられるので、ほぼ100%が働いていることになり、専業主婦がいないことが分かります。
とはいえ1960年代以前は専業主婦は存在していたので、言葉が「無い」というよりも今や「死語」なのでしょう。
そんな北欧ですから、1960年代頃から働く主婦の家事を軽減するために様々な製品が作られました。このフィネルの鍋もその一つ。現代の日本でもほとんどの人が出来たお料理を鍋から器に移していると思いますが、この可愛らしいデザインは「鍋のまま食卓へ」という提案がされています。家事の一手間を減らすちょっとした工夫です。
北欧では専業主婦がいないことで男性も積極的に家事に関わる人が多いようです。北欧の台所用品の特徴として、男性デザイナーの作品でも使い勝手を良く考えられているのは、そんな事情があるからなのですね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
とはいえ、1950年代か60年代のスウェーデンの某男性デザイナーはデザインしたキャニスターのフタが持ちにくく落として割る人が多いとのクレームに対して「だってこっちの方が格好良いじゃん」と言い放ったそうです。別に名前を伏せている訳でなく、有名な話らしいんですが、誰だったか思い出せないんですよ。思い出したら何かの機会に書きますね。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

軽やかなグスタフスベリのコーヒーカップ

130926-1.jpg
写真はスウェーデン、グスタフスベリの130926-2.jpg
このMaximシリーズの販売は1960年から63年。ビビは1957年にグスタフスベリを去っていますから、少なくとも3年間このデザインは作られること無く保管されていました。
ビビのグスタフスベリ所属は1953年から57年と長くは有りません。もともとインテリア関係のデザイナーであった彼女は、グスタフスベリに勤めて程なく「仕事がつまらない」と辞めてしまいます。
130926-3.jpgそもそもはデコレーターとしてグスタフスベリに誘われた夫のカールが、妻の方が向いているとビビを推奨して一緒に勤めていたのですが、カールも「つまらない」とビビと同じく1957年に辞めています。
写真はグスタフスベリ時代のビビとカール。
カールはその後自身のデザイン事務所を開き、ビビと共にプラスチックを使った製品で次々に世界的ヒットを作り出しています。
そのあたりの詳しい経緯は以前も書きましたので、あわせてご覧下さい。
優しい7月の誕生花、ロータス柄のプレート
ビビがグスタフスベリで作った作品数は多くはないのですが、1958年から70年と10年以上に渡るヒット作であったLotusシリーズも彼女のデザインです。彼女はこのLotus柄を個人的に気に入っていて、テーブルクロスなどテキスタイルも作っています。いま、そのテキスタイルは入手が困難で、コレクター垂涎の品だとか。
このMaximも気に入っていたのか、同じくテキスタイルに展開しています。そもそもインテリア畑出身の彼女ですから、インテリアをトータルに考えることに興味があったのでしょうか。いずれにしても、食器だけのデコレートデザインには面白みを感じなかったようですね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
後ろのコーヒーポットはドイツのローゼンタールのもの。いつかアップしますね。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

北欧持ち寄りパーティー

130924-1.jpg
3連休の最終日の昨日、スウェーデン料理講師のハナトモさんが年内に海外へお引越しとなるので、縁のある皆さんで集まってお別れ会をしました。
ハナトモさんはもちろん、北欧食材輸入のアクアビットジャパンさん、ノルウェー語通訳&講師の青木さん、北欧ライターの森さんとご主人、ノルウェーサッカー通のSさんご夫妻、北欧のパンやお菓子にお詳しい佐々木さんです。
いつもと同じく、持ち寄りのホームパーティー形式。
トップ写真の中央に鎮座するのは、ハナトモさんのお料理教室にもご夫婦で何度も参加されているSさんの絶品炒飯。手前はアクアビットジャパンさんお手製のサラダ。
130924-2.jpg同じくSさんの洋梨のコンポートと、手前はアクアビットさんによるノルウェー産オーガニックサーモンとイチジクの重ねたの。

130924-3.jpgアクアビットジャパンさんによるボイルドサーモン。茹でただけなのに美味しい!

130924-4.jpgハナトモさんのお料理教室で教わったビーツとトマトのサラダ。右端に写っているのは、アクアビットさん作のカボチャのクリームシチュー詰め。シチューには北欧で人気のキノコ、アンズダケが入っています。

130924-5.jpg佐々木さん自作の、フィンランドにあるスウェーデン語を話す国境の島、オーランドの黒パン。佐々木さんもハナトモさんのお料理教室に何度もご参加されています。
真っ黒でツヤツヤの表面はシロップを塗ることで出しているとか。このパンについては佐々木さんのレポートに作り方がありますので、是非ご覧下さい。なんと味の秘密はビターオレンジの皮なのです。
群島は食の宝庫だ!オーランド諸島その1

130924-6.jpg森さんご夫妻によるスウェーデン風シナモンロールと、北欧のニシン酢漬けをアレンジしたお寿司。

130924-7.jpgハナトモさんは手作りニョッキ。こんなに時間のかかるものを作ってくださって感激。主賓なのに。

130924-8.jpg私はスウェーデン料理、ヤンソンの誘惑。スウェーデンのアンチョビ缶さえあれば、味付けの手間がない大変簡単なお料理ですが、とっても美味しいのです。これもハナトモさんのお料理教室でしっかりと教わりました。

130924-10.jpg北欧式にビュッフェでいただきました。
手前に見えているのが、アンズダケ。アクアビットジャパンさんのスウェーデンのお知り合いが、わざわざ日本まで持って来て下さったものだそう。

130924-11.jpgサーモンもニョッキも美味しい!

130924-12.jpg食べて、飲んで、話に花が咲きました。
“北欧”という接点はあっても、それぞれ専門分野が違い、話をすれば「へー」と驚くこともあれば「あるある」と共感する事も。次々飛び出すへんてこ話には大笑いし、現代北欧事情にはうなずき、あっという間に時間が過ぎていきます。

130924-9.jpg最後はシナモンロールと洋梨のコンポートでコーヒータイム。
佐々木さんが沢山焼いてきてくださった黒パンは皆で分けてお土産にして、ゆるゆるとお開きになりました。この黒パンは日にちが経つと益々味わい深くなるのだとか。数日寝かせてから食べる予定。

そんな、こんなで、とっても楽しい休日になりました。ご参加の皆さまありがとうございました。
何年先になるか分かりませんが、ハナトモさん帰国の際の「おかえりなさいの会」が今から楽しみです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
そうそう、写真にはありませんが、青木さんはブドウと飲み物を持ってきてくださいました。なんて書き方をすると「また私がオチですか」といわれそうですね。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

お菓子にお菓子を重ねて

130921-1.jpg
カラフルで楽しいスタッキングのお菓子缶。スウェーデンで1940年代から60年代ごろまで作られていた人気のアイテムです。
130921-2.jpgスウェーデンの人気ビンテージ情報誌「RETRO」に特集ページがありました。いわく、重ねる事でスペースの節約になると。
今でも北欧に行くとクッキーを保管するためのお菓子の缶が売っているので、家庭でお菓子を焼くのは一般的なことなのでしょう。
それにしても、結構大きめサイズなのに、2段も3段も重なっているなんて、半世紀前はこんなに一時にまとめて沢山お菓子を焼く機会があったのでしょうか。
そういえば、スウェーデンではおもてなしには7種類の焼き菓子を用意する習慣がありました。
伝統的に、フィーカ には甘い焼き菓子、特にシナモンロールが付きものである。「The Swedish Table」の著者ヘレーネ・ヘンダーソンによると、スウェーデンの客に無礼とならないために最低3つが必要であり、「喜ばせるには、7種類の焼きたての焼き菓子を用意して、天気の話の準備をする」
Wikipediaより

お菓子にはシナモンロールが入る事もあるとなれば、これくらい大きな物も必要かもしれませんね。もちろん、現代のスウェーデンではさすがに7種類ものお菓子を焼いておもてなしする事は珍しくなっているそうですが。
そして、現代の日本では、この缶をお菓子だけでなく、様々な種類のフレーバーティーを入れてもいいですし、買い置きの砂糖や塩、粉ものの保管にも。キッチン周りだけでなく、アクセサリーや手芸などの細々したものを小分けして入れても便利そうです。
これから過ごしやすい季節になりますので、ピクニックに持って行っても良いかも知れませんね。ただし、そんなにしっかりとは閉まらないので、車での移動向きでしょうか?
こちらの缶はふたつとも来月にアップ予定です。
130921-3.jpgところで、森百合子さん著の「コーヒーとパン好きのための北欧ガイド」ではスウェーデンの伝統的な焼き菓子7種類のレシピが掲載されています。
レシピと製作はスウェーデン料理家のハナトモさん。写真に使われているGustavsberg(グスタフスベリ)のビンテージコーヒーセットもハナトモさんの私物です。レシピと共に珍しい食器も楽しめますね。


「コーヒーとパン好きのための北欧ガイド」はリンク先からご覧になれます(Amazonのサイトに飛びます)。この本を参考にスウェーデンの伝統的フィーカに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ちなみに実家にも私の家にも菓子缶があって、常に何かを補充しています。市販のお菓子ですが。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

リサ・ラーソンのオリエンタルなティーポット

130920-1.jpg
この写真で存在感を放っている白いもの。
動物や子どものフィギュアで有名な、スウェーデンのデザイナー、リサ・ラーソンによる象の形のティーポットです。
130920-2.jpg
横から見ると良く分かりますね。注ぎ口が象の鼻になっていて、フタのつまみはインドのターバンを巻いた、小さな象使いの男の子。
このポットはスウェーデンの家庭用キッチンやダイニング用品を販売している大手雑貨店「Duka」のオリジナル商品です。製造年代のはっきりとした記録はありませんが、リサ・ラーソンの下記の経歴(すみません、私の備忘録も兼ねて書きます)から推測して1980年代のものでしょう。
●1954年~1980年 Gustavsberg
●1981年~ フリーランスデザイナーとして、Rosenthal Studio、 Duka-butikerna、 Åhléns、 KF、Jie-keramikなどにデザイン提供。
●1992年~1990年代半ば グスタフスベリにある陶磁器工房 (K-studion) にてアートディレクター及びデザイナー

もともと明るい雰囲気の作品を作るラーソンですが、この作品には突き抜けた明るさと天真爛漫さがあります。1980年代後半には日本と同じくバブル期を迎えたスウェーデン。もしかしたら、そんな景気の良さが作風に反映されているのかもしれません。
こちらのポットはただいま準備中。出来れば今月中か来月頭にはアップしたいと思っています。
ところで、敷いたテーブルクロスはインド更紗っぽい柄で雰囲気が合うので選びましたが、インドではなくスウェーデンから来たビンテージです。このクロスも出来るだけ早めに準備してアップしますね。お楽しみに。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
このポットを最初に見せてもらったのは去年の11月の買付け。その時はフタが見つからず、翌年5月にフタが揃った状態で買い付けました。出会いからサイトにアップするまで約1年になりそうですね。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓