リサ・ラーソンの珍しいカップ&ソーサー

130829-1.jpg
動物や子どもの可愛らしいフィギュアで知られているスウェーデンの作家、リサ・ラーソン(Lisa Larson)ですが、珍しくグスタフスベリ時代にティーカップ&ソーサーを1種類デザインしています。その同じフォルムには2種類の絵付けがされ、それぞれJosefin(ヨセフィン)とMatilda(マチルダ)と名づけられました。
写真はMatilda(マチルダ)の方です。ぼってりとした丸みを帯びたフォルムが彼女の得意としたフィギュアを思い起こさせます。
何で読んだのか記憶がおぼろげで、うろ覚えなのですが、インタビューでリサは食器デザインは得意でなく、あまり売れなかった、といったコメントをしていたような気がします。
けれども、このマチルダシリーズは1962年から1972年まで10年に渡って製造されただけでなく、2001年に復刻もされていますので、人気が無かったなんてことは無いのでしょう。
復刻については手元の2004年に発売されたリサの作品集に記載があるので、少なくともその頃までは作られていたのでしょうが、今はそれも製造が終了しています。
詳しい資料を見つけることが出来ず、良く分からなかったのですが、写真のマチルダは60年代のものではなく、復刻ではないかと思っています。
というのも、バックスタンプに1960年代から1973年まで義務付けられていた品質を示す「VDN」マークが無いからです。VDNマークについては以前少し書きましたので、下記リンク先をご参照下さい。
555の謎
リサは食器は得意でなかった、というよりも、対象物を自由な発想そのままにユニークなフォルムで作り上げる彼女にとって、規制が多く自由度の限られている食器の世界にあまり興味が持てなかったのかも知れません。
このカップは本日アップ予定です。そんな限られた条件のなかで、彼女が作り出したリサらしい遊び心の感じられる作品をどうぞご覧下さい。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
洋食器のカップ&ソーサーのデザインの世界では”持ち手”をどうするかが課題の一つらしいです。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド製、ガラスの小さな器

130827-1.jpg
フィンランドで使いやすそうな小さなガラスの器を買い付けました。
ブランドはRiihimäen Lasi(リーヒマエンラシ)。1920年代から60年代にはフィンランド最大のガラスメーカーでしたが、経営判断の失敗により徐々に衰退。1990年に閉鎖し、現在はもう存続していないガラスメーカーです。
経営失速の原因となった方針の一つ、アート部門を取りやめる1970年代半ばまでは良いデザイナーを多く抱えていました。このボウルのデザイナーはNanny Still(ナニー・スティル 1926年-2009年)。1950年代に大変活躍したデザイナーで、Riihimäen Lasiには1949年から1970年代半ばまで所属しています。
このボウルは特にシリーズ名はなく、やや厚みのある作りなので、当時は日常用だったのではと推測しています。様々な色が作られていたようですが、今回入荷したのは美しい紫色。
小ぶりのお茶碗くらいのサイズで、アイスクリームやイチゴなどの小さなフルーツに丁度良い、デザートボウルです。
130827-2.jpgもちろん、デザートだけでなく、小鉢としても使い勝手が良さそう。
4個買い付けましたが、残念ながら良く見ると1個に小さな欠けがありました。欠けのある1個をのぞいた3個を先に新着として8月29日にアップします。
朝晩涼しくなってきたとはいえ、まだまだ日中は残暑が厳しい日が続いています。ガラスのボウルで少しでも涼を感じていただければ嬉しいです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
気づけば「やや難あり」が溜まっています。また買い付け前くらいにアウトレット祭が出来ればと思っていますが、さあて、出来るかなあ?

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

IDEE「北欧のみの市」に出店しました

130820-1.jpg
先週末の8月18日、IDEE全店で開催中の「SCANDINAVIAN SUMMER 北欧アンティークのある暮らし」の企画の一つ「Nordic Flea Market(北欧蚤の市)」に出店しました。
相変わらずの30度を越す猛暑日でしたが、適度な風が吹き、案外と過ごしやすい日でした。
130820-2.jpgこちらは、今回「フクヤさんも出ませんか」とお声を掛けてくださった三軒茶屋のKlala(クララ)さんのブースです。Klalaさんらしい愛らしい日用品も並んでいます。

130820-3.jpgこちらは銀座のStoneFlower(ストーンフラワー)さん。写真はまだ商品が並びきっていませんが、こちらもStoneFlowerさんらしい北欧名品が並んでいました。
KlalaさんもStoneFlowerさんも初めてお会いした時はネットショップのみでしたが、今はみなさん実店舗をお持ちです。思えばフクヤもその時はネットショップのみ。
StoneFlowerさんの娘さんが午後にいらっしゃって、年を聞くと5歳と。思い返せば最後にお会いした時にお子さんが生まれたと聞いたので、あれから5年なのかと驚いてしまいました。
その頃フクヤはオープンしたばかりで、「カメラは何使っているの?」とか「サブカット増やした方がいいんじゃない?」なんてネットショップならではのアドバイスを頂いていたのが懐かしいです。

130820-4.jpgこちらはHAY hutte(ハイヒュッテ)さんのブース。ネットで何度か拝見して、いつも写真が綺麗だなあと思っていましたが、実際にお会いするのは初めて。
素朴な手工芸品や日常のホウロウ製品。それと割れた品を金継ぎした個性的なアイテムには目が惹かれました。

130820-5.jpgsalvia(サルヴィア)さんのブースには肌触りの優しい靴下や、可愛らしいハンカチなど。当日は主宰のセキユリヲさんによるカード織りワークショップがあり、セキさんもあとでお見えになりました。

130820-6.jpgフィンランド人の家族が出しているマリメッコの古着や手作り品のブース。どれも可愛らしいデザインなのですが、子供服がほとんどだったので、私は眺めるだけ(大人ものがあれば欲しかった!)。

130820-8.jpgこちらはイデー自由が丘4階のベイクショップからの出店。焼きたてシナモンデニッシュ。あまりにも美味しそうで、最後に買って帰りました。しっかり目のデニッシュ生地で、香ばしく、控えめの甘さも丁度良く、美味しかったです。

130820-7.jpgそして、これがフクヤのブース。
幸い、自宅からIDEE自由が丘まではタクシーでワンメーター(710円)の距離なので、ハンドキャリーで運ぶことにしました。送料がかからない事を良いことに、ちょっと多めに用意。
イデーさんから補助のテーブルを二つ分けていただきました。

130820-9.jpgIDEEのオープン前から北欧蚤の市を目当てにいらっしゃるお客さまも多く、朝一番からお買物がありました。
午前中は混雑していましたが…

130820-10.jpgお昼過ぎには人通りが途切れる時も(きっと昼食の時間なんですね)。
そんな時間は出店者同士でおしゃべり。

130820-11.jpgそして、お昼が終わったらまた人通りが復活。
フクヤでお馴染みのお客さまがわざわざ足を運んでくださったり、また近所にお住まいのお客さまがたまたま通りかかって「フクヤさん出ているんですね!」と声を掛けてくださったりと、地元ならではのエピソードもありました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、とても短い1日でした。来て下さった皆さま、Twitterなどで広げてくださった皆さま、ありがとうございました。
また、お買物だけでなく、一番暑い時間に冷たい飲み物を差し入れてくださったMさま、息を吹き返すような思いでした。本当にありがとうございました。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ところで、StoneFlowerオーナーの株崎さんは物腰の柔らかさで、お客さまに付けられたあだ名が「北欧王子」。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

色が変化する不思議なネオジムガラス

こんにちは、昨日はイデー自由が丘店での「北欧のみの市」に参加させていただきました。昨日の事はいずれ改めて書くとして、写真のプレートに乗っているのは同じく「北欧のみの市」で販売されていた、イデー自由が丘4階「ベイククショップ」さんのシナモンロールです。

その下の紫色のガラスプレートは、フィンランドのリーヒマエンラシ(1990年廃業)によるBarokki(バロッキ)シリーズ。1960年代から70年代にかけて作られました。

この色は天然光や白熱灯の下では紫色に、蛍光灯の下では青く見えるので、ネットショップとしては、撮影泣かせです。この写真は蛍光灯の下で写したもの。トップの天然光の下のものよりも青っぽいのがお分かりでしょうか?
130819-2.jpg
スペクトルの反射、吸収が原因とは漠然と分かっていましたが、夏休みの自由研究としてちゃんと調べることにしました。

ここからは、やや面白くない内容かもしれないので、興味の無い方は飛ばしてくださっても大丈夫です!では、スタートします。


色は暗闇では見えません。つまり光が当たらないと見えません。当たり前かと思われるかもしれませんが、理由を考えた事はおありですか?

光には色に感じる波長がありそれを「光のスペクトル」と呼びます。短い波長は紫色、長い波長は赤、真ん中あたりは緑。色の順番は虹を思い出していただけると容易に想像できると思います。

ちなみに紫色よりも短い波長は人の目には見えず「紫外線」と呼ばれます。赤よりも長い波長も人の目には見えず、これは「赤外線」。なんとなく身近な言葉が出てきましたね。

では、葉っぱは何故人の目に緑色に見えるのか。それは、スペクトルに含まれる緑色以外の色の波長を栄養として吸収し、不要な緑のスペクトルを反射しているからです。

例えば赤いインクを斜めから見ると、中に紫や青が見えることがあります。それは赤のインクに吸収された赤以外のスペクトルが見えているのです。

つまり、物は光が当たって、それのうちどこかの波長を反射することで色として見えています。また光源によってそれぞれの波長の分布が異なります。

下の図が左から天然光、白熱灯、蛍光灯の分光分布図です。
bunpu.gif
※ちなみにこの図は私が参考資料を見ながら適当に描いたものなので精密でありません。思っているような比較図が無かったので、じゃあ描いちゃおうと気楽に始めて、結局めちゃくちゃ時間がかかりました。とはいえ、絶対に不正確ですので、コピーや配布はしないで下さい。専門家に怒られちゃいます。

紫色のガラスの着色にはネオジムというレアアースが顔料として使われています。このネオジムは黄色のスペクトルを非常に強く吸収し、それ以外のスペクトルを反射する特徴があり、ネオジムガラスと呼ばれています。

この図を見れば、蛍光灯にはほとんど赤のスペクトルが含まれていないのがお分かりかと思います。つまり、蛍光灯の下では青いスペクトルしか反射しない(出来ない)ので青に変化して見えるのです。

結構簡単ですよね?

実はこういう光源による色の見え方の変化は、日常的に経験されているはずです。トンネル内で使われているナトリウムランプは黄色からオレンジ近辺のスペクトルが強く、赤は少なく、緑から紫のスペクトルはほとんど含まれていません。

トンネルの中では色が見えづらいのはこういった理由です。つまり、青っぽい色のものは色(光/スペクトル)を反射せず(できず)モノトーンに見えますが、逆に黄色やオレンジのものは鮮やかに見えます。

そうすると白熱灯の下と、蛍光灯の下では色はかなり違って見えるはず、ですよね?でもそんなに違って見えませんよね?

それは人間が目に入った光を「白」に自動的に補正しているからです。視覚は蛍光灯の下では青を弱め、白熱灯の下では赤を弱めに補正しています。ところがカメラのような機械には自動補正機能がないので、色がそのままに写ってしまいます。生物ってすごい高機能!

というわけで、料理を美味しそうに見せたいのなら、食卓での蛍光灯はお勧めしません。蛍光灯には赤やオレンジの色が少ししか含まれていないので、食欲を湧かせる赤やオレンジの色が沈んで見えてしまうからです。

ミタ

ところで、このシナモンロールはデニッシュ生地でした。ベイクショップさんによると、現地のレシピでお作りになったとのことですので、北欧でもデンマークのレシピなのでしょう。でも、形はフィンランドのシナモンロール”コルヴァプースティ”なので、北欧コラボですね。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

北欧の森の香り作りで爽やかな夏を

130812-1.jpg
こんにちは、今年で2回目になる「北欧の森の香りのルームフレグランス作り」が先日の土曜日に無事終了しました。
130812-2.jpgさて、今回も先生の用意してくださった、精油を数種類ブレンドして自分の好きな香りのレシピつくりから始めます。

130812-4.jpg香りを確かめながらブレンドを考えます。

130812-3.jpgレシピが決まったら、いよいよフレグランス作り。1滴と2滴では配合が違ってしまうので、慎重にボトルを傾けます。
「あれ、いま入った?入ってない?」と慌てる場面も。

130812-5.jpgさて、思い通りの香りになったかな?

130812-6.jpgフレグランスが完成したら先生が用意してくださった北欧の古切手でボトルをデコレート。

130812-7.jpg次はハニカムペーパーでフレグランスを吹き付けるためのボール作り。扱いの難しい紙を慎重に丸く切ります。

130812-8.jpg完成!ボトルも可愛くデコレートされました。

130812-9.jpg最後はお菓子とコーヒーでおしゃべりタイム。このおしゃべりから次の講座のアイデアが浮かんだりします。
次のアロマは秋冬に暖かなイメージの、そして美味しそうな何かができそうですよ。

今年も去年と同じく2回開催し、合わせて13名の方にご参加頂きました。猛暑の中足をお運び頂き、ありがとうございました(写真は2回分が混ざっています)。
次回は12月を予定しています。どうぞ、お楽しみに。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
近所にお住まいなのですが、あまりの暑さにタクシーで来られた方も。今日も暑いですが、確かにこの日も危険を感じるほどの暑さでした!

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓