優しい雰囲気のプレートでフィンランドの夏の定番お菓子

130731-1.jpg
先日、地元の小さなスーパーマーケットで農家直送という生のブルーベリーを買いました。
北米産と違って小粒で使いやすそうだったので、早速フィンランドの夏のお菓子「Mustikkapiirakka(ムスティッカピーラッカ)」を焼きました。口に含むと爽やかな酸味が夏の暑さを和らげてくれます。
このお菓子はフィンランドでは定番中の定番なので、家庭ごとに千差万別なレシピがあります。私が好んで作るのは、柔らかめのタルト生地(硬めのケーキ生地?)にサワークリームと卵液と砂糖を混ぜたフィリングのもの。
フィンランドではパン(プッラ)の生地を使うバージョンありますし、フィリングが大量のブルーベリーに砂糖をまぶしただけといった、夏の間バケツに何杯もブルーベリーを摘むフィンランドならではのレシピもあります。
130731-2.jpgケーキ皿は、同じくフィンランドのアラビア製。Tyttiのベージュ色です。
1965年から1972年まで作られました。デコレートデザインはRaija Uosikkinen (ライヤ・ウオシッキネン)。民族的なパターンを繰り返していますが、個々のパターンが微妙に違っています。
デザイナーが意図したものでは無いでしょうが、この微妙な揺らぎが繰り返しパターンの退屈さを無くしています。
Tyttiとはフィンランドの女性の名前で、「穏やかな」や「静かな」の意味があるそうです。安定した四角のパターンは動きを感じないようで、良く見ると穏やかな中のちょっとした変化が面白いデザインです。
まだまだ30度を越える猛暑が続きます。爽やかなお菓子と優しい雰囲気のプレートでのコーヒータイムは少しはこの暑さを静めてくれるかもしれませんね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ムスティッカピーラッカは年に1、2回作るのですが、生のブルーベリーは初めて使いました。ここまで鮮やかな紫色になったのは初めてです。生だから?種類の問題?

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドから来た光のプレート

130729-1.jpg
こんにちは。
写真のプレートは左が「Kuutamo」、右が「Hehku」。どちらも1971年から75年の間の製造。フィンランドのアラビア芸術部門でHilkka-Liisa Ahola(ヒルッカ=リーサ アホラ)がデコレートデザインを行ったものです(フォルムデザインはKaarina Aho/カーリナ アホ)。
名称は異なりますが、この二つは同シリーズの色違いです。どちらも過去数回入荷したものの、この二つが同時に揃ったのは初めてでしたので、記念に写真を撮りました。
「Kuutamo」はフィンランド語で月光のこと。「Hehku」はざっくり言うと「輝き」のフィンランド語で、ちょっと日本語にはしづらいのですが、例えば蛍光灯やネオンのように燃えていない物体の光、光が当たって反射している輝き、石炭や炭のように高温が放つ光を指します。
デコレートには異なる色味の青を重ね、奥行きを感じさせます。現在では作ることの無くなった、手彩色ならではの色の重奏の効果で、内側から光を発しているようにも見える、美しいプレートです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
アップまでしばらくお待ちください。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

魅惑の60年代カラー

130726-1.jpg
スタンプ印刷で作る黒のラインに黄色の手彩色。魅力的な黒と黄色のコンビ。
どちらも、スウェーデンのGefle製。スーププレートはIris、カップはPikant。1950年代終わりから60年代に作られたものです。
当時はこの2色の配色の製品が多く見られます。そして、私もこの配色を見ると反射的にミッドセンチュリーを思い浮かべます。
mod4.jpg mod1.jpgいや、もっと絞って、モッズ、マリー・クワント、カリスマモデルのツィッギーを連想。
交通標識に見られるこの組み合わせは視認性がとても高い配色。遠くからでもパッと人目を引き、このファッションに身を包んだ若者は、街行く人に新しい時代を告げたでしょう。
60年代の雰囲気が好きでも、ファッションとなると、なかなかここまで大胆な配色は気恥ずかしいもの。けれども食器なら気軽に取り入れて、60年代気分を満喫出来ますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
10年以上前ですが、イギリス人のお宅でテレビを見ていたらツイッギーが登場してビックリ。そのお宅のお母さんに「彼女生きているの?」と聞くと「当たり前じゃない」と大笑いされました。あまりにも存在が象徴的過ぎて、私にとってはグレタ・ガルボの様に”伝説上の人”でした。調べると1949年生まれ。現在まだ60代、当時は50代だったんですね!

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

7周年記念!ネット48時間ポイント10倍&店舗全品10%オフ!

point10.gif
2006年7月にネットショップでスタートしたフクヤは今月で7年目になりました。周年企画として毎年プレゼント抽選を行っていたのですが、今年は春ごろから夏の初めまでショップ以外の仕事が増えてバタバタだったため、準備が間に合わず断念。
その代わりと言っては何ですが、去年は24時間ポイント10倍企画を今年は48時間に延長して開始します。
開始は明日の13時から。もちろんネットだけでなく、店舗でのセールも行います。実際に手にとってみたいとの方はどうぞこの機会に今週末の開店日に足をお運び下さい。


「ネットショップのお買物
48時間全商品ポイント10倍!」
&
「Fukuya Welcome Dayで実店舗にて
2日間全商品10%オフセール!」

それぞれのセール詳細は下記をご覧下さい。
■ネットショップのお買物全商品ポイント10倍!
対象: フクヤ会員さまのみ
期間: 7月25日13時-27日13時
方法: 25日13時以降のお買物は全商品に自動的にポイントが10倍付きます。
対象商品: 全商品です。
セール品、アウトレット品もポイント10倍です!
*ポイントはフクヤ会員さまのみに付与されます。
*現在ポイント10倍のキャンペーン商品(マリヤエントリッチ、メゾンベル)はポイント10倍のままです。
■実店舗のお買物全商品10%オフ
対象: お買物の方全員
期間: 7月27日13時-28日18時
対象商品: 店内全商品です。
セール品、アウトレット品も更に10%オフになります!
●まだフクヤ会員で無い方はこの機会にどうぞ。下記リンク先に詳しいご案内があります。
ポイントがたまるお得なフクヤ会員。入会金、年会費無料!
●今月のFukuya Welcome Dayは27日、28日の2日間開催!アクセス方法などは下記リンク先をご覧下さい。
フクヤ実店舗のご案内
それでは、お待ちしています。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
皆さまのご利用をお待ちしています。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

カップのデザインに見る北欧の夏

130713-1.jpg
こんにちは。
7月も半ばを過ぎ、いよいよ夏本番に差し掛かっています。夏に入る前には、2013年は過去最高の暑さになるとのニュースが賑わっていましたが、実際に夏になると8月は過ごしやすくなるなんて予報も出てきました。ここ数日は少し涼しいのでそちらが当たるような気がしないでもなく、むしろ当たって欲しいのですが。
さて、夏なので北欧ヴィンテージから夏らしいデザインを、と探してみましたが、そこは北欧。日本人の想像するような夏とは違う雰囲気のものばかり。
kesa.jpg例えばこのフィンランドのアラビア製「Kesä」。Kesäとは「夏」のフィンランド語なのですが、この爽やかさは、むしろ春のよう。

そして、トップの写真はノルウェー Stavangerflint(後のFiggio/フィッギオ)のAugust(アウグスト)
Augustとはノルウェー語で「8月」の意味なのですが、どこから見ても夏でなく、秋のイメージです。それもそのはず。北欧では夏は7月をピークに、8月の上旬になると肌寒くなり始め、秋の気配が漂ってきます。
北欧の夏は春のように爽やかで、8月は秋の始まり。
カップのデザインを見ながら、そんな日本とは違う季節感に思いを馳せるのも面白いものです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
今の季節が一番いいのですが、地元の人たちは休暇を取っているので、街はガラガラ。街の賑わいと夏の北欧を楽しむなら6月がお勧めです。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓